フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« 婆様のお供で佐多(辺塚)へ (1) | メイン | 婆様のお供で佐多(辺塚)へ (3) »

2018年6月 5日 (火)

婆様のお供で佐多(辺塚)へ (2)

 5月20日(日)

 朝7時過ぎに起床、E子(Eちゃん)宅で洗面をさせてもらい、朝食の準備に取り掛かる。

 洗面・化け方を終えて帰って来た婆様が「Eちゃんが朝食をどうぞ、と言っているよ」と言う。

 「遠慮した方が良いよ。今日の”ふるさと祭り”の弁当作りに、昨夜からてんやわんやの大忙しだよ。」と言いながら朝食の準備を進めていると、再度Eちゃんからの声かけが・・・・。

 断り続けるのも・・・・、お言葉に甘えることに

 今朝も厨房では二人の娘が手伝っている。昨日(?)わざわざ帰って来たようだ。

 当時は小学生だったS子ちゃんと、小学校入学前のY子ちゃん。もう50代と40代だという。

 当時から、宴会は何時もここであった。可愛いY子ちゃんを肩車に乗せたことを鮮明に記憶しているが、本人は「記憶にございません。」と・・・。think

 記憶にないのは当たり前のこと、1~2年前の事さえも記憶にない政治家・官僚がいるのだから・・・・。

 朝食を頂いた後、お世話になったお三方の墓参りを済ませてから、昨日とは反対側の集落を一回りしてみた。

 やはり懐かしい。とっくに時効になっているが、当時の〇〇〇転耕運機積載〇反等・・・。

 11時から行われる「辺塚ふるさとまつり」に参加するため、会場の元小学校の体育館へ。

 会場では、数人の教え子や当時の保護者にも会う事ができた。その中のS男さんとは、10年程前に偶然にも深い関わりができた。

 S男さんのお孫さん二人を、爺がK中学校で教科担任をしたということだ。

 今日は、そのお孫さんの一人がここに来ていると・・・。横に座っているこの娘さん???。

 話をしていると10年近く前の顔が蘇ってきた。二十歳をチョットだけ過ぎた可愛いお嬢さんに成長している。婆様からも、「タレントみたいな容姿で可愛いね!。」と、お褒めの言葉が・・・。そう言えば、兄さんイケメンだったな~。

 予定より少し遅れてまつりが始まる。最初に豊作・豊漁を願う神事が行われる。

 その後来賓の挨拶等があり、昼食に移る。爺婆もS男さん夫妻・お孫さんと一緒にEちゃん親子が作った弁当を美味しく頂いた。

 昼食後は色々な催しが・・・。

Img_20180520_130807

 3年振りに復活したという棒踊り。昨夜のメンバーの姿も・・・。

 当時は郷土の伝統芸能を守り続ける為に、中学生がその役を担っていた。S男さんも、その時指導して下さったお一人だ。今日も祭りが始まる前にお手伝いをしておられた。

Img_20180520_131656

豊年・豊漁を祈る御神輿も登場。

Img_20180520_132243

 青壮年部の皆さんが、滑稽な動きをする黒牛を引いて登場。


YouTube: H30辺塚ふるさとまつり

動画にすると寸劇の面白さが伝わってくる。

Img_20180520_132950_2

 

 

婆様の教え子Mさんの司会・進行でステージでの出し物が始まる。

Img_20180520_133503_2

トップは、プロ舞踊団の指導を受けている(?)小学生の踊り。

可愛さばかりでなく立派な踊りに、観客も固唾を飲む。

Img_20180520_134511

地元青壮年部の皆さんの踊り。5~60代男性だがこの色っぽさ・・・。

Img_20180520_144408

こちらはプロの方々、流石に上手い。中央は男性だったようだ?。

Img_20180520_152533

司会・進行のMさん芸達者だ。ひょうきんな踊りに拍手喝采。

この他にも、宮崎から呼んだというプロの女性歌手の歌など、午後3時半過ぎまで楽しい一時が続いた。

辺塚ふるさとまつり」にも参加できるようにと、同窓会の日時を組んでくれた教え子の皆さんに感謝しながら、辺塚を後にした。

 根占の「ネッピー館」に立ち寄り、温泉で疲れを癒やすことに。

 その後、昨日立ち寄った道の駅「錦江にしきの里」で夕食後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34128334

婆様のお供で佐多(辺塚)へ (2)を参照しているブログ:

コメント

トン・ツーさん
 コメントありがとうございます。
 高速料金の件、民主党政権時に高速道路無料化社会実験が平成22年6月28日から開始されました。
内容は、「何処まで走っても1000円ポッキリ。ただし、都市圏の高速道路は除く。」というものでした。私の場合は名神高速料金1100円がプラスされ2100になったという訳です。
 その後、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の復旧・復興費用をまかなうために、6月19日限りで終了しました。
 1年であっけなく消え去ってしまい、旅行で車を利用する人には残念なことでした。

こんばんは。鹿児島市のトン・ツーです。
私も、定年して七年目になりますが、今年度で今の仕事が終わりますので、来年は、車中泊しながらと思っています。
2012年の北海道への旅行記事を拝見しましたら、高速代往復4,200円とありましたが、どうしてそんなに安かったのかわかりません。
私のブログが最近交信されていませんが、アルファードに自作ベッドを取り付けたりして、ショート車中泊は行っています。

コメントを投稿