フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

車旅(京都・奈良) Feed

2011年11月16日 (水)

京都・奈良車旅回顧録(12)平群~豊中~自動車道~自宅

12月5日(日)  道の駅「大和路へぐり」を9:30 出発
 3日間大変お世話になりました。次,奈良に来ることがあったら,またお世話になります。
 37~8年振りに若い友に会う約束をしたので,豊中市に向かった。ナビで検索して出てくる店でないと行けない。「かご屋」という店で会うことになった。
 少し早めに到着したので,車外で軽い運動をしていると,向こうから少し若い女性が二人歩いてきた。約束の二人だ。私達より早く来て店の中にいたという。
 37~8年振の握手,妻とはハグ。本当に懐かしい。
 店内に入り,昼食をとりながら,昔話に花が咲く。話している内に顔も昔の顔になっていく。不思議なものだ。あっと言う間に3時間が過ぎてしまった。
Dscf64872 Dscf64882

 再会を誓ってパチリ。お土産ありがとうございました。

 豊中の府営住宅にある,温泉「太陽」に入る。いい温泉だった。駐車場整理をしている方と話をしたら,ここも近いうちに廃業するということだった。お客さんも多かったのに・・・・。日曜日の昼間だったからかな~。

 いよいよ鹿児島へ帰らなければならない。何だか淋しくなる
 中国池田ICから中国自動車道に乗り,山陽自動車道の白鳥PAまで走り車中泊。

12月6日(月) 4:30 起床
 

 朝食を済ませ,6:40出発

 山陽自動車道,吉備SAで休憩,給油

 山陽自動車道,宮島SAで休憩・昼食(カキ味噌ラーメン,妻はカキ炊き込みを食べた。)

 九州自動車道,古賀SAで休憩,給油

 九州自動車道,玉名PAで夕食(しょうが焼き定食),車中泊

12月7日(火) 3:30 起床

 朝食を済ませ,6:00出発

 九州自動車道,宮原SAで休憩

 10:00 自宅着 14泊15日の京都・奈良の車旅,パトカー事件はあったが,無事終えることができた。

2011年11月15日 (火)

京都・奈良車旅回顧録(11)平群~大東市~平群

12月4日(土)  道の駅「大和路へぐり」を9:30 出発
 途中で野菜・花を買い,大東市に向かった。嫁のご両親から是非寄ってくれという電話があったからだ。ナビに住所を入力し検索させた。5コースの中から一番短い距離の一般道を選択して出発した。

 途中から道幅が狭くなってきた。しばらく走ればまた,広い道に出るだろうと思い,そのまま走り続けた。しかし,道幅ますます狭なっていく。離合もできない道,急な上り坂下り坂,簡易コンクリート舗装に15~6cm程の卵形の石が碁石のように埋め込まれた道路,この道路,県道?市道?町道?。本当に大変な道路だった。

 後から地図で調べてみると,生駒山の山麓越えをする道路だったようだ。
 

 帰鹿してから気付いたが,右前輪の泥除けが切れて垂れ下がった状態になっていた。恐らく,あの卵形の碁石道で切れたのだろう。でものためにあんな大きな石を埋めてあるのだろう。冬場の積雪に供えての滑り止なのかな?。
 

 やっと,嫁の自宅に到着。嫁の父方のお祖母様も,先頃亡くなられていたので,花をお供えしお参りさせて頂いた。
 お茶を頂いた後,「昼食は是非,大阪のお好み焼にしたい。」と私達が希望したら,美味しい店に連れて行ってくださった。

Dscf6484  

 大きなお好み焼きを美味しく頂いた。お腹は空いていた筈だが,この3個を4人で食べて腹一杯になった。更に帰り道,私の長男が良く買いに行くという「タコ焼き店」でタコ焼のお土産を頂いた。
 自宅である道の駅「大和路へぐり」への帰宅は,高速を使って帰った。「・・・・今来たこの道帰りゃんせ~帰りゃんせ~」と言われても,とてもじゃない。もうこりごりだ。 bearing

