フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« DIYでソーラー充電装置を追加(1) | メイン | DIYでソーラー充電装置を追加(3) »

2018年6月27日 (水)

DIYでソーラー充電装置を追加(2)

 パネルは乗せたものの、雨模様で次の作業に入れない。

 3日後、朝から雨模様。夕方近くになって雨も止み曇ってきたので次の作業を進めることに。

 難関の一つ、ケーブルの引き込み作業だ。

 ハイマウントストップランプ・リアカメラ・ワイパー・ナンバープレートランプの配線コードや、ウオッシャー液のチューブ等が通っていると思われるリアドアの蛇腹からの引き込み作業開始。

Img_20180612_160156

Img_20180612_160641

Img_20180612_160658

 リアドアに近い側の蛇腹を、中の配線を傷つけないよう慎重にニッパでカットし、小さな穴を空ける。

 中のコードが見えてきた。

 婿殿から借りて来ていた配線ガイドを穴に通し、ハイマウントストップランプの裏蓋を外した所を目指しガイドを押し込んで行く。

 かなり深く入ったようだが、指で探っても手当たりがない。

 近くまで来てはいるはずだが・・・。幼少時代の遊び「輪ゴム釣り」を思い出した。

 砂の小山を作り、その中に数本の輪ゴムを隠す。

 カギ形になった細い竹の枝で砂山の輪ゴムを釣り上げる、という遊びだ。懐かし~い。

 早速、針金でU字形のカギを作りストップランプの開口部の奥へ入れ、手前に引っ張る。

 何と一発目でガイドが引っ掛かってきた。

 こんなにも簡単に通るとは思っていなかった。

Img_20180612_160839

Img_20180612_161840

Img_20180612_161958

Img_20180612_162525

Img_20180612_172343

Img_20180612_172324_3

 

 

 急いでケーブルを取りに走る。( 3.5SQ ケーブル 2,999円)

 配線ガイドに、ケーブルをニッケルメッキ線でしっかり括る。

 ケーブルを押し込みながらガイドを引っ張ると、少し抵抗があるが割とスンナリ通った。

 2本目のケーブルは、同じくニッケルメッキ線で1本目のケーブルにしっかり括り付けて、1本目2本目を一緒に押し込みながら1本目を引っ張ると、2本とも無事難所を通過

Img_20180612_174425 パネルの接続端子とケーブルの接続端子を確実に繋ぎ、長さの調整をした後、蛇腹部分をコーキング

 相変わらず、こういう部分のコーキングはやりにくい。

 仕上がりの見かけは良くないが、これで水の浸入の心配はないだろう。

 次の作業に入るには時間が足りないので、今日の作業はここまでで終了。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34132150

DIYでソーラー充電装置を追加(2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