フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

アクセスランキング

2016年5月31日 (火)

東北車旅(再)回顧録(5) 十日町~南魚沼~八海山~魚沼

2015年10月26日(月)  曇  
 5:30 起床・洗面・朝食
 鹿児島ナンバーの車があったので,声を掛けてみた。
 鹿児島市内の近くのH団地に住んでいる方だった。
 話が弾み,自作のブログ名刺を渡すと,ご自分の名前・携帯番号まで教えて頂いた。
 そのことはすっかり忘れていた。近くに高校の同級生も住んでいるので是非訪ねてみたい。
 8:30 道の駅「クロス10十日町」を出発し,南魚沼市六日町方面へ向かう。
 途中,コンビニでおにぎりと惣菜を購入。
10:30 八海山ロープウェー山麓駅に到着

2015102609590000

2015102610000000

観光バスが20台位駐まっていただろうか。

2015102610240000

ロープウェー乗り場の壁に貼られていた写真。
 観光情報誌にも,山一面が綺麗に紅葉した写真が載っていたが,見頃はとっくに過ぎているようだ。
 折角ここまで来たことだし,また来ることもないだろうということで,ロープウェイで登ってみることにした。

2015102610330000

2015102610500000

2015102610470000

2015102610510000

2015102610410000

7分程で山頂駅に到着,標高は1,165m。
 案内板に,語路合わせが「いいろうご」とあるので,少しだけ登ってみることにする。
 6合目(女人堂)までなら,片道1.5時間弱で行けるようだ。元気を出して出発。

2015102611470000

2015102611460001

   5合目に到着                  近くにある「槽ぎ池

2015102611580000

2015102612000000

「女人堂まであと少し」,何々,5合目にも同じ案内があったぞ。
   「胎内くぐり」はパス。

2015102612520001

2015102612160001

20151026125200002

2015102612170001

12:15 女人堂に到着
 背後の山が「薬師岳」だろうか?。
 途中ちょっぴり険しい場所もあったが,結構な年配の方のグループも辿り着いてこられた。
 丁度昼時になった。隣に腰を下ろした若いカップルと話しながら,今朝コンビニで買ってきたおにぎりと惣菜で昼食。山で食べる食事は格別だ。
 小休止後,下山。

2015102611240000

2015102613510000

14:10 山頂駅に到着

2015102614290000

下りのロープウェーからの1枚。わずかに紅葉が・・・・。

2015102614410000

2015102614390002

14:30 山麓駅に到着

 駅の裏側には,「八海山火渡り大祭」写真入りの記念撮影場所があった。   

   https://www.youtube.com/watch?v=upEEFEPkBKc

 駐車場でコーヒータイム

15:20 駐車場を出発,六日町の温泉へ向かう。

16:00 六日町公衆浴場「湯らりあ」に到着

 1時間ほど浸かり,山歩きの疲れを癒やす。

 http://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/e/d9a6b71fe2df58e279384faac725ad05

18:00 道の駅「ゆのたに」に到着。

 あれっ,鹿児島ナンバーの車が・・・・。

今朝会った車ではないようだ。明日の朝声を掛けてみよう。

 夕食・洗面後,車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月28日 (土)

東北車旅(再)回顧録(4) 能生~上越~十日町

2015年10月25日(日)  曇 風が強く冷たい 
 5:30 起床・洗面・朝食
 海側の広場(能生海洋公園?)には,現代彫刻が10数点展示してあったので,朝食後散策してみた。

2015102507590000

2015102508010000

2015102507570000

2015102508040000

何を表現しているのか,何となく想像できる作品もあるが・・。

2015102508020000

2015102508120000

想像が難しい作品も・・・。

2015102507580000

 一番強く印象に残った作品。

 右側の人物が左側の二人の人物を拘束しているように見える。

 金持ちが一般市民をいじめている~~~。

  この公園の作品は,平成6年,町村合併40周年を記念して「公募彫刻展 in 能生」が開催された時の作品のようだ。

 9:00 かにカニ館(?)で,小さなカニの足が数本入った200円の「浜汁」を食べる。味は良かったが,何せ200円では満足のいくカニは・・・・。

2015102509500001

かにや横丁には7~8軒の店が並び,威勢の良いおばちゃん達の声が聞こえて来る。
 妻は,全部の店を回り品定めのご様子。色々質問も・・・・。
 1つの店を選び,近くに住む長男家族・次女家族に土産として,紅ズワイガニを購入発送してもらう。

