フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

2018年2月19日 (月)

知らなかった「戸籍の附票廃棄」

 事情があって、奥方の実家の相続手続きの代理申請をすることになった。

 登記簿上の土地と建物の住所が現在の住所と異なるので、戸籍の附票が必要だという。

 先日奥方を伴って、山田ICに向かう。何時もは鹿児島西ICから入り320円を節約するのだが,ETCのゲートが設置されたので利用してみたくて・・・・。 coldsweats01

 隼人東ICから出て,本籍地の霧島市役所に到着。早速申請を行った。

 暫くして名前を呼ばれ、「古い附票は廃棄されているので発行出来ません。現在地の住所しか出て来ません。」とのこと。

 「附票の廃棄証明は出せますが、どうされますか。」仕方がないので、現在地の附票と廃棄証明をもらい、法務局に電話で問い合わせてみた。

Img_20180218_214616jpg2

 廃棄証明だけでは駄目だという。取り敢えず、不在籍証明書不在住証明書、更にコウカショウメイショ?(どんな字かを尋ねると、カタカナで書いておけとの事)を揃えろとのことだ。

 登記申請書作成に必要な書類一覧に目を通してみると,附票が廃棄されている場合に揃えなければならない書類が明記してある。

 不在籍証明書と不在住証明書は、登記簿に記載された住所地の市町村役場で取得できるようだ。

 建物の住居地は旧蒲生町なので姶良市役所に行けば取れるようだ。

 スマホで姶良市役所を検索し、ナビに住所を入力し出発。1時間足らずで到着。

 証明書の内容を「かつてここに住んでいたが、現在は住んでいないという証明」と、勝手に推測していたので,係の方に尋ねてみた。

 ところが、「ここに住んでいたとの記録は何もないですが、証明書は発行出来ます。」とのこと。

 「いや,住んでいたんですよ!。私たちも何回か来ているし、長男はここで産まれたんですよ。」

 素人の爺婆には納得できないところがあるが、取り敢えず証明書を頂くことに。

Img_20180218_214558jpg2

 証明書には「現在本市保管の戸籍・除籍・原戸籍・住民票及び除住民票に記載のないことを証明する。」と記されている。

 要するに、ここでも廃棄されているということのようだ。

 昼時はとっくに過ぎているので昼食を摂ることにし、途中のイオン立ち寄る。

 ここのイオンは初めてだ。平日にもかかわらず駐車場は満車状態。

 先日のテレビの,「牡蠣の効能についての云々・・・」を思いだし,牡蠣フライ定食(白飯も牡蠣釜飯に変更)を注文。 coldsweats01

 大分待たされたが美味しく頂いた。爺婆にはチョット量が多すぎたが,勿体ないので完食。

 時刻を確認すると,午後3時前だ。南さつま市まで走るか否か迷ったが,無理は禁物,明日にしよう。

 一般道を通ったので,帰り着いたのは午後5時だった。

 明日の朝、南さつま市役所に行く前に,鹿児島市役所に立ち寄って「コウカショウメイショ」なるものを取得しようと思い、寝る前にネットで検索してみた。文字の変換をすると,「公課証明書」の文字が・・・?、あれ何処かで見たような・・・。申請書を作成する為に「固定資産評価証明」を取りに行った時貰ったのが確か「公課証明書」だった。

 何処がどう違うのか?。調べてみると大きな違いはなさそうだ。「税額」が記入してあるか否かの差だけのようだ。

 「コウカショウメイショ」は取得済みということで良さそうだ。

 翌日,直接南さつま市役所に向かう。

 ここの戸籍係の女性職員は,きちんと説明をしてくれたので納得できた。

 無事取得出来たが,手数料が姶良市役所の3倍。表題は「不在籍・不在住証明」となっているが,手数料はそれぞれ300円で合計600円だという。姶良市役所は1通分とみなし,額も200円とお安い。

 駐車場に向かいながら,婆様は憤慨をもろに・・・。同じ証明なのに,こんなにも差があるとは・・・、姶良市の財政は豊かなのだろうか。見方を変えれば儲かったとも・・・。happy01

