フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

今年もイルミネーションが・・・・

 先日から我が家のイルミネーションが点灯した。
Dscf3986 Dscf3987

 今年のイルミネーションの数は,妻の体調が悪く,最盛期の1/5位かな?。
 先日,郷里の小屋の2階から幾つかを引っ張り出してきた。
 妻の趣味も困ったものだ。   think     自宅の屋根裏倉庫に入らず,郷里の小屋の2階まで占領されてしまった。
 毎日,食事を作って食べさせてもらっている身なので,あまり文句も言えないし・・・・。 coldsweats01
Dscf3989 Dscf3993

 この人形,初めて見るような気がするが・・・?。
 こちらの「お掃除おばさん」は昨年も見たかな?。
Dscf3983 Dscf3985

 こちらは近所の木にセットされたイルミネーション。写真では我が家のものとあまり違わないように見えるが,大分大きい木だ。小さなバケット車がきてセットしたそうだ。
 トナカイさんは,我が家と同じ大きさだ。 happy01

2012年11月26日 (月)

玄関のコスモスいつまでも満開と思ったら・・・

Dscf3544 Dscf3673

 9月末まで玄関を飾っていた「お月見うさぎさん」に替わって,新しく飾られた「コスモス」のパッチワーク作品(?)。

 ちゃんとトンボも飛んでいる。

Dscf3929 Dscf3939

Dscf3935_2 
 何処のコスモスより,ここのコスモスが一番長持ちするだろうと思っていたら,いつの間にかクリスマス・サンタバージョンに替わっていた。。
 

 靴箱の上にもクリスマス・サンタバージョンの人形が・・・・・。

 いつの間に何処で仕入れてきたのだろう・・・・・。 coldsweats01

 

 間もなく12月,早々と購入した年賀状,まだ手つかずだ。そろそろ構想を練らねばと思いながら今日に至っている。今月中に目途をつけたいものだ。

2012年11月24日 (土)

義父の10年祭

 昨日は,亡き義父の10年祭だったので,I市まで出かけてきた。
Dscf3917 Dscf3910

 義父が眠る神社の納骨堂「祖霊殿」で,10年祭を執り行って頂いた。 
Dscf39132 Dscf3907

 納骨堂横のツワブキがきれいな花を咲かせていた。

 道中の指宿街道の道脇にも,満開のツワブキが沢山咲いていた。花が咲くと,いかに多くのツワブキが自生しているかがよく分かる。平時は見過ごされるツワブキが,ここぞとばかり花を大きく広げ自己主張しているようだ。

 最近は,ちゃんと撮ったつもりの写真が,やや傾いていることが多くなったようだ。年のせいかな?。 happy01

Dscf3922 Dscf3925

 孫一同からきれいな生花が届いていた。孫の皆さん,「じいちゃんも喜んでいたよ。ありがとう。」

  美味しい弁当を食べながら,生前の義父の話子供の頃の話に花が咲いた。
 義父が亡くなって10年。その間に色々な事があった。
 義父が亡くなって1ヶ月後には,私のも帰らぬ人になった。一番心が痛むのは義兄の突然の死であった。

  義父の死後,数年後から孫達が次々に結婚し,今では曾孫も10名を越える。
 二人の父も,後数年長生きできたら,孫の結婚・曾孫の顔を見られただろうに・・・・。人生思うようにはいかないものだ。

 私も孫が結婚するまで生きられたら・・・・。平均寿命から考えると,男性にとってはかなり厳しいな~。 weep
 妻よ,曾孫の顔を見るまで頑張れ

2012年11月22日 (木)

またまた七五三詣り

 先の日曜日は,長女夫婦の娘の七五三詣だったので,I市まで出かけてきた。
 お詣りは,長女宅から山手に約10数分ほど走った所にある,「冠嶽神社」だ。
Dscf3895

 神社の周囲は丁度紅葉の見頃で,モミジイチョウがきれいに色づいていた。
Dscf38742

  神主さんが着替えをして来られる合間に1枚パチリ。
 

 ここの神社では,御祓1組ずつ執り行って下さるので,有り難み増すような気分になる。最後の太鼓も,普通の2~3倍の時間をかけて念入りに奏でて下さったようだ。
 

 大きな神社では1回で10数組の御祓いをされるのが普通だ。それに比べたら贅沢な御祓いだ。その分御利益も大きいかな?。 happy01

Dscf38802_2

 御祓いの後記念撮影をしていると,落ち葉を清掃中の方が,「一緒に撮りましょうか」と気持ちよい声を掛けて下さった。
Dscf3876

Dscf3888 Dscf3892

 しばらく神社の周囲の紅葉を楽しんだ。
Dscf39042

 お詣り後,「こけけドーム」近くの江口浜荘で,婿の家族と一緒に祝いの昼食会をした。リニューアルしたらしく,名前も変わっていた。経営者も替わったのだろうか?。
 今回もいいお祝いができた。孫の健やかな成長を祈りたい。

2012年11月20日 (火)

な,な,何何,サイホンではおいしいコーヒーはいれられない!!

