フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

その他 Feed

2017年12月14日 (木)

寝室の断熱効果を高められるか?

 鹿児島も大分寒くなってきた。全国的にみると暖かい方なのだが・・・・。
 数年前,テレビ(?)で断熱についての番組があった。
 プチプチシートで簡単に断熱効果が得られるというものだった。
 興味が湧き,ホームセンターでプチプチを購入していたが,部屋の片隅で眠っていた。

Img_20171211_101119

Img_20171211_093441

 先日炬燵を購入した際,緩衝材として使用してあったプチプチシートをガラス戸に貼り,剥がれ落ちないかどうか試してみた。
 どうやら大丈夫みたいだ。

Img_20171211_113349

 2階の寝室(昔の子供部屋 coldsweats01 )のガラス戸に貼ってみることにした。
 電柱が邪魔だが,桜島の頂上付近が見えている。シートを貼れば見えなくなるが,冬場だけなので・・・・。

Img_20171211_121853

 窓の内側(ガラス部分)の寸法を計り,寸法に合わせてシートを切断。

 マジックで線を引く時シートに乗ると,プチッと音が・・・・。ヤバイ,慌てて座布団を載せて作業開始。
 合計6枚のシートを作った。

Img_20171211_140807

Img_20171211_140705_2

新しい雑巾を水に浸し軽く搾る。
 ガラス戸の内側を軽く拭くようにして,全面に満遍なく水滴を付着させる。
 シートをガラスの上側左右に合わせて貼り,下・左右方向に空気を抜きながら貼り付けて行く。
 6枚のシート貼り付け完了。
 どれ位の断熱効果があるか定かではないが,シートを貼ったガラス戸と貼ってないガラス戸では,触った時の冷たさは明らかに異なるようだ。
 金属製のサッシ枠には結露が見られるが,プチプチ部分には殆ど見られないようだ。
 暫く様子を見ることにしよう。
 結果が良ければ,リビングもやってみようかな?。シートはまだ沢山残っているし・・・・。
 以前,キャンカーのガラス部分全部に,断熱材をはめ込むようにしたが,ガラスと断熱材が密着せず結露を防ぐことはできていない。
 視界を遮らない部分には,このプチプチシートを貼ってみたらどうだろうか。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月23日 (木)

深固だんご発祥の地

先日,郷里から帰る時に,「日吉町・深固院、深固だんご発祥の地」の幟旗が目に入った。

深固だんご」ってこんな字を当てるの?。早速奥方がスマホで検索。

「吉利に深固院ってお寺がある・・・?」殿も聞いたことがない。更に調べた奥方「深固院跡で行われている祭りのようだよ。深固院がしんこ団子発祥の地らしいよ」と仰せ。

 「郷里の祭りを知らないの」と軽蔑の眼差し。どうやら扇尾校区にあるようだ。

 中学時代、自転車で遊びに行った事がある。勿論当時は道路も砂利道で,帰りに一人の仲間が転倒し傷を負った事は時々思い出すが、深固院は聞いた事がない。

 ネット検索で,今度の日曜日に開催されるということが分かったので行ってみた。

 出発が遅れ,到着したのは11時半頃だった。

 近くの駐車場は満車で,坂道を登り切った所のペット葬祭場まで案内された。

Img_20171119_132109

 会場に下りて行くと,深固だんごの売り場には長蛇の列ができている。是非賞味したいので最後尾に並び順番を待つことに。

 暫くすると,「材料のだんごが無くなりそうです。」との放送が・・・。係りの方も列の人数を確認しながら「申し訳ありません。全員には回り着かないかもしれません。」と・・・。

最初は一人3パックまでだったようだが,一人2パックまでになり、最期は1パックになった。

 それでも全員には回り着かないようだが,皆さん自分までは何とか・・・という思いで並んでおられる。勿論,奥方・殿も・・・・。

 並んでいると,中学時代の同級生kIYO君に声を掛けられた。この地区の出身で今は鹿児島市に住んでいる。暫く話をした後、今度は同窓会の世話をしてくれている、同級生TYOU君にも声を掛けられた。

