フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

2018年3月26日 (月)

荷物ボックスのコーキング

先日、仕事部屋の棚にある防水コーキング剤が目に留まった。

Img_20180315_173943

Img_20180315_174132

Img_20180315_174303

 使い残しのコーキング剤の先端部分に専用のキャップを付け、ビニールテープで巻いてある。 もう1本は未使用のままだ。

 2年位前に、ベランダのコーキングをやり直した時の残りのようだ。
 開封したのは2年位前だが、既に閉店して10年以上(?)になる「しもんそM」の価格ラベルが付いている。レジ袋もその店のものだ。
 キャップを外してコーキングガンにセットしレバーを引いてみた。予想に反せずコーキング剤は出て来ない。
 先の白いキャップを外し、固まったコーキング剤を引っ張ると、すっぽりと抜けた。
 内部のコーキング剤は少し硬めだが、何とか使えそうだ。
 先日作った荷物ボックスのビスナット止め部分から、水が浸入するのを防ぐ為に使ってみることにした。十分考慮して止めたので、浸入の可能性は低いと思うが・・・・、念の為coldsweats01

Img_20180315_173428

Img_20180315_214312

Img_20180315_214426

 一応マスキングテープを貼り、コーキング剤を延ばす。
 直角部分にコーキング剤を延ばす時は、マスキングテープとヘラを使うと綺麗にできるが、平坦な部分を被い盛り上げるのは難しくなかなか綺麗にできないthink
 綺麗にはできなかったが、これでビスナット止め部分から水が浸入することはないだろう。

 明日は、婆様の病院行きに付き合った後、久し振りの車旅に出掛ける事になった。
 昨春の「日本列島縦断桜前線追っ掛け車旅」では、実質京都からのスタートにせざるを得なかった。
 今春は西日本、特に近畿・中国地方の桜を追っ掛けたいと思っているが、開花が例年より大分早いのでどうなるか不安もある。
 開花情報をマメにチェックしながら、遠方を優先して回らざるを得ないだろう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年3月23日 (金)

荷物ボックスを追加

 先日、リアラダーに荷物ボックスを取り付けたが、ラダーの上部にもう1個追加できそうだ。

 4年余り前まで乗っていたステップワゴン(自作キャンピングカー擬きの車)に、自作ルーフボックスとして使っていた大小2個のボックスがあることを思い出した。

 屋根裏収納庫に眠っている小のボックスを引っ張り出してきた。

 ラダーに当ててみると、幅も丁度良い。小さくて大した量の荷物は入れられないが、無いよりはましだろう。

 早速ホームセンターKに出向き、前回と同じ金具を購入してきた。ボックスの形状から考えて、「かんぬき受け」は一回り大きい物を購入した。

 前回と同じ要領でボックスに金具を取り付けた。

 ついでに、水道管の凍結防止カバーも購入してきた。

 ラダーとボックス・かんぬき受けの緩衝材として使うつもりだが・・・。

Img_20180222_153042

Img_20180222_155720

Img_20180222_155945

 

ラダーとボックス・かんぬき受けの

   接触部分に合わせ、カッターでカバーを切り分ける。

 ラダーにすっぽりと被せる。

 ラダーの径に合うカバーを購入してきたので、ピッタリだ。

 カバーの切れ目はテープで塞ぐ予定だったが、平時はボックスを取り外すのでカバーも取り外せた方が良さそうだ。

 おまけに、雨天時には水も吸い込みそうだし・・・・。

 乾燥させる必要がある時も、簡単に取り外せた方が良さそうだ。

Img_20180222_160301_2

 2個のボックスをラダーに引っ掛けてみた。じゃ~~ん

 かんぬき受けは、程良い固さで引っ掛けられた。ボックスがラダーに接触する部分の緩衝も押さえられそうだ。

 いかにも長旅をしているという感じで、見かけも良くないが・・・・。ま、いいか。 coldsweats01

 ボックスの黒色も、リアドアガラスの色に溶け込んでいるぞ。 happy01

 見かけより実用性だ! そうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

 

