フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 山陰車旅回顧録(4) 羽合~境港 | メイン | 山陰車旅回顧録(6) 宍道~出雲 »

2014年8月20日 (水)

山陰車旅回顧録(5) 境港~宍道

14:20 中海にある大根島に架かる橋を渡り,松江に向かう。お陰で大分時間短縮ができた。今回はナビに感謝感謝

 15:00 小泉八雲記念館小泉八雲旧居に到着

Dscf2824

Dscf2825


 

  

 八雲が住んでいた当時のままの小さな庭園

 八雲が愛用した机と椅子のレプリカ 

  
   
    http://www.matsue-tourism.or.jp/yakumo/page05.html


           http://www.matsue-tourism.or.jp/kyukyo/

15:40 松江城に到着

Dscf2830

Dscf2829


 

 

 お堀には堀川巡りの舟が行き交い,松江城の天守閣も見えている。

Dscf2831



 

 華美な装飾はせず質実剛健な構えが美しい松江城

Dscf2834

 


 

Dscf2838

 天守閣の最上階は周囲360度を見渡せる展望楼になっている。奥には宍道湖も見える。

 城を支える柱の中には数本の小さい柱を寄せ集め,「かすがい」で繋ぎ止めて使用していると思っていたが,これは包板(つつみいた)というものらしい。

 

「天守を支える柱には、一面だけ、あるいは二面、三面、四面に板を張って、鎹(かすがい)や鉄輪(かなわ)で留められているものがある。これは「包板(つつみいた)」と呼ばれ、天守にある総数308本の柱のうち130本に施してあり、割れ隠しなど不良材体裁を整えるためのものと考えられている。」  (松江城ホームページより)

 

 

 美肌に効果があるという玉造温泉も,今回は素通り。

 帰鹿後に調べてみると,山陰地方には有名な温泉がたくさんあるようだ。その全てを素通りしてきたことになる。ブログ名の「温泉巡り」は切り捨てられている。 coldsweats01

 『玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。平安時代より三名泉(『枕草子』)とされ、規模、歴史ともに島根県随一城崎温泉皆生温泉三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。』(ウィキペディアより)

16:50 きまち湯治村「大森の湯」で疲れを癒やすつもりが・・・・・。脱衣場の男臭さには閉口した。

19:10 道の駅「湯の川」に到着,夕食後,車中泊。

   ここにも温泉地があるようだ。「湯の川温泉」,聞いたことがあるような名前だ。

   この温泉は和歌山県龍神温泉、群馬県川中温泉と並んで日本三美人の湯として女性に人気の温泉だそうだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/32641573

山陰車旅回顧録(5) 境港~宍道を参照しているブログ:

コメント

ろ~きんぱぱさん
山陰地方ももっとゆっくり巡りたかったのですが,時間の制約があり駆け足になってしまいました。
ブログアップのために,色々調べている内に,いつか山陰の温泉巡りも計画してみたいな~と思うようになりました。
事前の下調べが足りないものですから,旅の後で後悔することが多いです。coldsweats01

充実した車泊の旅を楽しんでおられますね。

松江の街は、しっとりと落ち着いていて、好きな町です。
 
数年前のかみさんとの北海道旅行の際に、松江城を囲む堀を巡る遊覧船に乗って観光したことを思い出しました。

コメントを投稿