 3泊目の道の駅「大和路へぐり」,最後の夜もぐっすり眠ることができた。

2011年11月14日 (月)

京都・奈良車旅回顧録(10)平群~法隆寺~平群

12月3日(金)  道の駅「大和路へぐり」を8:00 出発
 法隆寺へ向かった。ナビの案内通り進んで行くと細い道に入り込んだ。法隆寺の外塀に沿って行く。途中から大きな通りに出ようとして左折したら,個人の駐車場(庭)があったのでそこに駐車させてもらった。

Dscf64512 Dscf64542

 そこから歩いて行った所にあった門,これが南大門だったのかな?
 中に入ると両側に土塀が続き,いくつかの寺院があった。土塀も大分風化している所もある。維持管理も大変だろうな~。

Dscf64612 Dscf6458

Dscf6460

 国宝の中門と両側の金剛力士像

Dscf64642 Dscf64682

 国宝の五重塔,わが国最古の塔で高さは34mあるそうだ。
 国宝の金堂世界最古の木造建築で,飛鳥様式を持ち,堂内には13の仏像が祀られているそうだ。

Dscf6469 Dscf6474

 金堂の軒下にあるのは,?(長崎の蛇踊りの蛇に似ている。)
 子規の有名な「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句碑

Dscf64782 Dscf6479

 国宝の夢殿,頂上に宝珠露盤を載せた八角円堂で,太子崩御の地に立っているそうだ。

Dscf64752 Dscf64822

 院内に会った数少ない紅葉,真っ赤に色づいていた。
 これは東大門だったかな?記憶も薄れてしまう。みんながそうであるように,まだまだ若いつもりでいるのだが・・・・。も確実に・・・・・。

 法隆寺を後にして,イオン生駒南店の駐車場で車中昼食後,土産物を買う。
 温泉「音の花温泉」にのんびり浸かり,疲れを癒した。一人700円はちょっと高かったが仕方なし。 bearing
 今夜も自宅は,静かな道の駅「大和路へぐり」にすることにし,帰宅を急いだ。

2011年11月13日 (日)

京都・奈良車旅回顧録(9)針T・R・S~奈良~平群

12月2日(木)  遅い朝食を済ませ,11:00  道の駅「針・T・R・S」を出発。
 まず近くの眼鏡店に向かった。今朝起きた時,眼鏡のネジが抜けてなくなっていることに気付いたからだ。ナビで近くの眼鏡・時計店を検索し,できるだけ近くの店に向かった。小さな町の眼鏡店にたどり着いた。早速修理をしていただいた。「おいくらですか」と尋ねると「いやお金はいりません」とおっしゃり受け取ってもらえなかった。丁寧にお礼を述べお言葉に甘えさせてもらった。
 近くにある鳥見山公園に行って昼食をとることにした。細く急な道を登りやっと公園に到着。公園といってもちょっとした広場と休憩所があるだけで,誰もいなかった。しばらくすると1台の車が登ってきたが,すぐ下りて行った。

Dscf64502 買っていた生のブロッコリーがあったので,車内で湯がいた。

 丁度よいテーブルがあったのでそこで昼食をとった。自家製のおにぎりとブロッコリー・買った惣菜(唐揚げ,ポテトサラダ)と粗食であるが,車外の空気の綺麗なで食べると美味しさも格別だ。

 奈良には,長男の嫁のお母さんの実家があるので,立ち寄ってみようということになった。嫁に電話をして住所を聞き出し,ナビで調べると番地までしっかり表示されたので決定。

 嫁の結婚式の時は,鹿児島まで来てくださった。その際お祖父様是非奈良にも遊びに来て下さいと,住所を紙に書いて下さった。

 そのお祖父様は数年前に亡くなられた。そのお参り兼ねてお伺いした。お参りを済ませ,お茶を頂きながら生前のお話をいろいろお聞きした。生きておられる間にお会いできたら良かったのですが,人生思うようにはいきませんね。