2018年3月21日 (水)

リアラダーへの荷物ボックス取り付け

 リアラダーを取り付けた後、ホームセンターKに適当なボックスを探しに行った。

 ボックスと言えば品が良いが、家庭用のゴミ箱だ。coldsweats01

 ネットで検索してみると、車専用の鍵付きのボックスは結構な値段がするようだが、こちらは野口様2枚と少しで購入できた。ラダーに取り付ける金具として、コの字形の「かんぬき受け」を2個と薄い金属板を1枚購入。

Img_20180220_112622

Img_20180220_121212

 購入してきたボックス・かんぬき受け・金属板

Img_20180220_125105

Img_20180220_131039

 金属板を2等分し、かんぬき受けの穴に合わせて2箇所に穴を空ける。

 ボックスの上部にかんぬき受けを取り付ける為の穴を空ける。

 穴開けにはドリルを使わず、キリで小さめの穴を空ける。

 穴にビスを通しボックスとかんぬき受けを固定するつもりだが、出来るだけ水漏れを防ぎたい。

 ビスと同じ径・ピッチの蝶ボルトの手持ちがあったので、それを穴にねじ込んでみた。

 結構固いのでペンチで挟みながら回していく。

 4ヶ所の穴を同様に加工。

Img_20180220_140120

Img_20180220_140211

 かんぬき受けと金属板でボックスを挟み込み、ビスナットで締め付ける。(ボックス内の荷物を傷めないように、ビスは内側からねじ込む。)

 ナットからビスが3mm程出たので、ダブルナットにした。これでナットの緩みも押さえられそうだ。(写真はダブルになっていない。)

Img_20180220_140306

 早速ラダーに取り付けてみた。チョットだらしない感じかな~~。think

Img_20180220_140513

 1段上に上げてみた。こっちの方が引き締まった感じかな?。happy01

 後は、ゴムバンドを縦横に通し、ラダーにしっかり固定すれば良いだろう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2018年3月16日 (金)

いつの間にか花畑に

 2週間振りの郷里の畑、予想通りだった。

Img_20180314_091136

 チンゲンサイ・ミズナ・コマツナは黄色く可愛い花を咲かせている。

Img_20180314_091050

Img_20180314_091340

 ダイコンも薹が立ち白い花が咲いている。

 ニンニクの茎が丈夫になってきた。

Img_20180314_091327

Img_20180314_091301_2

タマネギも大分大きくなってきた。婆様が施す肥料が効いているようだ。

Img_20180314_091352

Img_20180314_155655

 植え付けが遅れたラッキョウ

   順調に生育している。

 草の中で必死に頑張っている

   ワサビナ、みずみずしく美味しそうだ。

 自宅の鉢植えのワサビナも元気だ。朝の山盛りサラダには毎日添えている。

Img_20180314_120236

Img_20180314_200417

 やっと蕾がつき始めた茎ブロッコリースカーレットダンス。綺麗な紫色をした珍しいブロッコリーだ。ラベルに「を加えると緑色に変色する」と書いてある。夕食にレンジでチン、本当だった。happy01 紫色を保ったまま食することは出来ないのだろうか?。

 下旬から暫く車旅に出かける予定なので、起耕しておかなければならない。

Img_20180314_153239

 綺麗に咲いた花を、草刈り機で短く切り払ってから起耕。

 シュンギク・ホウレンソウは、もう暫く収穫できそうなので残さなければならない。

 いつもの如く、あちこちに川中島が出来てしまった。一気に起耕出来ると難儀をしないのだが・・・・。

Img_20180314_155745

Img_20180314_161522

 数年植え替えをしていないニラを、株分けして植え付けた。こんなに多くは必要なさそうだが、婆様が・・・・。

 畑の角にはスモモが綺麗に咲いている。

 七分咲きくらいだろうか。今までは、これ程綺麗に咲いた花を見たことがなかった。開花時期にタイミング良く来ていなかったということだろう。

Img_20180314_091554

Img_20180314_173717

 先日隣に植えた新しいスモモの木も芽吹いている。 グミも・・・。

Img_20180314_091157 植え付けた時わら帽子を被せておいたビワの木も、帽子を取ってやると新芽が伸びている。

 他の木も活着してくれそうだ。

 10年後を楽しみに、しっかり管理していかねば・・・。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2018年3月15日 (木)