 運良く,殿の後の方までで終わりになった。その後、数人の方には一本の串に4個刺した団子を1個ずつ抜いてサービスされたようだ。

Img_20171120_115606

 だんごは,4個の串刺しが5本組で350円

 無料で振る舞われている甘酒を頂き,祭りの事を尋ねてみると,今年で25回目になるとおっしゃる。 

 丁度昼時になったので,出店でソバおにぎりで昼食。

 すると又声を掛けられた。一瞬誰か分からなかったが,すぐ昔の顔が蘇ってきた。この地区出身のKEN君だ。今は郷里に帰って来ているとのこと。40年振り位だろうか。先程会ったTYOU君が私が来ている事を教えてくれたらしい。

 どうやら甘酒の振る舞いをしてくれたのはKEN君だったようだ。お互い年を取り同級生ということが分からなかったようだ。coldsweats01

 この祭りは,深固院跡で,毎年11月の第3日曜日に行われる,地域住民の手作りのお祭りだそうだ。

 1386(元中3年),幽遠山深固院を開山した石屋(せきおく)和尚が,たびかさなる飢饉の際に,落穂を拾い集めて,籾を粉にして餅をつき,醤油をかけて焼き,皆に食べさせたことが始まりで,県内で有名な「しんこ団子」の始まりといわれているそうだ。

 ステージでは色々な演目が披露された。

Img_20171119_120055

Img_20171119_120653

 「深固院慕情」を歌う松元裕樹と小城さやか

 ブレイクダンス全日本チャンピオン・ワールドカップトップ8HAYATO1(地元扇尾出身)とその弟によるブレイクダンスの披露

Img_20171119_122606

  扇尾保育園の園児による子供太鼓、太鼓を一生懸命打つ姿が可愛い。

Img_20171119_130106

 

 扇尾子供会全員による「タキオのソーラン節」

久し振りに,扇尾地区のお田植え踊り虚無僧踊」を観賞したかったが,既に終わっていた。

 初めて訪れる会場のすぐ隣にある「深固院跡」に足を運んでみた。

Img_20171119_131430

Img_20171119_131514

 石屋和尚の墓、「石屋大禪師」の文字が読み取れる。

Img_20171119_131500

 隣には,普郷京順和尚の墓がある。

Img_20171119_131616

 手前には数基の墓石もある。

 少し下った所には,廃仏毀釈で傷付いた像が幾つもある。

Img_20171119_131846_3

Img_20171119_131858

 仁王像だったのだろうか?

Img_20171119_131834

Img_20171119_131922

Img_20171119_132023

Img_20171119_131813

   

                    

 本当に

   痛々しい・・・

 こちらは何とか

   原形を残しているようだ。

Img_20171119_131957

 再び会場に戻り,大抽選会。商品は地元で穫れた農産物のようだ。

 奥方も殿も,が当たれば良いなと話していたが,二人共仲良く大根の2本括りが当たる。

 殿は4本の大根を抱えて,坂道を駐車場まで歩くことになってしまった。

 駐車場で「深固だんご」を食べてお茶を飲むことに。想像しただんごとは大分違い,食感が良く美味しかった純粋の餅を小さく丸めて焼き,醤油を付け再度軽く焼いてあるようだ。

 来年も参加して,土産の分まで「深固だんご」を買い、久し振りに「虚無僧踊」も見てみたいものだ。

 お茶の後、指宿に向けて出発。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2017年10月28日 (土)