 お気遣いをされないよう連絡なしでお伺いしたつもりでしたが,嫁から親へそしてお祖母様へ連絡が行き,手土産まで頂いてしまった。

 お祖母様に別れを告げ,道の駅「大和路へぐり」に向かった。この道の駅には気付いていなかった。前には田園風景が広がり,静かでいい所だった。最初に気付いていたら,昨夜もここにしていただろう。
 道の駅「大和路へぐり」に到着。夕食を作り美味しく頂き就寝。

2011年11月12日 (土)

京都・奈良車旅回顧録(8)平城京跡~興福寺~春日大社~東大寺

12月1日(水)  早起きし,朝食を済ませ,7:10  奈良に向けて出発。

 まず,平城宮跡を目指して走る。
 平城遷都1300年祭が11月7日で終わり,観光客も少なく駐車場も何ヶ所かあり無料であった。
Dscf64092 Dscf64132

 これ朱雀門だったかな?      復元した遣唐使の船(?)

Dscf64192 Dscf6417

 平城遷都1300年を記念して復元された「第一次大極殿正殿」 

 復元された天皇の玉座

Dscf64182 金色の鴟尾,「第一次大極殿正殿」の屋根に乗っている鴟尾と同じ大きさだそうだ。

 遺構展示館資料館も見学した。

 平城宮敷地内を近鉄奈良線が東西に走っている。遺構が発掘される前に敷設されたのだろう。今後これをどうするか検討がなされているようだ。


 昼食の時刻になったので,駐車場で車昼食をさせてもらった。

 一休みしてから,世界遺産の「興福寺」に向かった。

Dscf64272_2 Dscf6423_2

 国宝の「東金堂」妻だけが金堂内を拝観してきた。私は・・・・・。

  国宝の「五重塔」,創建以来度重なる火災にも,天平様式を踏まえて再建されてきたそうだ。

 運動も兼ねて,世界遺産「春日大社」まで歩いた。

Dscf64282_2 Dscf64302_2

 境内は広く大分歩いて,やっと朱塗りの美しい社殿が現れた。

 

 奈良公園を通り,これまた世界遺産の「東大寺」まで行った。途中多くのシカがいた。シカ煎餅を持っている人の所へ寄って行く。シカは可愛いがはいただけない。生きている動物だから・・・・。しっかり下を向いて歩かないと大変なことになるぞ。

Dscf64322 Dscf64342

 東大寺に到着   鏡池に映えるミニお社厳島のミニ版なの?)

Dscf64402 Dscf6445

 国宝の「大仏殿」ここにも金色の鴟尾が輝いていた。平城宮跡の「第一次大極殿正殿」の鴟尾と形は同みたいだが,大きさはどうなのだろう。
 大仏(盧舎那仏),やはり大きいですね。開眼後,修復を繰り返しているそうだが,台座蓮弁のみは創建当初の姿をとどめているそうだ。

Dscf6446 Dscf6447

Dscf6449

 大仏様の周囲にあった仁王像(?)・仏像

 奈良市内・郊外には車中泊ができる場所を,事前にも見つけることができなかった。
 一番近いのは,高速道路のSAを兼ねている(?),道の駅「針T・R・S」まで走ることにした。日が暮れていた上に,入り口が複雑だったが,何とか無事駐車場たどり着いた。
 大型トラックが多く騒音も大きかったが,疲れていたせいかそれも気にならずぐっすり眠れた。 

 

2011年11月11日 (金)

京都・奈良車旅回顧録(7)宝ヶ池~市内~将軍塚

11月30日(火)  朝食を済ませ,9:00  宝ヶ池公園を出発
 近くのスーパーに寄り,食材を購入し冷蔵庫に詰め込む。
 妻の,中学時代の同級生Oさん(男性)が,市内で中華料理店を経営しているというので,45年振りに再会し,そこで昼食にラーメンを食べることにしていた。(昨晩)
 同じ同級生のMさん(女性)とも連絡を取り,そこで一緒にラーメンを食べることにしていた。
ところが運悪く,丁度定休日だったが,連絡が取れて再会は実現できた。残念ながらラーメンは又の機会に延期。

