フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ラッキョウ

 郷里の畑に昨年9月に植え付けたラッキョウが収穫の時季を迎えた。
 今年の植え付け(種)の事も考え半分余りを収穫した。

Dscf1819

Dscf1798


 

 綺麗に洗ってから一晩水に浸けてから,酢ラッキョウにするのだそうだ。
 早速,生のラッキョウを刻んで梅味噌(昨年作ったもの)で食べてみた。う~ん,結構いける。

Dscf1829

Dscf1849


 

 妻の同級生から頂いたタケノコを水煮にした。それも梅味噌で美味しく頂く。
 焼き飯にもラッキョウが!!。これもまた美味しい。

Dscf1825酢漬けにしたラッキョウ3Kg余り。二人で半年以上食べられるのかな?。

2014年5月30日 (金)

カシワバアジサイ

 我が家のカシワバアジサイが満開になってきた。

Dscf1837



 

Dscf1835

Dscf1728



 

 普通のアジサイに比べて花数が少なく豪華さはないが,純白の円錐形の花は「少女のとんがり帽子」みたいだ。
 赤いバラとのツーショットは,10日近く前のもので,お隣さん宅にはみ出した花を,妻が切り花にして花瓶に挿していたものだ。

Dscf1843


 

 

 こちらも純白のテッポウユリ。立てばシャクヤク,・・・・・・・・,歩く姿は百合の花。やはり気品があって美しい。 こちらは「こびとのとんがり帽子」かな!。

Dscf1733

Dscf1735


 

 昨年の落ち種が芽を出し,立派な花を開かせたペチュニア
  以前,名前の分からなかったこちらの花。実はラベルが付けてあることを知らなかった。名称は「ヘリオトロープ」というそうだ。古くから香水の原料として使われている芳香植物のひとつだそうだ。顔を近づけると確かにいい香がする。

     http://www.yasashi.info/he_00009.htm

 

2014年5月29日 (木)

梅の加工

 昨夜から今日にかけて,梅味噌梅ジャム作りが始まった。
 種の除去が面倒なので梅味噌は種入りだそうだ。
 梅ジャムは裏ごしせず皮入りとのこと。こちらは種を除去してあるそうだ。
 どちらもまだ試食していないが,何も言わないので,どちらも美味しいのだろう。

Dscf1845

Dscf1851


 

 梅味噌,小瓶はお裾分け?。      梅ジャム,タッパー入りは車旅持参するとのこと。

 

2014年5月28日 (水)

梅の収穫

 先日郷里に帰った時,別の畑の土手に植えてある梅の木を見に行った。今年の実の付き具合を確認するためだ。

Dscf1789

Dscf1793



 

 樹齢50年以上の木は,剪定もせず放りっぱなしなので大分大きくなっている。電柱がなければ,富良野の「セブンスターの木」にも負けないかっこよさだ。
 下から目を凝らしてみると,結構実が付いている。
 当日は畑仕事が忙しかったので,翌日改めて収穫に出かけた。

Dscf1795 実はそんなに大きくはないが数だけは結構ある。

 肌の綺麗なものもあるが,多くは小さな傷がある。

 風で枝にこすられたのだろうか。

 表面に実の液が固まったようなものが着いている

ものもある。

 手の届かない高所にはまだ収穫した以上の綺麗な実が付いているようだが,取ることができない。木の下に敷く広いシートだけは持参したが,叩き落とす長い棒がない。残念!!

Dscf1810

Dscf1814



 

 収穫後の処理は妻の出番だ。
 選別の後,水洗い。ペーパータオルで1個ずつ水分を拭き取る。容器に入れて,氷砂糖と焼酎を加え梅酒の出来上がり。
 梅酒の他にも,梅酢梅の甘酢漬け梅シロップ(飲み物),梅のシロップ煮(食べ物)などもお作りのようだ。
 生梅のまま姉に届けたり,3人の子供達には仕込みを終えたものを届けたりと大忙し。
  更に傷物の梅は,梅味噌梅ジャムにすると張り切っておいでだ。

2014年5月26日 (月)

久し振りの畑仕事 

 2ヶ月余り前から肩の痛みが再発して,病院通いが続いている。そのせいもあって2ヶ月以上郷里の畑仕事をしていない。
 畑の草も大分伸びているだろうし,タマネギの収穫もまだだったので,久し振りに郷里まで出かけてきた。

Dscf1740

Dscf1741



 

   庭は草ぼうぼう          アジサイの花が咲き始めている。

Dscf1742

Dscf1784


 

