フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 旅車の雨漏り修理 | メイン | 婆様のお供で佐多(辺塚)へ (2) »

2018年5月29日 (火)

婆様のお供で佐多(辺塚)へ (1)

 婆様の教え子の同窓会が佐多(辺塚)で行われるというので、先頃(と言っても、もう10日が過ぎてしまったが)お供申し上げて来た。

 2~3泊することになりそうなので、若干の食料と荷物の積み込みをしていたら、出発は昼前になってしまった。

 垂水フェリー乗船場に到着。乗船車両はさほど多くなく、20分待ちで乗船出来た。

 垂水港で下船後、佐多とは反対方向に2分程走り、「十五郎そば」で昼食を摂る。

 300年の歴史がある老舗のようだ。出し汁の味も良く、旨いそばだった。

 腹を満たした後は一路佐多を目指して南下。

 錦江町の道の駅「錦江にしきの里」を通過する時、車窓の右手に黒い人影のような物が・・・・?。

 そのまま走り去ったが気になり、数百メートル走ったところでUターンし、道の駅の駐車場へ。

道路向かいの海岸へ歩いて行くと、

Img_20180519_143301

 「神川ビーチ影絵の祭典」看板が・・・・。隣には美しい女性が・・・。

Img_20180519_143329

Img_20180519_143409

 微笑ましい親子に、熱々の二人

Img_20180519_143426

Img_20180519_143526

現在放映中の大河ドラマの西郷どんツンとお散歩中。

ヤシの木の下ではハワイアンに合わせて若い女性が踊っている。

Img_20180519_143616

Img_20180519_143735

 こちらは、人類の進化を表現しているのだろう。四足歩行から二足歩行への進化?

 可愛いウサギと人間のウサギ。う~んいいな~

 ベニヤ板を切り抜いて片面を真っ黒に塗っただけの物だが、どれもこれもリアルで感動させられる。

 大根占から山手に入り大中尾を通り、午後4時過ぎ辺塚に到着。

 開会まではまだ時間があるので、近場の集落内を一巡りすることに。

Img_20180519_161841

 途中、海岸が見える道脇に車を駐めコーヒータイム

 曇天で眺望はイマイチだが、40数年前が懐かしく思い出される。

 開会の時間が近づいてきたので会場のM食堂・旅館へ。

 主のE子さん(Eちゃん)には、数ヶ月前にも某葬儀でお会いしている。いつ見ても昔と変わらない若作りの女性だ。

 開会が近付くにつれ、一人二人と婆様の教え子達が集まって来る。

 顔を見ただけでは誰だか分からない様子。名前を聞いて数秒経過後に昔の顔が蘇ってきているようだ。

 参加予定者が全員が集まり開会。幹事のMさんの挨拶に続き、名古屋から駆けつけたSさんの乾杯で開宴。

Img_20180519_192108

Img_20180519_192118

Img_20180519_192406

 中学卒業後初めての同窓会で、積もる話は山ほどあるようだ。

 還暦を過ぎ、男性の皆さんの髪はそれなりに貫禄がついている。coldsweats01

 女性の皆さんは皆お若いようだ。

 爺は送迎のお供であったが、仲間に入れて頂いた。9名の参加者中8名には弟妹がおり、その全員(13名?)を知っている。勿論ご両親も。

 そのせいもあって、爺も若干気楽参加させて頂くことが出来た。

 会は盛り上がり延々と5時間余り続いた。

 地元在住の皆さんは、明日行われる「辺塚ふるさとまつり」でも中心となって活動しなければならないので、明日になる前にお開きにしなければ・・・。

 再会を約束し、万歳三唱でお開き。

 婆様は勿論、爺にとっても懐かしく楽しい、また本当に有り難い一時となった。

 洗面を済ませ、会場の庭で車中泊。 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34128201

婆様のお供で佐多(辺塚)へ (1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