フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

関東車旅回顧録(10) 市原~東京湾アクアライン~富士吉田

11月18日(火) 晴   
 4:10 起床,洗面,朝食
 6:40 道の駅「あずの里いちはら」を出発,山梨県の河口湖を目指す。
 袖ケ浦から,東京湾アクアラインに入る。

Dscf5691

Dscf5701

Dscf5698

 海上はやはり風が強いようで,何回かハンドルを取られそうになった。
 途中のパーキングエリア「海ほたる」に立ち寄る。
 彼方に,頂上付近が冠雪した富士山を見ることができた。
 首都直下地震が心配だったので,10分間余りでPAを出発。出発してすぐトンネルに入った。アクアラインの2/3海底トンネルになっているとは知らなかった。
 東京湾を航行する船舶と航空機の関係でこのようになったようだ。
    http://www.umihotaru.com/
 アクアトンネルを10分程で通り抜け,「川崎浮島JCTに出る。府中街道(?)を通り,「中央自動車道」に入る。
10:45 朝が早かったので,「談合坂SA」で昼食。
 「大月JCT」から富士吉田市方面に入る。地図ではこの道路も「中央自動車道」となっている。一般道のバイパスとしての道路では同名の表示をよく見かけるが,高速道では初めてだ。
12:10 「河口湖IC」で高速を下り,河口湖に向かう。
 もみじ祭が行われていたので,少し離れた無料駐車場に車を駐め,ウオーキングを兼ね暫く散策することにする。

Dscf5709

Dscf5714

 この河口湖周辺には,漫談で有名な綾小路きみまろ,富士河口湖町に寄贈した黄金の七福神像があるそうだ。そのひとつの福禄寿

Dscf5713

Dscf5711

 富士山には雲がかかり絵にならない。
 綺麗な図柄のカラーマンホール蓋があったのでパチリ。日本マンホール学会http://sky.geocities.jp/usagigasi1f/)のHPには,同じ図柄の蓋が掲載されていたが,文字部分が異なるので送付してみたら掲載してくださった。

Dscf5721

Dscf5717

 丁度,紅葉祭り開催されおり,

   外国からの観光客が多い。

 「もみじ回廊」と呼ばれる一帯のもみじは,

   見頃をやや過ぎたものが多い。

Dscf5719

Dscf5722

 近くにある「久保田一竹美術館
 聞いたことのない名だ。

 正門を入った前庭までは入場無料なので,

  出入りする観光客も多いようだ。
   http://www.itchiku-museum.com/

Dscf5725

 もみじ回廊から少し外れた所にある

  ホテルの庭先にあった大きなもみじの木。

 見頃を少し過ぎているが,見応えがある。

 桜島の噴煙を思わせるようだ。

 もみじ回廊を引き返し,駐車場へ向かう。

 車の中でコーヒータイム後出発。

Dscf5733

15:20 道の駅「かつやま」に立ち寄る。

 ここにも可愛いリスの図柄のマンホール蓋が目に入った。

 日本マンホール学会のHPには,同じ図柄の写真が掲載されていたが,より鮮明だったので送ってみた。

こちらも写真を入れ替えてくださった。

Dscf5735

16:20 道の駅「富士吉田」に到着。

 ここの道の駅には水汲み場が整備されており,無料で美味しい水が汲めるようになっている。

 富士山に降った雨や雪が,25~40年の歳月をかけて浸透・濾過され,湧き出ているという。

 夕食・洗面ご車中泊。

2015年2月23日 (月)

関東車旅回顧録(9) 富浦~鋸南~冨津~木更津~市原

11月17日(月) 晴   
 6:15 起床,洗面,朝食
 8:50 道の駅「おおつの里」を出発,国道127号線内房なぎさライン)を北上。
10:00 海岸沿いにある「ばんやの湯」に到着。
 昨日,不老山薬師温泉に入れなかったので,やや遅い朝風呂にゆっくり入る。
 ここのお湯は炭酸泉で,色々な効能・効果があるらしい。
http://www.banya-grp.jp/bath/

