フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

もうツツジの花が・・・

 先日のウオーキングコースは○ヶ丘方面にしてみた。

Dscf5057_2  淡いピンク色の花を咲かせているイワツツジ(?)。

 空がバックで写りが悪い。

 こんな時全自動の安物デジカメはダメなんだよな~。 weep

Dscf5052

こちらのお宅ではボケの花が満開だ。鮮やかな赤色が映える。

Dscf5059 Dscf5063

 こちらのお宅の八重咲のようだ
Dscf5066 Dscf5065

 こちらはのようだが・・・・。?

Dscf5064  こちらは門柱の前に置いてあったサクラソウ

 数種類の色の苗を混植し,通行人にも良く見えるように置いてあるようだ。

2013年2月25日 (月)

ハクモクレンの蕾ほころび始める

 自宅近くのお宅の大きなハクモクレンの蕾が,間もなく満開になりそうだ。
Dscf5025

Dscf5027

 このお宅のハクモクレンは,毎年花をいっぱい付け,素晴らしい眺めになる。
 

 

場所によっては,かなり開花している。

Dscf5026  こちらのお宅の木はやや小さいが,もう三部咲き位になっている。

Dscf5032

Dscf5034  白からピンクまでの花がグラデーションのように変化して美しいボケの花。

 その横には,普通の赤いボケの花が植えられている。

Dscf5036 Dscf5045

 真っ赤な花を付けたカランコエ。       白いジンチョウゲも珍しい。

Dscf5039 Dscf5042

 黄色が映える(?????)     ヤブ椿もよく見ると可憐な花だ。小学生の頃,雨上がりに椿の花を摘んで,そのなり口を吸うと甘い蜜が出てきて美味しいものだった。また,花の向きを交互に並べて,ワラスボ(稲藁)を通し,レイにして遊んだりもしたな~。

2013年2月24日 (日)

クリスマスローズ今が盛り

 妻が大切に育てているクリスマスローズ今が盛だ。蕾を確認してから1ヶ月半程になるようだ。
 自慢げに,私にも見るよう命令が下った。「立派立派」とお褒め申し上げておいた。
Dscf4999

Dscf4993 Dscf5002

Dscf4997 Dscf5005

                      サクラソウも最初の花が出揃った。

Dscf5010 Dscf5015

 鮮やかな黄色のオキザリス。こいつはほったらかしていてもどんどん増えていく。不精者向の花だ。

 このビオラ,よく見ると,何かの動物の顔に見えてくる。怒ったオジサンの顔にも見えるかな?。 happy01

2013年2月23日 (土)

我が家もひな祭り気分

 桃の節句が近づいてきた。新聞やテレビでも,各地ひな人形ひな祭り話題が報じられるようになってきた。
 我が家の玄関にも,チョッピリその気分を味わえるものが飾られている。
Dscf5022

 玄関の壁に掛かっているパッチワーク風(?)壁飾り。写真にすると,実物のひな壇を撮したようにみえる。
Dscf5024 Dscf5020

 どちらも焼き物の御内裏様。

 我が家の孫達は,圧倒的に女びな多い。男びな増えてくれればな~。 coldsweats01

2013年2月22日 (金)

郷里の畑

 先週,2週間振り郷里の畑に行った。
Dscf4856 Dscf4857

 ヒヨドリの被害は相変わらずだ。今までは食害を受けていなかったブロッコリーの蕾も,遂にの対象になったようだ。今年のブロッコリーの収穫量は,例年の1/3以下だ。
 チンゲンサイ・菜っ葉もが咲き始めた。葉物野菜やダイコンは,これから次々に花が咲いてくるだろう。
Dscf4862 Dscf4863

 玉ネギはヒヨドリもお好きでないようで助かっている。大分生長してきたが,追肥の必要がありそうだ。
 遅く種まきをしたダイコンの葉も嫌われているようだが,根が十分に太るところまではいかないだろう。
Dscf4859

 畑の端に植えてあるは,やっと蕾が膨らみ始めたところだ。近辺の梅に比べたら大分遅い開花だ。満開まで後2週間位かな?。
Dscf4870 Dscf4869

 実家の庭に植えている椿(岩根絞り)の蕾が膨らんできた。

 開花寸前の蕾も,憎いヒヨドリに食べられている。 angry

 昨年も蕾はいっぱい出来たが,開花せずに全部落下してしまった。
 実は庭にある数本の椿は,鉢植えにしていたものを,仮植のつもりでそのまま植え込み,もう20年以上そのままにしている。恐らく,鉢底から地中に大きな根が伸びているだろう。蕾が落下したのは十分な根が張れないからだろうか。?
 露地から掘り起こし鉢を割り思い切り剪定し,以前のように鉢植えにするか再度露地植えにするかした方が良いのだが・・・・・。

2013年2月21日 (木)

枝垂れ白梅

 先日のーキングは少しコースを変えてみた。
Dscf5028

Dscf5029  まだ満開ではなさそうだが,枝垂れ白梅を見かけた。

 

 枝垂れ梅といえば桃色を連想する。

 

 白い枝垂れ梅は珍しいと思うが,そうでもないのかな?。

Dscf4988

Dscf4991  

 こちらのお宅にもあった。七部咲きくらいかな。?