Dscf1779 畑も草ぼうぼう2時間余りかけて起耕した。

 できるだけ左肩に負担がかからないようにしようと思うが,なかなかそういう訳にはいかない。やはり肩の痛みが大きくなってきた。
 起耕の後に現れた昆虫,耕運機のロータで足をもぎ取られたようだ。可愛そうだがどうしようもない。まだ生きているが,鳥の餌になってしまうのだろうか?。南無阿弥陀仏,南無阿弥陀仏
 子供の頃よく見かけた昆虫だ。名前は??。調べてみた。マイマイカブリかな??。

 http://www.insects.jp/kon-osamaimai.htm

Dscf1745

Dscf1773


 

 普通のタマネギ赤タマネギを収穫した。よそ様の様にマルチ栽培でもないし,植え付け後の施肥・除草等の管理も行き届かなかったので,SサイズSSサイズが殆どだ。小さくても味の方は,大玉と変わりないだろう。

Dscf1747

Dscf1755


 

 キウイの花がいっぱい咲いていた。雄木の花だと思う。例年雌木の開花が遅いようだ。そのせいか,なかなか実を付けてくれない。
 ブルーベリーの実が大分大きくなっている。

Dscf1760

Dscf1776


 

 ナシの実も付いているが,収穫は期待できそうにない。
 数は少ないがスモモも大分大きくなっている。時季を逃さなければ20個位は収穫できるかな?。

Dscf1768

Dscf1769


 

目を凝らしてみるとアンズの実も10個程確認できた。おそらく全部落ちてしまうだろう。


 時季が来たら発芽することを期待して投げ捨てておいたハヤトウリが,既に発芽し3m程に伸びている。

Dscf1785昨年,挿し木苗を定植した皇帝ダリアが,新芽を吹き元気が良い。昨年以上に大きく生長し,花をいっぱい咲かせてくれるだろう。

 

2014年5月24日 (土)

またまたバラ

 ブログのネタがないので,ウオーキングコースを替えてバラをパチパチしながら歩いた。coldsweats01

Dscf1564

Dscf1557


 

Dscf1555

Dscf1573


 

Dscf1560

Dscf1583



 

Dscf1589

Dscf1599


 

Dscf1593  最近ブログのネタ探しに困っている。野菜作りも,草花の話題も毎年ほぼ同じ内容になってしまう。
 調べてみると,2011年2月21日に,ブログを立ち上げている。その後6月と8月に1回ずつ,9月に5回更新している。
 その後10月から連日の更新が7ヶ月続いている。2012年の5月から現在まで,ほぼ1日置きの更新になっている。
 さて,今後どうするかな~。特に真新しい内容でもないものをアップするのも・・・・・。
 ブログ開設の目的のひとつに,「ボケ防止」も入っていたので,止める訳にもいかないようだし・・・・・。
 気の向いた時,話題がある時に更新する程度にしようかな~。
 2ヶ月程前から肩こり(頸椎の老化現象が原因)がひどく(こりと言うより痛い),通院治療し薬も飲んでいるが,なかなか治らない。
 パソコンに向かう時間も減らした方が良さそうだし・・・・・。
 う~~~ん!!

2014年5月22日 (木)

我が家のツルバラ

 我が家のピンクのツルバラも満開を迎えている。先日の雨で花ややはうなだれているが,八重の可愛い花を精一杯咲かせている。 

Dscf1699



 

Dscf1712

Dscf1714



 

Dscf1704

Dscf1718


 

 このツルバラも,植えてから20年位にはなるだろう。
 2本のLアングルを地中に深く打ち込み,それに鋼製の格子枠を固定して作った棚は,丈夫なものだ。

 勿論,錆びてはいるがまだ暫くは使えそうだ。
 いずれも廃材を利用して作ったものだ。

Dscf1726

Dscf1730

 

 


 

  トイレの棚に飾られて満足げなツルバラ??。あまり良い場所ではないな~~。でも人間様の為だ。我慢,我慢!!。 think
 私は食卓の上よ。居心地いいわよ!。  happy01

2014年5月20日 (火)

まぐろの館 

 まだ,妻は新しい旅車の運転をしたことがない。
 先日は,運転練習を兼ねて,いちき串木野市の「まぐろの館」まで行ってきた。
 市街地を抜けた所で,妻と運転を交代。若干のアドバイスとシート・ミラーの調整をした後運転開始。
 助手席で運転振りを拝見。かねて妻が運転する「ザッツ」の助手席に乗っているときよりやはり緊張する。ブレーキを踏むタイミングも少し遅いように感じる。

Dscf1611

Dscf1612


 

 交代してから30分余りで,無事「まぐろの館」に到着。
 運転の感想は・・・。「そんなに難しくはないね。」だとさ・・・・。
 まだ公道を前進しただけだものね~。細い道路での離合やバック・車庫入れはまだやっていないのだぞ~。

Dscf1613



 

Dscf1623 建物は,近くから見るとごく普通に見えるが,見る方向を変えると,立派な船に見える。甲板やタラップもちゃんと付いている。400トン級の遠洋マグロ漁船を模したものらしい。