 次は指宿の実家に向かわなければならない。朝の出発前に,知覧を経由し途中の「知覧高等自動車学校」近くの食堂で昼食にしようと決めていた。

 この食堂は以前テレビで放映され,一度食べに行ってみたいと思っていた。

 食堂の名前は分からなかったが,学校の近くにありすぐ分かった。名前は「憩食堂」。

Img_20180215_120326

Img_20180215_120339

Img_20180215_120421

 まだ12時前なのにカウンターは満席

 テーブル席に座り暫くしてから,お茶と漬け物が・・・。

 厨房には二人の女性の姿が・・・・大分忙しそうだ。

 お勧めはと尋ねると、「ラーメンちゃんぽんですかね」と控えめの返事。

 野菜を食べたいのでちゃんぽんを注文。

 普通に美味しいちゃんぽんだ。

 途中、制服姿のご主人らしき方が入ってこられた。自動車学校で働くご主人だろうということは容易に想像できた。

 上着を脱ぎ,すぐカウンターの食器を片付け始められた。

 自動車学校の生徒さんが多いのかと思ったが,そうでもなさそうだ。土日や夕方はどうなのか分からないが,近くの常連さんのようだ。

 満腹になったところで出発。知覧・頴娃の茶畑を眺めながら,長い直線道路を走る。1時間足らずで指宿に入り実家に到着。

 遺産分割協議書に義母と義妹の署名・実印の押印をして貰い,土地と建物の権利書も預かる。

 お茶を飲みながら暫く談笑後自宅へ向かう。

 申請書類・添付資料(附票が取れない場合に必要な書類は全て揃えた。全部は必要ないのかもしれないが・・・。)を確認し明日の申請に備える。

 翌日,朝のラッシュと予約相談時間を考慮し早めに自宅を出る。

 渋滞に遭うこともなく大分早く法務局に到着。予定時刻より早く相談できた。

 1回目の相談では指摘されなかった箇所を訂正(役所に行くとよくある事だが・・・・,1回目で指摘して欲しいものだ。pout )し,無事申請手続きを完了

 数日後には登記が完了するとのことだ。

 相談員の方に戸籍の附票の保存期間を尋ねると5年だという。

 「既に15年以上前に亡くなった大正生まれの人間の附票は取れないのでは・・・」と予想して,次の段階の説明もして欲しかった。pout

 調べてみると,「附票の保存期間は住民基本台帳法によって、除かれた日から5年間とされています。5年経過以後の保存については市区町村で取扱いが異なります。」とある。

 平成の大合併戸籍のコンピュータ化によって,廃棄されている自治体が多いのだろう。

 素人にはよく分からないが,附票で以前の住所を遡って確認することは出来なくなるようだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年2月12日 (月)

久し振りの佐多岬

 数日前、40数年前にお世話になったおば様の葬儀に出席してきた。

 就職してから結婚するまでの4年間、3度の食事は勿論のこと下着の洗濯までして頂いた。後半は同じ家に住み寝食を共にしてきた方だ。

 今までも何回となくお会いしてきた。高齢になってからは施設で暮らしていらっしゃった。

 丁度1年前に会いに行った時は,インフルエンザの流行を理由に面会を断られてしまった。

 鹿児島から2時間余りの時間をかけて会いに来たと話しても,会うことは叶わなかった。

 今年の正月明けに,知人で施設職員のMさんにLINEで面会の良否を尋ねた時は,OKということだったので会いに行かねばと思っていたのだが・・・・。諸々の事情でまだ実行できていなかった。悔やまれてならない。

 朝5時過ぎに起きて6時半前に自宅を出発、7時10分出港の鴨池・垂水フェリーに乗船。

 船上で,名物『南海うどん』店で肉うどんを食べて朝食とする。

 南大隅町の葬祭場には大分早く着いたので,車中でお茶を飲んでから葬儀に出席した。

 おば様は,享年107歳大往生だった。最期のお顔も拝見しお別れをさせて頂いた。

 霊柩車を見送った後、久し振りに佐多岬まで足を伸ばしてみることにした。

 昼時になっていたので,スーパーで弁当を買い車中で食べた後出発した。

Img_20180208_130732

Img_20180208_130459

途中、道路脇の「ふれあいパーク佐多」に立ち寄ってみた。

 反対側には,本土最北端の「宗谷岬」まで2700kmの看板もある。

 宗谷岬に行ってから,もう7年が過ぎようとしている。月日の経つのは本当に早い。

Img_20180208_131135

 天気も上がり,対岸の開聞岳も見えている。

 かつての佐多町伊座敷から佐多岬方面へ

 佐多岬公園線に入る。

 昔は民間企業が所有する有料道路だったが,現在は南大隅町へ譲渡され、全区間が町道として無料通行できるようになっている。

Img_20180208_153753

Img_20180208_153407

 