Dscf5674

Dscf5675

 「ばんやの湯」の近くには,鋸南町安田漁協直営食事処「ばんや」がある。

 ばんや前の駐車場には結構な数の車が駐まっている。

 昼も近かったし,時には美味い物を食べてみようということになり,ここで早い昼食を摂ることにした。

Dscf5671

Dscf5672

Dscf5673

 まず注文した品は「ワラサ」のあら煮サバの塩焼き刺身6点盛ご飯味噌汁

 ワラサとは60~70cmのブリの呼び名らしい。
 どの品もボリュームたっぷり,味も良い。テーブルには「当店の料理は量が多いので,食べきれない時はお持ち帰り下さい。」と書いてある。
 様子を見て追加注文をするつもりだったが,その必要はないようだ。1個10円で販売している容器を購入して,サバの塩焼きは持ち帰ることにする。私たち同様,お持ち帰りの品を下げているお客もいる。
 店の入口には順番待ちの人の姿も見られる。
http://www.banya-grp.jp/
 温泉でサッパリし,美味い食事で満足した後,再び北上。
14:30 道の駅「あずの里いちはら」に到着。

Dscf5676

Dscf5677

ティータイムの後,遊歩道(木道)を散策。途中にはチョッピリ恐い立て札も・・・・。

Dscf5680

Dscf5679

 道の駅の背後にある丘には,富士山の神霊を祀った「浅間塚」と呼ばれる塚がある。この下には古墳が保存されているという。

Dscf5681

 浅間塚奥の高台には,「恋人の丘」もある。

 今更・・・・・ではあるが,登ってみた。洒落たベンチ(恋人のベンチ)があり,動物の小さな像も置いてある。
 スロープの脇は花壇になっているが,花は殆ど植えられていなかったようだ。春先の草花を植え込む前だったのだろう。
 そんな中,ひときわ目立ったこのハーブ植物(?)名前は??。
 再び道の駅に戻り,運動不足解消のために,自転車道を往復40分間のウオーキング
17:00 車に戻り夕食 

 午後7時前の天気予報で,明日・明後日の静岡県は,朝の気温も低いと報じていたので,急きょ旅のコースを変更することにした。
 早起きするため,洗面後すぐ就寝。

2015年2月20日 (金)

関東車旅回顧録(8) 山武~勝浦~館山~富浦

 11月16日(日) 晴   
 6:00 起床,洗面,朝食
 9:10 道の駅「オライはすぬま」を出発,県道30号線を南下。
 9:30 九十九里有料道路に入る。
 この道路は,九十九里海岸の観光及び地域開発のため,海岸線に沿って建設されたたもので,総延長17.2kmあるそうだ。
 また,この道路は通称「波乗り道路」「九十九里ビーチライン」とも呼ばれているそうで,九十九里浜を眺めながらのドライブは爽快だ。
 途中に駐車場があったので立ち寄ったら駐車料金500円も取られてしまった。有料道路内にある駐車場で料金を払うなんて・・・・・。それなりの理由があるのだろうが・・・・。

Dscf5651

Dscf5652

 砂浜に下り,運動を兼ねて波打ち際を歩くことにした。釣り人サーファーの姿もチラホラ。

Dscf5660

Dscf5662

 波打ち際には小さな貝殻が多数打ち上げられ,綺麗な紋様になっている。
 往復50分間のウオーキングを終え駐車場へ。水道で靴底の砂を洗い流し,再出発。
 国道128号線一宮町いすみ市御宿町と通り抜け勝浦市をに入る。一宮から館山までの国道128号線には「外房黒潮ライン」という名が付いているようだ。
12:00 勝浦海岸駐車場で昼食とメモしてあるが,残念なことに記憶が蘇らない。coldsweats01
 昼食後,道の駅「鴨川オーシャンパーク」に向けて出発。