Dscf4978 Dscf4979

 途中,空き地で立派に生長している玉ネギシュンギクを見かけた。肥料がよく効いているのかがしっかりし,も鮮やかだ。長年,畑として利用しているため,土も肥えているのだろう。
Dscf4971 Dscf4972

 いつもウオーキングコースに入れている200段階段の金網の外は,木が切り倒され,山肌が見えている。そこに植えられた河津桜(?)の幼木と数本の菜の花が満開になってきれいだ。

2013年2月20日 (水)

テレビ台の修理

 妻がテレビ台が壊れていると言うので見てみると,台の前面上の飾り板(?)が外れている。
 良く調べてみると,飾り板は裏面に小さな木片を3ヶ所に取り付け,その木片をタッカーで本体に留めてあるだけだ。タッカーの針がまともに刺さっていなかったようだ。
 「訳あり商品」で安く購入した品だった。ここも「訳」の一つだったかな?。
 タッカーで留められないことはないが,飾り板が少し反っているのでまた外れそうだ。そこで武蔵は考えた。 think  接着剤を使った方が丈夫に留められそうだと。
Dscf4263Dscf4269

 早速,木工用ボンド端金を準備した。飾り板と木片にL字形にボンドを塗り2本の端金で締め付けた。
 1日後には端金を外す予定だったが忘れてしまい,外していないのに気付いたのは4~5日経ってからだった。
Dscf4305

  しっかりくっついてビクともしない。

 しか~し,「当て木」代わりにダンボールを使ったので,飾り板の表面が少しへこんでいる。遠目に見ただけでは分からない程度のへこみだ。気にしない気にしない。 coldsweats01

 右側が外れたときは,ダンボールの上に木片を当てて締め付けることにしよう。

2013年2月18日 (月)

e-Taxで確定申告無事完了

 1月13日(日)に早々e-Taxで確定申告をしようとしたが,利用可能時間外だった。先日,時間が取れそうだったので,後半の具体的な金額入力を済ませることにした。
Dscf4651

 生命保険類の控除の欄のところで,聞き慣れない文言欄があった。旧生命保険料新生命保険料介護医療保険料旧個人年金保険料新個人年金保険料などがそれだ。平成24年度分から変わったのかなと思い,各種保険料証明書をよく見てみると,確かに区別の表記がある。指示された欄に新と旧に分けて入力していった。
Dscf46562 Dscf46582

 全ての入力が終了。最終的に太子様4枚近所得税を納めなければならないようだ。
還付金はないだろうと思っていたが,ちょっと高いな~・・・・。
 でも納めるしかない。ネットバンキングを利用して納付しようかなとも思ったが,納付のための番号を取得しなければならないなど,少し面倒なようだ。金融機関からの引き落とし方が簡単に思えたし,何となく安心感がある。
 e-Tax上で金融機関名や口座番号を入力すると,納付書送付依頼書が出来上がりプリントアウトできる。それに氏名を自筆・押印して税務署に提出すればよい。
 これで確定申告作業は無事完了。後は納付書送付依頼書を税務署に提出するだけだ。

 1月13日(日)のブログで,e-Taxを利用すると4000円税額控除があると書いたが,24年分は3000円になっていた。2年前は5000円だったのに・・・・。
ICカードリーダ/ライタの価格が下がったからだろう。
 私の電子証明書有効期限はどうなっているだろうか。2014年の1月か2月は間違いないが,はっきりしない。これもe-Taxのページから確認する事ができた。有効期限は1月10日だった。来年は1月10日までの平日に済ませるか,それとも2月に入ってから更新し,ゆっくり申告するか。結果的にはどちらでも一緒か?。いや10日までに済ませて,更新は2年後の2月頃に遅らせた方がいいのか・・・・・?。鬼に笑われそうだから,もう止めにしよう。

2013年2月16日 (土)

見事な枝垂れ梅(2)

 水引町の十島様宅に到着。近くの空き地に,草道地域の方々の出店があった。そこが駐車場になっていた。
 枝垂れ梅を見る前に,そこで生食用の「ハウスキンカン」と「デコポン」を購入。
Dscf4948

    

