フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

春はそこまで

 いつものコースを少し外れてーキングをしていると,ピンクの花を咲かせた木が目に入った。

Dscf0236



 

Dscf0239 

 近づいてみると,モモ(花モモ?)の花のようだ。

 もう七分咲きのようだ。

 もうそんな時季かな~。

 ここ数日の暖かさでグッと開花が

早まったのだろうか?。

 


 更に歩いて行くと,今度はウメの花が咲いているではないか。

 

Dscf0233



 

Dscf0231

Dscf0226

 


 

 大分大きい株だ。こちらは三分咲きというところかな。
 こちらのお宅では,イヌマキの木が新芽を吹いている。
 このまま暖かくなることはないだろうが,確実に春は近づいているようだ。自然の摂理には感心させられる。
 郷里のウメやアンズの花も咲いているだろうか?。郷里はこちらよりやや寒いからまだかな?。

2014年1月29日 (水)

キンカンマーマレード作り

 妻が,キンカン漬けに続いて,キンカンマーマレード作りも始めた。

Dscf0185_2

Dscf0187_2


 

 キンカンを綺麗に洗った後,二つの切って中のを取り除く。結構面倒な作業のようだ。
 種を取り除いたら,更に細かく3~4個に切り分ける。

Dscf0189_2

Dscf0191_2

 砂糖を加え弱火で煮詰めていく。

Dscf0193_2

Dscf0184_2


 

 出来上がったら空き瓶に入れて保存。子供たちにも,お裾分けなさったようだ。
 まだ,これから色づく実もあるので,また作ろうと妻は張り切っている

 

2014年1月27日 (月)

バッテリー交換

 我が家の車も購入後9年目に入っている。2個目のバッテリーも弱ってきたので,数ヶ月前,サブバッテリーとして4年余り前購入した2個の内の1個と交換した。
 ところが,端子の-極に,硫酸銅結晶ができるようになった。
 3年余り前,北海道青森を1ヶ月半かけて車旅をした時は,まだサブバッテリーの走行充電システムを組んでいなかったので,メインとサブを毎日交換しながら走行し,夜間はサブからの電源で冷蔵庫を作動させていた。その時,1個のバッテリーの取っ手が外れ,数十センチの高さから落としてしまった。幸いに底部の角が少し痛んだだけで,バッテリーの機能には支障はなかった。
 今回交換したのはそのバッテリーだ。交換の際,端子が少し曲がったような気がしたが,さほど気にも止めていなかった。交換後1ヶ月余りの頃,ボンネットを開けて驚いた。
 端子の-極に,水色の結晶ができているではないか。バッテリー液が漏れているなと思い,端子の付け根辺りを見たが,隙間もないようだ。
 取りあえず,端子を注いで結晶を溶かして綺麗にし,様子をみることにした。
 定期的に様子を観察すると,徐々に結晶が増えていく。やはり,どこからか液が漏れて,硫酸イオンとホルダー(?)のが反応して硫酸銅ができているようだ。
 このままではいけないと思い,もう1個のサブバッテリーと交換することにした。

Dscf9785

Dscf9789


 

 お湯をかけて硫酸銅の結晶を溶かし,ホルダー(?)を端子から外した。  オヤッ!,端子の中程が折れているようだ。端子の中まで電極の金属が差し込まれているようだ。そこから電解液がにじみ,ホルダーの銅と反応したようだ。  原因は判明した。以前からホルダーのナットを締め付ける時,「がたつき」がなくならなかった。強く締め付けようとしたため,端子に無理な力がかかったのだろう。

Dscf9793

Dscf9795

 



 

 サブバッテリーとして使っていたもう1個のバッテリーを取り外した。狭い所での作業は面倒な上に,不自然な姿勢になるので大変だ。
 取り外したバッテリー。4年余り前にネットで購入したパナソニックの「カオス」。この冬を乗り切れるか心配だが・・・・・。もうしばらくは保ってくれよ。

Dscf9797

Dscf9803



 

端子の折れたバッテリーは処分しなければならないが,バッテリーケースの中が1個では倒れる恐れがあるので,固定役としてケースに戻した。勿論端子には接続しないで。
 新しくメインバッテリー役を引き受けたバッテリー。さてどれくらい保つだろうか。?