古民家で昼ご飯

今日は,久し振りに義母宅に出かけることにした。

ディーラーで6ヶ月点検を済ませてから,指宿へ向かう。

到着は昼時になりそうなので,途中で昼食を済ませてから行くことにした。

ファミレスも味気ないので,奥方様にスマホで古民家風食事処を検索して頂いた。

指宿市の岩本辺りにあるようだと・・・・・。

某ブログに詳しく案内してあるというので,辿り着けそうだ。

しかし,チョット行き過ぎたようだ。Uターンしてスピードを落とし入口の看板を探しながら走る。

「あった、あった。そこを右折。」の指示に従って細い路地に入ると,駐車場の案内が・・・・。

駐車場から1分程歩くと「梅里」の案内板が見えて来た。

Img_20171028_125451

門柱の真ん中に暖簾が下がっている。

中に入ると既に先客が2組。ガラス戸側の明るい場所に陣取っている。

中央部はやや暗いので反対側のガラス戸近くのテーブルへ。

食事のメニューは「篤姫御膳」一つだけ。今和泉は篤姫ゆかりの地,誰もが食べたくなるような命名だ。カフェの部は多くのメニューがあるようだ。

早速「篤姫御膳」を注文、ご飯は注文を受けてから人数分だけ土鍋で炊いているそうだ。

Img_20171028_122331_2

 20分余りで炊きあがった土鍋が運ばれてきた。

まだ蒸らしの時間なので,蓋は開けないようにとのこと。

 以前は,車旅の時に二重蓋の土鍋(土釜)を使って,

 カセットコンロで飯を炊いていた事が懐かしく思い出された。

Img_20171028_122323

注文から30分余り、籠に載った料理が運ばれた来た。

Img_20171028_122400

Img_20171028_122343

野菜サラダの量も多くソバ稲荷・天ぷら・カツたたき・煮物・きんぴら、それに味噌汁の味も良い。殿は赤味噌より白味噌が好きなのだが・・・。

ご飯も軽く2杯程ずつあり,年寄りには丁度良い。

ただ、籠が小さくて食べにくかった。もう一回り大きい籠に入れたら,豪華に見えて食べやすいと思うのだが・・・・。

Img_20171028_125412

築100年の古民家らしい。元々は武家屋敷だったのだろう。

Img_20171028_125701

腹を満たし満足したところで,指宿へ向かうことに。

駐車場は車が大分増えていた。

義父の眠る納骨堂にお詣りしてから,義母宅へ向かった。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年1月22日 (日)

猪料理に舌鼓

先日,人生の後輩K.Mさんから,冷凍の猪肉を頂いた。

大好きな猪肉、早速冷蔵保存し,翌日切り分けて,妻に料理して貰った。

Img_20170120_125837

昼、圧力鍋で調理した「猪の角煮

皮の部分は少し硬いが,肉の部分は意外に軟らかく,美味しく出来上がっていた。

1484799193329

夕食時には「牡丹鍋」にして食べた。

皮の部分は除き,肉は薄切りにしたが,角煮に比べたら硬い。噛めば噛むほど味が出て来て美味しかったが,やや顎が疲れた。coldsweats01

1484841495554

翌日の昼は,だし汁にちゃんぽん麺を入れて「猪ちゃんぽん

これも,猪のだしが効いて美味しく頂いた。

三品とも,美味しく頂くことができた。猪の臭みは全くと言って良いほどなかった。

猟師さんの処理の仕方が良かったのだろう。

K.Mさん,ありがとうございました。又・・・・・。coldsweats01

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年12月 7日 (水)

イルミネーション

一昨日は指宿に用事があり,朝早く出掛けた。
 夕方から,山川の「フラワーパークかごしま」まで足を伸ばしてきた。
 今年は,「光の花につつまれて」をメインテーマに,約30万球の電飾で植物園が幻想的でほのぼのとした光の花々で包まれるとのこと。
 午後7時30分駐車場に到着。
 今年の点灯は3日から始まったばかりで,今日は平日なので来園者も少ないようだ。車も入口周辺に数十台駐まっているだけである。