Image12

数日後に,孫からのお礼と写真が届く。

10:00 道の駅「能生」を出発し,国道8号線・国道253号線を経由し,十日町市方面へ向かう。

13:00 道の駅「まつだいふるさと会館」に立ち寄り,昼食を摂る。

14:30 道の駅「クロス10十日町」に到着
 建物の中庭部分ではフリーマーケット開催中だった。丁度日曜日だったので,多くのお客さんで賑わっていた。
 1階にある「越後妻有 おみやげ館」には,大きな「幸せを呼ぶ傘つるし雛」が吊してある。

2015102514380000

2015102514390001

これは雪国越後三大つるし雛の一つであり,「最多の手作り詰め物人形展示物」としてギネス世界記録に認定されているものだそうだ。なんとその数11,655個。圧倒的なスケールだ。

2015102514400000_2

その下には,土産物のつるし雛が並んでいる。

この道の駅には,温泉(明石の湯)併設されている。
 昨日は風呂なしだったので,少し早いが温泉に浸かることにした。
 1時間余りゆっくりしたようだが,どんな温泉・施設だったか記憶が蘇らない。

http://kinare.jp/page_akashi.html

  ネットのこのページの写真を見ても・・・・。

 のせいか?・半年以上の時間経過のせいか?。いずれにせよ残念なことだ。weep

 早めの夕食後洗面を済ませ,大河ドラマが始まるのを待つ。
 終了後,トイレを済ませ就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月25日 (水)

東北車旅(再)回顧録(3) 市振~糸魚川~小滝川ヒスイ峡~能生

2015年10月24日(土)  曇 夕方から雨 
 4:30 起床・洗面・朝食
 7:00 道の駅「越後市振の関」を出発,国道8号線上越市方面へ向かう。
  出発して間もなく,北陸最大の難所であったと言われる断崖の上には「親不知記念広場」がある。

2015102407180000

「親不知・子不知」の案内板

2015102407190000

松尾芭蕉ゆかりの地「親不知・市振」の案内板

2015102407200000_2

  相馬御風の歌碑  ふ~ん,こんな歌の作詞者とは知らなかった。coldsweats01

2015102407200001

2015102407210000

 「愛の母子像」          「青海八景天険断崖黎明」 

 親不知の断崖絶壁の景色は,ここ親不知記念広場からが一番だそうだ。

7:40 道の駅「親不知ピアパーク」に到着  

 駅内にある「翡翠ふるさと館」の世界最大級ヒスイの原石(102t)を見学するつもりだったが,開館は9時だ,残念。

2015102407490000

2015102407500000

 ウミガメ像 と 親不知海岸高架橋完成記念碑

8:50 美山公園にある「フォッサマグナミュージアム」に到着

2015102409040000

2015102409030000

今年の3月にリニューアルオープンしたという展示館
    広場に置かれた岩石,これヒスイの原石(?)だったかな?

2015102409190001

2015102409200000

2015102409200001

2015102409210000

2015102409190000

2015102409220001

色々な種類のヒスイが展示されているが,宝石に関心のない者にとっては,ただの色付き石だ。

2015102410380000

2015102410380002

2015102410480000

 ヒスイ以外の宝石(?)も数多く展示してある。              中でも一番美しいと思ったのは,ブラジル産の「紫水晶」だった。岩石の中に紫色の石英の結晶がいっぱい並んでいる。

 美味しそうなお菓子に見える??の結晶  

 小滝産のヒスイ,なるほど 切断して磨いた物は美しいようだ。

http://www.geo-itoigawa.com/tourism/base/fmm.html

11:00 美山公園の駐車場で飯を炊いて昼食を摂る。

 昼食後,フォッサマグナパークへ向かう。

2015102413020000

2015102413120000

2015102413140000

2015102413140001

13:00 大断層見学用の駐車場に到着。
 10台程の駐車スペースがあるが,駐車している車は1台もいない。
 10分程坂道を上って行くと,数種類の案内板がある。

2015102413150000

2015102413180000

2015102413150001

2015102413220000

これが日本列島の西側東側境目?。

人工的に手が加えられ(?)実感が湧かない。

 もっと自然な姿が見られるのかと思っていたが・・・・・。 
 妻の要望で,「小滝川ヒスイ峡」に向かう。

2015102414080000

途中の峠に「高浪の池展望台」があった。

そこには「明星山と高浪の池

 絶好の撮影スポット

         と記した看板があった。

2015102414100001

ここからの眺めは,日本のスイスと言われているらしい。

2015102414300000

  高浪の池に到着。
 この池は山の地滑りによってできたすり鉢状のせき止め湖で,人工の池ではないそうだ。
 ウオーキングを兼ねて,池の周りを1周することに。途中に「クマ出没、注意」の立て札が・・・・。ちょっとビビる。できるだけ声を出しながら歩き、無事1周。

