フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

パッチワークも妻の趣味

 園芸調理が妻の趣味だが,最近はパッチワークもご趣味のようだ。
Dscf2166 Dscf2214

 玄関の壁に飾ってあるアサガオのパッチワーク。これは,季節に応じて7月に掛け替えられたものだ。
 階段を登りきった所の壁にある子どものパッチワーク。これは数年前からけっぱなしになっている。
Dscf2588 Dscf2586

 梅雨の時季に玄関に掛けられていたアジサイのパッチワーク。アサガオの前に掛けられていたもので,今は押し入れの中で来年の出番を待っている。
 こちらはに掛けられる「夜桜お七」?のパッチワーク。これも今は押し入れの中でお眠りだ。
Dscf2638 Dscf2590

 現在はに向けて,コスモスのパッチワークを製作中である。仕事や孫の子守の合間をみての製作なので,なかなか進まないとぼやいている。 
 何処の床の間にも,立派な掛け軸が掛かっているものだが,我が家の床の間に掛かっているのは,妻が学生時代に製作した刺しゅうの掛け軸だ。椿ウグイスが刺しゅうしてあるのでの掛け軸だろうが,もう20年以上掛けっぱなしだ。
 製作してから40年以上経過しているせいもあって少し色あせしているが,掛け軸本体は虫にも食われずしっかりしている。

Dscf2644_2

 ちなみに,こちらも妻の大学時代の刺しゅう作品「椿」?である。20年前までは,箱に入れ大切に保管していたが,タンスの肥やしではかわいそうなので,リビングに飾ってやった。

2012年8月29日 (水)

かわいそうな栗の実

 先日,1週間振りにウオーキングに出かけた。
Dscf2565 Dscf2563

 階段を下っていくと,枯れた栗の実が階段いっぱい落ちている。先頃の場所より下の方だ。
Dscf2568 Dscf2569

 頭上を眺めてみると,栗の木がある。今まで気づかなかったな~。
 一部の折れて枯れている。ピーンときた。人為的に折られたのは確かなようだ。この階段は192段ある。

 一般の人は殆ど通らないだろう。私も一般の人には1回も出会ったことはない。

 中学生に数回出会ったことはある。部活動の生徒らしく,元気なあいさつをしてくれる

 考えたくないが・・・・・・・。街(住宅地)の中で,懸命に生きている栗の木の気持ちを分かって欲しいな~。
 残っている実を2個見つけた。自然に枯れてはじけるまで頑張って欲しいものだ。

Dscf2571 Dscf2577

 先頃見つけた栗の木は大丈夫だった。
 道脇の家の柿の木には,きれいなが程よく付いていた。
Dscf2579 Dscf2581

Dscf2573  

 今,サルスベリの花が満開のようだ。数ヶ所の庭先にきれいに咲いていた。

Dscf2584 Dscf2470

 車庫の屋根まで伸びて,きれいな花を咲かせている。最近あちこちで見かける花だが名前が分からない。

 隣家の庭に咲いていたピンクのきれいな花。奥様に花の名前を聞いたら「アマルクリナム」と教えて下さった。初めて見る花だったのでネットで調べてみた。
 私の耳がおかしかったのか,横文字の読み方の違いか,花の名は「アマクリナム」と出ていた。
 1921年にイタリアとアメリカ・カルフォニアで人工的に交配された品目で,葉は父方のハマユウに似ており、花は母方のアマリリスに似ているとのこと。確かにその通りだ。分類上ではヒガンバナ科に属し,花もちが良いので、長期間飾りたいアレンジメントなどに向いているとのこと。

Dscf2561  

 自宅の2階のベランダから見た桜島  相変わらず噴煙を上げている。

 今日は南東の風で,こっち方面は降灰の心配はなさそうだ。

 自分の住んでいる所へはできるだけ来て欲しくないお客様だ。  happy01

 夏場,気になるのは天気予報と桜島上空の風向きだ。

2012年8月27日 (月)

