フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« リアドアの両サイド雨よけの自作 | メイン | 車内扇風機の選択と取り付け »

2018年7月20日 (金)

換気扇の取り付け

 4年余り前の車購入時に、ベンチレーターも取り付けたかったが、ビルダーの営業の方に「鹿児島は桜島の降灰があるので、善し悪しですよ。特に吸気にした時、灰が入ってくる可能性が高いですよ。」と言われた。「様子を見ながら、後日でも付けられますよ」とも。

 と言うわけで、取り付けなかった。

 原則、真夏・真冬の車旅は行わないことにしているが、夏に行われる祭・催しも結構多い。

 参加するとなった場合、問題は車中泊暑さ対策だ。

 ネットサーフィンしてみると、DIYでファンを取り付けている方も多いようだ。

 でも小さなファンでは換気扇としての機能は発揮できそうにない。

 出来るだけ大きなファンで窓に取り付けられる物を・・・・・。

 辿り着いたのが、ポータブルベンチレーター  FIAMMA TURBO-KIT という製品。

 ファン直径が240mm 、吸排気切り替え可能、勿論12V電源で作動、そしてハイエースの小窓に設置可能だという。

 サイズを調べてみると 32×36(48)×10cm  

 運転席側の小窓側には、冷蔵庫シンクがある。問題はその蓋の開閉が出来るか?ということだ。

 小窓の真ん中に設置すると冷蔵庫の蓋の開閉が出来なくなるが、シンク側にいっぱい寄せると何とか設置出来そうだ。

 購入者のレビューに目を通してみると、「強」にするとまずまずの風量、満足している、作りが少し安っぽいので耐久性が気になる、等様々だ。

 チョット迷ったが、検索内最安値の10,800円+送料で購入。

Img_20180703_173806

Img_20180703_174126

Img_20180703_175124

 送られてきた製品。(他に2種類の電源コード、8個の金具、4本の木ねじを含む。)

 これをハイエースの小窓に取り付ける為に、両側に付いているアームの2個のねじをを取り外す。

 アームの向きを変えてねじを締め付ける。

 レビューにあったように、確かに安っぽい感じだ。

 ねじの取り外し・締め付けの時、甘さを感じる。

 ねじ山を崩さないように注意深く作業したが、後々がチョット心配だ。

 車内に持ち込んで取り付け方法を確認。

 シンク側に寄せると設置は可能だが、下部の電池ケースの出っ張りが邪魔だ。

 電池での使用は考えていないので必要ない部分だ。ここを切り取ることは出来ないか、内部をチェックすることに。

Img_20180703_185335

 本体と表蓋を留めている小さなねじも締め付けが甘い。

 電池ケース部分を切り取ると、構造上弱くなりそうだ。

 このままでもシンクの蓋の開閉は出来そうなので、切り取りは断念

Img_20180703_190929

Img_20180705_175859

 アーム固定に使用しているねじは「ドリルねじ」だ。プラスチックしかも薄い板同士を固定するのにドリルねじとは?。

 使い古しの少し大きめの木ねじと交換、しっかりと固定できるようになった。

Img_20180705_183444

Img_20180709_181541

 アームは2ヶ所で本体に固定されているが、少し力を掛けると浮き上がる。

 新たに2ヶ所を空け、木ねじで固定。それでもアームの両端は浮き上がる。

 アームには穴を空けられないので、すぐ横の本体に穴を空け木ねじの頭部で押さえつけるようにして固定。反対側も同様にして固定。

 合計6ヶ所を固定。大分丈夫になった。

Img_20180709_181616

Img_20180706_151614

 

 小窓を開閉する時、枠がアームに接触するので先端部分を7~8mm切断

 下のアームを引っ掛ける木片を準備、付属の金具2個(8個中の2個)を固定。

Img_20180706_154554

Img_20180706_154833

 それをシンクの奥に木ねじで固定。

 本体の上部のアームを小窓のサンに引っ掛け、アーム(内部にはバネが入っている)を引き延ばして下部のアームを金具に引っ掛ける。

 これで固定はしっかり出来たようだ。

 ところがDC電源の取り入れ口は右横。

 シガーライターからの電源プラグはL字形で差し込み可能だが、サブバッテリーからの電源プラグはI字形で、更に正・逆回転切り替えのプラグが接続されているので壁との隙間に入らず差し込むことが出来ない。