リアラダーの取り付け

 長旅をする時は、必要な荷物が結構な量になる。

 車の後部にゴミ箱らしき物を設置したキャンカーをよく見かける。

 ゴミ箱ではなく、荷物箱として利用すれば、車内の荷物を減少させることができそうだ。

 特に洗濯物が溜まってくると、車内の後部空間を大分占領される。

 ステップワゴンをキャンピングカー擬きに改造していた頃は、洗濯物は車上のルーフボックスにポンポン投げ込んでいた。

 ハイエースの車外にボックスを取り付けるには、リアラダーを設置しそれにボックスを取り付けるしかないようだ。

 ネットで検索し、標準ボディ・ハイルーフ用のラダーを探した。同じ規格の製品で最安値の物を注文すると、5日程で届いた。

Img_20180130_123143

  永いダンボール箱を開けると、ラダーその物は組み立て済みだった。

 付属品は小さなダンボール箱に入っているようだ。

Img_20180130_123449

Img_20180130_150757

 箱から取り出し、種類毎に分けて並べ部品の確認をする。全部揃っているようだ。

 チョット忙しかったので、後で組み立てる事にした。数日後、説明書に沿って組み立て作業開始。

 説明書の図と説明を見比べながら組み立てていくが、文字が小さい上に説明表現が・・・・。イライラしてくる。何回も読み返し理解を深めながら組み立てていく。

 若い時より理解力が衰えているようだ。これも加齢のせいか!。最近何もかも「加齢」で片づけられてしまう。特に病院では・・・・。 coldsweats01

 組み立ては無事終わったが、天気の良い日を選んで設置した方が良さそうだ。

Img_20180220_111925jpg2

 時々雲がかかる日であったが、取り付けることにした。

 婆様に手伝って貰おうと思っていたが、持病が・・・・、当てにはならないだろう。

 丁度休日だったので、近くに住む次女に電話をして、婿殿に手伝いを依頼した。

 丁度娘と犬の散歩中との事だったが、すぐ駆けつけてくれた。

 二人で説明書を見ながら組み立てていく。リアドアの上部がカーブしているので、取り付け方にも注意が必要だ。

  車いじりが好きな婿殿のお陰で、無事設置完了。しっかりと固定されている。耐荷重は80kgだそうだ。

 近い内に、適当なボックスを見つけてみよう。

 ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年3月11日 (日)

プリンタの修理

 少し前から、印刷時にプリンタから異常音がするようになった。毎回ではないのだが・・・。

 先日は、プリンタの端に乗せていたスマホのストラップの先が、給紙口から引き込まれていた。

 軽く引いたら取れたので、そのまま印刷を続けた。

 蓋を開けたまま印刷をしてみると、カートリッジに繋がる3本の薄い板状のコードの内、一番手前のコードが折れ曲がって反対側に動いていくではないか。

Img_20180216_182012

 