2015102415020000

14:55 小滝川ヒスイ峡に到着

2015102415030001

2015102414580000

案内板によれば,ここら辺りの岩が大きなヒスイの原石だと言うが・・・・。普通の岩にしか見えない。happy01
 この川一帯の岩・小石の持ち帰りは厳禁になっている。
 遠くから眺めていた明星山,長い年月の間に少しずつ崩れヒスイの供給元になっているのだろうか?。
15:30 ヒスイ峡を後にして,今夜の車中泊地に向かう。
国道148号線国道8号線を通り
17:30 道の駅「能生」に到着。
 マリンドーム・かにカニ館・鮮魚センター・かにや横丁等を散策しているうちに雨が降り出したので,車に帰り夕食を済ませる。
 海端で風が強く,横雨になってきた。潮風を避けるため,車を建物の陰に移動させたが変わりはないようだ。
 洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月19日 (木)

東北車旅(再)回顧録(2) 古賀~三木~立山~糸魚川

2015年10月22日(木)  晴 

 4:00 起床・洗面・朝食  

 6:30 「古賀SA」を出発  途中,「美東SA」,「宮島SA」で休憩・給油をして

11:30 「小谷SA」で昼食休憩後出発

12:40 「福山SA」に立ち寄り,NHKの朝ドラ(あさが来た)を視聴後出発

 途中,「龍野西SA」で休憩・給油後出発

16:20 「三木SA」に到着  夕食・洗面後,早めに就寝

2015年10月23日(金)  晴 

 3:00 起床・洗面朝食

 5:30 「三木SA」を出発  いつも緊張する大阪府内高速のJCTを無事通過し名神高速へ

 「米原JCT」から「北陸自動車道」へ

 9:40「尼御前SA」に到着    

  トイレ休憩後辺りに目を向けると,SAに隣接する公園があるようだ。

2015102310500000_2

2015102310330001

トイレの横を歩いていくと歩道がある。ここからSAの外に出ることができるようになっている。その先に尼御前岬の案内板がある。
 さらに進んで行くと「尼御前像」がある。

2015102310330002

 尼御前像の案内銘板

 その昔、源義経が兄である頼朝の怒りを買い、都を追われて奥州平泉の藤原氏の下へと逃れようとこの地を訪れた。その従者のなかにいた一人の、それが尼御前だそうだ。
 尼御前はこの岬から見える「安宅の関」についての噂を耳にする。それは安宅の関の取締りがものすごく厳しいということだった。そこで尼御前は義経の足手まといになることをおそれ、義経の無事を祈ってこの岬から身を投げてしまう。その伝説によってこの岬はいつしか尼御前岬と呼ばれるようになったという。

2015102310370000

2015102310390000

2015102310370001

更に海岸へ向かって歩く。

  公園の最先端部にあたる尼御前岬(?)

 海食でできたと思われる美しい岩

 岬から見た日本海の海

 朝食が早かったので,ここで昼食を摂ることにする。
11:15 「尼御前SA」を出発
12:30 「立山IC」で高速を下りて一般道へ
 今回の車旅に出かける前に購入してきた「温泉博士」のクーポン券で無料入湯をするため,「越中つるぎ温泉 万葉のかくれ里 つるぎ恋月」に向かう。
 「立山IC」のすぐ近くで10分もかからない位の所だった。
 昨日は入浴できなかったので,1時間半程のんびりと浸かり,長距離運転で疲れた体を癒やすことができた。
  http://www.tsurugi-koizuki.com/spa/
14:50  つるぎ恋月を後にして今夜の車中泊地に向かう。
 国道8号線入善黒部バイパスを経由して,富山・新潟県境を越える。
16:25 道の駅「越後市振の関」に到着
 夕食後・洗面を済ませ車中泊

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月17日 (火)