 別な場所に、古いテレビのジャックを取り付けようと思い確認してみたが、プラグが入らない。

 調べてみるとジャックのサイズが、外寸は同じでも内寸が僅かに異なるようだ。

 調べてみると5.5×2.1mm5.5 X 2.5mm のものがあるようだ。何故こんな規格が出来たの?。think

 仕方がないので付属のジャックを別な場所に付け替えることに。

Img_20180709_163632

Img_20180709_163308

 元のジャックは本体の右下に付いている。

 右上に付いているスイッチの横に付け替える為に、本体と表蓋を欠き取る

Img_20180709_172610

Img_20180709_163434

 ジャックの溝にしっかり入るように、ヤスリで少しずつ慎重に削り取っていく。

 何回も調整し、何とか本体と表蓋をピッタリ合わせることが出来た。

Img_20180710_141903

Img_20180710_142447

 アームを引っ掛ける木片も黒のスプレーで着色。シンク・冷蔵庫の蓋の色に溶け込んで良い感じになった。

Img_20180710_143323

Img_20180710_182650

 本体をセット、しっか固定できている。

 付属のサブバッテリー用のコードに、手持ちの古いシガープラグを繋ぎ1Aのヒューズを入れる。

 シガーソケットも手持ちの3連ソケットと交換し、今後に備える。

 試運転開始、まずまずの風量だ。電源プラグの+ーを逆に繋ぎ替え、車外に出て風量を確認。

 逆回転にすると風量が2/3程に落ちるようだ。

 主目的は、扇風機として使うのではなく、換気扇として使うことだ。

 アームの向きを元に戻し表蓋を車外に向けられないだろうか?。

Img_20180710_180304_2

Img_20180710_180847

Img_20180710_180222

 アームを固定している12本の木ねじを慎重に外し、向きを逆にし再び慎重に固定する。

 取り付けは問題ないようだ。

 ところが、最初と同じ問題が・・・・。

 窓の開閉時に、アームの突起が窓枠に接触する。

 最初と同じように、先端部分を少し切断してヤスリ掛け。

 結局アームの両方を切断してしまったが、強度には全く影響ないので心配はない。

 ところが、元々のジャック位置が左側になった。coldsweats01

 DC電源ジャックの移動作業は、何だったのだろう?。coldsweats01 

 無駄な作業だったが、コードの引き回し見かけは良いようだ。happy01

 本体が右側に寄ったので、左側の空間を塞ぎ吸気・排気の効率を上げる事に。

Img_20180711_154829

Img_20180711_163117

 沢山余っているアオイタで塞ごうかなと思ったが、暗くならないように透明弾力のある厚さ0.75mmプラスチック板を購入。

 ダンボールで窓の形に合わせた型紙を作り、プラスチックに写し取った後やや大きめに切り取る。

Img_20180713_150757 切り取ったプラ板を、

   木ねじで表蓋に固定

 上下の隙間も塞げば、更に効率が上がりそうなので、残りのプラ板を表蓋の上下にも固定。

 小窓に取り付けた後、窓にフィットするように、数回に分けてプラ板を少しずつ切り取っていく。

Img_20180713_145327

 これで吸排気の効率が少しはアップするかな?。 confident

 透明なプラ板を使ったのも正解だった。光りがよく通り明るい

 換気扇はバネ付きのアームで引っ張られるようにして固定されているので、このままでも大丈夫と思われるが、念の為上部のサンに2.5mmの穴を2ヶ所に空け、そこにニッケルメッキ線を通してアームと結び付ける。

 下部は木片の金具にニッケルメッキ線を通しアームと結び付ける。

 これで車が跳ねても、アームが伸び縮みして外れることはないだろう。

Img_20180713_145622

 車外から見ると、換気扇が真ん中に取り付けられていないので見かけが悪いが、仕方ない。

 全てのドア・窓を閉めて、リアドア10cm位開けて作動させたら、車内の後部から換気扇に向けた空気の流れが出来るだろうか?。

 あまり期待しない方が良いかな?。coldsweats01

 車内で使う扇風機も探しているが、なかなか適当な物が見つからない。 

 ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34136194

換気扇の取り付けを参照しているブログ:

コメント

manohiroさん
コメントありがとうございます。
この換気扇どれ程の効果があるか分かりませんが、DIYの楽しみでやっています。
「かーいんてりあ高橋」のリラックスキャビンにお乗りなのでしょうか。
7~8年前、キャンピングカーショーでお目に掛かって以来、燃費が良い上に電気をふんだんに使用できる車だと、憧れているのですが・・・・。

Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

車中泊には、換気扇がほしいですね。

私は、プリウスなので、

クーラーをかけっぱなしで寝ます。

30分に1回ぐらいエンジンが掛かります。

快適です。

安全第一でお願いします。


ポチ、しました。

コメントを投稿