フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(7)【国見~別府】

4月9日(木) 晴れ  (その2)

Dscf7050 Dscf70472

 これには「孔雀椿」のラベルが見える。こちらは「岩根絞」のラベルが。
Dscf7053 Dscf7049

 「霜降り椿」とでも名付けるか。 こちらは「うな垂れ椿」かな。

Dscf7051 Dscf7052

Dscf7054 Dscf7060

Dscf7057 Dscf7066

Dscf7062 Dscf7063

Dscf7069 Dscf7065

 色々な花形の椿が植えられていた。

Dscf7068

 これは珍しい形の花だ。交配種だろうが,この木,中心部を作るのに苦労しているのだろうか? happy01

Dscf7071

 散策の最後に,少し大きめの桜に出会った。
 駐車場に戻りここで昼食にした。

2012年3月30日 (金)

気まぐれ日記【9日振りの畑】

 春植え野菜の準備があったので,9日振り郷里の畑に行ってきた。
Image679 Image682

 ダイコンやチンゲンサイ・コマツナ・菜っ葉等の後に,堆肥有機石灰をまき,耕運機で起耕した。これでいくらかの夏野菜が植えられる。
Dscf0394 Dscf0396

 スティックブロッコリーの収穫も今回までかな?。
ちらほらとが咲き始めた。

Dscf0395

 先頃植えたジャガイモが芽を出していた。

Dscf0389 Dscf0390

       ブルーベリーの花,

 が咲いていた。

Dscf0415 Image685

Image686

 剪定してから1ヶ月以上になる梨の枝に花が咲いていた。ビックリして枝をたどって行くと,切り口偶然土に軽く突き刺さった状態だ。この切り口から水を吸ったのだろう。

 この根性感動し,土をかぶせてやった。でもこの花で終わりだろう。

Dscf0408

 4本とも花を付けていた。最後に剪定したこの木の開花が一番遅いようだ。
Dscf0397 Dscf0371

        庭のカイドウザクラは八分咲きになっていた。

Dscf0380 Dscf0399

 十数年前,鉢植えの椿を垣根に植え込んだ。花の数は少ないが毎年咲いてくれる「チューリップタイム(?)」。
 同じ垣根の「ヤブツバキ」,名前は良くないが,「チューリップタイム」に勝るとも劣らない美しさだ。
Dscf0376

 垣根で半日陰になる場所に植えてあるマンリョウ,一段と色鮮やかになったようだ。
Dscf0421

Dscf0426

  帰宅途中の道路脇にあった満開の桜。夕暮れ時で写りが悪い。
 近づいてフラッシュを焚いて撮ってみた。

 自宅と郷里の距離27km片道40分の道中,あちらこちらで桜が咲き始めている。

Dscf0422

 桜の向かい側の土手には,ラッパ水仙が数十メートルに渡って植えられていた。よく通る道なのに今まで気付かなかった。 

2012年3月29日 (木)

気まぐれ日記【残した枝の椿咲く】

Dscf0301

 25日に椿の剪定をした時残しておいたが,ここ数日の陽気のせいか,あっという間に咲いていた。蕾は3個残っていると思っていたが7個残っていたようだ。緑色の堅い蕾を見落としていたようだ。

Dscf0317

Dscf0361  植えてから10年以上は経っている「モッコウバラ」。よく見たら,ができていた。

 茂り過ぎるので毎年妻が,枝透きせず外側だけを切り詰めているので,こんな形になっている。住み心地が良いのか,今までに数回アシナガバチが巣を作った。その度に,完全武装して「」が退治してきた。

Dscf0334 Dscf0303

 これもつる性のバラだが,名前・・・・・。これにもが付いている。花が咲いていない時季はトゲが厄介だが,満開の時季は白い花がきれいだ。

 Dscf0307

 思い切り剪定したツルバラからも,新芽が伸び始めた。路地植えして20年位の古株だが,毎年ピンクの小さな八重のきれいな花を付けてくれる。

Dscf0309 Dscf0310

         3鉢あるテッセンにもが見えてきた。

Dscf0312 Dscf0344

 昨春植えて花を愛でた後,軒下に置いていたペチュニア。冬越しをして元気に甦ってくれた。花数も大分増えてきたようだ。
  ギボウシの葉も大分伸びてきた。
Dscf0328 Dscf0330

 雑草のように強いオキザリス
  サツキの枝の間からもニョキニョキ。毎年のこと,早く引き抜かなければ・・・・・。

Dscf0313

 見かけない植物が芽を出している。葉にトゲがあるところはアザミに似ているが・・・・・。

 妻に聞くと,昨秋の「佐賀車旅」の時,買ってきたんだそうだ。ラベルを見ると「ベルケア・パープレア」という菊科の耐寒性多年草で,薄紫がかった白色の花を咲かせると書いてある。「花が終わった後の花柄も面白い」とも書いてある。「花殻」の模様が面白いということかな?。果たしてどんな花柄が見られるか楽しみだ。