Dscf5668

Dscf5670

 どこら辺りだったかはっきりしないが,綺麗な海岸の写真が・・・・・。
 オーシャンパークに咲いていたアロエの花。建物はユニークだったが,ちょっと寂れたような感じの道の駅だった。
 その後も,道の駅「和田浦WA・O!」,道の駅「ローズマリー公園」と立ち寄って,
16:10 「安房自然村不老山薬師温泉」に到着。
 ゆっくり温泉に浸かろうと思ったが,順番待ちの人が大勢いてすぐには入れそうにない。入湯は諦め先に進む。
16:30 道の駅「南房パラダイス」で夕食。今夜はここで車中泊と思ったが,海岸近くで津波が心配。まだ死にたくないので,内陸の道の駅「三芳村」まで走る。ところが,この道の駅の洗面所は夜間は使用できないようにシャッターが下りている。
 仕方なく少し離れた所にある,道の駅まで走ることにした。
19:15 道の駅「おおつの里」に到着。
 車は1台も駐まっていない寂しい所だが,今夜の車中泊地に決定。
 今までの車旅で,一番多くの道の駅に立ち寄った1日になった。
 洗面後就寝。

2015年2月17日 (火)

関東車旅回顧録(7) 睦沢~九十九里~犬吠埼~山武

11月15日(土) 晴   

Dscf5611

6:00 起床,洗面,朝食
 今朝は,昨日Oさんから頂いた新鮮な野菜と,奥様手作りのパンが食卓を飾った。
10:10 道の駅近くのコインランドリーで洗濯。開店1周年記念で割安料金になっていた。 
 近くのスーパーで卵を買い,同時進行ゆで卵も作る。
12:10 道の駅「つどいの郷むつざわ」に戻り昼食を摂る。

Dscf5620

13:00 道の駅を出発

 一宮町・白子町・九十九里町を通り,

 県道30号線銚子方面に向かう。

 途中,飯岡町の道路脇には

 「座頭市物語発祥の地」の石碑が立っていた。

 すぐ近くのホテルは,東日本大震災

 津波の被害で閉館のままだ。


15:30 銚子市の

 「地球の丸く見える丘展望館」に到着。

Dscf5621


 駐車場から展望館に向かうちょっとした公園には,

 竹久夢二の歌碑もある。


 展望館は入館料が350円が必要。

 エレベータで3階に上がり,さらに階段でちょっと登ると展望台に出る。

Dscf5626

Dscf5627

Dscf5629

Dscf5631

 標高約90メートルの展望スペースからは360度の大パノラマが広がり緩やかに弧を描いた水平線によって,地球の丸さ実感できる。

 晴れた日には富士山筑波山が見えることもあるらしい。

Dscf5637

Dscf5640

 「屏風ヶ浦」や「犬吠埼灯台」も見える。

Dscf5641

Dscf5644

 展望官の前庭には,奇妙な形をした「日比友愛の碑」が立っている。

 せっかくここまで来たので,犬吠埼灯台まで足を伸ばすことにする。

Dscf5647

Dscf5646

 国産レンガで造られた初の灯台だそうだ。
 灯台内に入ることもできるが,入館時間が過ぎ門は閉まっていた。

Dscf5649

Dscf5648

 灯台の横には,「犬吠埼無線航行陸上局」もあり,航行中の船舶に,正確な位置情報や気象情報を発信しているようだ。
 

 犬吠埼を後にして,県道286号線銚子ドーバーライン)を通り東金方面へ引き返す。
途中の町中に,風力発電機が沢山設置されていた。
https://www.youtube.com/watch?v=EagcIidXtZQ
17:30 道の駅「オライはすぬま」に到着
夕食後車中泊。

2015年2月15日 (日)