台風対策とニガウリ棚の解体・整理

 昨日は,台風が近づいているので家と畑の台風対策も兼ねて,1週間振りに郷里の畑に行った。
Dscf2607  郷里を離れていると,地区の弔事情報も入りにくい。

 まず最初に,今年初盆を迎えられた2人の知人宅に香典を持って行った。

 お一人は母と同級生の方で92歳で亡くなられた方だ。もう一人も95歳と長寿の方だった。

 その帰りに,以前ブログにも掲載した野生の「アケビ」の生長を確認するため,別な畑に立ち寄った。

 随分大きくなっている。2ヶ月半程前は,幼児のようにきれいなスベスベした肌だったが,風雨に耐えたたくましい肌になっている。

 後1ヶ月半位で食べ頃になるかな。?鳥に見つけられる前に取ることができれば良いが・・・・。 weep

Dscf2627 Dscf2625

 ナスピーマンは,今後も収穫できそうなので,丈夫な支柱を立てて,ヒモで少しきつめに縛ってやった。

 強風にはひとたまりもないが,少々の風なら,ないよりはマシだろう。

Dscf2619 Dscf2621

 ニガウリの棚も1/3程は取り壊した。

 時間がなくて前部を取り壊すことはできなかった。

Dscf2629 Dscf2631

 トマトの収穫は諦めて,支柱も最初立てた1本だけなので,地べた這うように伸びている。梅雨明けから,割れや腐れが少なくなってきた。
 今日の収穫は1.5kg位かな。次はいつ来られるか分からないので,完熟していないものも収穫した。ほったらかしていた割には・・・・・・。人間同様,甘やかし過ぎより放任の方がたくましく生長するようだ。? happy01

Dscf2615 Dscf2617

 ナシの生長具合を見るため袋を外してみた。

 うわ~~,腐れているではないか。

 他も同様かなと思い,もう1個外してみた。これは大丈夫みたいだが,まだ食べ頃にはなっていない。

 他の数個を手で軽く押さえて確認してみた。大丈夫みたいだ。後は今回の台風に耐えられるかが問題だ。 think

Dscf2636  母屋と小屋の間の,雨よけのビニールトタンが,パタパタ音をたてている。

 取り付けてから30年は過ぎているかな。固定している針金が朽ち,風に煽られて瓦を叩く音だった。

 このままでは,この台風で吹き飛ばされそうだ。雨どい受けのある所を全部針金で補強した。

 ビニルトタンも劣化しトタン釘もその役目をなしていないので,ビニルトタンは吹き飛ばされるかもしれない。

 台風ができるだけ西寄り進んでくれることを願うだけだ。

2012年8月25日 (土)

今日の桜島

 夕方ウーキングに出かけた。例の192段の階段の下り登りを済ませ,桜島ビューポイントに向かってすぐ,桜島噴煙を上げているのが見えた。

Dscf2603

Dscf2601  ビューポイントへ急いだが5~6分の内に,強い風に煽られてご覧の通り。市の中心部を直撃するような感じだ。

 灰の流れは,ぎりぎりで我が家の方向には来ないようだ。

  coldsweats01   

 最大瞬間風速70mという強くて大型の台風が北上している。天気予報によると,今のところ直撃は避けられそうな様子だ。

 風は欲しくないが雨は欲しいところだ雨台風なら野菜は喜ぶんだが・・・・。

 明日は,できるだけ早く郷里に帰り,家の雨戸も閉めた方が良さそうだ。

 

2012年8月24日 (金)

扇風機の清掃・整備

 我が家はこの暑さでも扇風機主役だ。エアコン使用は来客と子・孫達が来た時,それに就寝時の2~3時間だけだ。震災後,節電が叫ばれているが,我が家は昔から節電している。
 先日,妻が扇風機の回りが悪いと言う。「弱ボタン」を押すと,やっと回転し正常回転にならない。「強ボタン」を押してから「弱ボタン」を押すと,何とか正常回転になる。 以前から,寝室の扇風機も同様な症状が出ていた。毎年使うだけで手入れはなかなかしないので油切れだろう。
 このままでは,加熱・火災の原因になりかねないので,分解して清掃・注油をすることにした。

Dscf2484_2 Dscf2488

Dscf2490 Dscf2492

 まず,寝室用の安~い扇風機からだ。 後のカバーを外すには首振りのボタンを外さなければならない。普通このボタンはネジ止めされているのだが,+ドライバを挿し込んでも引っかかりがない。-ドライバでも同様だ。爪で引っ掛けてあるのかな思い,軽く引っ張ってみるが外れない。壊れても良い思い強く引っ張ったら外れた。やはり爪で引っ掛けられていた。
 吸い込まれた何年分も付着していたので,まず清掃からだ。刷毛・ティッシュ・ドライバできれいに塵を取り除いた。
Dscf2498 Dscf2500