 このままでは中の細いコードが切れてしまうだろう。何とかしなければ・・・。

 固定されたコードの根元を押さえて、伸ばそうとしてみたが駄目だ。

 う~~ん、何とかしなければ・・・・。コードを挟んでいる黒いツメに薄いプラを挟んで、腰を押さえたらどうだろうか?。

Img_20180218_175736

以前、ナビの画面が反射光で見にくかったので、プラでカバーを作ってみた。無いよりはましで、今も使っている。

 それに使ったのがファイルの表紙カバーだった。片側全面を使って2個作った。

 先のテレビ設置の時は、反対側を少し切り取って利用した。 「テレビの再設置

 今回も、ほんの少しだけ切り取って利用することにした。

Img_20180216_182855

 ツメの幅に合わせてカットし、ツメの後ろ側に押し込んでみた。少し無理をしたが何とかはめ込むことが出来た。結構しっかりとコードの腰を押さえてくれているようだ

 恐る恐る試運転、1枚の文書を印刷・・・・。良いぞ良いぞ・・・

 写真も印刷、大丈夫だ

 プラが外れないように、上下のツメの先端部分にアロンアルファを1滴ずつ落とす。

 暫く時間をおいて、再度動作の確認をする。全く異常ないようだ。コードはしなやかに曲がりながら軽快に作動している。

 我ながら、今回の発想に・・・・。coldsweats01

 

Img_20180216_182959_2

このプリンタは満6歳だと思う。まだまだ永~く働いて欲しい

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年3月 7日 (水)

リアドアのストッパーを自作

 車旅では、駐車場や道の駅に駐車して、車中で食事やコーヒータイム・休憩を取る時間は結構長くなる。

 その時、リアドアを全開にして景色を眺めながら過ごせると気持ち良いものだ。場所によっては半開きにしてプライバシーを保ちたい時もある。

 それを可能にするため、4年近く前、木片でストッパーを作って利用してきた。

Dscf18091_2

Dscf18211_2

 ドアを木片で受け止めるだけの簡単なものだった。車体とドアの隙間は10cm位しかないので、風通しはさほど良くない。おまけに、ドアが風に煽られて跳ね上がる危険性があった。

 今回は、ドアをある程度開いた状態で固定するストッパーを作ってみた。

Img_20170808_101110_3

Img_20170808_100318_4

 手持ちのやや太めの針金(直径2mm程度)を利用した。両端を折り曲げてカギ形にするだけの簡単なものだ。

 ロックされるドア側の金具のツメを、作成したストッパーで軽く押し込むと金具がロックされ、丸い輪っかになる。(試行錯誤する内にこのことに気付いた。 coldsweats01 )

 そこにストッパーのカギを引っ掛け、片方を受け側の金具に引っ掛けるだけでOK。リアドアは自分が引っ張る力でしっかりと固定される。

 外す時は注意が必要だ。ストッパーだけを取り外しドアを閉めると大変。ドア側の金具のツメが閉じたままなので、そのままドンとやったらツメや受けが壊れてしまう。

 ストッパーを外す時は、必ずドア内側のT形のノブを回し「金具のツメを開放してから軽くドン」。

 これが鉄則だ。

Img_20170808_100446

Img_20170808_100641

 もう1本長めのストッパーも作り、全開を含め3段階に調節出来るようにした。

 次回の車旅から活躍してくれそうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2018年3月 3日 (土)

畑も終活?

 先日、郷里の畑に植え付けた枝垂れ桜ビワの苗木に続いて、果樹を植え付けることにした。

 郷里の畑に行く途中にあるグリーンプラザKに立ち寄り、苗を購入。

 植えたい果樹は多いが、取り敢えず5本の苗木を購入し畑へ急ぐ。

 先ず、ジャガイモの植え付けと、春まきのダイコン・ニンジンの種まきをすることに。

 種芋を2~3個に切り分け、切り口に木灰を付けておく。耕運機で起耕した後畝を作り、マルチシートを被せる。40cm間隔に穴を空け種芋を植え付ける。

 普通は、種芋を植え付けてからシートを被せ、芽が膨らんだ頃シートを破り芽を外に出してやるようだが、一斉に発芽する訳でもないし遠方でもあるので、発芽の確認が思うように出来ない。