米寿の祝い

 昨日は義母の米寿の祝いだった。
 昨年の11月が誕生日だったが,諸々の都合で昨日行うことになった。
 長男Yさんの挨拶の後,全員で乾杯して宴の幕が開いた。
 出席者は,義母に,子ども・婿・嫁・孫・孫の婿嫁・曾孫の総勢27名だ。
 宴の途中から始まった余興のトップバッターは,曾孫によるソーラン節の披露だ。

Dscf62492

Dscf6251

Dscf62772

 M婆ちゃん手作りの法被を身に着け出番を待つ曾孫たち。

 事前に1回だけ集合して,M婆ちゃん指導のもと練習したソーラン節,皆上手に踊れたよ。happy01

 踊った後に,曾婆ちゃんから「はな」を貰って大喜び。
 最後は曾婆ちゃんと記念写真。

Dscf6283

踊った後,参加者全員で記念写真もパチリ。

Dscf6284

Dscf62942

 爺と曾孫の男の子二人で安来節を披露。爺の踊りも我流,それをぶっつけ本番で真似して踊ってくれた二人。大変上手に真似できたと,また「はな」を貰う。爺までも・・・・。
 
 当日の朝,出かける前に思いついた,子と孫による歌のプレゼント
 ネットで歌詞を探しプリントアウト,選んだ歌は「青い山脈」,義母には最適(?)だろうが,孫達が歌えるかどうかチョッピリ心配だ。時間もない,名曲だから1・2回位は聞いたことがあるだろうと思い決定。
 義母・子供達は楽しく歌っていたが孫達の声はやはり・・・・。でも,2番の歌詞から義母にマイクを持たせたら,最後まで歌ってくれたのでホッとした。
 歌の後,花束贈呈

Dscf63052

Dscf63072

子や婿嫁と一緒に           と一緒に
 最後に義母お礼の挨拶短歌まで織り交ぜた挨拶,88歳とは思えない素晴らしい挨拶だった。
 Yさんの一本締めでお開き。
 Yさん,色々と準備ご苦労様でした。お陰で素晴らしい米寿の祝いができたと皆喜んでいましたよ。
 私の母は94歳,米寿の祝いをしてやった時は,認知症がやや進んでいたが,義母はまだまだ元気でしっかりしている。1年程前までは,まだ車の運転もしていた。
 これからもますます元気で長生きしてもらいたい。何よりもそれが子や孫の願いだ。
 子や孫・曾孫,時間を作り,また遊びに行きま~す。heart

2015年2月13日 (金)

関東車旅回顧録(6) 八千代~千葉~市原~睦沢

11月14日(金) 晴   
 6:00 起床,洗面,朝食
 8:10 道の駅「やちよ」を出発,国道16号線を通り千葉市に向かう。
 9:00 稲毛区に住むMさん宅に到着。

 昔の職場の同僚だ。37・8年振りの再会だ。

 Mさんは,丁度風邪をひいているとのこと。私たちに風邪を移さないようにマスクをし,部屋の換気もしてくれたらしい。
 コーヒーを頂きながら,昔話に花が咲いたが,体調を崩しているので長居は遠慮することにした。
 近くのコンビニに駐めた車の所から,マンションの方を振り返ると,窓から手を振って下さっている。

 体調の悪い中,本当にありがとうございました。


 
10:00 同じ千葉市の美浜区に住むN宅を訪ねる。Nとは大学時代同じサークルで4年間付き合った仲間の一人だ。こちらもマンション住まいで駐車場が見当たらない。電話してみたが出ない。
 Nとは,数年置きに実施しているサークルのOB会で何回も会っている。また近い内にあるだろうから次に進むことにした。

Dscf5602

Dscf5603

 千葉市内で見かけたマンホール蓋,勿論これも日本マンホール学会に登録済みだ。


 次は市原市に住む,妻の中学時代の同級生Oさん宅だ。
 ナビに一般道を設定して走っていたが,途中で間違って「千葉東金道路」に入ってしまった。少しだけ急ハンドルを切れば間違わずに済んだと思うが,安全第一で走っているので,そのまま高速を走り,「大宮」で高速を下り一般道へ。
11:20 Oさん宅に到着。奥様手作りの美味しいパンとコーヒーを頂いた後,イタリア料理店に案内されランチをご馳走になる。