Img_20161205_202700

入口を入ると,WELCOMのアーチが出迎えてくれた。

Img_20161205_195517

Img_20161205_200119

Img_20161205_200142

Img_20161205_200340

Img_20161205_200729

Img_20161205_201236

Img_20161205_201334

Img_20161205_201606

Img_20161205_202135

園内は,若いカップルや小さい子供連れの若夫婦が殆どで,同世代は・・・・・。


YouTube: フラワーパークかごしま イルミネーション1

Img_20161205_202335

フラワーホール(?)には,綺麗なポインセチア・シクラメンの鉢植えが展示してあった。
 今までに,イルミネーションの観賞には数回来ているが,今年は球の数が大分多いように感じる。
 また,イルミネーションも進化しているようだ。今までに無かった珍しいものもある。
 午後9時前には園を出て,ヘルシーランド玉手箱温泉に向かう。
 営業時間は午後10時までと思っていたが,9時までだった。
 仕方なし,今日の温泉は諦めて,道の駅「山川港活お海道」まで走り、車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年12月 2日 (金)

出窓の屋根塗装

 今日は午前中,歯科散髪に行って来た。
 午後から,ベランダの2回目の塗装で気付いた,出窓の屋根の塗装が可能か否か確かめてみた。
 ベランダから見ると出窓の屋根は高く見えるが,下から見るとそうでもない。
 メジャーで屋根までの高さを計り、脚立の高さと比較してみた。おお~何とかなりそうだ。

Dscf2330

Dscf2334

塗装前の屋根の様子。右はズーム写真。
 焼けて(?)白っぽい筋ができている。屋根の先端は少しサビている。

Dscf2340

Dscf2342

 足場が狭く,脚立を一杯広げる事ができないので,止め金を紐でくくり安定させた。
 まず,湿った雑巾で表面が綺麗になるまで数回拭く。
 屋根が斜めになっているので、塗料のを置く場所がない。左手に塗料缶・右手に刷毛という訳にはいかないようだ。脚立の上は不安定なので,3点でしっかりと体を保持しなければ危ないし・・・。
 そこで考えたのが,塗料缶はベランダから紐で吊す,空中作戦だ。

Dscf2348

Dscf2354

マスキングテープを貼った後,塗装開始。空中の缶は動きやすいので要領がいる。
 右半分の塗装が終了。左側に移りたいが脚立移動させなければならないし,空中缶も左側の窓から吊し替えなければならない。
 う~ん面倒だ。乾ききってはいないが,2回塗り・3回塗りをやってから,左側に移動し同様に3回塗りまで済ませた。
 塗装が終わった屋根,まだ乾ききっていないが,マスキングテープを外して出来上がり。
 2時間の作業後,風呂に入ったら「むかすね(向こうずね)」がひりひりする。
 脚立を挟み込むようにして作業をしていたため,皮膚がこすれたようだ。coldsweats01
 何はともあれ,無事塗装が完了し,めでたしめでたし!。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年12月 1日 (木)

ベランダの塗装

やっとこさ購入した小さな我が家も,築25年になる。
2階ベランダのカラートタン部が少し傷んできた。残りの塗料があったので,数年前傷んだ部分だけを塗装した。
 その缶の底にまだ少しだけ残っていた塗料を,10日程前,傷んだ部分にだけ塗ってみた。
 写真を取り損ねたが,斑模様で見かけが良くなかった。
 一昨日は天気が良かったので,先日ホームセンターKに行った時ついでに買ってきた塗料を使って塗装をする事にした。
 まず南側のベランダからだ。雑巾でトタンを綺麗に拭き,周囲にマスキングテープを貼り付けた。
 塗料は,使用後の刷毛洗いのことを考えると,どうしても水性になってしまう。