 以前、シートの中が高温になり芽が焼けて黒くなった経験がある。

 春まきのダイコン・ニンジンの種まきをするのは初めてだ。大きくなる前に花が咲いてしまうのではないかと心配もするが・・・・。

 時間がなくなり、この日は果樹の植え付けは出来なかった。

 2日後に再び畑へ向かうことに。

 途中でまたグリーンプラザKに立ち寄り、4本の苗木を追加購入。 coldsweats01

Img_20180227_110832

  途中の県道脇には、毎年綺麗に花を咲かせる枝垂れ梅がある。

 家の前の畑で年配の女性が丁度仕事中だ。「綺麗ですね。写真を撮らせてください。」と、お願いすると「どうぞ、庭の中に入って良いですよ。」とおっしゃる。遠慮無く中へ入り撮らせていただいた。

Img_20180227_110545

Img_20180227_110642

 

 今日は9本の苗木を植えなければならなくなった。

 爺にとっては、幅・深さ40~50cmの穴を掘るのはチョット大変だが、休み休み頑張ることに。

 穴の底に堆肥化成肥料を入れ土と混ぜ合わせた後、その上に土を被せる。有機石灰を少々入れて混ぜた後再び覆土。その上に苗木の大きさを考慮し、深さを調整して植え込む。

 水鉢を作り、たっぷりの水を与えて植え付け完了。

Img_20180301_170749

Img_20180301_170811

 受粉木を考慮し、クリ2本、       サクランボ2本

Img_20180301_170851

Img_20180301_170905

 先日、大きく切り詰めたウメの近くに、南高梅小梅を植える。

 畑の角にはイチジク

Img_20180301_170927

Img_20180301_171116_2

 懐かしいグミも・・・。昔のグミより甘い筈。

 台風で折れたが半分だけ復活しているスモモの横に、大石早生という品種のスモモ

 この日も時間がなくなり、翌日病院の定期検診を済ませ午後から出掛ける。

 9本の苗木に3本支柱を立てて植え付け完了。

 今回の植え付けで、畑の真ん中にも花木果樹が繁ることになる。? coldsweats01

 小屋でコーヒーを飲みながら、10年後・20年後を想像し二人で苦笑い・・・・。

 桜の下で花見、季節毎の果樹狩り・・・、そううまくいくかな?。

 それより、生きているかが・・・。coldsweats01

 これからも、畑の終活をしていかなければ・・・・。

 子や甥・姪・孫が集まってくれる事を願いながら・・・。

 ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

 

2018年2月22日 (木)

数十年後の花見を夢見て

 川辺二日市で,八重枝垂れ桜ビワの木を購入して2週間が過ぎてしまった。

 早く植え付けた方が良いに決まっているが,寒い日が続いたり何かと多忙だったので,まだ植え付けが終わっていなかった。

 数日前の天気が良い日に郷里の畑に出掛けた。

 今までの果樹は,畑の周辺部に植えてある。中心部には野菜を植えるからだ。

 でも後何年,野菜作りや管理作業が出来るか分からない。自分たちが出来なくなったらになるのは目に見えている。以前から,そろそろ後のことも考えなければと思っているが・・・・。

 時には,子や孫・甥姪が足を運ぶような畑にしておきたいと思い、少しずつ果樹花木を増やすことにした。

Img_20180217_173626

Img_20180217_173646

 畑の真ん中辺りに穴を掘り堆肥を投入,土と良く混ぜた後その上に数cmの土を被せ,枝垂れ桜の苗を置き高さを調整する。周囲に土を入れ固形油粕を20粒程置き更に土を被せる。3本の支柱を立て苗木を固定する。