Dscf5604

 Oさんは,仕事をリタイヤ後野菜作りに励み,ここの店にも野菜を収めているという。

 ランチメニューにもその野菜がふんだんに使われていた。

 新鮮で珍しい野菜を美味しく頂いた。
 お腹一杯頂いた後,Oさんの畑を見せてもらうことにした。自宅から少し離れた所に畑を借りているという。

Dscf5605

Dscf5606

 Oさんが借りている畑,大分広い。これだけの畑を管理するのは大変だろう。
 マルチシートの穴に植えられているのは,ニンニクタマネギだったかな~。

Dscf5608

Dscf56092

 畑脇の山にはキノコ栽培用の丸太を置き,菌を打ったり天然のキノコ栽培も楽しんでおられるようだ。
 帰り際,新鮮な野菜も頂いた。ご夫婦はその後畑仕事を続けられるというので,記念写真を撮った後,畑でのお別れとなった。
15:10 「長柄町福祉センター」に到着。 

 入浴料は,町内者200円,町外者500円。時たまこんな料金体系の温泉に出くわすことがある。weep
 センター内にある温泉「ながら湯」に入り疲れを癒やす。
16:30  福祉センターを出発し,今夜の宿泊地を目指す。
17:30 睦沢町の道の駅「つどいの郷むつざわ」に到着。
 夕食後車中泊。                                              

2015年2月10日 (火)

関東車旅回顧録(5) 杉戸~野田~船橋~八千代

11月13日(木) 晴   
 5:00 起床,洗面,朝食
 7:55 道の駅「アグリパークゆめすぎと」を出発,国道4号線・16号線を経由し野田市を通り船橋市に入る。
 船橋市に住む妻の叔母様に会いに行くことにする。ナビの案内に従って目的地まで辿り着いたが,どうもおかしい。住所と一致する場所に叔母様の家がない。
 電話をしてみると,住所が異なっている。妻がメモしている住所は古い住所だった。coldsweats01
 ナビに新しい住所を入力し再出発。
11:00 無事叔母様宅に到着。
 久し振りの再会に,昔の話・郷里の話と,妻と叔母様の話は尽きない。
 昼時になったので,昼食まで頂くことになった。手作りのご馳走を大変美味しく頂いた。

Dscf55942

 13:30 帰り際には,お土産やジュース・コーヒー果物まで頂いてしまった。本当にありがとうございました。

 お別れ前に記念写真を1枚パチリ。

 叔母様宅を出た後,ガソリンスタンドに立ち寄った。自宅を出発する前にオイル交換をしてきたが,それから3500kmを走行しているので交換することにした。

16:00 印西市の「真名井の湯」に到着。

 ゆっくり入湯し,至福の一時を過ごす。 http://www.manainoyu.com/chiba/

17:40 八千代市の,道の駅「やちよ」に到着。

 夕食後就寝。

2015年2月 7日 (土)

関東車旅回顧録(4) 佐野~五霞~杉戸

11月12日(水) 小雨のち曇   
 5:30 起床,洗面,朝食
 9:00 道の駅「どまんなかたぬま」を出発
 9:15 「佐野厄除け大師」に到着

Dscf5506

 関東三大師のひとつで,正式名称は「春日岡山惣宗官寺」だが,厄払い祈願で訪れる人が増え,今では「佐野厄除け大師」と呼ばれているそうだ。
 次女が厄年に当たるので,妻は厄除けのお守りを購入。