 辺りの道脇には,

  寒緋桜が咲き始めている。

 ガジュマルの木からは,

  沢山の細い気根が道路の上まで長く伸びている。

Img_20180208_132941_2

Img_20180208_133536_6

 途中はまだ工事ヶ所が多く,あちこちで片側交互通行になっている。

 一番奥の駐車場の手前にも小さな駐車場があり,本土最南端佐多岬のモニュメントがある。

Img_20180208_134306

 奥の駐車場にも立派なガジュマルの木がある。40年余り前に訪れた時もあったのだろうが、記憶は薄い。 coldsweats01

Img_20180208_134648

Img_20180208_135025

 ハイビスカスが海中に落ちて、サンゴの精霊が宿って誕生した「みさきちゃん」が歓迎してくれる。ボディは海に浮かぶ島、おてては黒潮の荒波をイメージしているというゆるキャラだ。

 駐車場は勿論,観光案内所やトイレの建物も真新しい。

Img_20180208_150910

Img_20180208_150920

 トイレを済ませてから,更に奥の展望台までは歩かなければならない。1km近くあるそうだが,せっかく来た事だし行ってみる事に。

Img_20180208_140449

Img_20180208_142020

 上り下りする遊歩道も工事中の所が多い。途中には「御崎神社」がある。

 上空にはケーブルが張られ,資材が運搬されている。

Img_20180208_142847

Img_20180208_143142

 

 展望台に到着  足下には岬から屋久島や種子島までの距離を示した案内板が設置してある。

Img_20180208_142556

 

 灯台は展望台の更に奥にある島の頂上に立っている。

Img_20180208_142631

Img_20180208_143746

 

 ここからも勿論開聞岳が見える。硫黄島もうっすらと見えている。

Img_20180208_143210

Img_20180208_143659

 展望台の中心部は丸く階段状になっている。夏の夜は涼しいだろうが,夜もここまで来られるのだろうか。

 展望所の中にはイスもありエアコンも設置してある。夏場は涼しい環境の中で四方を眺められそうだ。

 20数分かけて駐車場へ帰り,新しいトイレにお世話になった後、岬を出発。

Img_20180208_163111

 根占まで走った所で,「西郷南洲翁宿所」に立ち寄る事にした。

Img_20180208_163159

 宿泊所跡の案内板

 40数年前は,近くを何十回も通った筈なのに,こんな所があるとは知らなかった。 coldsweats01

Img_20180208_163320

Img_20180208_163343

 

 庭の端には「南洲翁浴槽」と書かれた石の浴槽が・・・・。西郷どんは体格のよい方だったそうだが、これに浸かることが出来たのだろうか?。

 大正5年4月に建てられた大きな石碑もある。

 時計を見ると,午後4時40分だ。フェリーの時刻を確かめると5時25分、う~ん,急げばぎりぎりで間に合うかどうかというところかな?。

 垂水桟橋の料金所に到着したのは丁度25分、乗船券を買い急いで乗り場へ。

 誘導員が手招きをしている。おおっ!乗れるかな

 誘導員の方は乗れると思ったらしいが,船員の方から「ノ~」の合図があったようだ。

 ああ~,残念。誘導員の方が「申し訳ない」とペコペコされる。

 そんなに急ぐこともないので大丈夫ですよ。次の便まで25分あるので,車の中でコーヒータイムにしますとお答え申し上げた。

 次の便の先頭で乗り込み,降り口の先頭に駐車。勿論,下船も一番だ。優越感に浸る時間を頂きありがとうございました。

 下船後、近くの病院に入院中の義弟を見舞ってから帰宅。メータを確認すると,往復200km近く走ったようだ。

 今日は寒いので,リビングの暖かい部屋でブログアップをした。見ていた奥方が40数年前に買った小さな花瓶があるはずと言い、探し出してきた。

Img_20180212_150833 確かに,佐多岬の文字や灯台ハイビスカスの花が描かれている。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月 4日 (日)