 同様にしてビワも植え付ける。ビワはハウスで管理していたのか,新しく軟らかい葉が大分大きくなっている。霜避けの為に、ワラ帽子を被せてやった。

 最期にたっぷりの水を与え,植え付け完了。

 枝垂れ桜は来年花を咲かせてくれるかな?。ビワが実を着けてくれるのは数年後,いや10年はかかるだろうか?。

Img_20180217_173715

 1月下旬からアンズカキの木の枝切りをしている。アンズは植えてから20年余り,カキは40年以上になるだろう。どちらも大分大きい。

 今日はなかなか実の着かないの木もバッサリ切った。こちらも20年以上前に植えたものだ。

 3本あるが全く実は着かない。「梅切らぬバカ」と言われるので,これまでも多少は切ってきたのだが効果はなかった。

 今回はバッサリ切った。さあどうなるだろうか?。

 1本は半分程の枝を残した。違いがあるだろうか。

 3本とも同じ種類の梅だと思うので,今年は異なる種類の梅を植えてみようかな~、と思ったりもするが・・・。違う種類で開花時期が同じ梅を選ぶのは難しそうだ。

 

Img_20180217_114419_2

Img_20180217_114501

 チェーンソーで枝切りをしている間も,何時もの人なつこい鳥が近くにやってくる。

 1mもない程だ。スマホを向けても警戒する様子はない。体の向きを変えるサービスまでしてくれる。婆様の所にも飛んできたらしく,撮った写真を見せてくれた。

 天気の良い中で仕事ができ,爽やかな1日だった。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

  

 

2018年2月19日 (月)

知らなかった「戸籍の附票廃棄」

 事情があって、奥方の実家の相続手続きの代理申請をすることになった。

 登記簿上の土地と建物の住所が現在の住所と異なるので、戸籍の附票が必要だという。

 先日奥方を伴って、山田ICに向かう。何時もは鹿児島西ICから入り320円を節約するのだが,ETCのゲートが設置されたので利用してみたくて・・・・。 coldsweats01

 隼人東ICから出て,本籍地の霧島市役所に到着。早速申請を行った。

 暫くして名前を呼ばれ、「古い附票は廃棄されているので発行出来ません。現在地の住所しか出て来ません。」とのこと。

 「附票の廃棄証明は出せますが、どうされますか。」仕方がないので、現在地の附票と廃棄証明をもらい、法務局に電話で問い合わせてみた。

Img_20180218_214616jpg2

 廃棄証明だけでは駄目だという。取り敢えず、不在籍証明書不在住証明書、更にコウカショウメイショ?(どんな字かを尋ねると、カタカナで書いておけとの事)を揃えろとのことだ。

 登記申請書作成に必要な書類一覧に目を通してみると,附票が廃棄されている場合に揃えなければならない書類が明記してある。

 不在籍証明書と不在住証明書は、登記簿に記載された住所地の市町村役場で取得できるようだ。

 建物の住居地は旧蒲生町なので姶良市役所に行けば取れるようだ。

 スマホで姶良市役所を検索し、ナビに住所を入力し出発。1時間足らずで到着。

 証明書の内容を「かつてここに住んでいたが、現在は住んでいないという証明」と、勝手に推測していたので,係の方に尋ねてみた。

 ところが、「ここに住んでいたとの記録は何もないですが、証明書は発行出来ます。」とのこと。

 「いや,住んでいたんですよ!。私たちも何回か来ているし、長男はここで産まれたんですよ。」

 素人の爺婆には納得できないところがあるが、取り敢えず証明書を頂くことに。

Img_20180218_214558jpg2

 証明書には「現在本市保管の戸籍・除籍・原戸籍・住民票及び除住民票に記載のないことを証明する。」と記されている。

 要するに、ここでも廃棄されているということのようだ。

 昼時はとっくに過ぎているので昼食を摂ることにし、途中のイオン立ち寄る。

 ここのイオンは初めてだ。平日にもかかわらず駐車場は満車状態。

 先日のテレビの,「牡蠣の効能についての云々・・・」を思いだし,牡蠣フライ定食(白飯も牡蠣釜飯に変更)を注文。 coldsweats01

 大分待たされたが美味しく頂いた。爺婆にはチョット量が多すぎたが,勿体ないので完食。

 時刻を確認すると,午後3時前だ。南さつま市まで走るか否か迷ったが,無理は禁物,明日にしよう。

 一般道を通ったので,帰り着いたのは午後5時だった。

 明日の朝、南さつま市役所に行く前に,鹿児島市役所に立ち寄って「コウカショウメイショ」なるものを取得しようと思い、寝る前にネットで検索してみた。文字の変換をすると,「公課証明書」の文字が・・・?、あれ何処かで見たような・・・。申請書を作成する為に「固定資産評価証明」を取りに行った時貰ったのが確か「公課証明書」だった。