2012年3月28日 (水)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(6)【国見~別府】

4月9日(木) 晴れ (その1)
 8:00 道の駅「くにみ」を出発。宇佐別府道路経由で別府を目指す。「大分農業文化公園IC」辺りで,観光案内誌を見ながら「大分農業文化公」に行こうと言い出す。ICは通過している。仕方ないので次の「速見JCT」で下りて,一般道を「大分農業文化公園」まで引き返した。なんと優しい旦那様か。heart01

 大分広い公園だったが,案内標識が・・・・・。
Dscf7021_3 Dscf7026_3

 

 きれいな花を付けている。何という花かな?。 

 もまだ小さい木が多かった。

Dscf7023 Dscf7025

             ヤブ椿のようだけど,どうなんだろう。

Dscf7027 Dscf7028

Dscf7030

  道端に咲いていたタンポポの花。黄色は華やかな感じだが,の質素な感じもいいな~。

 同じ株か確かめはしなかったが,花と種が一緒に顔を見せているのは珍しい。

 園内,特に見るべきものはなかったが,椿園だけは色々な種類の椿が咲いていた。ただ写真を並べるだけだけだが・・・・。

Dscf7031 Dscf7043

Dscf7034 Dscf7036

Dscf7039 Dscf7045  

2012年3月27日 (火)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(5)【国東~国見】

4月8日(水)
 新鮮な野菜やイチゴを買い,9:00過ぎに道の駅を出発。「文殊仙寺」を目指す。
 途中,桜がきれい咲いているがあったので立ち寄ってみた。

Dscf70112

Dscf7012

         反対側には,枝垂れ桜が咲いていた。

  「文殊仙寺」に到着。「三人寄れば,文殊の知恵」の発祥地だそうだ。

Dscf7016

             これが十六羅漢像だったかな?

 あかね温泉(あかねの郷)の駐車場で昼食後,温泉に入る。

 道の駅「くにみ」に到着。売店で,土産に「たこ飯」を買う。
 今夜はここで車中泊。

2012年3月26日 (月)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(4)【別府~杵築~国東】

4月7日(火) 晴れ
 10:30「山地獄」の駐車場を出発し,杵築市へ向かう。
Dscf6996

 杵築城下の駐車場は,ソメイヨシノ満開だった。
Dscf69952

  まず杵築城

     城を眺めた後,駐車場から下の方へ歩いて行った。

Dscf7002

                  鳥居と桜・花モモ(?)

Dscf6998

            枝垂れ桜の下には菜の花が満開

Dscf7004 Dscf7003

 八重桜の木はみすぼらしい姿だったが,花はきれいに咲いていた。
 駐車場に戻り,車中で昼食・休憩後,の方へ。

 観光駐車場に車を駐め,周辺を散策する。
Dscf7009  

 酢屋の坂大原邸あやべ味噌屋

武家屋敷寺町辺りを散策。

 道の駅「くにさき」に向かう。途中コンビニで食材を買う。
 道の駅に到着。車中で夕食後,車中泊。

2012年3月25日 (日)

気まぐれ日記【バッサリ剪定】

 今日は,気がかりな事もあったが,妻の頼み聞いてやることにした。
Dscf0233

 事情があって,15~6年前,鉢植え椿路地植えにした
 手入れもせず,妻が刈り込みバサミで上部だけ切り詰めてきた椿,4~5種類植えてある。後にある木は陽当たりが悪く,発育不良だ。下に置いてある丸太(3本)は,シイタケの原木である。昨年の暮れから10数枚収穫できた。
Dscf0245

 大きめの3本は,思い切って剪定した。妻曰く「そんなに切って本当に大丈夫なの?」
師曰く「大丈夫,大丈夫」,「ホント?」。全く信頼されていない「師」のようである。
 左奥の枝が残してあるのは,蕾が3個残っているからだ。妻の願いを聞いてやり,花を愛でてから剪定することにした。
Dscf0240 Dscf0238

 左の蕾が開くと,このようにきれいな八重の花になる。
Dscf0247 Dscf0237

 一番手前の椿はこんな花が咲く。これもきれいだ

 シイタケの原木は,取りあえず小屋の陰になる場所に置いた。

Dscf0267

Dscf0281

 剪定した枝に咲いていた花は,妻が玄関に飾った。

 トイレに行ったら,そこにも飾ってあった。しばらくは目を楽しませてくれそうだ。

Dscf0249_3 Dscf0254

Dscf0251

  ハクモクレンも剪定した。長い枝は1.5m程切り詰めた。

 ビオラサクラソウデージーが,大分こんもりと盛り上がってきている。

Dscf0256 Dscf0257

Dscf0260

  ストレチアも霜にやられたので,こちらは妻がバッサリと刈り込んだ。「また新芽が出てくるんだが!」。もちろん出てくるが,「椿」は出てこないと思っているのかよ? weep 

 殆どのクリスマスローズが一番の見頃のようだ。

Dscf0296

 ベランダからの眺めた夕陽。ちょっといい感じかなと思って撮ったが,そうでもなかった。

2012年3月24日 (土)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(3)【湯布院~鶴見岳高原公園~別府】

