フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

東北車旅(再)回顧録(20) 大槌~釜石~大船渡

2015年11月7日(土)  曇  

昼食後,国道45号線を更に南下。

2015110714280002

2015110714280000

 車窓からの眺めにも心が痛む。所々に新しいビルも見えるが,数としてはまだまだ少ない。

2015110714420000

2015110714430000

15:00 釜石の「鉄の歴史館」に到着。

2015110714380000

2015110714410000

 駐車場には作家・井上ひさしの人形劇『ひょっこりひょうたん島』主題歌の歌詞が刻まれた歌碑が建っている。

『ひょっこりひょうたん島』はNHKで昭和39年から放送され、子供たちの人気を集めた番組だが,我が家にはまだテレビがなく思い出は薄い。
 井上ひさしは山形県に生まれ、大学休学中の2年間を母マスの暮らしていた釜石で過ごし,日本を代表する作家となってからも母と兄の暮らす釜石をたびたび訪れていたという。
 また駐車場には,C20型蒸気機関車も展示してある。鉄鉱石・石炭・鉄鋼の運搬に活躍したのだろう。

2015110715400000

2015110715510000

 館内のテラスからは,釜石湾を一望できる。
 左上に見える大きな像は「釜石大観音」。
  昭和45年,釜石市内にある石応禅寺(曹洞宗)が三陸津波海難事故による犠牲者などの供養と世界平和を目的に建立したものだそうだ。

 鉄筋コンクリート製で高さは48.5mもあるそうだ。内部は12階に分かれ、聖観音や十一面観音を祀る拝殿をはじめ 三十三観音安置室、七福胎内めぐりなどがあり、海抜120mの11階と12階にかけての展望台からは太平洋が一望できるという。

2015110715400001

かつての釜石製鉄所の絵画だろうか?。

2015110715480000

 1階の総合演出シアターでは,原寸大に復元された高炉の大模型を中心に、音と光と映像によって釜石の鉄の歴史が幻想的に紹介されていた。
 その外、鉄と釜石の関わりを模型や資料などでテーマごとに展示紹介されている。

16:00 釜石を後にして,大船渡方面へ向かう。
16:30 道の駅「さんりく」に到着
 大船渡は,ホタテ・アワビ・ウニ等の産地で,産直鮮魚コーナーにはそれらの水産物が並んでいる。
 夕食用の惣菜を買い夕食を済ませる。
 洗面後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月28日 (日)

東北車旅(再)回顧録(19) 宮古~大槌

2015年11月7日(土)  曇  
 地震・津波もなく

 5:00起床,洗面・朝食を済ませる。

2015110707220001

2015110707230000

 道の駅「みやこ」は宮古港の埠頭にあり,海抜5m未満となっている。
 周囲はまだまだ工事が続いている。津波避難経路の案内板が緊張感を生む。
  8:20 道の駅「みやこ」を出発
  8:35 浄土ヶ浜に到着。

2015110708420000

2015110708430000

 サーモンくん・みやこちゃんの出迎えを受ける。
 宮沢賢治の歌碑も建っていた。

2015110708450000

  浄土ヶ浜は,三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置し,宮古の代表的な景勝地になっているそうだ。
 浄土ヶ浜の地名は,宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が,「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われているそうだ。

 極楽浄土はもっと素晴らしい所かと思ったが,そうではなさそうだ。coldsweats01

2015110709010001

 遊歩道(?)があったので,海岸沿いに歩いてみた。
 鋭くとがった白い岩が林立し、一つ一つ違った表情を見せて海岸を彩っている。

 天気が良ければ,松のと岩肌の、海のとのコントラストがもっと素晴らしいのだろうが・・・・。
 岩肌が白いのは,火山岩であるりゅう紋岩が,二酸化ケイ素を多く含むためらしい。

2015110709150000

 展望台があるらしいので,更に坂道を登っていく。
  少々きつかったが,三陸復興国立公園「御台場展望台」の標識が見えてきた。
 途中で追い越された若いカップルが柵越しに海の方を眺めている。