 何処がどう違うのか?。調べてみると大きな違いはなさそうだ。「税額」が記入してあるか否かの差だけのようだ。

 「コウカショウメイショ」は取得済みということで良さそうだ。

 翌日,直接南さつま市役所に向かう。

 ここの戸籍係の女性職員は,きちんと説明をしてくれたので納得できた。

 無事取得出来たが,手数料が姶良市役所の3倍。表題は「不在籍・不在住証明」となっているが,手数料はそれぞれ300円で合計600円だという。姶良市役所は1通分とみなし,額も200円とお安い。

 駐車場に向かいながら,婆様は憤慨をもろに・・・。同じ証明なのに,こんなにも差があるとは・・・、姶良市の財政は豊かなのだろうか。見方を変えれば儲かったとも・・・。happy01

 次は指宿の実家に向かわなければならない。朝の出発前に,知覧を経由し途中の「知覧高等自動車学校」近くの食堂で昼食にしようと決めていた。

 この食堂は以前テレビで放映され,一度食べに行ってみたいと思っていた。

 食堂の名前は分からなかったが,学校の近くにありすぐ分かった。名前は「憩食堂」。

Img_20180215_120326

Img_20180215_120339

Img_20180215_120421

 まだ12時前なのにカウンターは満席

 テーブル席に座り暫くしてから,お茶と漬け物が・・・。

 厨房には二人の女性の姿が・・・・大分忙しそうだ。

 お勧めはと尋ねると、「ラーメンちゃんぽんですかね」と控えめの返事。

 野菜を食べたいのでちゃんぽんを注文。

 普通に美味しいちゃんぽんだ。

 途中、制服姿のご主人らしき方が入ってこられた。自動車学校で働くご主人だろうということは容易に想像できた。

 上着を脱ぎ,すぐカウンターの食器を片付け始められた。

 自動車学校の生徒さんが多いのかと思ったが,そうでもなさそうだ。土日や夕方はどうなのか分からないが,近くの常連さんのようだ。

 満腹になったところで出発。知覧・頴娃の茶畑を眺めながら,長い直線道路を走る。1時間足らずで指宿に入り実家に到着。

 遺産分割協議書に義母と義妹の署名・実印の押印をして貰い,土地と建物の権利書も預かる。

 お茶を飲みながら暫く談笑後自宅へ向かう。

 申請書類・添付資料(附票が取れない場合に必要な書類は全て揃えた。全部は必要ないのかもしれないが・・・。)を確認し明日の申請に備える。

 翌日,朝のラッシュと予約相談時間を考慮し早めに自宅を出る。

 渋滞に遭うこともなく大分早く法務局に到着。予定時刻より早く相談できた。

 1回目の相談では指摘されなかった箇所を訂正(役所に行くとよくある事だが・・・・,1回目で指摘して欲しいものだ。pout )し,無事申請手続きを完了

 数日後には登記が完了するとのことだ。

 相談員の方に戸籍の附票の保存期間を尋ねると5年だという。

 「既に15年以上前に亡くなった大正生まれの人間の附票は取れないのでは・・・」と予想して,次の段階の説明もして欲しかった。pout

 調べてみると,「附票の保存期間は住民基本台帳法によって、除かれた日から5年間とされています。5年経過以後の保存については市区町村で取扱いが異なります。」とある。

 平成の大合併戸籍のコンピュータ化によって,廃棄されている自治体が多いのだろう。

 素人にはよく分からないが,附票で以前の住所を遡って確認することは出来なくなるようだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村