フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 畑も終活? | メイン | プリンタの修理 »

2018年3月 7日 (水)

リアドアのストッパーを自作

 車旅では、駐車場や道の駅に駐車して、車中で食事やコーヒータイム・休憩を取る時間は結構長くなる。

 その時、リアドアを全開にして景色を眺めながら過ごせると気持ち良いものだ。場所によっては半開きにしてプライバシーを保ちたい時もある。

 それを可能にするため、4年近く前、木片でストッパーを作って利用してきた。

Dscf18091_2

Dscf18211_2

 ドアを木片で受け止めるだけの簡単なものだった。車体とドアの隙間は10cm位しかないので、風通しはさほど良くない。おまけに、ドアが風に煽られて跳ね上がる危険性があった。

 今回は、ドアをある程度開いた状態で固定するストッパーを作ってみた。

Img_20170808_101110_3

Img_20170808_100318_4

 手持ちのやや太めの針金(直径2mm程度)を利用した。両端を折り曲げてカギ形にするだけの簡単なものだ。

 ロックされるドア側の金具のツメを、作成したストッパーで軽く押し込むと金具がロックされ、丸い輪っかになる。(試行錯誤する内にこのことに気付いた。 coldsweats01 )

 そこにストッパーのカギを引っ掛け、片方を受け側の金具に引っ掛けるだけでOK。リアドアは自分が引っ張る力でしっかりと固定される。

 外す時は注意が必要だ。ストッパーだけを取り外しドアを閉めると大変。ドア側の金具のツメが閉じたままなので、そのままドンとやったらツメや受けが壊れてしまう。

 ストッパーを外す時は、必ずドア内側のT形のノブを回し「金具のツメを開放してから軽くドン」。

 これが鉄則だ。

Img_20170808_100446

Img_20170808_100641

 もう1本長めのストッパーも作り、全開を含め3段階に調節出来るようにした。

 次回の車旅から活躍してくれそうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34110559

リアドアのストッパーを自作を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