フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(60) 小坂~一関~仙台~白石 | メイン | 郷里の畑 »

2017年11月15日 (水)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(61) 白石~福島~いわき~日立~香取

2017年5月27日(土) 雨 
 4時半起床,洗面・朝食。
  7時過ぎ,「蔵王PA」を出発,「東北自動車道」を南下。
 「郡山JCT」から「磐越自動車道」に入り,
 9時半前,「中郡SA」に到着,1時間程休憩。

Img_20170527_094702

 童謡詩人「野口雨情」の案内板。
 雨情の生い立ちが,子供にも分かる言葉で紹介してある。
 ここには雨情の代表的な童謡が7つの石に刻まれているそうだ。
  どれも知っていて子供の頃よく歌った童謡だが,「4丁目の犬」ってどんな童謡?,聞いたことない。YouTubeで聴いてみたが知らない童謡だ。

Img_20170527_094718

 石に刻まれた「七つの子」の歌詞
 10半過ぎ,「中郡SA」を出発,「日立南大田IC」から一般道へ。
 国道293・245号線を経由し,
 11時半前「ひたち海浜公園」に到着。公園の駐車場で昼食を済ませた後,園内を散策。

Img_20170527_132559

Img_20170527_133103

Img_20170527_134308

 園内は薔薇の花が見頃を迎えている。

Img_20170527_132031

Img_20170527_133459

Img_20170527_132257

Img_20170527_134553

 花びらの形も色々だ。

Img_20170527_132740

Img_20170527_132843

Img_20170527_132918

Img_20170527_133027

 ここら辺りがバラのイメージに合った花形かな。

Img_20170527_134035

Img_20170527_133945

 10数年前,サントリーがバイオテクノロジーを利用して作り出した「青いバラ」に似ているようだが・・・。当時観賞に行ってがっかりした記憶が残っている。もっと青い色を想像していたので・・・。
  オレンジ色のバラも珍しいかな?。

Img_20170527_132955

Img_20170527_131647

 こちらはダリアの花びらのようだ。
 ハマナスも立派なバラ科の植物だ。

Img_20170527_140254

 奥に進むとリナリアヒメキンギョソウ)の花が満開だ。

Img_20170527_140357

 ポピーも綺麗に咲いている。

Img_20170527_143322

Img_20170527_143439

更に奥の丘陵(みはらしの丘)にはネモフィラが。
 みはらしの丘一面が青く染まり、空と海の青と溶け合う風景は、絶景だというが,見頃を大分過ぎていた。
      みはらしの丘            l
 午後3時,公園を出発,国道51号線を南下,途中から県道2号線へ。
 午後4時半過ぎ,鉾田市の「ほっとパーク鉾田」に到着。
  ここの入浴料は850円,少し高めだが「温泉博士」利用で無料と言いたいところ。しかし,入湯税一人150円は払わなければならなかった。希にこの様なこともあるが,それでも有り難い。温泉博士様々だ。
 どんな温泉だったか記憶は定かでないが,HPを覗いてみると,人工高濃度炭酸泉もあるようだ。温めのお湯にのんびりと長めに浸かったような気もする。
   ほっとパーク鉾田           

 1時間余り至福の一時を過ごした後,県道8・50号線・国道354号線を経由して,
 霞ヶ浦方面へ向かう。
 鉾田市はメロンの栽培が盛んなようだ。調べてみると,茨城県はメロンの生産量日本一だという。
    茨城メロン

 午後7時前,道の駅「たまつくり」に到着。
 理由は分からないが,夕食を済ませてから更に先に進んだようだ。
 午後9時半過ぎ,道の駅「水の郷さわら」に到着。
 洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34092387

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(61) 白石~福島~いわき~日立~香取を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