川辺二日市

 昨日は早起きして,川辺二日市に出掛けた。10年振り位だろうか?。

 8時前には国道沿いの駐車場に到着,NHKの朝ドラを見てから市の会場へ移動。

 早い時間帯なので,まだ人影もさほど多くない。

 知り合いのフリーマーケットで奥方の衣類を購入してから,苗木販売のブースを覗く。

Img_20180203_170329

Img_20180203_170428

 郷里の畑に植える「ビワ」と「枝垂れ桜」を購入。枝垂れ桜は枝作りしてあり気が進まなかったが、思ったより安かったので購入した。

 郷里の畑も,何時まで耕作・管理出来るか分からないので,食べられる実のなる木を少しずつ増やしていこうと思っているのだが・・・・。

 苗木を持ち歩くのは大変なので,駐車場に戻り車に載せた後再び市の会場へ。

 市の長さが1.3kmあるという通りを、出店を覗きながらブラブラ。

 川辺牛の販売所で肉も購入して,帰りまで預かって貰うことに。

Img_20180203_101110jpg2

Img_20180203_105704jpg2

 開運祈願の大きな「茅の輪」も,通りの真ん中に設置してある。

 奥方は8の字にお回り,殿は・・・・。

10時頃になると通りは人の波,歩くこともままならない。

Img_20180203_100644

Img_20180203_105939

Img_20180203_110339

 バルーンアートのお兄さんお姉さんも会場内を巡回している。

 行列が出来る回転焼きの出店の情報はネットで見ていたが,間違いないようだ。

 往路ではそのまま通過したが,復路では興味本位・孫への土産にと並んでみることに。

 その列は既に通りの細い路地の先まで伸びている。

 1時間経っても僅かしか前に進まない。到着してすぐ並んだら割と容易に買えただろうに・・・と考えながら,寒い中じっと我慢

 店の仕事は親子3代でやっているのようだ。店の裏側から小学生らしき男児が出入りしている。簡単な作業を手伝っているのだろう。

 2時間半待ってやっと購入。食べたり買ったりするのに,こんな長い時間並んだのは初めてだった。よく辛抱したものだと,自分でも感心する。

 時刻は既に正午、出店でうどん・ソバを注文し引換券を貰う。出来るまでの間に,早速食べてみた。

 味は普通の回転焼きだが、「あん」の量が多い。ネットでも普通のそれの2倍の量だとあったが,確かに2倍はあるようだ。それでも1個100円と,お買い得かな?。

Img_20180204_152908

Img_20180203_175604

 

 今日の午後のコーヒータイムで残りをチンして食べた。

 この出店は近くにある「井料もち屋」さんが,この「川辺二日市」の時だけ作って販売しているそうで、平時は食べられない貴重な物のようだ。

 他にも回転焼きの出店は数店あり,1個90円の貼り紙がある店もあったが,お客さんの姿は・・・・。 weep

 今朝はがうっすら積もっていた。今も雪がぱらついている。

 川辺はもっと積もっただろうし大分寒いだろう。今日の人出はどうだっただろうか?。

 来年も回転焼きを買いに出掛けるかな! happy01

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2018年1月30日 (火)

テレビの再設置

 旅車を購入してから間もなく4年が過ぎようとしている。
 購入当初から,テレビアンテナ・チューナーは設置してもらっていたので,助手席の背後にで固定して使っていた。
            このように   
 とは言ってもニュース・天気予報を見るくらいで、かえって邪魔になるようなので間もなく取り外した。ニュース・天気予報はナビのテレビで十分だった。
 最近が衰え,小さな画面の文字が見にくくなってきた。
 車旅の途中も,NHKの朝ドラ・大河ドラマは見ているので,再度設置することにした。
 助手席の背後は邪魔になるので,後方の壁に本格的に設置することにした。
 ネットで安くて丈夫そうな壁掛けテレビ用金具を購入。悪路を走る事も結構多いので、首の長さが短い物を選んだ。

Img_20170815_152651

Img_20170815_152925

 テレビは購入してから10年近くなる,15インチシャープアクオス
 AC100VをアダプターでDC12Vに変換して電源供給をするタイプで、DC12Vの入力ジャックが付いていることが魅力だった。更にBSチューナー付きでもあった。
 画面アスペクト比は4:3で映像の上下がカットされるが、我慢することにして購入したものだ。 
 勿論電源はインバーターは経由せず、直接サブバッテリーから取ることにする。
 まず、取っ手と台を取り外す。

Img_20170824_102051

Img_20170816_120555

 ねじ幅100mmのテレビ側の取り付けねじ穴に,4本のビスで金具を固定する。
 壁の裏側が破損しないように厚さ15mm程の木片と,壁の表側に傷が付くのを防ぐために薄いプラスチック板を準備する。

