フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

車・バイク Feed

2018年5月16日 (水)

旅車の雨漏り修理

 桜前線追っ掛け車旅の1ヶ月間は天気に恵まれ雨らしい雨に遭うこともなかった。
 ところが、最後の車中泊地人吉道の駅「錦」では大雨に見舞われた。
 夕方、リアドアの内側が濡れていることに気付く。ガラスの内側にポタッ、ポタッが漏れてくるではないか。!
 このまま朝まで放置しておくとビショ濡れになりそうだ。キッチンペーパーと広幅の粘着テープで応急処置をしてから就寝。
 翌朝確認してみると、キッチンペーパーが大分水を吸っている。
 旅に出る前に取り付けたリアラダー影響だろうか?。
 水漏れ箇所は特定できないまま、昼過ぎに無事帰着。
 数日後、改めて水漏れ箇所を特定することに。車の後部にホースで水道水を勢いよく掛ける。
 ドアを開け確認してみると、やはり漏れている。リアラダー取り付ける時、締め付け過ぎたのだろうか?。

 説明書にも締め付け過ぎないようにとの注意書きもあったので、適度に締め付けたつもりだったが、締め付け過ぎだったのだろうか?。ドアの鉄板に力が掛かり、リアウインドウの接着部分が剥がれたのだろうか?。
 目視では剥がれた様子は見つからないが、取り敢えずシーリングすることに。

Img_20180503_150922

水分を拭き取り暫く乾燥させてから、ガラスの周辺(上部と左右)をコの字形目地シール剤を充填していく。
 勿論、マスキングをして充填後すぐヘラで仕上げたのだが、写真は撮り忘れてしまった。coldsweats01
  写真では分かりにくいが、まずまずの出来栄えだ。
 2日後に車庫から出して水を吹き掛けた後、車内を確認。アレッ漏れている!。
 ガラス部分ではなかったのか!。脚立に乗り、ドア上部を再確認。ブレーキランプのカバーを押さえてみると、少し浮いているようだ。
 内側からカバーを外してみたが、中の様子は分からない。
 ここからの水漏れであれば、外側をシーリングすれば止まるはずだ。

Img_20180503_150647

Img_20180503_151438

 まずはマスキング。曲線部分のマスキングはやりにくい。coldsweats02  外側は、テープを短く千切り重ね張りしてみた。
 ヘラで仕上げた後、テープを剥ぎ取る。
 翌日、水を吹き掛けてみた。恐る恐る中を確認。オオッ、漏れはないhappy01
 水漏れ箇所はここだったのか~。coldsweats01
 この旅車も5年目に突入している。パッキン類も劣化が始まったということだろうか?。
 先日のリアウインドウのシーリングは何だったんだ~~。coldsweats01
 今考えると、最初でここも疑ってみるべき箇所だった。
 「リアラダーの取り付けが影響しているのでは?」こいつが頭から離れなかったんだよな~~。

 来年は古希、色々なポカが増えたようだ。用心用心

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年5月10日 (木)