東北車旅(再)回顧録(1) 自宅~紫尾~水俣~古賀

 昨年は同じ時季に,東北内陸部紅葉観賞と温泉巡りを目的にした車旅に出かけた。

 今年は,東北の沿岸部(日本海側・太平洋側)を中心にした車旅に出かけることにした。  

10月19日は,40回目結婚記念日であるが,1日遅れの祝をしてから出かけることにした。

 このことは,旅に出かける前にブログアップしていた。 http://tucyan.blog.bbiq.jp/blog/2015/10/  

PCの再セットアップで写真データ消去されてしまったので,長野車旅(再)と同様,妻の携帯の写真とメモに頼らざるを得ないが何とかなるだろう。

2015年10月20日(火)  晴 

15:00 自宅を出発し紫尾温泉へ向かう。

16:50 「四季の杜 紫尾庵」に到着

2015102109190001

2015102109240001

 「離れの宿」になっているが,外壁は黒塗りで一見キャンプ場の管理等を思わせるような造りだ。

 早速温泉を楽しむことにした。内風呂が付いているが,湯舟のお湯を出すと,洗い場の湯栓やシャワーの出が極端に悪くなる。その旨の断り書きはあるが,それにしてもひどすぎる。お湯の湧出量が少ないのだろうか、それともパイプが細いのだろうか・・・・・。

 別棟で夕食を摂ったが,どんな料理だったかは記憶がはっきりしない。ご飯は新米で水加減もよく大変美味しかったことはよく記憶している。

 ゆっくり夕食を頂いた後,離れの部屋に帰り,テレビで天気予報の確認をしたり旅の計画のおさらいをした後就寝。

2015年10月21日(水)  晴 

 7:00 起床,姉妹館である「旅籠 しび荘」の露天風呂で朝風呂に入る。

     http://shibisou.jp/onsen.html

 8:30 「紫尾庵」の別棟に帰り朝食。

  朝食のメニューは記憶にないが,ご飯まずかったことだけは記憶している。

 朝食の係が,新米であることをうっかり忘れ,水加減を誤ってしまったのだろう。ベチャベチャした本当にまずいご飯だ。一流旅館なら炊き直して出すだろうと思われる位のまずさだ。

 チェックアウトの際、アンケートには一言書いておいたが・・・・。

2015102111020000

2015102111050000

11:00 チェックアウト

http://www.shibian.jp/

 近くの紫尾神社に参拝し旅の安全を祈願する。
 紫尾温泉の源泉は,この紫尾神社の境内(賽銭箱の下)から湧き出ているのだそうだ。
 こんな源泉は,全国的にみても珍しいだろう。神の御利益と温泉の効能が素晴らしい源泉だろうか・・・・。confident
11:10 紫尾神社を出発
 ここからが,東北車旅(再)の始まりだ。
  国道328号線から国道3号線に出る。途中のスーパーで買い物(昼食)をして,
12:50 道の駅「みなまた」で昼食・休憩
13:50 道の駅を出発し,「芦北IC」から「南九州西回り自動車道」に入る。
 「八代JCT」から「九州自動車道」に入る。
 途中で休憩を取り
17:30 「古賀SA」に到着。
 夕食・洗面を済ませ車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月15日 (日)

長野車旅(再)回顧録(18) 安曇野~松本~高速道~自宅

2015年9月26日(土)  曇 
 5:30 起床・洗面・朝食を済ませる。
 いつもは昼に飯を炊いているが,今日は高速に乗って帰途に着くので,朝,昼と夜の飯を炊いてラップで包む。
 8:45 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」を出発。
 高速に乗る前に一風呂浴びる為,先日訪れた「浅間温泉」に向かう。
 9:30 浅間温泉「仙気の湯」に到着。

Asama_senki_outlook1_2

駐車場が心配だったが,番台のおばちゃんに尋ねると,入口前の路上で良いとのこと。明らかに駐車可の場所ではないようだが・・・・,お墨付きだ、ま~良いだろう。coldsweats01