Img_20170816_142109

  先ず、

    後部の壁と

        木片に

  ドリルで穴開けし、

     ボルトナットで

        上部を締め付ける。

 下部は

     バイスで仮止めし、

        ずれないようにして

 壁と木片を一緒に穴開けし

ボルトナットで締め付ける。

Img_20170816_145744

Img_20170816_145728

 残りの1ヶ所も穴開けし締め付ける。
 金具にテレビ本体を引っ掛けビスで固定する。

Img_20170816_145858

Img_20170816_150432

 しっかり固定できたようだ。
 画面保護の為、以前も使っていた発泡スチロール板も付けてみた。

 次はサブバッテリーからの電源供給の作業だ。

Img_20171202_135043

Img_20171202_135410

 サブバッテリーから電源コードを取り出す隙間はない。壁面に穴を開けるしかないようだ。
 壊れた古いバッテリー充電器のクリップを取り外し保管していたので、これを利用する事に。
 管ヒューズホルダーも手持ちの物を再利用

Img_20171202_141704

Img_20171202_144825

 クリップ側の半田付け部分を溶かして取り外し、穴に通した後再び半田付け。
 シガーソケットも手持ちの物を再利用。両面テープは未使用状態だったので,カバーを剥がして使用。まだ十分な接着力だ。

Img_20171202_144146

Img_20171202_144523

Img_20171202_150934_2

 クリップをバッテリーに接続、ビデオケーブルは運転席の後から吊り棚の後を通し後部のテレビまで延ばさなければならないが届かないので、買ってきておいた延長ケーブルを継ぎ足して接続。
 スイッチオン、自動選局後、無事映像が映る。
 これで、ゆったりした気分でテレビ視聴ができるようだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年1月26日 (金)

畑の草、早くも繁茂

 昨年末に,「日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録」のブログアップを終えてから,あっという間に1ヶ月が過ぎようとしている。
 更新をサボると,他の事に費やす時間の確保が出来るので,

                                             プラス面も多いのだが・・・・。coldsweats01

Img_20180115_134735 1週間余り前,郷里の畑の草取りに行って来た。

 暫くは草の生育も鈍く有り難かったが,徐々に活動を開始し目立つようになってきた。

 いつものことながら、特に,この草(名前不明)が畑一面に広がりつつある。

 この草は,根が「ひげ根」で根張りの範囲も広く抜き取るのも厄介だ。

 小さい内に抜き取らなければ,後が大変だ。

Img_20180115_131758

Img_20180115_131831

 ラッキョウエリアの雑草                   紫ミズナエリアの雑草

Img_20180115_131848

Img_20180115_131857

種まきを遅らせたサラダホウレンソウ(紫) と ニンニクエリアの雑草

Img_20180115_131923

Img_20180115_131911

  ビニールシートで覆ったタマネギわらを敷いたレタスエリアでは,雑草の生育が押さえられている。
 3時間余りかけて,ラッキョウ・タマネギ・ニンニクの雑草取りは何とか終えることができたが、ミズナ(紫)・サラダホウレンソウ(紫)の草取りは,時間がなく草取り鍬で耕すだけにせざるを得なかった。

 草取りを済ませた後の写真は撮り忘れてしまった。happy01

Img_20180115_132012

Img_20180115_132030

 十分食べられるまでに生長したサラダホウレンソウ
 早く植え付けた無臭ニンニクも大分生長してきた。

Img_20180115_131959

Img_20180115_132153

 

丁度食べ頃のミズナ         行く度に摘み取られるシュンギクは,この時季生長が遅い。

Img_20180115_131939

Img_20180115_144704

 ニンジンの生育は?前より葉が少ないような・・・。  よくよく見ると葉が噛みちぎられているようだ。野ウサギの仕業だろうか?。

Img_20180115_132145

Img_20180115_132314

 チンゲンサイコマツナは、相変わらず虫様を養っているようだ。

Img_20180115_132129

Img_20180115_132233

 12月中旬から収穫を始めたダイコン    先端は既に収穫したスティックブロッコリー,脇芽はまだ少ないようだ。

Img_20180115_132259 センモト(小ネギ)の

   葉は大分枯れてきた。

    そろそろ種用として

      掘り起こし

       乾燥させた方が

         良さそうだ。

Img_20180115_160943

 起耕・草取り・土寄せをしていると,いつも近くに寄ってくるこの小鳥。掘り起こされた虫を狙っているのだろう。人懐っこく可愛い鳥だ。
 次の機会には通路になっているエリアを起耕し,雑草の繁茂を押さえた方が良さそうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年12月31日 (日)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(76) 人吉~伊佐~さつま~自宅