折角のリアドアストッパー役に立たず

 今回の桜前線追っ掛け車旅の出発前に作った「リアドアストッパー」、思いもしなかった事が発生。
 自作のリアドアストッパー
 出発して2~3日後、リアドアを開ける機会があった。
 あれ~、開けたドアが降りて来る。「ピーン」とはきたものの、これだけの荷物も支えられないの?。入っている物は、念の為に持って来たダウンジャケットやごみ袋・空のタッパー、それに洗濯物だけだ。そんなに重くはないはず。
 今までは、開けたドアを閉めるには、自分の体重を利用して引き下ろさなければならなかった。 リアラダーを取り付けた後も結構な力を要した。
 確かに荷物ボックスはドアの下部に取り付けている。ドア上部の蝶番から荷物ボックスまでの長さは1.5m位はあるだろう。少しの荷物でも、蝶番部分には下向きの大きな力が掛かり、ダンパーも支えられないのだろう。
 皮肉にも、自作したドアストッパーは、ドアの跳ね上がる力下方向に引っ張って固定する物で、全く役立たずだった。
 チョットの荷物で、ドアが降りて来るとは思いもしなかった。何時も閉めるのに苦労している。頭にあったのは、「如何にして引っ張るか」ということだけであった。
 改めて己の浅はかさを思い知らされた。coldsweats01
 旅の途中、道の駅で全く同じスタイルの架装をした方に出会った。その方は、リアドアを半開きにする時は、中の荷物を車内に入れて紐でドアを引っ張っているとのこと。
 爺の場合はそれでは意味がない。
 大きな力に耐えられるダンパーとの交換も考えたが、逆に平時が大変、相当な力が必要になりそうだ。
 先日、ネットで検索してみたら同じ案件が数件ヒット。
 ダンパーのピストン(?)部分に、コの字型のステンレス材をはめ込んで、ドアの降下を止める方法。水道パイプの一部を縦に切り取って、ピストン部分にはめ込む方法。
 後者の方がダンパーにキズが付きにくそうだ。
 おまけに水道パイプは確か何処かで見たような・・・?。
 2階のベッドの下、無い。1階の鏡台の横、オッあった。
 内径13mmのパイプだ。早速ダンパーのピストン部の外径を測定してみると12.5mm。何と0.5mmの差でピッタリだ。
 早速製作に取り掛かる。
 ドアの開閉角度は、今回役に立たなかったドアストッパーと同じにすることに。
 まずはドアを全開した時用の、最も長いダンパーストッパーの製作から始めた。
 小さなパイプを鋸で切断するのが大変だ。なかなか固定がしっかり出来ないので・・・。
 更に、ピストンに程よくフィットさせるには、どれだけ欠き取ればいいだろうかという不安。
 目測では駄目だろう。パイプの内側の弦の長さが12mmになるようにノギスで計り、けがきをしてから切断。

Img_20180503_162028

Img_20180503_162043

 出来たぞ、スカスカでは落下してしまう。恐る恐るピストンの上部にはめる。上部を押さえて下部を押し込む。
 パチンと心地良い音がしてうまくはまった。取り外しも手で出来る。
 ヤスリで軽くバリを取り、再度脱着を試みる。おお~、スムーズだ。confident
  片方だけでは不安なので、同じ物をもう一本作る。

Img_20180503_163206

 3段階の開閉が出来るように、3種類のストパーを作った。
 一番小さいストッパーを作る時、鋸の刃が左人差し指を軽くかすめてしまい、カットバンのお世話に!。チョット危ないな~と思い、注意しながらやったつもりだが・・・・。coldsweats01
 左上の木片は4年余り前に作ったドアストッパー、ドアを少し開いた時のみ使っていたストッパー。今回の旅では必要ないと思い車から降ろしていたが、また使えそうだ。coldsweats01

 ブログ原稿作成中に、ダンパーの各部の名称を調べようとしていたら、市販のダンパーストッパーがあることが分かった。確かに見た目も綺麗だが、全開用だけのようだ。
 お値段も1個1,800円+送料、安くはないようだ。
 爺の自作ストッパー、パイプには180円の値札が残っている。まだ半分も使っていない。大分安くでできて満足。happy01

  市販のダンパーストッパー

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2018年3月23日 (金)

荷物ボックスを追加

 先日、リアラダーに荷物ボックスを取り付けたが、ラダーの上部にもう1個追加できそうだ。

 4年余り前まで乗っていたステップワゴン(自作キャンピングカー擬きの車)に、自作ルーフボックスとして使っていた大小2個のボックスがあることを思い出した。

 屋根裏収納庫に眠っている小のボックスを引っ張り出してきた。

 ラダーに当ててみると、幅も丁度良い。小さくて大した量の荷物は入れられないが、無いよりはましだろう。

 早速ホームセンターKに出向き、前回と同じ金具を購入してきた。ボックスの形状から考えて、「かんぬき受け」は一回り大きい物を購入した。

 前回と同じ要領でボックスに金具を取り付けた。

 ついでに、水道管の凍結防止カバーも購入してきた。

 ラダーとボックス・かんぬき受けの緩衝材として使うつもりだが・・・。

Img_20180222_153042

Img_20180222_155720

Img_20180222_155945

 