Dscf2502

  前面カバーの固定枠も壊れたので,3箇所をクイック帯で止めてある。
 前面カバーを取り外し,更に後のモータ部のカバーも取り外した。
 コイル周囲の塵も取り除いた。

Dscf2504 Dscf2508

 回転軸軸受け部分に注油するために,首振り部分も分解した。中にはウオーム歯車が入っている。
Dscf2512

 回転軸と軸受け部分に注油(ミシン油)し,「弱ボタン」を押し軽く回転させる。

 これを数回繰り返したところで,羽根を取り付け試運転をする。スムーズに回転するようだ。 

 前部の羽根カバーと,後部の動力部のカバーを取り付けて組立完了

Dscf2514 Dscf2516

 次は,私が就職した時に購入した扇風機だ。今年で41年目になるが,まだまだ現役でバリバリ働いていたが,少しお疲れになったようだ
 こちらの首振りボタンはネジ止だった。今までに何回か分解しているので,塵の量は少なかった。
Dscf2520 Dscf2522

 こちらも前者同様,清掃・注油した後,試運転を済ませ組み立てた。

Dscf2486

 3台目めはこいつだ。こいつも大分古が現役で頑張ってくれている。
 分解・清掃・注油・組立を済ませリフレッシュしてやった。
 これら3台のリフレッシュ作業に2時間近くかかってしまった。
 2階で使用している残りの2台も古いので,2年に1度位は「車検」ならぬ「扇検」をやった方が良さそうだ。近い内にやることにしよう。

 

2012年8月22日 (水)

カラカラの畑で頑張る野菜たち

 長く雨らしい雨が降らずに畑の土の表面はカラカラだ。それでも野菜たちは頑張って生育している。
Dscf2532 Dscf2535

 一番元気なオクラ,実は大きくなり硬くて食べられない。 coldsweats02
  サツマイモも元気で周囲いっぱいにつるを伸ばしている。後1ヶ月位したら初物を掘ってみるかな。
Dscf2540 Dscf2542

Dscf2538

 最初は食害を受け実も付かないナスだったが,最近実を付けるようになってきた。これらは,もう秋ナスと呼んで良いのかな。?帰ってから焼きナスにして食べた。

 1本しかないシシトウだが,生育順調で毎回10本位ずつ収穫している。

 ピーマンは昨年より実の付きが悪いが,これから秋にかけての収穫を期待している。

Dscf2544 Dscf2551

 弱ったミニトマトの株だが,以前より割れが少なくなった。しばらくは期待できるかな。
Dscf2527 Dscf2528

 ニガウリの株は大分枯れてきた。まだ少しだけ元気な株もあるが,大きな実は期待できないだろう。
Dscf2547 Dscf2553

 先日草払いした枯れ草を集めて焼却した。
  昨年植えたカボスの小さな株に1個だけが付いた。株のためには摘果した方がよいのだろうが,かわいそうで摘果しきれない。
Dscf2557 Dscf2555

 キンカンも実を付けているが,今花が咲いている株もある。同じ株でも枝により開花に差があるようだ。これも確実に子孫を残すためなのかな~。
Dscf2526

Dscf2545  

 1枚の畑は,農業法人の方に耕作していただいている。例年ダイコンを植えておられるが,今年はダイコンに加えて,ゴマを隣り合う3枚の畑で栽培しておられる。

 先端部分にはまだ白い花が残りきれいだ。花の下には実がビッシリ付いている。

 花の形実の形ホウセンカのそれに似ている。親戚ではないのかな?。

 気になりネットで調べてみた。残念ゴマ科ゴマ属の植物ということだった。

2012年8月20日 (月)

ベランダで焼き肉夕食会

 アップするのを忘れていた3週間程前のもので申し訳ないが・・・・・。 coldsweats01
 子どもたちが独立する前,何回か2階のベランダで夕食をしたことがある。
 家の中は暑いので,今日は久し振りにベランダで焼き肉夕食会をすることにした。
Dscf2142

 ツーウエイテーブルを,脚を折りたたんだ状態にして置き,廃紙を敷きその上にホットプレートを置いて食事を始めた。

Dscf2146 Dscf2144

 ノートパソコンをダンボール箱の上に置き,動画サイトを見ながら,ノンアルコールのビール(ビールじゃないけど coldsweats01 )で気分を出しながらの夕食だ。
 ランケーブルから無線ランに切り換えてから1年位になるが,こういう時はやはり便利だ。
Dscf2147

 動画は,昨年までの「日向ひょっとこ夏祭り」のものだ。

 今年も似たような内容だろうが,やはり「生」を見てみたい。

 この数日後,今年の「日向ひょっとこ夏祭り前夜祭に出かけて行った。

2012年8月18日 (土)