 シルバーカップルは,少し遠慮しながら柵に近寄る。coldsweats01

2015110709160000

2015110709110000

 高い所からの眺望はまた格別だ。展望台の涼しい風が心地よい。暫く休憩した後,来た道を引き返す。
 駐車場で小休止後,釜石方面に向けて出発。国道45号線を南下。

2015110714020000

2015110712210000

2015110712150000

12:10 大槌町の大槌北小学校にあるという,「福幸きらり商店街」に到着。

 ナビを頼りにする以外に方法はないが,震災後道路変更されているため,ナビもあまり役に立たなかった。
 商店街には,ラーメン屋・弁当屋・魚屋・寿司屋・焼き鳥屋・お菓子屋・美容院・自転車屋・衣料品店・惣菜屋にTSUTAYAまで入っている。
 震災に負けず一生懸命に生きて行こうとする人々の直向きな姿がある。
 惣菜屋さんでおかずを買い車の中で昼食を摂る。

2015110714030000

 周囲の復興遅々として進んでいないようだ。
 あちらこちらに通行止めや迂回路の案内板が設置してある。
 昼食後,更に南下。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月26日 (金)

東北車旅(再)回顧録(18) 小袖海岸~野田~譜代~田野畑~宮古

2015年11月6日(金)  晴  

12:20 道の駅「のだ」に到着。  まず飯を炊き昼食を摂る。

2015110612300000

2015110612300002

   国道45号線沿いにあるこの道の駅はは,三陸鉄道陸中野田駅と観光物産館がドッキングした形になっている。

2015110612270000

2015110612260000

 駅の前には,塩の道を往来した牛方とベコの像がある。
 野田村は古くから製塩が行われていたところのようだ。作られた塩は、牛の背にゆられて北上山系を越え、盛岡秋田まで運ばれ、穀物と交換されたそうだ。この道が「塩の道」と呼ばれ、海と山とを結ぶ「血潮の道」であり「人の道」であったという。
13:55 道の駅を出発し,国道45号線を南下する。

2015110614100000

2015110614110000

 車窓からは,東日本大震災爪痕が至る所に見られ,海岸線のかさ上げ工事が行われている。
 三陸沿岸道路工事の幕や国土交通省の幕を付けたトラックの往来も激しい。
 普代村から田野畑村に向かう途中,自動車道の無料区間もあった。

2015110615030001

14:50 道の駅「たのはた」に到着。

2015110615010000

道の駅のすぐ横には大きな橋(思惟大橋)が架かっている。

2015110615020001

橋の上から眼下を覗くと,深い谷になっている。

2015110614590000

  「たのはた物語」受賞記念碑(?)
   人々の通行を阻み陸の孤島と称された田野畑村の渓谷, 辞職坂思案坂の話が記されている。
15:30 道の駅「たろう」に立ち寄った後
16:00 宮古市の「休暇村 陸中宮古」に到着

2015110616020001

 温泉博士の温泉手形で無料入浴をするために立ち寄った。

 お湯は温泉ではなく,ラジウム人工泉を導入しているそうだ。

 1時間余り,ゆったりと寛ぐ。    http://www.qkamura.or.jp/miyako/hotspa/

 18:00 道の駅「みやこ」に到着  

 海岸にある道の駅で少々不安もあったが,夕食後早めに就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月20日 (土)

東北車旅(再)回顧録(17) 階上~久慈~小袖海岸

2015年11月6日(金)  晴  
 5:00 起床・洗面後朝食
  8:30 道の駅「はしかみ」を出発し,久慈市方面へ向かう。
  9:10 道の駅「くじ」に到着。

2015110609170001

2015110609190000

2015110609200001

2015110609190001

 駅の建物(やませ土風館?)に入ると,可愛い海女さんが出迎えてくれる。
 3年前のNHK朝ドラあまちゃん」のポスターも・・・。チョッピリ懐かしい。

 祭りの山車も展示してある。
 あまちゃんのロケ地になった「小袖海岸」まで足を伸ばしてみることにした。
 久慈方面から直接海岸線を走れば近いと思ったが、観光案内所で尋ねてみると、途中が工事中なので迂回路を利用してくださいとのこと。

 案内の手作り地図を頂いたがよく分からず、国道45号線野田村まで走り反対側から,小袖海岸に辿り着く。
 港の入口では,市の職員らしき方が,親切に駐車場の案内をして下さった。