ラダーとボックス・かんぬき受けの

   接触部分に合わせ、カッターでカバーを切り分ける。

 ラダーにすっぽりと被せる。

 ラダーの径に合うカバーを購入してきたので、ピッタリだ。

 カバーの切れ目はテープで塞ぐ予定だったが、平時はボックスを取り外すのでカバーも取り外せた方が良さそうだ。

 おまけに、雨天時には水も吸い込みそうだし・・・・。

 乾燥させる必要がある時も、簡単に取り外せた方が良さそうだ。

Img_20180222_160301_2

 2個のボックスをラダーに引っ掛けてみた。じゃ~~ん

 かんぬき受けは、程良い固さで引っ掛けられた。ボックスがラダーに接触する部分の緩衝も押さえられそうだ。

 いかにも長旅をしているという感じで、見かけも良くないが・・・・。ま、いいか。 coldsweats01

 ボックスの黒色も、リアドアガラスの色に溶け込んでいるぞ。 happy01

 見かけより実用性だ! そうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

 

2018年3月21日 (水)

リアラダーへの荷物ボックス取り付け

 リアラダーを取り付けた後、ホームセンターKに適当なボックスを探しに行った。

 ボックスと言えば品が良いが、家庭用のゴミ箱だ。coldsweats01

 ネットで検索してみると、車専用の鍵付きのボックスは結構な値段がするようだが、こちらは野口様2枚と少しで購入できた。ラダーに取り付ける金具として、コの字形の「かんぬき受け」を2個と薄い金属板を1枚購入。

Img_20180220_112622

Img_20180220_121212

 購入してきたボックス・かんぬき受け・金属板

Img_20180220_125105

Img_20180220_131039

 金属板を2等分し、かんぬき受けの穴に合わせて2箇所に穴を空ける。

 ボックスの上部にかんぬき受けを取り付ける為の穴を空ける。

 穴開けにはドリルを使わず、キリで小さめの穴を空ける。

 穴にビスを通しボックスとかんぬき受けを固定するつもりだが、出来るだけ水漏れを防ぎたい。

 ビスと同じ径・ピッチの蝶ボルトの手持ちがあったので、それを穴にねじ込んでみた。

 結構固いのでペンチで挟みながら回していく。

 4ヶ所の穴を同様に加工。

Img_20180220_140120

Img_20180220_140211

 かんぬき受けと金属板でボックスを挟み込み、ビスナットで締め付ける。(ボックス内の荷物を傷めないように、ビスは内側からねじ込む。)

 ナットからビスが3mm程出たので、ダブルナットにした。これでナットの緩みも押さえられそうだ。(写真はダブルになっていない。)

Img_20180220_140306

 早速ラダーに取り付けてみた。チョットだらしない感じかな~~。think

Img_20180220_140513

 1段上に上げてみた。こっちの方が引き締まった感じかな?。happy01

 後は、ゴムバンドを縦横に通し、ラダーにしっかり固定すれば良いだろう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2018年3月 7日 (水)

リアドアのストッパーを自作

 車旅では、駐車場や道の駅に駐車して、車中で食事やコーヒータイム・休憩を取る時間は結構長くなる。

 その時、リアドアを全開にして景色を眺めながら過ごせると気持ち良いものだ。場所によっては半開きにしてプライバシーを保ちたい時もある。

 それを可能にするため、4年近く前、木片でストッパーを作って利用してきた。

Dscf18091_2

Dscf18211_2

 ドアを木片で受け止めるだけの簡単なものだった。車体とドアの隙間は10cm位しかないので、風通しはさほど良くない。おまけに、ドアが風に煽られて跳ね上がる危険性があった。

 今回は、ドアをある程度開いた状態で固定するストッパーを作ってみた。

Img_20170808_101110_3

Img_20170808_100318_4

 手持ちのやや太めの針金(直径2mm程度)を利用した。両端を折り曲げてカギ形にするだけの簡単なものだ。

 ロックされるドア側の金具のツメを、作成したストッパーで軽く押し込むと金具がロックされ、丸い輪っかになる。(試行錯誤する内にこのことに気付いた。 coldsweats01 )