 入浴料は280円,もちろん石鹸シャンプーは持参だ。  

1時間余り,ゆっくりとお湯に浸かる。  http://hikomaro.naganoblog.jp/e589026.html

10:40 「仙気の湯」を出発し,鹿児島までの帰途に着く。

 ナビを「自宅」セットすると,鹿児島まで1239kmと表示された。

 単調な高速の旅が2日間は続きそうだ。

11:15 長野自動車道松本IC」から高速に乗る。

12:30 中央道駒ヶ岳SA」で昼食

 途中で休憩を取りながら,「名神高速」「京滋バイパス」「中国道」「山陽道」と,ひたすら走り続ける。

18:00 「三木SA」に到着  夕食を済ませ,洗面後早めに就寝。

2015年9月27日(日)  晴 後 夜雨  

 4:00 起床・洗面  朝食を済ませ

 6:30 「三木SA」を出発  途中「福山SA」で小休止

11:00 「宮島SA」に到着  

 エリア内は大勢の人で賑わっている。

 交通安全キャンペーンの催が行われているようだ。

2015092712040003

2015092712020002

パトカー白バイ等が参加し,試乗させて写真撮影のサービスもあるようだ。

2015092710200000

2015092710220002

2015092710330001

2015092710360000

ゆるキャラも参加し会場を盛り上げている。ゆるキャラに出会うと一緒に写真を撮りたがる妻、まるで子供だ。
 「宮島SA」がある廿日市市は「けん玉」の発祥地だそうだ。

 売店の入口には,触るとが良くなるという大きな「験(げん)玉」が鎮座している。

2015092712190000

2015092712230000

 

チアガールによる演技も披露されていた。

 朝食が早かったせいか腹も空いてきたので,少し早いがここで昼食を済ませる。

12:35 SAを出発

14:40 「美東SA」で休憩を取り,給油後出発

15:15 「九州道」に入る。

 九州に入って一安心だが,自宅までまだ400kmある。

 朝早くからの運転で疲れもだんだん大きくなり,目がゴロゴロし乾燥したような感じだ。

16:20 「古賀SA」で休憩後「山江SA」まで走り,ここで夕食を済ませる。

 夕食後暫く休憩を取った後,再び出発。

 十五夜の月を眺めながらの運転だ。

 20:00から放映のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」を見るため,「宮原SA」に立ち寄る。

23:30 無事,自宅到着。  

 3週間に亘る信州の車旅が終わった。

 出発直後に,台風18号が東海地方に上陸しそうだったので,本州に入ってから一端一般道に降りて,時間調整をしながらのスタートだった。

 信州の車旅は,昨年も同程度の日数をかけて実施した。

涼しくて,温泉あり、果物ありで満足度上々だ。

できることなら毎年行きたい地域だが・・・・・。

 長野車旅(再)回顧録のアップを始めたのは昨年10月11日のようだから,7ヶ月もの時間を掛けてやっと終えたことになる。正に「回顧録」だ。coldsweats01

 昨年の10月20日にスタートして,約1ヶ月間かけて旅した「東北車旅(再)」のアップもまだ残っている。

 思い出が一杯詰まった旅だったので,こちらも頑張って少しずつアップしていこう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月12日 (木)

長野車旅(再)回顧録(17) 塩尻~松本~安曇野

2015年9月25日(金)  雨 
 5:30 起床・洗面・朝食

2015092508330000

2015092508440000

いつもより出発が遅くなったので

              物産館が開いている。

  妻は早速物色にお出かけだ。

 土産物果物を抱えてご帰還。

10:00 道の駅「小坂田公園」を出発

10:30 JA松本ハイランドのファーマーズガーデンに立ち寄り,食材の調達と土産物を購入する。

 買物の時間が長引き昼前になったので,

ここの駐車場で飯を炊き昼食を済ませることにした。

13:10 ファーマーズガーデンを出発,

            県道3号線松本方面へ向かう。

13:50 美ヶ原温泉 ふれあい山辺館「白糸の湯」に到着。

La_shiraitonoyu011

ここも車旅出発前に下調べしておいた温泉で,入浴料金も300円とお安い。
 1時間余り,ゆ~~ったりと,掛け流し温泉を楽しむ。

 http://www.geocities.jp/nara_no_daibutu2/spa-4/33-utukushigahara.html

16:00 白糸の湯を出発し,安曇野方面へ向かう。
 国道19号線147号線県道57号線を経由して

2015092608240000

16:50 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」に到着。

 妻はここでもお買い物。 think

 夕食・洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月 6日 (金)