2017年6月7日(水) 雨
 6時起床,洗面・朝食を済ませた後,休憩所に行く。
 壁に貼ってある「球磨川の畔に咲くツクシイバラ」の案内ポスターが目に留まった。
 道の駅の売店で案内チラシとマップを頂く。花の見頃は過ぎているということだったが行ってみることに。
 9時過ぎ,道の駅「錦」を出発。少々迷いながらも10分余りで現地に到着。

Img_20170607_093412

Img_20170607_094334

  確かに見頃は過ぎているようだ。think

Img_20170607_093540

Img_20170607_093814

Img_20170607_094002

 まだ幾らか綺麗な花が残っている所を探しパシャッ,パシャッ。
 「ツクシイバラ」は,九州を意味する「筑紫(つくし)」とイバラを合わせた名前で,南九州独特の野イバラの意味だそうだ。発見当初より,非常に稀な植物であると報告されているという。
 10時,ツクシイバラの咲く堤防に別れを告げ、国道219・267号線を南へ。

Img_20170607_103445

 人吉は栗の木が多い所だ。途中の道脇にもあちこちに栗の花が咲いている。
 伊佐市を通り,さつま町に入った頃から大雨になる。
 11時半,さつま町健康ふれあいセンター「あび~る館」に到着。
 相変わらずの大雨,車中で昼食を済ませてから入浴する事に。
 昼食後,「温泉博士」を利用して無料入浴。
 この施設は,町民の福祉向上と健康づくりを推進することを目的に造られた,親水型複合施設のようだ。
 旅の最期の入浴,1時間余りゆったりと寛ぐ。
 後は自宅に向かって走るのみ。
 国道267号線から国道328号線へ。国道3号線に出てすぐ県道210号線へ。
 郡山・松元経由で谷山へ。
 市内で最安値?(117円/L)のスタンドでガソリンを満タンにして,
 午後4時半前,無事帰着。

Img_20170607_192126

Img_20170607_192202

 4月初めに和歌山県みなべ町の「梅干館」で,クイズに答えた正解者の中から抽選で梅干が当たるという催しが行われていた。
 それに当選したという知らせは,娘からのメールで知っていた。
 それがこちらの商品。大粒のハチミツ漬けの梅干だった。
 孫達に「食べなさい」とメールしていたが,遠慮したのか嫌いなのか,未開封だった。

 数年前から計画していた「桜前線追っ掛け車旅2ヶ月半が無事終了。
 開花前線は南から北へ順序良く進んでくれないので,実質,関西・近畿以北の旅にせざるを得なかった。元気な内に遠方を済ませる事ができて,一安心というところだ。西日本の旅は別途考えることにしよう。
 今日まで年末の大掃除を色々とやってきたが,自分の部屋の大掃除は後回しになり,まだ手つかずだ。でも,車旅のブログアップは何とか今年中に終えることができた。happy01

 暫くはブログのネタも無さそうだが・・・。
 さあ,明日は正月早々大掃除だ!,頑張ろう。sign03

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年12月29日 (金)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(75) 島原~熊本~人吉

2017年6月6日(火) 晴 のち 曇
 7時起床,洗面・朝食を済ませ,9時過ぎ道の駅「みずなし本陣ふかえ」を出発。
  国道251号線を島原外港へ向かう。

 フェリー乗り場2ヶ所あり入口で迷ったが,「高速カーフェリー」は運賃が高そうだ。

高速でない「九商フェリー」の乗り場へ。

 出港は11時10分、待ち時間が1時間以上あるが「のんびり旅」なので待つ事にして,乗船券を購入する。

 車に戻り,残り僅かとなった車旅のコースを検討していると,乗船案内人(?)の方が,「こちらのフェリーは出港まで1時間以上ありますよ。我が社のフェリーは間もなく出港します。乗船券は払い戻しが出来ますよ。」とのこと。運賃も大差はないようだ。

 乗り換えることにした。案内人の方が乗船券売り場まで一緒に行って下さり,手続きは無事完了した。ところが土産の物色に行った奥方様が見当たらない。メールと目視で何とか逮捕、急いで車に連れ戻す。
 10時15分発の熊本フェリー「オーシャンアロー」に無事乗船。