 そこにストッパーのカギを引っ掛け、片方を受け側の金具に引っ掛けるだけでOK。リアドアは自分が引っ張る力でしっかりと固定される。

 外す時は注意が必要だ。ストッパーだけを取り外しドアを閉めると大変。ドア側の金具のツメが閉じたままなので、そのままドンとやったらツメや受けが壊れてしまう。

 ストッパーを外す時は、必ずドア内側のT形のノブを回し「金具のツメを開放してから軽くドン」。

 これが鉄則だ。

Img_20170808_100446

Img_20170808_100641

 もう1本長めのストッパーも作り、全開を含め3段階に調節出来るようにした。

 次回の車旅から活躍してくれそうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2017年3月24日 (金)

パソコン修理で車旅の予定狂う

2月下旬、パソコンの使用中,ディスプレイが突然おかしくなった。全体のがおかしく二重三重になってきた。
 何回か再起動してみたが結果は同じだ。ソフトは正常に作動しているようだ。部品がおかしくなった?コネクタの接触不良?。
 5年延長保証の契約をしていたので修理に出すことにした。1年程前,フリーズして修理に出したら,ソフトの異常保証の対象にはならないと言われ,3万円余りの修理代を払わされた。
 保証書を確認してみると,まだ保証期間内だ。今回はハード部分の異常のようだから,保証の対象だろうと思い,早速Y電機店に持ち込んだ。
 症状を確認した後、ハードディスクやディスプレイ等の故障も考えられる。これらの消耗品は保証の対象外だという。
 「何~,そんなこと聞いていない。パソコン全体が消耗品じゃないか。いったいどんな場合なら保証対象になるんだ?。」
 取り敢えず診断をしてもらうことに・・・。場合によっては「保存データは消えても良い」という欄にチェックを入れさせられた。ハードディスクやディスプレイ等の交換が必要な場合は連絡をくれるとのことだ。そこで再度どうするかの判断をしてくれとのことだった。
 修理期間は2~3週間という事だったが,10日程経ってから修理が終わったとの連絡が入った。途中で連絡がなかったということは,交換の必要はなかったのだろう。
 翌日,朝一で引き取りに入った。
 店員さんが報告書を見ながら,「特に症状は出なかったが,予防の為に交換したということです。」と。
 部品代の事には触れられないので,「代金は・・・」と念を押すと「今回は無料です。」とおっしゃる。
 帰宅してから報告書をしっかり見てみると,診断内容欄に,「・・・・・,診断の結果、ご指摘の症状が確認できませんでした。当社では再現しませんでしたが,症状から液晶パネルの不具合が考えられますので,予防交換させていただきます。」
 修理内容欄に「お客様のご了承をいただきましたので、診断結果に基づき液晶パネルを予防交換させていただきました。交換後の画面表示は良好でした。」
と,記されている。
 症状が確認できなかった?。トラックに揺られて群馬まで行く内に症状が修まったようだ。happy01

 何はともあれ,無料で修理できたことで腹の虫も治まった。
 2月中旬頃から,今春計画している「日本列島縦断桜前線追っかけ車旅」の情報収集を始めていた。最悪3週間パソコンが使えないのは大変な痛手だ。
 ネットで桜の巨木・名所を検索し,エクセルにコピペして一覧表を作っている最中だったのに・・・。
 仕方ない,スマホで検索し用紙にメモしておき,修理が終わった段階でキーボード入力するしかない。
 旅に出る前に「山陰車旅」のブログアップを終わらせる予定だったが,それよりも追っかけ車旅の方が優先だ。そんな訳で,ブログアップも1ヶ月以上サボってしまった。
 花見の候補地も100件以上調べ上げた。住所は勿論,見頃の予想や開花情報の連絡先・駐車場情報など。
 全部回れる訳じゃない。開花前線が南から順序良く北上していく訳ではない。
 今回は近畿以北の桜前線を追う旅になりそうだ。30ヶ所位は巡ることが出来るだろうか?。
 旅の期間は,体調が良ければ2ヶ月半余りの予定だ。いざ出発するとなると,やっておかなければならないことが一杯だ。