長野車旅(再)回顧録(16) 松本~乗鞍高原~松本~塩尻

2015年9月24日(木) 曇 後 雨 
 3:30 起床・洗面
 昨日の夕方,今日の昼食用おにぎりを買うつもりだったが,途中に店がなく買えなかったので,飯を炊きおにぎりを作る。
 昨夕,売店でおにぎりに入れる佃煮も買っていたので,旨そうな手作りおにぎりができ上がった。
   7:10 道の駅「風穴の里」を出発し,乗鞍一の瀬園地」へ向かう。
 7:40 乗鞍高原観光センター前駐車場に到着
 ここから「一の瀬園地」周辺のハイキングをする予定だったが,車から降りるなりタクシーの運転手が寄って来て,「ここまで来て畳平まで登らないなんて・・・,紅葉も綺麗だよ,安くで案内するから乗らないか。」と言う。
 「観光バスも通っているが,ゆっくり駐まって観ることはできないよ。」と,しきりに乗車を勧めてくる。
 紅葉情報は入手していない私たちだった。急遽予定変更して畳平まで登ってみることにした。運転手には申し訳ないが,バスを利用することにした。
 今度のバスは8:00発だという。時間がない。トイレを済ませ急いで切符売り場へ。
 私たちが乗り込むとバスは発車した。

2015092408320001

2015092408410000

30分近く上っていくと,車窓から紅葉が見え始めてきた。
 9:00 バス停「乗鞍山頂(畳平)」に到着。

2015092409010000

2015092409090000

 バス停のすぐ横にある「乗鞍本宮 中の社」で,まずお参りをする。
 こんな所に郵便局があるとは・・・・。妻は早速記念切手を購入,いつもの悪い癖だ。

2015092409180000

2015092409230000

乗鞍山頂畳平は,標高2702mあり,平地に比べると気温が大分低い。天気が曇で少し風もあるので体感温度は更に低いようだ。
 バスターミナル前には鶴ケ池があるが,水位は低いようだ。

2015092409270000

2015092409410000

 畳平から,バスで登ってきた方向を見下ろす。9月下旬で、もう紅葉の見頃は少し過ぎているようだ。曇天なので紅葉の色も今一だ。
 彼方には,幾つもの山々が重なり,まるで墨絵のようだ。
  折角ここまで来たので,バス道路を徒歩で下りながら,紅葉を楽しむことにした。
 途中に幾つかのバス停があり,途中乗車もできるようだ。

2015092409570000

紅葉雪渓,始めて目にする光景で,南国育ちの私たちにとっては非常に珍しい。

2015092410060000

2015092410090001

紅葉を目に焼き付けながら,どんどん下って行く。

2015092410140001

2015092410180000

ここら辺りの紅葉の見頃は9月上旬なのだろうか?。妻と,最盛期にもう一度観賞に来たいねと話しながら更に下って行く。

2015092410190000

2015092410200000

  途中で,数人のアマチュアカメラマン(多分)に出会った。高価なカメラ・レンズに三脚を担ぎ,格好は皆プロも顔負け・・・・。

20150924104800002

 1時間余りで位ヶ原山荘前まで下って来た。

 標高2350mと記してあるので,約350m下ってきたようだ。

 ここからバスに乗るつもりだが,妻曰く「もう少し下に綺麗な所があったから,次のバス停まで歩こう。」そこまで歩くと,まだ2時間以上かかることなど考えない妻に激怒 pout 

 それでも構わず歩き出す妻。後を追い100m程下った所で説得に成功。何とか連れ戻すことができた。

 山荘では多くのカメラマンがバスを待っていたようで,バス停に並び始めた。

  バスは大分遅れているようだ。定刻を過ぎてもなかなかやって来ない。

 途中乗車の場合は,乗れないこともあるというので心配したが,何とか全員乗車できた。

2015092412060000_2

2015092411470000

 三本滝バス停で降りて,三本滝まで歩くことにした。

 ところが,滝への入口がはっきりしないし人影もない。おまけに雨も降り出している。

 丁度昼時にもなっていたので,取りあえず昼食を摂ることにした。

 レストハウスは土日祝日だけが営業日で平日は休業のようだ。

 レストハウスの庇の下に椅子とテーブルがあったので,今朝早起きして作った手作りのおにぎりで昼食。やや大きめの不細工なおにぎりだったが最高 happy01 

 昼食後,雨の様子を伺いながら小休止していると,タクシー運転手が近づいて来た。どうやら客拾いのようだ。その意思がないことを告げても、椅子に腰掛けて色々と話し掛けられた。三本滝のことを尋ねると,滝までは1時間近くかかるようだ。おまけに雨天や雨の後などは,足場も悪く靴や衣服が汚れるとのことだったので,あっさりと諦めた。  