 2階には,串木野港でとれたマグロを使った魚料理の専門店松榮丸」がある。

 事前に11時開店との情報は得ていたので,早速店内へ。丁度11時だ。まだお客は誰もいない。 日曜日だから混雑しているだろうと思って来たのだが・・・・・。  店員さんが個室に案内してくれたが,薄暗かったので多くのテーブルが並んだ席に案内してもらった。  

 すぐに,美味しいお茶が出てきた。何を注文するか迷ったが,「1日限定20食」の「まぐろ大カマ焼き定食」にした。「限定」と名が付くと,何故か食べたくなる。  入店して10分程経つと,お客も1組2組と増え始めた。

Dscf1610 待つこと10分余り,大カマ焼き定食が運ばれてきた。
 思った以上に大きなカマだ。身もたっぷり付いている。大きさは20cmを超えそうだ。
 写真では,そんなに大きくは見えないが,実物は大分ボリュームがある。
 刺身とサラダを食べてから,カマを頂く。う~ん,めっちゃ美味い。合間に飯もパクつき,味噌汁も吸う。
 う~~ん,ふ~~。結構な量だ。ベルトの穴をひとつずらして更に食べる。 happy01

 団塊世代は,食べ残す事ができない。最後に残った茶碗蒸しも無理して口に押し込む。ちょっと食べ過ぎた~。妻は飯を半分程食べ残している。もったいないけど利口かな?。
 食べ終わる頃は百数十はあろう思われる席は満席だった。ちなみに90%は熟年(?)世代だ。しかも,女性が圧倒的に多いようだ。

Dscf1620

Dscf1622


 

 食事を済ませた後,3階のまぐろ資料館に上がってみた。
 レーダーや魚群探知機・まぐろ漁の歴史資料などが展示してあった。

Dscf1626 まぐろの館を後にして,同市内に住む長女宅に向かった。
 しばらく孫と戯れた後,「冠岳温泉」まで足を伸ばした。
 ここの温泉には以前1回だけ来たことがある。露天風呂もあり,お湯も綺麗だ。
 お客さんもそんなに多くなかったので,1時間余りゆっくり入り心も体も癒やされた。
  湯上がり後,車内でコーヒーを一杯飲んでから,妻の運転で帰路に就く。市街地に入る前に運転を交代し午後6時前に無事帰着

2014年5月18日 (日)

野イチゴに出会う

 昨日,ウオーキングに出かけた。
 しばらくコースを替えていたので,久し振りの200段階段だ。階段を降り始めると,突然目の前に丸くて赤い物が飛び込んできた。

Dscf1476

Dscf1478


 

Dscf1496 野イチゴだ!!。フェンスの向こう側に真っ赤に色づいた野イチゴが数個。大きい物は直径15mm位はありそうだ。辺りを見回すと他にもまだ20個程ある。
 何十年振りだろうか,懐かしいな~。
 確か1ヶ月余り前のブログで,野イチゴの花の写真を載せたと思う。1ヶ月余りの間に立派な実になった訳だ。
 もぎ取って口にしてみたいが,全てフェンスの向こう側にあるので取ることができない。
 近くにあった枯れ枝をフェンスの穴から差し込んで,茎を軽く叩いて実を落とした。その実を丁寧に手前に手繰り寄せ,やっと指の届く所まで持ってきた。
 成功だ!。チンパンジーにバナナと棒だ。ニンマリしながら口へ運ぶ。ほんのり甘く懐かしい味だ。昔はもっと甘かったような気がするが・・・・・。念の為,飲み込まずに吐き出した。 

Dscf1486

Dscf1488


 

 更に階段を降りて行くと,フェンスの向こう側の畑ではビワの実が色づき始めている。 隣には直径2cm位の水蜜桃(?)の実も付いている。

      

2014年5月16日 (金)

庭先の花々

 ウオーキングコースからは外れているが,左右の奥の筋に花らしき物が見えると,遠回りをしたくなる。

Dscf1514



 

 遠くに見える赤い花・・・・?,ツルバラかな?と思って近づいてみると,ブーゲンビリアだ。木製のフェンスに垂れ下がるように誘引してあるようだ。

Dscf1518

Dscf1528


 

 

Dscf1508 色違いのゼラニュームの花。


 挿し木で簡単に増やせるし強い植物なので,あちこちの庭先で見られる。



 

Dscf1540



 

 大きく咲き誇るマキバブラシノキ。試験管を洗うブラシにそっくりだ。

Dscf1536

Dscf1534


 

 オレンジ色のバーベナ と 花を閉じ始めたマツバボタン

Dscf1512

Dscf1510


 

 垣根用に植えられたネズミモチ(?)の蕾も弾け始めている。
 鮮やかなピンクの ? ? ?

Dscf1473

Dscf1503


 

 純白のランの花            なかなか見る機会がないセンダンの花