フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« DIYでソーラー充電装置を追加(2) | メイン | DIYでソーラー充電装置を追加(4) »

2018年6月30日 (土)

DIYでソーラー充電装置を追加(3)

 車内へのケーブル引き込みは無事終了したが、翌日は雨。

 翌々日も雨模様だったが、雨の合間をぬって作業に取り掛かることにした。

Img_20180614_095228

Img_20180614_095300

 チャージコントローラーは,中国EPSOLAR社製のTracer2210A ,MPPT制御方式 20A

 中国製ではNo.1の品質という評判らしいが・・・。 

 価格は12.167円 MPPTにしてはリーズナブルなお値段では・・・。

 リモートメーターも中国製の MT50で価格は3.799円

 両方のセット商品もあったが、安くで購入したかったので別々に注文した。

 最初に閲覧した2~3のショップでは、日本語マニュアル付きだったが、最安値を求めて最終的に辿り着いたショップにはそれがなかったようで、小さな英語マニュアルが入っていた。

 コントローラー~サブバッテリー間のケーブル(5.5SQ )は1,799円

Img_20180614_095346ネット上で、走行充電とソーラー充電の同時充電について調べてみた。

 色々な情報があったが、最終的に同時充電は避けた方がよいという結論に達したので、パネル~コントローラー間にスイッチを入れることにした。

 前のキャンピングカー擬き(ステップワゴン)時代に使っていたブレーカー2個があったので、これを使うことにした。

http://tucyan.blog.bbiq.jp/blog/tabiguruma16.html

 もう1個は、天気の良い日走行充電を切ってソーラー充電をするために、走行充電側のスイッチとして入れることにした。

 まずは、走行充電側のスイッチから設置することに。

Img_20180614_110022

Img_20180614_105859

 走行充電用らしきケーブルが2本ある。それぞれに30Aのヒューズが付いている。 

Img_20180614_112701_2

Img_20180614_111702_2

 片方のヒューズを抜き、エンジンを始動して電圧計の指針を確認。もう片方も同様にして確認。

 ヒューズを抜いた時、指針が振れていない方のケーブルが充電用のケーブルだ。(後で誤認だった事が判明したが・・・coldsweats01 )

 チョッピリ躊躇しながらケーブルを切断。間にブレーカーを入れる。

 ブレーカーは20A、手動スイッチとして使うのでN側に接続して良いのだろうが、念の為L側に接続。過大電流が流れたら30Aのヒューズが切れる前に、ブレーカーが落ちてくれるのでは・・・・。ブレーカーが頻繁に落ちるようであれば、後で繋ぎ換えよう。

Img_20180614_105939

 でも気になるもう一方のケーブル

 途中に、リレーらしき部品が入っている。

 雨が降り出してきたので、作業は一旦中止。

 昼食を済ませ、天気の様子をみることに。

 午後3時前、雨は止んできた。

 再び作業開始。

Img_20180614_150224

Img_20180614_150418

 先ずコントローラーの設置場所を決め木ねじで留める。

 その下方に、サブバッテリー側にケーブル通すためのを空ける。

 コントローラーの左側にブレーカーも取り付けた。

Img_20180614_174816_2

Img_20180614_173624

 

 コントローラー~サブバッテリー間のケーブルをサブバッテリー側から穴に通す。

Img_20180615_121206

Img_20180614_173558_2

 ハイマウントストップランプの裏側のカバーを少し欠き取り、そこからケーブルを通しカバーを元に戻す。

 パネル・サブバッテリーのケーブルを、余裕を持って切断。

 ブレーカーはOFFにした状態で、それぞれのケーブルをコントローラーに接続。

Img_20180614_174014_2

 リモートメータは、車内から見やすい場所が良いのだが、適当な場所が・・・・。

 コントローラーの裏側のここしかないようだ。

 メータの左側に、木片かアオイタでも挟んで、少し内側(右側)を向くように取り付けたら見やすいだろうが・・・。

 取り敢えず、このまま暫く様子を見てみよう。

 コントローラとメータも付属のケーブル(RS-485)で接続。

 これで配線は終了。最後にサブバッテリーとケーブルを接続だ。

 あれ~~!、接続端子がサブバッテリー端子に入らないではないか。

 内径10mm端子付きのケーブルだったはずだが・・・。内径を測定してみると8mmだ。

 仕方ない、リーマ通しで大きくするしかない。一人ブツブツ言いながら、何とか端子に入る寸法まで削った。

Img_20180614_180204

 バッテリー接続も無事完了。

 最後に、ソーラーパネルの接続だ。

 設置に間違いがなければ、発電・充電の様子が表示される筈だ。

 祈る気持ちで、ブレーカーをONに・・・。

 曇空で時折小雨がぱらついているが、発電が行われ僅かながら充電しているようだ。

  コントローラーのパネルも正常に表示されているようだ。

Img_20180614_180539

Img_20180614_180632

 ソーラーパネルの発電状況  電圧 14V 電流 0.2A 

Img_20180614_180641

Img_20180614_180646

 サブバッテリーの充電状況  電圧 12.5V    電流 0.2A

 (写真は、ある一瞬の状況を撮影している訳ではないので、そのまま比較はできない。発電状況は刻々変わるようだ。)

 発電・充電が正常に行われている事が確認出来て、一安心

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34132302

DIYでソーラー充電装置を追加(3)を参照しているブログ:

コメント

つもさん
久し振りですね。元気ですか。
桜前線追っ掛け車旅のアップもしなければならないのに、旅車の快適化と郷里の畑仕事に明け暮れています。
私が行う電気関係の快適化は、中学程度の基礎知識があれば出来ることです。後は情報をネットで調べてやっているだけですよ。

凄いの一言です😆🎵🎵
出来る人が羨ましいなあ😄

コメントを投稿