  http://www.i-turn.jp/norikura-sanbon-taki.html

 再びバスに乗り

13:20 乗鞍高原観光センター前駐車場に到着  

 車の中でコーヒータイム・小休止後

14:20  駐車場を出発し,浅間温泉へ向かう。

 ナビの案内に従って浅間温泉「倉下の湯」を探すが見当たらない。通りがかりの地元の方らしき人に尋ねてみると,廃業されたとのこと。

 他にも2軒下調べしておいた温泉があったので,その中の一つ「港の湯」にナビを設定する。場所はすぐ近くだ。

16:10 「港の湯」に到着。少し離れた向かい側が駐車場のようだ。数台しか駐車できない狭い駐車場だが,あるだけでありがたい。昔ながらの共同浴場・外湯は駐車場のない所もあるので・・・・。因みに入浴料も200円と安くてありがたい。

 1時間余りのんびりと1日の疲れを癒やす。お湯は熱湯だったとメモしてあるが,記憶は・・・・・。coldsweats01

  http://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/e/6c8759cc2ad62a975bf748a5a09f80d7

17:40 浅間温泉を出発、塩尻方面へ向かう。

 県道63号線国道20号線を経由して

19:10 道の駅「小坂田公園」に到着。 

 少し遅めの夕食を済ませ,洗面後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年4月28日 (木)

長野車旅(再)回顧録(15) 上田~青木~松本

2015年9月23日(水) 晴 
 4:30 起床・洗面・朝食
  9:00 道の駅「上田 道と川の駅」を出発し,田沢温泉へ向かう。
10:00 温泉街の入口にある駐車場に到着。

2015092310410000

2015092310370000

石畳の坂道を上っていくと,「有乳湯(うちゆ)の看板が見えてくる。

2015092309500001

 右側にある立派な建物が「有乳湯」だ。唐破風の屋根をもつ建物は,どことなく風情があり,明治・大正時代を思わせるようだ。
 古来から「子宝の湯」「子持ちの湯」「はらみ湯」などの呼び名があり,子のない婦人が37日入湯すれば懐妊し,乳の少ない婦人は27日入湯すれば効き目があらわれるという話から有乳湯という名前が付けられたようだ。
 妻のメモには「お湯は少し温めで,ツルツルした温泉だった。」と記してある。
 平日の午前中のせいか,入湯者は少なくゆったりと入ることができた。
http://onsenoyazi.blog81.fc2.com/blog-entry-265.html

2015092310390000

2015092310340000

 湯上がり後,石畳の坂を下っていく。坂の途中には明治・大正時代に建てられたような古い旅館が数軒ある。
 島崎藤村ゆかりの宿「ますや旅館」の看板もある。

2015092310480001

11:00 駐車場に帰り,ここで飯を炊き少し早めの昼食を済ませることにする。
 空を見上げると,パラグライダーが気流に乗り気持ちよさそうに飛んでいる。
 昼食後,暫く休憩を取り
13:15 松本方面に向けて出発
 国道143号線はカーブの多い幅員の狭い山道だった。途中には,現役の国道トンネルとしては最古の「明通(あけどおし)トンネル」があった。車一台がやっと通れる程度の細いトンネルだ。トンネル内に照明は一切ない。
 また,入口に信号機が付いた「会吉トンネル」では,交互通行規制になっていた。このトンネルも大分古いようだ。
 国道19号線・158号線を経て
15:25 道の駅「風穴の里」に到着

2015092315300000

2015092316120000

2015092316120001

 道の駅で土産を購入後,近くにある「風穴」まで足を伸ばしてみた。

2015092316160000

2015092316170000

 石垣の間から冷風が吹き出しているようだ。
 囲いの中には色々な物が保存されている。

2015092316270000

 アーチ形の木橋を渡り道の駅に引き返す。
 トイレ周辺は下水(?)の臭いがするので,

    車を駐車場の山手側に駐め夕食を摂る。
 夕食後洗面を済ませ,

    明日の乗鞍ハイキングに備え早めに就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

長野車旅(再)回顧録(14) 飯山~長野~千曲~上田

忙しい毎日が続き,ブログアップを20日程サボってしまった。
 またボチボチ始めることにしよう。


2015年9月22日(火) 晴 
 4:30 起床・洗面・朝食
   7:00 道の駅「花の駅千曲川」を出発し,今日もまず野沢温泉へ向かう。
 7:40 「中尾駐車場」に車を駐める。