                    「わ~~,すごい」の一言に尽きる。

Dscf4953

Dscf4941

Dscf4946  まるで,花のシャワー,仕掛け花火のナイヤガラの滝だ。

 見せて頂いて比較するのは申し訳ないが,こちらの方が優雅花数も多く見ごたえがある

Dscf4937

 大木の枝の下から眺めるのもいいもんだ。70年の風雨に耐え生き抜いてきた枝が逞しく感じられる。
Dscf4930

 反対側にも,接ぎ木で増やしたという枝垂れ梅が10本位ある。
Dscf49512_2

  肌寒い中,毛糸帽膝掛け姿のお年寄りが,シルバーカーに腰掛けておられた。
 挨拶の後,お年を尋ねてびっくり!。何と101歳とのこと。明治44年生まれだそうだ。

 一番大きな木の樹齢を尋ねると,「70年になる」と元気な声で教えてくださった。
 妻は長寿にあやかろうと,ここでも一緒に写真撮影をお願いした。
 確かネットで検索した時も,某サイトに写真が載っていたようだ。マスキング失礼になると思いそのまま載せさせてもらった。
 訪れる人が皆声掛をしている。ご本人様も訪れる人との会話を楽しんでおられるようだった。
 妻は,庭先で販売されていた黒米シイタケも安いとご購入。お金は自家製のお金入れ箱に投入するようになっている。

Dscf4924 Dscf49312

  あまりにもきれいだったので,記念に1枚お願いしたが,枝垂れ梅の上と右側が少し切れている。すぐ確認して切れていることは分かったが,再撮影をお願いする勇気がなかった。
 庭先にはきれいな黄色いスイセンも咲いていた。>

  いつまでも眺めていたいほどの感動ものであったが,そういう訳にもいかず後ろ髪を引かれる思いで,おじいさまとお別れした。

Dscf4962 Dscf4964

 帰りは食事をするため,いちき串木野市の「さのさ荘」に立ち寄った。何か珍しいものはないかと,メニューを見たら,「マグロ舵取り丼」なるものがあった。早速それを注文。
舵取り丼の舵取りとは何だろうと思っていたら,間もなく運ばれて来た。
 膳の上に敷かれた,マグロの部位名調理法の紙を見て,そのが解けた。どうやら,尾びれを激しく左右に動かす筋肉部分を「舵取り」と呼ぶらしい。
 丼の真ん中には「舵取り」部の唐揚げトッピングされている。最初,それを口にした。
まだ火傷するくらい熱く,歯応え・味も最高だった。
 周囲のトッピングも「舵取り」部の刺身なんだろうか。?
 値段お手頃デザートまで付くお得なメニューのようだ。次,機会があったら,「舵取り」唐揚げの単品を頂いてみたいな~。

 今日1日,桃源郷ならぬ梅源郷を訪れたような気分だった。はいつ見てもいいもんだ。心が癒される。

2013年2月15日 (金)

見事な枝垂れ梅(1)

 昨日は,先日のMBCテレビのローカルニュース「春を告げる花」で放映された薩摩川内市の大重様宅枝垂れ梅を見に行ってきた。
 実は,テレビで字幕が出た,大重様宅の住所を書き記したチラシを紛失してしまった。どうしても見たかったので,ネットで検索し住所まで探し当てることができた。
 自宅を9時に出発し,西回り自動車道経由で10時には大重様宅に到着した。見物客用に駐車場まで準備されていた。
Dscf4888

Dscf4915 Dscf49162

 樹齢35年の枝垂れ梅,花数はやや少ないが大分大きな株だ。
  敏様は85歳とは思えないほど,色艶も良くお元気そうだ。妻は,あやかりたいと一緒に写真を撮らせてもらった。敏さんは,今日の南日本新聞にも,枝垂れ梅と一緒の写真が掲載されていたので,マスキングはしなくても大丈夫でしょう。
Dscf4898

 株はやや小振りで上の株より若い株のようだ。この株が40本の枝垂れ梅の中で一番美しかった。花数も多くピンク色も濃いし樹形も立派だった。
Dscf4893

Dscf4894

Dscf4908  ここでもメジロがいっぱい集まって,しきりに動き回り蜜吸いに一生懸命だ。

 載せたい写真はいっぱいあるが,これくらいにしておこう。

 庭には敏様と娘さんが,お茶を準備して見物客を持て成ていらっしゃた。素晴らしい枝垂れ梅を無料で見物させて頂いた上に,お茶まで頂いてしまった。
 「来た人が驚き,喜んでくれるのが嬉しい。また頑張ろうという気になる」と目を細めておっしゃった
 「来年茶菓子を持って訪問しよう。」と妻と語りながら,ネットで見つけたもう一軒のお宅,水引町十島様宅に向かった。
Dscf4968

   2月15日 南日本新聞の記事より