 

2014年1月25日 (土)

キンカン漬け

Dscf0155

Dscf9847



 

 

 昨年は1個残らず盗られてしまったキンカン。今年は盗られる前に,少し青い状態の時から数回に分けて収穫した。

Dscf0126

Dscf9849


 

 最初の収穫は12月末,早速妻がキンカン漬けにして,正月のお節料理の一画に彩りを添えていた。それから少しずつ数回に分けて作っている。
 仕事が休みの日は,お茶うけとして数個ずつ頂く事もしばしば。量が少ないのですぐなくなる。
 今年は摘果もしなかったので,実は小ぶりだが味はまあまあだ。

2014年1月23日 (木)

タマネギの除草 

 前々からの懸案である「タマネギの除草」に出かけてきた。今回は「タマネギの除草」が第一目的である。定植後1回だけ草をで削り取ったが,また大分生えてきた。
 今の段階で根こそぎ除草しておかないと大変なことになってしまう。数年前はそれを怠ったために,収穫量がガタ落ちになった。

Dscf0153

Dscf0160



 

 タマネギの両サイドは,前回同様で削り取ってやった。株間は鍬で軽く耕した後,草取りごてで抜かざるを得ない。

Dscf0174

Dscf0165



 

 3時間余りで除草完了,大分綺麗になった。ついでにラッキョウ畑の除草も済ませた。
 作業の中盤から1羽の野鳥が近くの小枝に止まって私たち夫婦を見ている。除草後に現れるを狙っているのだろう。

Dscf0172

Dscf0168


 

 道脇のお茶の木に咲いた花では,蜂(蟻?)が蜜吸いに一生懸命だ。

Dscf0179 やっと収穫できる大きさに生長したダイコン

 例年に比べたら小さいが味は上々だ。もう少しは太るかな?。

2014年1月21日 (火)

垣根のサザンカ・ツバキ

 20年余り前,鉢植えしていた数種のサザンカツバキを郷里の垣根に植え込んだ。
 年に2~3回刈り込まれ,思うように生長できないようだが,毎年花を咲かせてくれる。
 今年も,数は少ないが花を開いている。

Dscf0094

Dscf0097


 

Dscf0105

Dscf0103


 

   気の早いツバキも一輪ずつ花を咲かせている。

Dscf0092 ボケも蕾が膨らみ始めている。


 ウメの花もそろそろ咲き始める頃ではないかな?。

2014年1月19日 (日)

畑の野菜たち

 先日,今年になって初めて郷里の畑に行ってきた。

Dscf0114

Dscf0113


 

 植え付けが遅かったブロッコリースティックブロッコリーにも,やっと小さな花房ができていた。例年なら,正月前に収穫できているのだが,随分遅い。植え付けが遅かった分だけ収穫が遅れるのではない。秋植え野菜の収穫は,遅れた日数の3倍の日数を要するようだ。この生育状況だと,収穫は2月になってからかな?

Dscf0116

Dscf0112


 

 

 ニンジンも生長が遅い。まだ太さ5~6mmだ。まともな物は収穫できないかもしれない。
 ダイコンはやっと収穫できる大きさに生長してきた。

Dscf0110

Dscf0121



 

Dscf0118

Dscf0120



 

 ミズナコマツナサラダホウレンソウチンゲンサイは,今がちょうど食べ頃だ。

Dscf0123

Dscf0124


 

 殺風景な畑の一画で映えている(  )。


 昨年の落ち種が発芽して生長したヒマワリ,流石に元気はないが頑張って花を咲かせている。

2014年1月17日 (金)

久し振りのウオーキング

 年末年始,そんなに多忙であった訳ではないが,ウオーキングをサボっていた。
 3週間余り運動もしていないので,体重も少し増えたようだ。いつものコースを約1時間歩いた。