Dscf5508

Dscf5532_4

 一度盗難に遭ったが,人々の願いが通じ無事帰ってきたという,「奇跡 れいすい観音」。
 本堂の裏手にある縁結びの男神と女神

Dscf5504

Dscf5502

Dscf5503

 境内には,足尾銅山鉱毒事件で人々の為に力を尽くした田中正造の墓もある。
 中学や高校の社会科の学習で習った記憶が蘇る。

Dscf5519

Dscf5529

Dscf5517

Dscf5525

 境内では,菊花展も行われおり,趣向を凝らした綺麗な花が多数展示されていた。

10:30 足利市にある,日本最古の学校「足利学校」に到着

Dscf5538

Dscf6233

入徳門」をくぐり受付へ。参観料を払うと「足利学校入学証」が貰えた。

Dscf5539

Dscf5541

 入学してすぐ左手にある「孔子像

 更に奥に進むと,

    足利学校のシンボルとしての

 「学校門」がある。1668年の創建だそうだ。

Dscf5542

Dscf5544

 杏壇門     とその奥にある     孔子廟

Dscf5564

Dscf5551

Dscf5550

 中庸の教えを説く,宥座(ゆうざ)の器と説明板。
 建物の横に実物模型が置いてあり,実際に体験することもできる。
 早速二人とも体験。水を入れすぎると器がひっくり返ってしまう。
 器が頭でっかちで,器をを支える金具の支点が上面よりやや下にあるので,当たり前の現象だが・・・・。
 ネットで体験するには 
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/yuuzanoki.html

Dscf5553

Dscf5554

 字降松(かなふりまつ)
 学生が読めない文字に出会ったとき,紙に書いてこれをこの松の木の枝につけておくと,和尚が見てふり仮名や注釈をつけてくれたので,字降松と呼ぶようになったという。
 学生の講義や学習,学校行事や接客のための座敷として使用された「方丈」。

Dscf5558

Dscf5569

 学校の台所で食堂など日常生活が行われた「庫裡(くり)」

 徳川幕府歴代将軍の位牌も置かれている。

11:45 近くにある「鑁阿寺」にも立ち寄る。

Dscf5580

Dscf5583

 鑁阿寺の手前(?)に立っている足利尊氏の像。


 院内に入るには,濠に架かった小さな橋を渡り山門を抜けて行く。

Dscf5585

 国宝に指定されている本堂

Dscf5584

Dscf5590

 関東88ヶ所霊場にもなっているようだ。
  天然記念物の大銀杏

Dscf5592

Dscf5586

 多宝塔

 弘法大師像も立っている。 http://portal.nifty.com/kiji/130910161705_1.htm

12:50 道の駅「どまんなかたぬま」に引き返し,昼食を摂る。

15:00 道の駅を出発,新4号バイパス(春日部古河バイパス?)経由で春日部方面へ向かう。

 途中,道の駅「ごか」に立ち寄って

16:30 道の駅「アグリパークゆめすぎと」に到着。

 夕食後,車中泊。

2015年2月 4日 (水)

関東車旅回顧録(3) 宇都宮~栃木~佐野

11月11日(火) 曇   
 5:30 起床,洗面,朝食

Dscf5482

 朝食後,車の中で今日のコースを検討していると,一人の男性が近づき,「鹿児島からですか」と話しかけてくる。この男性は鹿児島県沖永良部島出身でこちらで仕事をしているとのこと。
 今日はこの道の駅の仕事(電機関係?)をしに来たが,まだ開いていないのでブラブラしていたら,鹿児島ナンバーの車が目に止まり,鹿児島を懐かしく思い出されたようだ。