 車のナンバーを見て,「うわあ~,鹿児島からですか」と車に近づき声を掛けて下った。津波がどの高さまで来たとか等,当時の様子を色々と話して下さった。

2015110610550000

朝ドラ

あまちゃん

有名

なった

じぇじぇじぇ

発祥

地記念碑

案内板

2015110610550001_2

  2015110610580001

2015110610580000

   「あまちゃん」のロケ地「北限海女の道」起点地の記念碑と案内板

2015110611000001

2015110611010000

北限海女の里」記念碑と説明板
 昭和34年 NHKラジオドラマで「北限の海女」が放送されたと記してある。

2015110611090000

2015110611070000

夫婦岩」  注連縄は1994年ごろ、「地域に観光客を呼ぶ名所をつくりたい」と、船のアンカーロープを利用して設置されたものだそうだ。外洋側の「男岩」の頂上には祠が建っている。東日本大震災では消波ブロックが押し流されて岩にぶつかり、周りの建物が流されたが、水をかぶった二つの岩を結ぶロープ切れなかったそうだ。
 「津波でも切れない縁結びの神様」として地域の注目を集めているという。

2015110611150000

2015110611120000

夫婦岩から,小さな灯台のある方へ突堤を歩いてみた。漁船も数隻係留されていた。

2015110611190000

3階建ての

  「小袖海女センター

  東日本大震災で

   流された前施設に代わり、

 平成26年12月

  新たに完成

       したものだそうだ。

 1階は観光案内所や産直施設、

 2階には海女を紹介する展示コーナー、

 3階には軽食スペースが設けられ、

 2015年4月

     営業を再開したそうだ。

再開してまだ半年ということのようだ。

2015110611230001

2015110611240000

2015110611240001

 外階段から屋上に上がると,

       港を一望できる。

 この岩も、朝ドラ「あまちゃん」で,何回も出て来たようだ。

 下りは,建物の中を3階から下りて行くことにした。

2015110611300000

  可

  愛

  い

  海 女

  さ

  ん

  が

  出

  迎

  え

  て

  く

  れ

  た。

2015110611300001

   壁に展示してある写真。モノクロだったので,昔の海女さんの写真かと思いきや,よく見ると「あまちゃん」の出演メンバーだ。 coldsweats01

2015110611350001

 出演者のサイン色紙も展示してある。
 妻が撮ったのは,能年玲奈宮本信子のサインのようだ。

2015110611350000

こちらは,北三陸高校潜水土木科の撮影風景かな?。
  復興支援の一助になればと,土産用の買い物をする。気になっていたウニとアワビの「いちご煮」の缶詰を3缶,昆布を3束買う。
12:00 小袖海岸を出発,道の駅「のだ」に向かう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月16日 (火)

東北車旅(再)回顧録(16) 八戸(蕪島・種差海岸)~五戸~階上

2015年11月5日(木)  晴  
 9:30 「蕪島」前の観光無料駐車場に到着。

2015110509350001

2015110509400000

蕪島神社」への参道は工事中で足下が悪い。
   ???,消防自動車が数台駐まっている。火災???

2015110509420000

 途中で,読売新聞社の記者の方に声を掛けられた。
 未明に蕪島神社から火災が発生し社殿が全焼したという。
 どちらから何の目的でここに来たのか等の取材を受け,最後には氏名年齢まで聞かれてしまった。
 その時は出火の原因は分かっていないということだったが,現場検証の結果、電気設備の不具合が原因だったらしい。
 神社へ続く石段の登り口では,警察官が通行を規制し一般人の通行はできなかった。
 あれからどうなったか調べてみると,平成30年12月までには再建することになったようだ。
http://www.sankei.com/life/news/160113/lif1601130026-n1.html