 サイホンでコーヒーを抽出して飲むようになってから3週間位経ったかな?。
 サイホンでおいしいコーヒーを抽出するにはどのようにすればよいのか,ネットで調べてみた。
 知りたいのは抽出のタイミングと時間だ。いくつかのサイトを覗いてみたが,時間については,大分差があった。

 ロートをフラスコにセットするタイミングについては,
 ①フラスコのお湯が沸騰したら火をはずし、ロートをフラスコにセットする。そして、再び火にかける。
 ②フラスコのお湯が沸騰したらそのままロートをフラスコにセットする。
の2通りがあるようだ。
 これは,大した差ではない思うが・・・・・。

 抽出の仕方・時間については
 「ロート内にお湯が上昇したら、へらで上部をかるくほぐす。」この点については,どのサイトも同じだがほぐし方については
 ①ロート内にお湯が上昇したら、へらで上部をかるくほぐす。約20秒間放置してから、再度へらでほぐします。
 ほぐす回数は人数分に関係なく、1回目、2回目共に1秒間隔で12回ぐらいほぐす。
 ②ロート内にお湯が上昇したら、へらで上部をかるくほぐす。約40秒間放置してから、再度へらでほぐします。
 ほぐす回数は人数分に関係なく、1回目、2回目共に軽く3~4回ほぐす。
と,時間と回数にかなりのがあるようだ。

 火を外すタイミングについても若干の差がある。
 ①2回目をほぐしたら、すぐに火をはずす。
 ②2回目をほぐして,しばらくしてから火をはずす。

 要するに,ほぐし方・抽出時間によって味が左右されるので、自分の好みにあわせて試行錯誤し,自分が納得する味を見つけ出せばよいということだ。

 サイトを覗いているうちに,意外なことが書いてあった。
(1)喫茶店でサイフホン式が採用されるのは、味ではなく手間がかからないという理由からです。粉と水を入れて火にかけるだけでできるので、人手があまりかからず、たくさんの数をこなせます。しかし、簡単に言うとサイホン式は熱湯と粉を混ぜて抽出しているだけなので、味は最も劣ったものになります。味の良さで順位をつけると
 ネル>ペーパー>>サイホン
ということになります。ネルやペーパーはポットから一滴一滴落とさなければならず手間と時間がかかりますが、濃度や温度の調節ができ、熟練した人が行えば最もよい結果が得られます。味にこだわった店はネルを使っています。

(2)サイホン式は、熱い下のガラスにコーヒーが抽出されるため、コーヒーの一部が煮込んだようになり、良くいえば角が取れてまろやか、悪くいえばはっきりしないになります。
ペーパードリップ、ネルドリップの方がコーヒー豆の個性が出るように思います。

(3)サイホン式でうまい珈琲屋さんというのは、1軒だけ経験があります。
 抽出する人の様子を見ていると、サイホンの扱いが見事で、これだけノウハウがあればうまく抽出できるだろうと思いました
 しかし逆に言うと、それほどでないとうまくいれられないわけで、サイホン式でうまいコーヒーをいれるのは、かえって難しい思います。
 あれは、器具自体の高級感がいいのかもしれませんが、実際上はペーパードリップ、ネルドリップの方が、味と手間の点で優れているのではないでしょうか。

 サイホンを使っておいしいコーヒーを飲むつもりだったが,どうやらドリップ式の方が優れているようだ。 happy01
 せっかく準備したサイホン,しばらくはこれで高級感ゆったり感を楽しんでみよう。もちろん,おいしくいれる方法を試行錯誤しながら。

2012年11月18日 (日)

遂にダウン,もう一頑張り

Dscf3778 Dscf3782

 ナスは当たり前の実を付けなくなってきた。10月下旬最後の収穫だった。この後全てのナスは引き抜いた。
 ピーマンは,ご覧の通まだまだ元気だ。実は小ぶりだが11月一杯は収穫できそうだ。もう一頑張りしてくれよ。
 シシトウも,まだ次々に実を付けてくれる。
Dscf3784 Dscf3846

 青ジソの種がすっかり枯れてきた。来年の為に棒で叩いてを落としてやった。
 ラッキョウの花も咲き始めた。
Dscf3840 Dscf3848

 ツワブキの花(今は亡き義兄が諏訪之瀬島から持ってきてくれたツワブキで,本土のものより大分多きい。煮しめの具材にしても食べ応えがある。)
 

 春に妻が持ってきて植えた白いランタナ?,地植えにして元気が出てきたようだ。

Dscf3820 Dscf3817

 昼食後,梅雨時期に,別な畑の角の木に沢山のアケビが実を付けていたのを思い出し車を走らせた。その途中,畑に植えられたマリーゴールドの花が鮮やかだった。

 

 畑に到着,ア~~残念,実は全く見られない。とっくの昔に熟し鳥たちに食べられたようだ。丹念に探したら干からびた黒っぽい種と皮が下がっていた。
 その近くに懐かしい実が下がっていた。子どもの頃,鳥を捕るためのワナにしていたものだ。熟した所は鳥に食べられているようだ。      

2012年11月16日 (金)