Dscf0029

Dscf0035


 



 

 200段階段のフェンスの外側には,もうスイセンの花が咲いている。
 70段階段(「学校坂」と呼ばれているようだ。)のフェンスの外側には,アマリリスの花も咲いている。

Dscf0031

Dscf0037


 

 道脇の藪では,まだ黄葉も頑張っている。
 グランド跡の広場の枯れた雑草も紅葉の様にみえる。

Dscf0038

Dscf0033

 もうビワの花も咲く頃か。
 ダチュラの花?,昨年12月の中旬に,このブログで「初めて見たダチュラの実」と紹介したのは誤りだったようだ。「ダチュラの蕾」だったようだ。早とちりで申し訳ない。 coldsweats01

 

2014年1月15日 (水)

玄関ドアの塗装

 我が家の玄関ドアアルミ製であるが,鋳造(?)の部分が錆びて白っぽくなってきている。
 以前,妻はそれを磨こうと「つや出し剤(?)」みたいな物を買ってきた。そんな物で綺麗になる訳がないと,放っておいたが,またそれを持ち出してきて磨けと言う。
 「ダメだ」と言っても聞かない。仕方がないので,本格的塗装をして錆が目立たないようにすることにした。

Dscf0042

Dscf0047

 

 小さな10個の枠の部分が錆びて白く粉を吹いたようになっている。防錆処理がしっかりなされていない安物だったのだろうか?。
 先ずは,マスキングテープと新聞紙を使ってマスキング。これが結構面倒で時間を要した。

Dscf0051

Dscf0052



 

 手持ちの古いスプレー式のアクリルラッカー塗料があるので,これを使うことにした。
 缶を振ると中の鋼球がカチカチ音がするので,大丈夫だろうと思ったがキャップが開かない。-ドライバーでこじ開けようとしたら欠けてしまった。大分古いようだ10数年は経っているだろう。
 紙に試し塗りをしてみたら,塗料が綺麗な霧状にならない。時たま小さな塊状になって出てくる。途中で何回も缶を振りながら何とか塗り終えた。所々に塗りムラができている。
元々錆の小さな凹凸があるんだから気にしない気にしない
30分間隔で3回塗りした。色はなのでそのままでも良さそうだったが,せっかくマスキングまでしたので,ホームセンターまで走り焦茶色の塗料を買ってきた。

Dscf0054

Dscf0056



 

 新しい塗料は綺麗な霧状になり塗りやすかった。やはり最初から新しい塗料を買うべきだったかな・・・・・?。 coldsweats01
 2回塗りし,時間を置いてマスキングを取り外した。まずまずの出来映えだ。

Dscf0045

Dscf0065


 

 妻からお褒めの言葉も・・・。「綺麗になったね。正月前にすれば良かったのにね。」だとさ。

Dscf0062 ひとつだけ失敗。1回目の紺の塗料を吹き付ける時,玄関のタイルをマスキングしていなかったので,ご覧の通りだ。 weep
 でも,グラデーションでそんなに悪くはない。
 「足元注意わずかな段差あり」の目印にするか,溶剤を買ってきて溶かして拭き取るか迷っている。

2014年1月13日 (月)

孫の七草祝い

 次女の子が七草を迎えた。着付けや記念の写真撮影・お宮参りは事前に済ませている。
 一昨日の夜は,祖父母4人を交えて次女宅でお祝いの宴を催した。

Dscf0077

Dscf00712



 

Dscf00732 手作りの美味しい料理を頂いた後は,

これまた手作りのデザートを美味しく頂いた。


 婿のご両親からプレザントされたランドセルを背負って1枚パチリ。

 2ヶ月半後はいよいよ小学1年生。

 6人中,3人目の小学生だ。

 子供の成長は早い。その分,自分たちも

どんどん歳を重ねているんだが・・・・・。

 妹もランドセルを背負いたくて・・・・。

Dscf00792


 

 

  最後に記念写真を撮ってお開き。健やかな成長を祈りたい。