Dscf2302

Dscf2308

Dscf2306

 1回目の塗装が完了。

 外側は小さな脚立に乗って塗らなければならず,チョッピリ不安定

 フェンス下の外側は見えないのでで塗るしかない。

 また,狭いところから腕を出すという無理な姿勢なので余計疲れた。

 昼食を挟んで午後からは東側ベランダの塗装に取り掛かった。

 こちらの塗装も2時間近く掛かってしまった。

 昨日は2回目塗装を,2ヶ所とも午前中で終わらせた。が痛くも凝ってきた。やはり歳のようだ。 happy01

Dscf2320

Dscf2314

Dscf2316

 塗装後

   1時間で

    マスキングテープ

           剥がす。
 出来映え

       も

     まずまず

Dscf2322

Dscf2324

 塗装後の南側ベランダと東側ベランダのフェンス下のカラートタン部。
 懸案事項が一つ片付きホッとした。
 暫くは心配なさそうだ。
 2回目の塗装で,出窓の屋根のカラートタンも塗装が必要な事に気付いた。
 長い梯子があれば何とかなりそうだが・・・・。高所での作業はプロに任せた方が良いかな・・・。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年11月29日 (火)

ダイニング炬燵擬き

 朝晩の気温が少しずつ低くなってきた。我が家でも大小の足温器を使い始めた。
 義母も大きな手術をした後、先頃からダイニング炬燵を使うようになった。
 使い勝手も良さそうだ。

 実は,20年近く前単身赴任していた時,既に同じような脚長炬燵を作って使っていた。
 妻が足温器だけでは寒いと言うので,40年以上前から使っている炬燵に足を継ぎ足して,ダイニング炬燵擬きを作ってみることにした。
 単身赴任の時使っていた4本の脚がどこかにあるはずだが・・・・、見当たらない。何かを作る時流用したような気もするが・・・。
 仕方ないのでホームセンターKまで走り,材料を購入してきた。

Dscf2274

Dscf2276

 内径30mmの水道パイプ2mと,これに合うキャップ4個。
 炬燵の脚をパイプにはめ込み,テーブルの高さに合わせてカット。同じ物を4本作りキャップをはめ込む。

Dscf2283

 パイプを継ぎ足した脚を,元の炬燵にはめ込む。これで出来上がり
 至って簡単coldsweats01

Dscf2285

 その炬燵を,テーブルの下に入れ込む。
 実はこのテーブル,廃品となった長机を利用して作り替えたものだ。
 3人の子供が結婚し,全員が一同に集まる機会が多くなり,以前のテーブルでは座りきれなくなってきた。
 家具店やホームセンターに行って探してみても,大人8人で使えるテーブルは見つからなかった。
 このテーブル,天板の下にが付いていた。外そうかとも思ったが,何かと便利だと思い残しておいた。その分、高さが標準のテーブルよりやや高い
 また,強さの事を考え4本の脚を繋ぐ「ぬき」も残してある。
 やや高くて邪魔なぬきのある,少々使いにくいテーブルだが,要所要所には大きめのL金具も付けてあるので,頑丈さは市販品に負けない。

Dscf2289

 使わなくなった毛布と,子供や孫が小さい時に使っていた小さな毛布を掛け,炬燵板を乗せれば,ダイニング炬燵擬きの出来上がり。

Dscf2293

 イス下からの

  熱気漏れ

   少しでも押さえるために,

 イスの前面に

    膝掛けや小さな毛布を

    当てるようにした。

Dscf2299

 炬燵の中には熱源2つ。上からは赤外線ヒータ、下からは電熱線のヒータ{品名は足温こたつ万能式)と記してある}で加温できる。
 電熱線のヒータ,これも廃棄の運命にあった所を私に拾われた品で、それから40年近く使っている。
 いずれも今までに,コードは取り替え,温度ヒューズも何回か交換してきた。
 早速使ってみる。おお~Good
 「もったいない」の精神でこれからもまだまだ使っていこう。
 千円足らずでできたこのダイニング炬燵擬き,妻も喜んでくれた。