Dscf64052 Dscf64062

 記念にパチリ,Oさんは忙しいというので,Mさんと3人で近くのホテルの10階で,食事をしながら久し振りの会話がはずんだ。

 Mさんと別れた後,妻の叔父・叔母さん宅を尋ねて行ったが,残念ながら留守で会えなかった。妻が近所の方と話をしていたので,その方が叔母に話を伝えてくださり,後日義母の所にお礼の電話があったそうだ。

 今日はちょっとツキの悪い1日だったようだ。

 先日お世話になった「やしろ湯」で疲れを癒し,今夜はまた,第一の自宅「将軍塚公園」に帰ることにした。お世話になりま~す。

2011年11月10日 (木)

京都・奈良車旅回顧録(6)宝ヶ池~金閣寺~大原~宝ヶ池

11月29日(月) 6:30起床 朝食後,金閣寺に向かった。
  世界に名を知られる金閣寺。室町3代将軍足利義満が住んだのか。どんな気分だっただろうか。

Dscf6363 Dscf6367

Dscf6368 Dscf6369

 どこから見ても輝いて神々しい感じがする。もったいない贅沢過ぎると思うのは私だけだろうか。庭園とのバランスも上手く作ってあるのでしょうね。

Dscf63552 Dscf6370

 湖面に映る写真を撮りたかったが天気と風が邪魔している。観光誌には,シンメトリーの舎利殿がよく出ている。残念でした。
松林の中の紅葉がいい感じだった。

 金閣寺を後にして,妻の高校時代の同級生で,日本画家の方が近くにいるというので,妻はちょっとだけ会ってきた。以前鹿児島で個展を開かれた時は,私も鑑賞させてもらった。

 ここらで京都の街を少し離れ,大原に向かうことにした。
 まず,寂光院へ 。入り口の駐車場は満車だった。係の方が,この上にもあるから先に進むよう指示された。その駐車場は民家の庭だった。誰もいない。駐車料金は帰る時入り口の駐車場で払うのだろうと思い,駐車し案内標識に従って歩いて行った。ところがあちこちに民家の駐車場があった。大分上まで車で来られたんだ。

Dscf63712 Dscf63742

 寂光院へ到着 。大原女になったつもり。ここも入り口までにした。
 帰りに,道路脇の土産物屋さんで,土産の漬け物を買った。試食もし,お茶も頂いた。喉も渇いていたので美味しかった。

Dscf6375 下る途中,民家の垣根のナンテン。綺麗な実が一杯着いていた。鳥も食べきれないようだ。
 駐車場に帰ると,下の方から,ご高齢の女性が買い物(?)袋を下げて帰っていらした。そして「お金は払われましたか 」とおっしゃる。入り口の方で支払うのではないことが分かった。民家の方が,小遣い稼にやっておられるようだ。
 昼食の時間になっていたので,ここで車中昼食をさせていただいた。

 昼食後,三千院に向かった。歩いて行ける距離なのか,向こう側の道を歩いている人が何人かいた。私達も車はそこ置き,細い道を通りそちらへ向かった。
 途中でお茶のいい香りがしてきた。お茶の露店販売所からだった。以前は土産物屋だった跡が何軒かあった。2~30年前は観光客も多かったのだろうに・・・。時代の移り変わりが感じられた。

Dscf63802 Dscf63812

 三千院に到着。ここでは拝観料をお支払い申し上げた。
 カメラのシャッターを押してあげたら,お返をいただいた。

Dscf63852 Dscf63882

Dscf6384

    院内に腰を下ろし,庭園を眺める。掃除がなされず「自然のまま」が風情があっていい。

Dscf6391 Dscf6399

 紅葉のじゅうたんもあせていた。    小さな可愛いお地蔵さんがあちこちに置かれていた。

 三千院を後に,京都で2軒目の我が家「宝ヶ池公園」帰り,夕食の準備・夕食・後始末・洗面でお休みなさい。

2011年11月 9日 (水)