 商魂逞しい案内人様のお陰で,大分時間短縮ができたようだ。九商フェリー乗船券売り場のお嬢様には申し訳なかったが・・・・。think

Img11

Img41

 

「熊本フェリー」HPより

Img_20170606_102100

 フェリーから普賢岳(?)を望む。

Img_20170606_104817

 普賢岳が少しずつ遠くなって行く。
 10時55分、熊本港に到着。
 12時前に,母方のいとこI子さん宅に到着したが留守のようだ。
 近くのマックスバリュ長嶺店に行き,昼食を摂る。
 午後3時過ぎ,再びI子さん宅を訪れたがやはり留守のようだ。
 久し振りの再会は,又のお預けにして人吉方面に向けて出発。
 国道57(熊本東バイパス)・266(浜線バイパス)・3(松橋バイパス)号線を経由して,道の駅「竜北」に到着。
 トイレ休憩後,国道3号線を更に南下し,八代から国道219号線へ。
 球磨川沿いに人吉を目指す。球磨村を通り更に国道445号線に入り,
 午後6時前,人吉温泉「いわい温泉湯の宿 さ蔵」に到着。
 「温泉博士」の温泉手形を利用し,無料入浴。
  源泉掛け流しの露天風呂や大浴場で,1時間余り至福の一時を過ごす。
   いわい温泉湯の宿 さ蔵  
 午後8時,道の駅「錦」に到着。
 遅い夕食を済ませ,洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年12月27日 (水)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(74) 鞍手~鳥栖~長崎~島原

2017年6月5日(月) 晴
 4時起床,洗面を済ませ朝食抜きで,5時過ぎ「鞍手PA」を出発。
 「鳥栖JCT」から「長崎自動車道」へ。
 7時半過ぎ,「金立SA」に到着,ここで朝食・小休止後,出発。
 一路長崎を目指して走る。「長崎多良見IC」から「長崎バイパス」へ,「川平IC」から「川平道路(有料道路)」へ。
 10時半前,長与町に住む大学時代の同輩M宅に到着。
 Mは病気療養中であったが,旅の途中(5月20日,北海道)で,同じ同輩のから訃報を聞くことになってしまった。
 弔電を送ることしかできなかったので,帰路の途中長崎まで足を伸ばすことにしていた。
 遺影と遺骨の前で手を合わせ御冥福を祈らせて頂いた。
 到着後しばらくしたら連絡を取っていたも来てくれた。
 奥様・御子息のお嫁さん・それに妻も一緒になり,在りし日のMを偲ばせて頂いた。
 学生時代の事は勿論,7年前の旅で寄らせて貰った時は,M手作りの料理で持てなしてくれたことなど・・・・・。
 奥様方は用事があるとのことで,30分程でお暇させて頂いた。
 Tを途中まで送り,長崎バイパス・国道34・57号線を島原方面へ向かう。
 途中のコンビニで昼食を済ませた後,国道57号線から県道128号線に入る。カーブが多くどうやら山越えになるようだ。
 午後2時過ぎ,稚児落ノ滝公園に立ち寄る。

Img_20170605_142225_2

Img_20170605_142140

  ここは雲仙天草国立公園になっているようだ。 こちらは「鴛鴦ノ池?」。
  近くに稚児落ノ滝は見当たらなかった。
 国道389号線から県道47号線へ。カーブの多い下り坂だったようだ。
 午後3時前,南島原市のYさん宅に到着。Yさんは私が大学時代,助手をしておられた先生で,色々お世話になった方だった。
 この方も,今回の旅に出てすぐの頃(3月26日?),同輩のから訃報が届いた。
 奥様は病院に行ってお留守だったが,Yさんのお兄様がおられたのでお参りをさせて頂いた。7年前にお会いした時はお元気だったのに・・・。
 お兄様から最期のご様子等をお聞きした後お暇させて頂いた。
 午後3時半,原城温泉「真砂」に到着。
 「温泉博士」の温泉手形を利用し無料入浴。原城跡の一角にあり,有明海を一望できる素晴らしい温泉だった。
      原城温泉「真砂」
 入浴後,原城跡を巡ることにした。