 殆ど使っていない古い炬燵布団を持ち出してきて,「これを使ったらどうかな?。」と言う。
 脚が長い分、寸足らずになりそうだが,工夫してみようかな?。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年8月10日 (水)

恒例の岳南会

 もう1週間程前のことになるが,毎年恒例になっているかつての職場のOB家族会が,霧島で行われた。  

15:30 「霧島ホテル」のロビーに集合との連絡だったので,14:00少し前に自宅を出発した。

 かねて高速を利用する時は,通行料金節約(320円)のため,「南九州西回り自動車道」の「鹿児島西IC」から入るが,出発時間が少し遅れたので「指宿スカイライン」の「山田IC」から入った。

  ホテルには15:00少し過ぎに到着した。意外と早く着いた。

 幹事のJ.Hさんの部屋割りに従って部屋に入り,お茶を飲んだ後,ホテル自慢庭園大浴場でまず温泉を堪能する。

 連続して3年このホテルを利用している理由のひとつは,この温泉の素晴らしさもあると思う。

http://www.kirishima-hotel.jp/

 宴会は18:30から始まった。

Dscf0925

Dscf0923

 今回の参加者は大人11名、子供3名、計14名だった。他の予定と重なったりした方もあり若干少なめだった。

Dscf0933

Dscf0935

Dscf0937

Dscf0929

Dscf0927

 開宴後暫く,料理に舌鼓を打ちながら話も盛り上がっていく。
 恒例の近況報告も家族ごとに行われた。

 趣味健康・病気に関する話題が多かったような気がする。
 この岳南会も28回を数える息の長い会になってきたので,現職者は一人になってしまった。話題が健康・病気に関するものが多いのは仕方ないことだ。
 今年もK.Hさんの3人のお孫さんから元気をもらい、みんな少しずつ若返った。happy01

Dscf0939

 K.Hさんは退職後、竹細工を趣味にしておられる。今回も各家庭に作品を頂いた。どの作品が当たるかは,お孫さん達が持って来てくれた「くじ」で決まった。
 毎年、楽しみを与えてくださるK.Hさんに感謝して大切に使わせて頂きます。

Dscf0940_2

 最後に,みんなで記念撮影
 宴会終了後、男性群は一室に集まって二次会女性群は19:30~20:00まで女性専用になる庭園大浴場に向かわれたようだ。

Dscf0945

翌朝9:00ロビーに集合,今度は正装(?)で記念写真を撮った後、来年の再会を約束して解散。
 来年も全員元気で参加できることを願いたい。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2016年8月 1日 (月)

しそジュース作り

 先日,郷里の畑作業に帰った時,赤じそを刈り取ってきた。
 数年前から妻が,しそジュースを作り始めたからだ。
 毎年,青じそと赤じそ数本ずつを,開花結実まで残しておくと,落ち種で翌年も多くの芽が出てくる。
 青じそは,帰るたびに摘み取って来ている。刺身の褄は勿論,朝食の野菜ジュースに入れたり,細く刻んで野菜サラダにトッピングしたりと,大変重宝している。
 今回は赤じその約半分程を刈り取って来た。

Dscf0903

Dscf0900

茎から葉を摘み取り,綺麗に水洗い。

Dscf0915

Dscf0898

鍋で暫く煮込む。    少し冷ましてから布でこし取る。

Dscf0905

Dscf0912

こした煮汁に砂糖クエン酸(加えなくても良いが,妻の好み)を加え加熱して出来上がり。
 少し薄めて氷を浮かべ試飲,爽やかな良い味がする。

 そのまま薄めて飲む以外にも,色々な楽しみ方があるようだ。

 同じことを更に2回繰り返し,たっぷりのしそジュースが出来上がった。

Dscf0907_2

 Dscf09192

  丁度,近くに住む孫がやって来たので,大きめの容器に詰めてお持ち帰り。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村