4月6日(月) 晴れ
 7:00 道の駅「ゆふいん」を出発,「銀鱗湖」へ向かう。
 何処も有料駐車場なので,銀鱗湖の奥の方へ行き,無料の駐車スペースに駐車する。
 早速,湖畔の「下ん湯」に向かう。以前来たときは入浴料100円だったが,200円になっていた。
Dscf6939

 以前来た時は,竹の垣根はなかった。せっかくの銀鱗湖の眺めがだいなしだ。あまりにもオープンで入浴する観光客が少なくなったのかな?。せっかく期待して来たのに残念だった。混浴だが最初は私一人,しばらくして男性が一人入ってきた。
 付近をしばらく散策後,鶴見岳高原公園に向かう。
Dscf69412 Dscf69402

 途中にあった展望所「狭霧台」     後方の山は由布岳,標高1,584mで「豊後富士」と呼ばれているそうだ。

 鶴見岳高原公園に到着。桜はまだ2~3分咲だったので,付近を散策してみた。
Dscf69442 Dscf6947

Dscf6948  この黄色い花,何の花かな

 これは,コブシ(?)のかな。

 ピンクのきれいな椿もあった。

Dscf6949 Dscf6952

         紅枝垂れ桜(?)は大分開花していた。

Dscf6958

 鶴見岳山頂にはロープウェイも通っていた。
 ここの駐車場で昼食にした。レトルトの炊き込みご飯の素があったので,炊き込みご飯を炊いて食べた。

 別府市街地に入ると反対車線の道路沿いの桜がきれいだった。駐車スペースも作ってあったのでUターンして立ち寄ってみた。

Dscf6967

Dscf6984

Dscf6981

 ソメイヨシノが丁度満開だった。桜の木も大きく沢山の花を咲かせていた。
Dscf6963 Dscf6965

 根元に咲いたかわいい花。かわいいと言うより生命力のたくましさ感じる。

 別府の我が家「山地獄」の駐車場で夕食後,渋ノ湯」温泉で疲れを癒し車中泊。

2012年3月23日 (金)

気まぐれ日記【出番を待つ植物たち】

一昨日の,郷里の花木や花の様子
Image681_2

 畑の杏の花がほころび始めた。いまのところ,4本の内の2本だけだ。残りの2本は昨年も殆ど実を付けていないので,今年も花は期待できないかもしれない

Image713_3 剪定した枝を1ヶ所に集めて置いていた。その枝にもが咲いていた。1回目の剪定が2月12日,2回目が3月11日だった。少なくとも切り落としてから10日以上が経過している。

その間雨も降ったが,生命力・種の保存力の強さを感じさせられた。生け花では,ある程度生長した蕾では,よく見られることだが,このようなことは現象を見たのは初めてだ


Image698_2

 庭のカイドウ桜もほころび始めた。長女が誕生したとき記念に植えたものだ。もう36年になろうとしている。今月の終わり頃が満開かな。? cherryblossom

Image709 Image710

 木に着床させた2株の洋ラン,どちらも花茎が大分伸びてきた。これも今月末頃の開花かな?。

Image696

 洋ランを着床させているのは,この馬酔木だ。ヘツカランも着床させている。そのせいかどうか分からないが,花付きが悪いようだ。

2012年3月22日 (木)

気まぐれ日記【野菜の花見】

 昨日は私の祖母の命日だったので,7:10自宅を出発し郷里のお寺お参り行った。

 お参り後,墓参に行き,弟夫婦お茶を飲む。妹は仕事で来られなかったようだ。
  お茶の後,母の件で,農協郵便局に行き用事を済ませた。

 昼食後,いつもの畑へ。
Image700

                                                コマツナの花

Image701

                   ミズナの花

Image699

                  菜っ葉の花

Image688

       ダイコンの花(まだ蕾だが白い花が咲くだろう。)
 自宅の近くなら,この様な花になる前にもっと食べられただろうに・・・・。

Image715

 これらの花を全て,草払い機で小さく切断し,起耕し易いようにした。
 その最中も蜜蜂が飛んで来て最後のを運んでいた。蜜蜂さんには申し訳なかったが仕方ない。切断された茎・葉・花はまた土に帰り,次の植物の肥料になる。これが自然界のサイクルだ。
 次来たときは,耕運機で起耕し土と混ぜ合わせる予定だ。
Image717 Image718

Image719

  ダイコンはまだ何とか食べられる保存方法が問題だ。試しに,茎や葉を落としたダイコンに,そのまま土をかぶせた。切り口から腐れていくだろうと思いながら・・・・・。  

 10数本は土から引き抜いて茎や葉を落とし,畑の陰になる場所に掘ったに並べて土をかぶせ,真ん中部分を盛り上げ,雨水が溜まらないようにした。

 果たしてどれくらい保存できることやら・・・・。最初からダメものつもりだがチョッピリ期待もある。

Image707 Image720

 ラッキョウ玉ネギも大分生長してきた。両方とも除草をしてやった。

Image722

 「ミス人参

 人参はまだ花芽が見えない。もうしばらくは食べられそうだ。
 ダイコンは生長すると上にせり上がってくるニンジン下へ下へと生長していくので,ダイコンに比べたら抜きにくい。