辺塚納涼夏祭りに出かける(2)

  午前4時頃最初の目覚め,2度寝3度寝を繰り返しながら7時前に起床。6時からは,自衛隊の射撃訓練の音が,パンパンパンパンと周期的に聞こえてきて眠れなかった。
 朝食後,射撃場まで上がって行ってみた。
Dscf2416 Dscf2417

 道路から射撃が始まるのを待ったが,小休止のようだ。仕方なくUターンし引き返した。 昔お世話になったNさん宅に立ち寄り,元気なお顔を拝見した後,辺塚を後にし帰途に着いた。
Dscf2419 Dscf2418

 大隅街道沿いには,あちこちに真っ赤なハイビスカスの花がきれいに咲いていた。
Dscf2425 Dscf2421

 拡幅整備された道路脇の絶景地にはパーキングも整備されていた。
  曇天で錦江湾の眺めは今イチだった。
Dscf2429 Dscf2430

 途中の小さな岬の岩山にある「菅原神社」,地区の名をとって「荒平天神」と呼んでいるのかな? 

Dscf2434 Dscf2433

 岩山の上にある神社への登り口は,急な不規則な階段ロープも準備されていた。
 神社の横にある,菅原道真の有名な詩を刻んだ句碑。
Dscf2454 Dscf2439

Dscf2440  以前に1回入浴したことのある「T・M温泉」。

 施設は古いが素朴な作りだった記憶がある。夕べは入浴できなかったので立ち寄った。

 掛け流しだがややぬるめのお湯だ。夏場は丁度良いだろうと思い入浴した。入浴料は330円と安い。

Dscf2443 Dscf2445

 入浴後,写真撮影許可をもらい再び浴室へ。
 ロッカーは無料,洗面設備もありドライヤーも1個置いてある。
Dscf2447

 素人の手作りという感じの施設。

 それがまたいい。

 鉄分を多く含んでいるので浴槽のお湯は茶色っぽく濁った感じで浴槽の底は見えない。

Dscf2451 Dscf2453

 50mm位のパイプ2本からお湯が注がれている。注がれているお湯は,一見無色透明に見える。温度はどれくらいか手を触れてみた。熱いという感じはしない。40度を少し超える位かな。冬場は長湯をしないとだろう。
 洗い場も7~8人分あり,お湯と水が出る。シャワー栓は「回転式」で使い易い。 ここは写真を撮るのを忘れてしまった。 coldsweats01

Dscf2458 Dscf2461

  最近は桜島の大正溶岩昭和溶岩群を見ることができなくなった。40数年前までは壮大な溶岩群を見ることができたが,松の木が大きくなり溶岩の岩肌も殆ど見えなくなった。

 ここは,火山灰や岩肌に着生する植物の生命力の大きさを感じることができる場所だ。
Dscf2469

 袴腰付近の,きれいに整備された道路脇には多数のソテツが植え込まれている。

 久し振りに通ったら多くの葉が枯れている。

 火山灰のせいだろうか。ソテツがこの地に適した植物だったのだろうかと考えてしまう。

午後2時過ぎ,往復230kmの「夏祭りお出かけ」の旅を終え無事帰着。

2012年8月16日 (木)

辺塚納涼夏祭りに出かける(1)

 13日,一昨年から参加してみたいと思っていた辺塚納涼夏祭りに出かけた。妻は体調が悪く,今回も私一人で行くことになった。
 鴨池フェリー乗り場に行ったら1時間待ちだったので,桜島フェリー乗り場まで行った。お盆のせいか,こちらも車が多く30分余り待たされた。
 袴腰から一路佐多を目指す。2時間余り走り,まず若い頃お世話になった方に会うため,特別養護老人施設を訪ねた。その方は今年で100歳を迎えられた。足腰が悪く車いすを使っていらっしゃるが,内臓はいたって丈夫なようだ。私のことももちろん覚えていて下さった。
 丁度夕食前だったので,長い話はできなかったが,「当面の目標を105歳にしやんせ。また,機会を作って会いに来ます。」と約束して,お暇した。
 30分余り走って,夏祭り会場に到着。開会までには,まだ時間があったので,旧友(S)の居酒屋・喫茶店に立ち寄った。
Dscf23842  