2015110509480001

1105b1

   焼け跡、社殿(?)の一部だろうか。
 Web上で見つけた火災の写真,激しく燃えている様子がうかがえる。

2015110509590000

2015110509480000

 蕪島は、 

  冬から夏にかけて集まる

   ウミネコの繁殖地として知られ、

 八戸市を代表する観光地で、

  2013年に三陸復興国立公園

  一部に指定されたそうだ。

 神社は標高約17メートルの頂上部にあり、

東日本大震災では津波被害免れたという。

 10:20 「葦毛崎展望台」の駐車場に到着。

2015110510470000

2015110510210000

2015110510240000

2015110510400002

 鮫角灯台前の岬にある葦毛崎展望台。太平洋に突き出した天然岩の独特な風貌が印象深い。太平洋と種差海岸を一望できる場所になっている。

11:20 「八食センター七厘村」に到着。

 市場で買った魚介類をその場で食べられる店だという。

2015110512530000

20151105115900002

20151105115900022

 手頃な値段の魚介類セットを買い、さばいてもらう。

 七厘利用料は一人2時間300円となっている。

 焼き物にはどうしてもこれが必要、勿論ノンアルコールだ。更におにぎりも追加して昼食。

 チョッピリ高い昼食になったが、ゆっくりと味わいながら頂いた。う~ん、満足満足!。happy01

13:40 八食センターを出発する前に,只見のHさんから頂いたを食べてみた。

 指定された日時は過ぎていたが、まだ少し渋みが残っていた。完全に渋が抜けるには後数日かかりそうだ。

14:20 「五戸まきば温泉」に到着。

 ここは和風の老舗旅館で,「温泉博士」の温泉手形で無料入浴ができる。

 牧場の中でお湯が湧いていたことから「まきば温泉」と名づけられたそうだ。

 露天風呂もあり、のんびりと温泉気分を堪能,1時間余り至福の時間を過ごす。

16:00 温泉を出発し,今夜の夜中泊地に向かう。

17:00 道の駅「はしかみ」に到着。

2015110608020000

 階上町は,ウニアワビの潮汁「いちご煮」が有名だそうだ。味わってみたいものだ。

 夕食・洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月10日 (水)

恒例の岳南会

 もう1週間程前のことになるが,毎年恒例になっているかつての職場のOB家族会が,霧島で行われた。  

15:30 「霧島ホテル」のロビーに集合との連絡だったので,14:00少し前に自宅を出発した。

 かねて高速を利用する時は,通行料金節約(320円)のため,「南九州西回り自動車道」の「鹿児島西IC」から入るが,出発時間が少し遅れたので「指宿スカイライン」の「山田IC」から入った。

  ホテルには15:00少し過ぎに到着した。意外と早く着いた。

 幹事のJ.Hさんの部屋割りに従って部屋に入り,お茶を飲んだ後,ホテル自慢庭園大浴場でまず温泉を堪能する。

 連続して3年このホテルを利用している理由のひとつは,この温泉の素晴らしさもあると思う。

http://www.kirishima-hotel.jp/

 宴会は18:30から始まった。

Dscf0925

Dscf0923

 今回の参加者は大人11名、子供3名、計14名だった。他の予定と重なったりした方もあり若干少なめだった。

Dscf0933

Dscf0935

Dscf0937

Dscf0929

Dscf0927

 開宴後暫く,料理に舌鼓を打ちながら話も盛り上がっていく。
 恒例の近況報告も家族ごとに行われた。

 趣味健康・病気に関する話題が多かったような気がする。
 この岳南会も28回を数える息の長い会になってきたので,現職者は一人になってしまった。話題が健康・病気に関するものが多いのは仕方ないことだ。
 今年もK.Hさんの3人のお孫さんから元気をもらい、みんな少しずつ若返った。happy01

Dscf0939

 K.Hさんは退職後、竹細工を趣味にしておられる。今回も各家庭に作品を頂いた。どの作品が当たるかは,お孫さん達が持って来てくれた「くじ」で決まった。
 毎年、楽しみを与えてくださるK.Hさんに感謝して大切に使わせて頂きます。

Dscf0940_2

 最後に,みんなで記念撮影
 宴会終了後、男性群は一室に集まって二次会女性群は19:30~20:00まで女性専用になる庭園大浴場に向かわれたようだ。

Dscf0945

翌朝9:00ロビーに集合,今度は正装(?)で記念写真を撮った後、来年の再会を約束して解散。
 来年も全員元気で参加できることを願いたい。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2016年8月 5日 (金)

東北車旅(再)回顧録(15) 三戸~八戸(朝市・櫛引八幡宮)

2015年11月5日(木)  晴  
 3:30 起床・洗面
 5:10 朝食は取らずに,道の駅「さんのへ」を出発し,八戸に向かう。
 6:00 陸奥湊駅前朝市周辺の駐車場に車を駐める。