京都・奈良車旅回顧録(5)将軍塚~宝ヶ池

11月28日(日) 6:30起床 洗面朝食を済ませ,朝食の準備をする。
 実は今回の車旅から,食費節約のため,無洗米陶器製の釜を持ち歩いて自炊を始めた。
最初,飯は2食分ずつ炊いていたが,昼に炊かなければならないことがでてくる。そこで朝はパンとコーヒーに野菜サラダ,飯は夕方炊き,次の日の昼食用におにぎりを作ってラップで包んでおくようにした。冷蔵庫に入れても良いが,この季節なら車内の涼しい場所に置いておけば十分保存できた。

Dscf6337 Dscf63392

 今日の朝食メニュー,飯にシラス・味噌汁(少し高級な)・野菜サラダ(レタス,トマト,キウリ)・納豆,ゆで卵の酢醤油漬け。(今朝は入っていない)

 朝食と後始末を済ませ,大分遅めの10:30 自宅()を出発。
スーパーフレスコ(?)で食材を購入後,宝ヶ池公園に向かう。
 ここも車中泊ができるとのことだったので確認も兼ねて。駐車場は満車状態,しばらく入り口で待った。駐車後,トイレ・水道・門扉の施錠の有無を確認,駐車場に少し勾配がある(これも分かっていた)が,敷き板も持っているし大丈夫だ。
 早速,池の周りを散策。

Dscf63412  珍しいモニュメントがあった。奇妙な感じがする。「エスタンヒーダ」ホルヘ・テ・ラ・ベーニャ作と記してある。

 京都・グアダラハラ姉妹都市提携10周年記念 で,グアダラハラ市から寄贈されたもののようだ。

 1990.10 とあるから丁度20年前のことだ。

 一巡りしてくると,舞妓さんらしき女性が二人,何人かの人に付き添われてやってきた。今度は本物なのかな。?衣装は白っぽく派手さはないが,上品な感じであった。先日の変身スタジオで変身された方とは異なった。ごめんなさい。 think
 観光客が寄って行き,カメラのシャッターを切っている。私もそれに紛れ込んで数枚パチリ。しばらくするとややごつい着物姿の男性が来て,写真撮影はやめるようにきつく言われた。専門のカメラマンがいたので,ポスターか雑誌の表紙撮影でもしに来たのだろうか。?でも数枚は撮っちゃったもんね。  happy01

Dscf63432 Dscf63472

 化粧直しをするお二人さん,さすがプロという感じがしますね。

 そろそろ銭湯に行こう。ナビで検索し,今日は「衣笠温泉」で汗を流した。

 再び自宅(宝ヶ丘公園)に帰る。入り口に近い角が空いていたのでそこに駐車した。左の前後車輪に敷き板を敷いたらほぼ水平になった。
 夕食の準備をして,いただきま~す。

Dscf63512 今夜は(牛には手が出ないので)のしゃぶしゃぶだった。京都で鹿児島県産の黒豚を食べようとは思ってもいなかった。郷里の黒豚は美味しかった~。ごちそうさま。
この時点ではまだ上の吊り棚が付いていないので,ラジオ付き懐中電灯を照明に使っていた。格好悪いですね~

 

 今夜は,京都で2軒目の我が家で休みました。




2011年11月 7日 (月)

京都・奈良車旅回顧録(4)嵐山・高雄パークウェイ~神護寺

11月27日(土) 6:00起床 洗面朝食を済ませ,8:30 出発
 まず,嵐山へ向かった。駐車場が,一般車は満車で駐車できない。周辺の民間駐車場も満車。良く考えてみると,今日は土曜日だ。早めに来るべきだった。
 嵐山は止めにし,渡月橋だけを渡り,高雄へ向かう。
 途中の道が狭く,大型バス同士の離合にガイドが下りて誘導しているがなかなか上手くいかず,渋滞していた。
 途中から嵐山高雄パークウェイに入る。しばらく走ると展望所みたいな所があった。そこから高雄山神護寺に歩いて行く道があったので下って行った。下の駐車場に到着。
Dscf62682 Dscf62892