Img_20170605_180143

                                    原城跡の案内板

Img_20170605_180656

Img_20170605_180648

                                       破壊された石垣

Img_20170605_181108

Img_20170605_181145

Img_20170605_181419

 天草

           四郎

      時貞

         墓碑と  像

Img_20170605_182527

                                                本丸門

Img_20170605_182842

 城跡の一角には,まだツツジの花が咲いていた。
 国道251号線を島原方面へ走る。
 午後7時過ぎ,道の駅「みずなし本陣ふかえ」に到着。
 夕食・洗面後,就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年12月24日 (日)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(73) 尾道~広島~宇部~下関~鞍手

2017年6月4日(日) 晴
 5時半起床、洗面・朝食後,8時過ぎ「八幡PA」を出発。
 10時前,「下松SA」に立ち寄り,40分程のトイレ休憩。
 11時過ぎ,「山口南IC」から一般道へ。
 国道2号線・山口宇部道路を経由し,11時半過ぎ宇部市内に入る。
 市街地のコインランドリーに立ち寄り,いつものように洗濯をしながら昼食を済ませる。
  午後3時,常盤湖畔のホテル「COCOLAND」に到着。

Yadotopimg_2561

275_20170601145136_21_3

温泉博士」の温泉手形を利用して無料入浴。1時間余り至福の一時を過ごす。
 ここは,今回の旅の初めの方(3月27日)でもお世話になったホテルだ。それ以前にも1回お世話になったと思う。

 年間を通してこの冊子を購入している訳ではないが,確かによく載る施設があるようだ。
     COCOLAND    
 午後4時半過ぎ「宇部IC」から「山陽自動車道」に入り,「下関JCT」から「中国自動車道」へ。
 関門橋を渡り「九州自動車道」へ入る。
 午後5時半過ぎ,「古志PA」に到着。ここで夕食を済ませる。
 今夜はここで車中泊の予定だったが,トイレが・・・・。
 もう少し先まで走る事に。
 午後7時半過ぎ,「鞍手PA」に到着。
 洗面を済ませ就寝。
 今日は写真が1枚もなかった。尾道からひたすら走り続けて来たようだ。
 写真がないと何だか寂しいので,COCOLANDのHPから写真を拝借させて頂いた。confident

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年12月22日 (金)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(72) 甲良~草津~大阪~福山~尾道

2017年6月3日(土) 晴
 5時起床,洗面・朝食後7時半過ぎ,道の駅「せせらぎの里こうら」を出発。
 国道8号線を大津方面へ向かう。

Img_20170603_075402_2

 麦畑が多い地域を通った。綺麗に実り収穫直前のようだ。
 途中,道の駅「竜王かがみの里」に立ち寄り食材を購入。
 9時半過ぎ,草津に住んでいるB君宅に到着。
 B君とは今回の旅の始めに京都で,K子さんと一緒に夕食を共にしてから,約2ヶ月振りの再会だ。帰り道の近くだったので立ち寄ってみた。幸いに在宅だったので暫く話をすることができたが,土産を貰う羽目になってしまい,かえって恐縮した。

Img_20170603_095958jpg2_2 ベビーフェイスプラネッツ京都三条店で談笑したことが

懐かしく思い出される。   

   桜全線追っ掛け車旅(8)

 またの再会を約束して別れた後,

  大津市内を通り「瀬田東IC」から

    「京滋バイパス」に入り,

      「名神高速道路」・「中国自動車道」へと乗り継いだが,

 宝塚辺りで渋滞に引っ掛かってしまった。やっと渋滞を抜け「山陽自動車道」へ。

 12時前,「三木SA」に立ち寄り昼食を摂る。

Img_20170603_125042jpg2

 駐車場には,自作キャンピングカーが・・・。軽トラックに木製の架装が乗っかっている。バンク部分もありカッコイイ。
 奈良ナンバーのようだ。中を見せて貰いたかったが不在だ。飲食コーナーで食事中だろうか?。
 午後2時前SAを出発,一路福山市を目指す。
 4時前「福山東IC」から一般道へ。広尾(?)辺りの道路沿いにはバラが植え込まれ綺麗だった。
 途中のコンビニで夕食のおにぎりとおかずを購入。
 午後4時半過ぎ,「スーパー銭湯 ゆらら」に到着。
 「温泉博士」の温泉手形を利用して無料入浴。
 銭湯だが,やはり1日の終わりに一風呂浴びると気持ちが良い。
         スーパー銭湯 ゆらら 
 入浴後出発,国道2号線赤坂バイパス・松永道路)を経由し,「福山西IC」から再び「山陽自動車道」へ。
 午後7時過ぎ,「八幡PA」に到着。
 夕食・洗面を済ませた後,就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村