 退職後も島には帰らず,こちらの人間にならざるを得ないだろうと話しておられた。
 暫く話をした後,「そろそろ開くだろう。お気を付けて」と言って立ち去られた。
10:00 道の駅「うつのみやろまんちっく村」を出発し,宇都宮市街地に向かう。
 昨夜,娘から「宇都宮餃子を食べたの」というメールがあった。情報誌にも載っていたし,大分有名らしいので,食べに行くことにした。。
 宇都宮環状道路を通ったようだ。その沿線には安いガソリンスタンドが何ヶ所もあったが,タンクはまだ満タンに近い状態だった。
 11:45 「餃子会館」という名の店に到着。この店は昭和38年創業の宇都宮餃子の草分け的老舗のようだ。
 6個320円の餃子を頂く。大分期待して行ったが,特別に美味しい訳でもなくまずくもない,普通の美味しさだった。
http://www.gyozakai.com/tenpo_list/329.html
 娘さんが東京に店を出しているとのこと。この店かな?
餃子会館 浅草店
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13133190/
 新4号バイパス(?)を通り
13:00 道の駅「にしかた」に到着,ここで昼食。
15:15 佐野市方面に向けて出発。
16:30 スーパー銭湯「佐野やすらぎの湯」に到着。1日の疲れを癒やす。
  メモに「那須馬頭温泉」と記してある。調べてみると露天風呂の名前のようだ。写真を見ても記憶が蘇らない。coldsweats01
http://www.yasuraginoyu.jp/sano/
18:15 近くの道の駅「どまんなかたぬま」に到着。

Dscf5486

Dscf5484

Dscf5491

 道の駅の隣には綺麗なイルミネーションが点いていた。イルミネーション好きの妻は大喜び。

 帰り着いたらまた自宅のイルミネーション設置が始まることだろう。

Dscf5493

Dscf5494

 妻がゆるキャラ「さのまる」とメモしている。調べてみると,2013総合ゆるキャラランキング1位を獲得している有名なゆるキャラのようだ。 http://www.yurugp.jp/ranking/?year=2013

 道の駅「どまんなかたぬま」の名は,田沼市が日本の真ん中に当たるということで名付けられたようだ。

 どこかに日本のへそという町もあったな~。

 車に帰り夕食後就寝。

2015年2月 1日 (日)

関東車旅回顧録(2) 那須塩原~今市~宇都宮

11月10日(月) 晴   

 4:45 起床,洗面,朝食

Dscf5422

 7:20 この道の駅には足湯も設置されている。  利用時間は9:00~17:00となっているようだが,既にお湯は満杯で利用可能な状態だ。

 決まりを守らず利用するのは少々気が引けたが・・・・・。

 朝一番の足湯に浸からせてもらうことにした。お陰様で,10分も経つと冷たい足がポッカポカ,気持ちが良い。

 8:00 道の駅「湯西川」を出発,川治温泉へ向かう。

 8:50 川治温泉に到着。川治ふれあい公園の駐車場に車を駐める。

Dscf5426

Dscf5428

 公園内には割と新しい足湯「かわじいの湯」もある。珍しい更衣室が設けられていたのは,ここだったかな?  

 公園裏を流れる川に掛けられたパイプ(温泉パイプ?)の上には,サルの親子の姿が・・・・。

 情報誌に,パワースポット6ヶ所にそれぞれ設置されている道祖神を巡るスタンプラリーの記事が載っていた。妻の要望で挑戦することに・・・。

 まずスタンプ台紙を手に入れなければならない。観光協会や旅館で配られているようだ。妻が近くの旅館に飛び込みゲット。

Dscf5434

Dscf5432

 健康を願う

       道祖神

   二人が仲良く 

    手を取り

          肩を組んでいる。

Dscf5437

Dscf5430

 男鹿川沿いにたたずむ日帰り温泉「薬師の湯」,貸切風呂やサウナの設備も充実しているようだ。
 少し離れた所にある旧薬師の湯,周囲から丸見えの露天風呂

Dscf5444

Dscf5440_4

Dscf5439

 次の道祖神は,黄金橋を渡った 

  あじさい公園側にあるようだ。

 南平山道祖神

 二人が酒器を交わしている。

 平家に由来しており繁栄を願うために

        安置されたそうだ。

Dscf5435

Dscf5446

 男鹿川鬼怒川の合流地点
 野岩鉄道(会津鬼怒川線)の高い橋梁,列車の音がしたので慌ててカメラを取り出す。何とか間に合った。
 鬼怒川河川遊歩道を新男鹿橋方向に歩く。