  途中の紅葉                         紅葉の徽章を付けていることも知らずにハッハッハ

Dscf62872

 一旦下の一般道路に出てから,階段を登るんだ。嵐山高雄パークウェイに入らなければここに来るのか。

Dscf62752_2 Dscf62792

 何段もの階段を登る。             何段あったのだろう大分疲れたぞ。

 神護寺も紅葉の名所らしいが,拝観料が2人で1,000円,やっぱりやめた。紅葉をパチパチ撮りながら階段を下りて行った。

Dscf6285 Dscf6290

Dscf6292 Dscf6291

                     紅葉のじゅうたん良いですね。

 やっと駐車場に到着。大分疲れた,ここで昼食にしてしばらく休憩。
 再びパークウェイを先に進んで行った。

Dscf62992 Dscf6309

Dscf63032Dscf6310

 菖蒲谷池遊園地PAでも綺麗な紅葉を見ることができた。 池には釣り客の姿も見られた。

Dscf63162

 パークウェイを更に先に進んで行った所に,またあったあった,幸せの鐘

Dscf63182 Dscf6323

 更に走り,愛宕山展望台へ             途中の道路脇にあった紅葉

Dscf63272 Dscf6331

 小倉山展望台の紅葉,盛りを少し過ぎた位で丁度の見頃

Dscf63332 Dscf63342

      
 遺影用にと思って撮った写真。 どちらもダメだ。今までに撮り溜めた遺影用写真のベスト10にも入らない。年を追う毎に被写体はどんどん・・・・・。

 パークウェイを引き返し,高山寺に向かった。ネットで調べたら,ここの駐車場も車中泊ができる。「ただ時期によってはできないこともある。」と書いてあった。この時期は無理かなと思ったが,そう遠くないので行ってみた。やっぱりダメ。駐車場係が車の誘導をしていた。もちろん有料で。
 仕方なく,また自宅の将軍塚に帰った。

 

2011年11月 4日 (金)

京都・奈良車旅回顧録(3)将軍塚~寺田屋・銀閣寺等の見学~将軍塚

11月26日(金)     6:00起床 洗面朝食を済ませ,8:30 出発
まず,坂本龍馬らが襲われた寺田屋に行ってみることにした。

Dscf62302 Dscf62322

 当時の面影を残しているという「寺田屋」旅館,宿泊もできるそうだ。
 寺田屋とマイキャンピングカー擬き一緒に撮らせてもらった。

 寺田屋から銀閣寺に向かう途中,東本願寺と西本願寺の前を通った。私の家は東本願寺大谷派なので,東本願寺に寄ってみた。参拝者用の無料駐車場があり助かった。

Dscf6234_2 Dscf62402

  道路向かいからの東本願寺              境内にはハトが一杯

Dscf6245 Dscf62462

 最近はお寺にもユルキャラがいるのか        サービスも満点

 今年は,親鸞聖人750回法要の年とのこと。私達もお参りし,家内安全と旅の安全をお願いした。
 丁度昼食の時間だったので,持参したおにぎりとおかずで車中食をさせて頂いた。
 しばらく休憩した後,銀閣寺に向かった。

Dscf62622_4

 足利義政が造営を始めた山荘とのこと。質素な感じがする。

Dscf6249_2 Dscf62512_2

    銀沙灘(?)                  向月台(?) 良く分からん

 銀閣寺の紅葉も綺麗だった。

Dscf6255_2

Dscf6258_2

Dscf6265_2 Dscf6256_2

Dscf6257 Dscf62532

 銀閣寺を後にして,銭湯へ向かう。カーナビと地元の方に聞きながら「やしろ湯」で汗を流す。
 後は自宅(将軍塚)へ帰り,夕食の準備をして夕食だ。
 夕食の後片付けをして,洗面・トイレを済ませて就寝。