ネムノキ今年2回目の開花

 1週間程前郷里に帰った時,畑の垣根の一部になっているネムノキにきれいなが咲いていた。あれっ!また咲いている。確か今年2回目だよな~と思いながら数枚パチリ。
 今までも何回かそう思うことがあったが,そのまま余り気にかけてこなかった。

Dscf1764

 自宅に帰ってから,マイブログをさかのぼると,7月3日のブログ記事に写真(上の写真)を載せていた。ハードディスクに移動してある元の画像の撮影日を確認すると「6月29日」になっている。確かに1回目は梅雨の時季に咲いていたという証拠が見つかった。
Dscf3826 Dscf3832

Dscf3838

  2回目に咲いた花「11月9日」撮影
 

 側面の枝は剪定しているせいか,花が咲いていない。

 剪定してない真ん中から上の枝に花が付いている。

 ネットでも検索して見た。「ネムノキの開花は年2回?」何度かキーワードを変えて検索した結果,1件だけ次の様な記事を発見した。
   「一回目は6月の頃二回目はちょうどいまの頃(11月)に咲くのだということです。初耳でした。でも、1本の木が2回開花するのかは定かではありません。」
  郷里の畑のネムノキは間違いなく1本だ。
 やっぱり年2回花を咲かせていたんだ。もちろん全てのネムノキがそうだということではないだろう。品種や気象条件にもよるのだろう。
 ただ家のネムノキは年2回花を咲かせているのは紛れもない事実だ。
 今までは枝が横に伸びて来ると容赦なく切られていたネムノキ。これからはもっと大切にしてやろう。花も優しく上品な感じだし,しばらくは剪定もしないでおこうかな。

2012年11月14日 (水)

空き家の家主(?)南無阿弥陀仏

Dscf3800 Dscf3804

 芋焼きが終わって家に帰り,昼食のサラダを食べながら,ふと6畳間に目をやると,真ん中に「ねずみホイホイ」があるではないか!。中を覗いてみると,小さなねずみが2匹掛かり死んでいる。いくらか腐敗が進み異臭がする。
 すぐ外に出して1枚パチリ。

Dscf3811 Dscf3824

   畑の角に穴を掘り丁寧火葬してやった。 think

 

 なぜ,「ねずみホイホイ」がこんな所にあるんだ。もちろん数ヶ月前に私が仕掛けた場所とは異なる。

 よくよく周囲を見渡すと,広縁側の網戸が開いているではないか。ガラス戸を開けたとき網戸が開いていたことに気付かなかったようだ。

 「はは~」ここから「まぐれ猫(野良猫)が家に上がり込み,異臭を放つ「ねずみホイホイ」をくわえて来たところで,私が畑から帰ってきた。

 びっくりした猫は,あわてて逃げて行った。

 これが私の推測だ。果たして正しいのかな?。 good

Dscf3835 Dscf3836

 そのまま土葬してやってもいいかなと思ったが,臭いを嗅ぎつけて何らかの動物に掘り起こされるのは嫌だったので,火葬してから最後は土葬にしてやった。南無阿弥陀仏~,南無阿弥陀仏~。成仏してくれよ。 think

2012年11月12日 (月)

焼き芋器に焼き網設置

 前回の焼き芋作りで,小さい芋を乗せられなかったので,バーベキュー用の焼き網を持って行き,釜の中央部に置いた。

Dscf3766 Dscf3773

 焼き網の中央部に小さな芋を,周辺部に大きめの芋を置き火を入れた。

Dscf3786 Dscf3774_2

Dscf3776 Dscf3798

 燃料は,剪定したアンズの枝や,枯れた,枯れたモロヘイヤの茎など,全てリサイクル燃料(?)だ。
Dscf3794 Dscf3796

 焼き時間も後半に入ったところで「パ~ン」と弾けるような音がした。蓋を取り中を覗いてみると,安納芋が弾けていた。釜の側面にも,おいしそうな芋の中身がくっついていた。
 こうなったら食べるしかない。熱いのでフ~フ~冷ましながら食べるのも乙なもの
  昼食はカレーとサラダの予定だったが,焼き芋とサラダに変更することにした。今回は妻の体調が悪く一人で来たので質素な昼食だった。
 今回はバーベキュー網が役立った。小さい芋は約1時間半,大きい芋も約3時間で焼き上がった。前回同様,きれいな焼き芋が出来上がった。

2012年11月10日 (土)

義母の誕生祝い

 先日は,指宿に住む義母の誕生祝をした。鹿児島市内の料亭でやることになったので,義妹の車で鹿児島まで来てもらった。
Dscf36832

 子ども達全員が集まりお祝いしてくれた事に,義母もしそうだった

Dscf36872

 義母は86歳になった。数年前の手術後,なかなか体重が増えないと気にしているが,認知症など何処吹く風,至って元気だ。最近遠出はしないものの,まだだって運転している。 happy01

 「父ちゃん(10年前84歳で亡くなった),まだ迎えに来ないでね」と遺影に話し掛けたそうだ。

 当面の目標90歳としているようだが,元気でまだまだ長生きして欲しい。

  店の方から,お祝いに「箸」のプレゼントを頂いた。