2015110507140000_2

 新鮮な食材が並び活気あふれる朝市だ。

2015110507110002

2015110507110001

朝ごはんの食べ方」が説明してある。

20151105063100012

2015110506570001

2015110506420000

 早速,店でカレイの刺身・カレイの焼き魚・筋子・シメジのおろし大根を買い,市場奥の飲食コーナーで味噌汁ご飯を買って朝食だ。
 どれも新鮮で美味しい。朝起きてから3時間が経過しているので尚更美味しい。
  ここは有名人も多数訪れているようで、壁にはサイン色紙が一杯貼ってある。鶴瓶前田吟の写真も・・・。

2015110507120000

2015110507150001

 駅前広場では,恰幅のいい

イサバのカッチャ(魚商の母さん)」が,

   訪れる人を温かく迎えている。 

 陸奥湊駅でトイレを拝借した後,

   市内を数カ所巡ることにした。

 8:15 「櫛引八幡宮」の駐車場に到着。

 時間が早いせいか1台の車も駐まっていない。

 陰を選んで車を駐める。

2015110508180000

2015110508210000

 朱色の鳥居から続く参道の両側には短い杉並木になっている。
 流鏑馬気分で参拝記念撮影。

2015110508220000

2015110508220001

 更に進むと,第二の鳥居が・・・。

 鳥居の横には「御神馬」と刻まれた台座の上に,注連縄をまとった花崗岩の八幡馬が置いてある。

2015110508240000

  銅板葺の 

          「正門

 門前には

    朱色の太鼓橋が

          かかっている。

 池には

     大きな鯉が

        泳いでいたかな?。
 

 現在の「拝殿」は,

  昭和59年11月に

 竣工したものだそうだ。

2015110508290000

 

20151105083200002015110508340000

神明宮」  御祭神は天照皇大神

2015110508350000

2015110508360000

  御神木の「三杉」,三杉様は眼病の神様との案内が・・・。

 早速妻は御賽銭を入れて・・・・。私に比べ,信仰心厚きお方だ。

2015110508410000

2015110508390000

  「本殿

  本殿の中には

    珍しい彫刻

      あるようだが・・・・。

 

  http://www.kushihikihachimangu.com/tatemono/honden_photo.html

2015110508460000_2

 ひょうたん絵馬(?)

 ひょうたんの蓋を取り,中に息を3回入れ,素早く蓋をする。
 厄・災い・病などを全てはき出すように願いを込めて吹き入れる。
 ひょうたんは,ひょうたん掛けに納めるか,自宅に持ち帰っても構わないと記してある。
  また、「ひょうたんの中に入れた種子は何年も何十年も保存できます。
 ひょうたんは悪いものを吸い込み良い物を出すと云われ、保存した種は何年たっても芽が出るめでたい縁起物として世界中で愛されています。」とも記してある。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月 1日 (月)

しそジュース作り

 先日,郷里の畑作業に帰った時,赤じそを刈り取ってきた。
 数年前から妻が,しそジュースを作り始めたからだ。
 毎年,青じそと赤じそ数本ずつを,開花結実まで残しておくと,落ち種で翌年も多くの芽が出てくる。
 青じそは,帰るたびに摘み取って来ている。刺身の褄は勿論,朝食の野菜ジュースに入れたり,細く刻んで野菜サラダにトッピングしたりと,大変重宝している。
 今回は赤じその約半分程を刈り取って来た。

Dscf0903

Dscf0900

茎から葉を摘み取り,綺麗に水洗い。

Dscf0915

Dscf0898

鍋で暫く煮込む。    少し冷ましてから布でこし取る。

Dscf0905

Dscf0912

こした煮汁に砂糖クエン酸(加えなくても良いが,妻の好み)を加え加熱して出来上がり。
 少し薄めて氷を浮かべ試飲,爽やかな良い味がする。

 そのまま薄めて飲む以外にも,色々な楽しみ方があるようだ。

 同じことを更に2回繰り返し,たっぷりのしそジュースが出来上がった。

Dscf0907_2

 Dscf09192

  丁度,近くに住む孫がやって来たので,大きめの容器に詰めてお持ち帰り。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村