Dscf5447_3

Dscf5448

Dscf5450

 新男鹿橋の道祖神

 交通の難所で,多くの馬が命を落としたこの地に,馬を供養し旅の安全を祈願する為に安置された,合掌中の道祖神。
 ここでも「かわじい」が頬笑んでいる。

 新男鹿橋を渡り対岸へ,坂道を少し上がる。

Dscf5455

Dscf5451

 霊石「おなで石」,古くから伝わる由緒ある御神石で,撫でると子宝安産に御利益があるらしい。もう,自分や子どもには縁がなさそうだが,撫でる妻。20年先の孫の・・・・。happy01
 霊石なら自然の石だろうが,多くは人の手が加わった人工石のようだ。
 写真を撮ったりみごとな石を眺めていると,車が止まり同年配の男性が近づいて来る。
 ちょっとヤバい感じがしたので立ち去ろうとすると,色々と話しかけてこられた。
 話の意図はよく理解できなかったが,「おなで石」の版画をやるから家まで来いと言われる。
 不安もあったが,すぐ近くだと言われるので,車の後に続いた。

Dscf6225

Dscf6227

 これが頂いた版画,半紙に刷ってある。左右の「日光市」と「川治温泉」の文字は,その場でを使って書いて下さった。
 なぜ私たちを呼び止めて,このような物を下さったのかもはっきりしないままお別れした。
 ちなみに,妻はこれを床の間に飾っていた!。

Dscf5460

Dscf5462

 温泉神社もスポットに入っていた。
 神社の周辺にはサル数匹がウロウロしていたので,スタンプを押したら足早に立ち去る。
 最後に,ふれあい公園の合川石道祖神のスタンプを押して,道祖神巡りは終了。

Dscf6229

Dscf6231

 全てのスタンプを押したスタンプラリーマップ

 記念品交換所(旅館)で貰った携帯ストラップ

 すぐ割れそうな絵馬形の薄い板でできている。

 二人で巡ったので2個貰えたと喜ぶ妻。

 情報誌には小判型のお守りが貰えると書いてあったのに・・・・。 

10:55 龍王峡に到着

Dscf5474

 今から約2200万年前海底火山の噴火によって生まれたといわれる地形。別名「岩の公園」と呼ばれ,3kmにわたって峡谷が続いているそうだ。

Dscf5481

Dscf5472

Dscf5471

 太陽の光が当たると美しい虹が架かることからついた「虹見の滝」と「虹見橋」。

 遊歩道の先には小さな社の「五龍王神社」もある。

11:50 龍王峡を出発,国道121号線を南下する。途中,10日余り前通った鬼怒川温泉郷を再び通る。

13:00 下今市駅近くのコインランドリーで洗濯をしながら昼食を済ませる。いつも通りゆで卵も作り酢醤油漬けにする。

 その間で乾燥機を使う時,大失態を起こしてしまった。!。

 洗濯した衣類を乾燥機に移し扉を閉める。コインを入れて乾燥機スタート。あれれっ!隣の空の乾燥機が回り始めた。

 コインを入れる場所を間違ってしまったようだ。慌ててランドリー内にあるインタホンで連絡を取り,操作方法を聞く。

 洗濯物を隣の乾燥機に移し替え再スタート。残りの乾燥時間が少なくなったが無事終了。確認不足を痛感する。coldsweats01

15:40 スーパーで食材の買い物をする。

16:05 道の駅「うつのみやろまんちっく村」に到着。

 大分大きな施設のようだ。

http://www.romanticmura.com/about/  

 ここの道の駅にも「湯処あぐり」という温泉がある。早速入湯。 http://www.romanticmura.com/yudokoro/  

 さっぱりしたところで夕食,その後就寝。