Img_20170322_161313_2

 郷里の野菜畑の後始末(除草・施肥・剪定木の焼却・起耕)も一昨日何とか済ませる事が出来た。
 年度当初の母の介護関係の手続きと支払い,自動車税,郷里の固定資産税町内会の清掃と会費,郵便物等の処理は娘に依頼した。
 5月の北海道はまだ寒いだろうと思い,以前からの懸案事項の一つであった,断熱シートの取り付けも昨日までに終えた。

Img_20170321_185836

Img_20170323_172032

Img_20170323_171946

 妻が数年前,寝室のガラス戸の結露防止防寒の為にと購入していた断熱材を利用することに。(一冬使っただけで現在は全く使っていない。押し入れの肥やしになっていたので。)
 最初はフロントリアだけの予定だったが,100×200の断熱材が2枚あったので,両サイドにも設置することに。

Img_20170323_173715

Img_20170323_235640

 出来るだけ廃材を少なくする工夫をしたが,どうしても足りない。
 2枚の廃材を幅5cm程の透明なテープで貼り合わせ,それを2等分し向きを変えて更に貼り合わせると,スライドドアに合う1枚の材料の出来上がり。
 これで全面に断熱材を設置出来た。少しは夜の寒さを防ぐことが出来るだろうか?。
 津軽海峡フェリーの事を思い出し,時刻料金を調べてみた。時期によって料金が異なるようだ。7年前に行った時,確かそうだった事を思い出す。
 事前ネット予約(海割)をすると安くで乗船出来そうだ。早速予約手続きを済ませた。
 車1台14,800円で同乗者は定員以内なら何人でも乗れるという。一番高い時期に,この料金で乗ることが出来るとは,かなりお安くなるようだ。
 今日の午後3時出発の予定だが,まだ衣類の詰め込みも出来ていない。
 午前中に会合も入っているので,もう寝ないと・・・・。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2014年8月10日 (日)

初めての洗車・ワックスがけ

 薩摩地方は,台風11号の影響は殆どなかったようだ。
 昨日の午後は雨もすっかり上がった。以前から洗車の時期を狙っていたが,かんかん照りでなかなか取り掛かる気になれなかった。
 チャンス到来,曇り空で洗車に適した天気である。午後4時過ぎから洗車に取り掛かった。

Dscf34612



 

 この車を購入して5ヶ月余り,初めての洗車だ。

 先日,近くのホームセンターで買ってきた洗車用ブラシにホースを繋ぎ,洗車に取り掛かる。  妻に脚立を支えてもらいながら,まず天井部分から始める。ブラシの取っ手を最長にしてゴシゴシ。足場が不安定な上に,ブラシも水が通っているので結構重い。3回に分けて天井部分は終了。でも,綺麗になったかどうかは不明。

 前後と側面は一人で洗車だ。ブラシを伸縮させながらゴシゴシ,だんだんがきつくなってくる。

 一見汚れは目立たないが,ブラシで洗った部分とそうでない部分との差ははっきりしている。やはり大分汚れているようだ。

 一通り洗車が終わった後,古いタオルで残っている水を拭き取る。

 前々から気になっていた虫の死骸は軽く拭いただけでは取れない。特にフロント部分は,夜間に高速道路を走った時の虫の死骸がこびりついている。

 今日も,時折晴れ間が覗くが曇り空でワックスかけには良さそうだ。 

 迷いながら午後3時頃から作業に取り掛かった。

 ボディを幾つかの部分に分けて,ワックスを塗り半乾きで拭き取る,これの繰り返しだ。

 2時間で済むかなと思っていたが,こびり付いたゴミを落とすのに結構な時間を費やし3時間かかってしまった。

 ワックスがけなんて10年以上やっていないだろう。かねてやらないことをやるものだから,終了間際で夕立が・・・・・。 coldsweats01  慌てて車庫へ入れ,残り部分を済ませた。済ませたとは言うものの,天井部分は手付かずだ。

 いつか高い脚立を使ってやるかな~~。怪我でもしたら元も子もないし・・・・。

Dscf3492 取りあえず懸案事項が一つ終了して安堵。
 ワックスも綺麗に雨をはじいてくれているようだ。
 この車,15~6年間乗ることが目標だ。オイルだけは今までの車も3000km毎に交換してきた。