 そこには35年振りになる旧友(N)もいた。

 当然それなりに歳を重ねているが,だんだん昔の面影が甦ってくる。

 呑みながら昔の思いで話に花が咲く。

Dscf23862 Dscf23882

 先輩のKさん           Kさん親子にお孫さん,なぜか私もみんなと面識がある。 happy01

Dscf23902

こちらは旧友のK兄弟。35年振りの再会,兄の方はお父さんによく似てきた。

Dscf2395 Dscf2406

Dscf2391 Dscf2398 Dscf2403_3

 限界集落を吹っ切るような花火も打ち上げられた。スポンサー募りも大変だっただろう。大きな花火大会のような迫力はないが,1発1発に実行委員の皆さんの魂がこもっているようだった。
Dscf2414  最後に抽選会が行われた。普通は下位の等から抽選していくが,ここの抽選は,いきなり1等から抽選する。1等は電気洗濯機,若者が当てたようだ。喜びいさんで担いでいく後から,「これでまた嫁が来なくなった~」と司会者の声が・・・・。
 商品の数も多く抽選時間も結構長引き,終わったのは午後10時半過ぎだった。
  終わった後,再び旧友(S)の居酒屋・喫茶店に立ち寄った。
 そこには,旧友(S)のお姉さんも来ていた。厨房で色々手料理を作って頂いた。会ったのは20年振り位になるかな?。
 また,旧友(I)のお兄さん夫婦もおられた。私は初対面であったが,意気投合し呑んで語った。奥様が(I)に電話をして下さり,話はどんどん盛り上がっていった。
 ご夫婦は一足先にお帰りになった。12時を過ぎたので私も失礼し,校庭に駐めてあるマイホテルに戻った。スライドドアに網戸を取り付け,歯磨き後就寝。

2012年8月14日 (火)

サトイモの花15株も咲く!

 4日振りに郷里の畑に行く。サトイモの花について,ネットで調べたので再度丹念に見てみた。
 奥の列は7~8割以上咲いている。手前の列は1株も咲いていない。手前と奥では品種が異なる。ということは,品種によっても花の咲く条件が異なるということのようだ。
Dscf2364 Dscf2337

 の状態,細く円錐状に長く伸びている。
 一番きれいな8分咲状態。この後満開になり先端部分から枯れていくようだ。
Dscf2339

 雨上がりで,かわいい来客もあった。

Dscf2332 Dscf2372

 今年は例年に比べ,アブラゼミが多いようだ。草刈りをしている回りで,ジージー鳴かれると,一段と増すようだ。
Dscf2356 Dscf2334

 水を飲んでいる私の体にまで寄ってきて,右腕に止まりやがった。そーと左手で捕まえた。

 目の前のアンズの幹にも止まっている。そーと近づき,また捕まえた。こんな時は童心に返るんだなー。 happy01

 2匹とも水浴びをさせて逃がしてやった。

 成虫になってからの蝉の一生は,今まで1週間と聞いていたが,先日のラジオ番組「夏休み子供電話相談(質問?)」では,2週間位は生きるとのことだった。更に4週間位生きる種類もいるとのこと。へ~~そうなのか。

Dscf2341 Dscf2343

 畑の角のバンジロー,小さな実がいっぱい付いている。こんな様子をなりというのかな。?このまま大きくなると,枝が大分しなってきそうだ。次行ったら,支えの支柱でも立ててやるかな。
Dscf2348 Dscf2352

 サワーポメロも20個位の実が付いている。直径が7~8cm位まで生長している。
 ナシの実は,あれ以降カラス(?)の食害を受けずに,11個残っている。袋の上から触ってみると,5~6cm位まで生長しているようだ。このままカラスの目から逃れることができれば良いが・・・・・・。 weep
Dscf2370 Dscf2368

 カキの実は,たったの3個しか確認できない。これも鳥か昆虫・虫に食べられてしまいそうだ。

 3本の内の1本のブルーベリーは,一旦赤くなった後紫色に変化していく。

Dscf2362 Dscf2328

 先頃一回咲いて散ったネムノキの花。また,満開になっている。どうなっているんだ。こちらも天候の影響かな?
 畑の横の小道,長年の間に土手がせり出してきていたので,鍬で下部を削り取った。お盆の墓参りの方々が,通りやすくなるだろうと思ってやったが,凸凹ができてかえって通りにくいったかな。? coldsweats01
Dscf2379 Dscf2381

 今日も摘み取ったモロヘイヤ。小ぶりのニガウリもこれだけ収穫。

Dscf2380 Dscf2377

 形や肌がよくないナス        大葉も毎回摘み取っている