フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

« タマネギの苗、手に入る | メイン | 2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(1) »

2018年10月31日 (水)

非常時用トイレの製作

 今回の北海道車旅では、道の駅「そうべつ情報館i」で車中泊中、震度5弱の地震に遭遇した。

 幸い、車中泊していた道の駅には、非常用自家発電機が設置されていた為、トイレは何時も通り使用することが出来た。

 周辺の道の駅は閉鎖している箇所もあったので、暫くその道の駅に留まることにした。

 旅に出かける前の「旅車快適化」の時に、非常用トイレ製作も考えたが、使用頻度は低いだろうし・・・・。構想は練っていたのだが・・・・。

 今回の地震をきっかけに、非常時最悪の場合に備えて自作してみることに。

Img_20181019_105634

Img_20181019_111733

 トイレ候補はこちら。10年近く前、ステップワゴンをキャンピングカー擬きに作り替えた時、スライドドアの前に置くステップとして自作したものだ。場所を取らないように折りたたみ式にしていたが、結局使うことはなかった。

 真ん中に穴を空ければトイレになりそうだ。

Img_20181019_163024

Img_20181022_152010

 中心部を回し引き鋸で切断しくり抜き、ヤスリ掛け。安物の鋸なので切れ味が悪く、大分苦労した。

 手持ちの緩衝材(発泡ウレタン?、通販の箱に使用されていたもの)を両面テープで貼り付ける。

 端の部分が足りず格好悪いが、使用には問題なさそうだ。

Img_20181023_114100

Img_20181023_114958

 脚の固定には木ねじを使っていたが、ドライバーなしで組み立て・分解が出来るように、手持ちの蝶ボルトを無理やりねじ込んでみた。新しくねじの溝が出来て結構強く締め付けられた。

 折りたたんだ時は、両脚の木端に2本ずつねじ込んでおくと紛失の恐れもないようだ。

Img_20181022_151332

 実際に使えそうかどうか、試してみることに。

 レジ袋を広げ、その上に亡き母が1年前まで使っていた残りの紙パンツの両端を引き裂いて広げる。更にその上にパットを当てる。4方をセロテープで軽く留める。

 試し座り!、うう~ん出るかな?。coldsweats01

 使う機会がないに越したことはないが、「旅の途中、何時でも何処でも使える」という安心感には繋がりそうだ。

 母の一周忌を済ませた後、諸々の用事で旅に出られなかったが、今日、佐賀バルーンフェスタが開幕した。午後の競技は風が強くなったため中止になったようだ。

 回顧録のアップも一杯残っているが、明日フェスタ会場に向けて出発だ~~。happy01

 マーカー投下の際、観客が一斉に「やった~、やった~」と大合唱、競技者と観客が一体になる瞬間だ。

 残念な事に、今年から河川敷の駐車場での車中泊が全面禁止になったようだ。

 1日1000円の駐車料金を払っても競技中止・・・なんてこともあり得る。翌日、また1000円・・・。

 天気予報では、4日まで晴れ時々曇となっているが、風が問題だ。祈るしかない。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/34149476

非常時用トイレの製作を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