2015092207480000

2015092207490000

秋葉の湯

       で

            朝風呂

  1時間近く

     のんびりと

        浸かり,

    今日の

       鋭気を

                                   養う。

2015092208280001

2015092208280000

 駐車場に向かう途中にあったモニュメント。何だろうと思いよく見てみると,野沢温泉は「スキーの発祥地」になっているようだ。当時の写真もプリントして展示してある。
 道脇には,ダリアが綺麗に咲いていた。
 9:10 道の駅「花の駅千曲川」に戻り,野菜を購入。
 9:40 4連泊した道の駅に別れを告げ,長野市方面へ向けて出発。
11:00 川中島古戦場に到着
 駐車場の奥に車を駐め,飯を炊き少し早めの昼食を済ませる。
  昼食後,八幡原史跡公園(川中島古戦場)内を散策する。

2015092211200000

2015092211190000

八幡社」の案内板と,「武田・上杉両雄一騎打ちの地八幡原」の石碑

2015092213130000

 

川中島大合戦

2015092213160000

八幡社本殿でお参り

2015092213160002

2015092213160001

逆槐」 根を上にして打ち込んだ槐の杭が、芽を出し巨木に成長したと伝わるそうだが・・・・・・?。

2015092213210000

2015092213190002

  槍で

    突き

       通された

        という

          執念の石

   大分

     軟らかい

       石だった

          ようだ。 coldsweats01

2015092213250000

信玄・謙信両雄一騎討ちの像
 この像は、NHK大河ドラマ天と地と」の放映を記念して建てられたものらしい。

2015092213260000

2015092213260001

風林火山の旗」

2015092213280000

2015092213290000

首塚
 武田方についていた海津城主・高坂弾正が戦いのあとに敵味方なく戦死者を手厚く葬った塚のひとつが首塚だそうだ。
 これを知った上杉謙信はいたく感激し,後に起きた武田軍の塩不足にも快く塩を送ったという話に繋がっているそうだ。

2015092213350000

  信

    玄

        謙

           信

             両

               雄

     一騎

         討ちの

            際の

   「三太刀

           七太刀之跡

               の

                                  石碑

2015092213340000

14:00 松代城(海津城)跡に到着

2015092214160000

2015092214160001

    松代城跡の石碑             入口から太鼓門を望む  

2015092214180001

2015092214190000

復元されている太鼓門太鼓門前橋           北不明門(?)

2015092214360000

2015092214410000

2015092214510000

 旧樋口家

      住宅

            と

   中にあった

                                    甲冑

14:50 史跡旧文武学校に到着                     

2015092214520000

 文武を奨励した松代藩八代藩主・幸貫が水戸の弘道館にならって計画し,九代・幸教の時代に完成した松代藩の藩校で,藩士の子弟が学問と武道を学ぶ場として,1855(安政2)年に開校したそうだ。

2015092214530001

 学校内の建物の配置を記した案内板。
 教室にあたる文学所,武術を学ぶ剣術所柔術所弓術所槍術所などが配置されている。

2015092215000000

2015092214590000

文学所                しつけ方や漢方医学・西洋医学等の抗議が行われた西序

2015092215080000

2015092215110000

弓術所では活動中の方が数名        番所,奥は柔術所

2015092215010000

 こ

   ち

     ら

      は

       御役所かな?

2015092215160000

 文武学校のすぐ近くに真田邸がある。見送り出迎えの場所として利用された「式台付玄関

2015092215170000

2015092215200000

2015092215210000

2015092215210001

2015092215220000

2015092215250000

邸宅内を一巡り

2015092215280000

邸宅の前には,周囲の山々を借景として取り込んだ,「水心秋月亭」と名付けられた庭園がある。
 真田宝物館に立ち寄った後,
15:40 千曲市方面に向けて出発。
16:15 戸倉上山田温泉の多世代健康交流プラザ「つるの湯」に到着
 1時間余りゆっくりとお湯に浸かり1日の疲れを癒やす。
17:50 道の駅「上田 道と川の駅」に到着
 夕食・洗面後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村