 ワックスがけもマメにやっていきたいのだが・・・・・・。 coldsweats01

2014年6月 2日 (月)

リアドアストッパー

 先日は,前の愛車でも自作して使っていた,リアドアのストッパーを作ってみた。

Dscf1801

Dscf1807


 

 車体の金具にはめ込んでドアを支えるだけの簡単なものだ。手持ちの40mm角の角材があったので,一端の真ん中に溝を作ることにした。
 金具の大きさに合わせてのこぎりで引き溝を作り,その間を「のみ」で欠き取ろうと思ったが,「のみ」の幅の方が大きい。仕方ないので,のこぎりで何回も引き,溝を作ることにした。最後に溝の側面をのみで仕上げて出来上がり。

Dscf1809

Dscf1821



 

 リアドアの受け金具に,丁度良い固さで固定できた。
 リアドアをゆっくり下ろし,木片に軽く当たった所で手を離す。これで内側の網戸を下ろせば,防虫と若干の換気になるはずだ。
 しかし,スライドドアとリアドアを開けたまま眠れるだろうか。少し物騒かな~!。

2014年4月22日 (火)

冷蔵庫台の製作

 以前の旅車で使っていた小型冷蔵庫を,新しい車に設置してもらう予定だったが,少し大き過ぎて設置できなかった。

Dscf1268 仕方がないので,家に持ち込んでどうするか迷っていた。リサイクルショップに持ち込む方法もあるが,大した金額にはならないだろう。
 確か7万円ちょっとで購入した。本格的なコンプレッサーが付いており,冷蔵は勿論冷凍もできる優れもの
 我が家では現在大小2台の冷蔵庫(小は車庫の奥に置いてある)を使っている。それでも,盆・正月等,子や孫が一同に集まる時は,品物が冷蔵庫に入らないことがある。
 そんな時,この冷蔵庫を活躍させることにした。

 交直両用なので,勿論家の中でも使うことができる。
 テーブルの横に置いて使うことにしたが,冷蔵庫のドアが上開きなので,ドアの上に物を乗せられない。
 空間を活用するために冷蔵庫を乗せる台を作ることにした。そうすれば,冷蔵庫の下に物入れができる。
 決まった。早速製作に取り掛かった。

Dscf1254

Dscf1260


 

Dscf1262 冷蔵庫の大きさに合わせて,まず骨組みの製作。材料は以前の旅車に使っていたベッドの脚や,数年前製作した「すのこベッド」の余りの板を再利用した。L金具や木ねじも全て再利用した。
 骨組みが出来上がったら,天板と底板を取り付けた。板が足りなかったので,細い板を使ったり,隙間を設けたりしながら,何とか台が出来上がった。 
 4本の脚の裏にはキズ防止のため,手持ちのフェルトを貼り付けた。僅かしか残っていないものを4等分したので小さくなった。その内に大きなものと貼り替えよう。

Dscf1272

Dscf1274



 

 早速冷蔵庫を乗せてみた。安定感もありビクともしない。出来ばえ上々think
 最初に冷やす物は何になるかな?。

 と思っていたら,早速,水の入った容器に「タケノコ(孟宗竹)の水煮」が保存されていた。水を毎日交換すると,大分長く保存できるらしい。

 その後,果物も保存してあった。何を入れるか心配する必要はなさそうだ。coldsweats01

2014年4月20日 (日)

防虫ネットの設置

 車の購入時に取り付けが終わっていなかった防虫ネットを,1ヶ月点検に併せて設置してもらった。
 夏場の車中泊は暑さとの闘いだ。車の後部の両側にはが付いていないので,網戸のような物がなければ眠れないだろうと思い,「アミエース」なる商品を購入した。

Dscf1246



 

Dscf1242 網は,スライドドア部分の全面とバックドア部分の全面に設置してある。


 風のある夜は少しは涼しさが感じられるかもしれないが,そうでない夜は大した効果はないかもしれない。


 その前に,2ヶ所のドアを全開にして床に就くことができるかが問題かも・・・・。


 家で使っている小型扇風機を持ち込んで,生温い風をかき回すことになるのかな~。