フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

車旅(大分・熊本) Feed

2012年4月 4日 (水)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(10)【水俣~伊佐~蒲生~自宅】

4月11日(土)    晴れ 

 8:30 道の駅「みなまた」を出発。国道3号線を少し逆戻りし,国道268号線経由で伊佐市の「忠元公園」に向かった。桜は殆ど散っているだろうとは思ったが,帰りの途中なので立ち寄ってみた。

Dscf7154

 予想通だった。一部にまだ様になっている所があった。夜桜見物用の提灯はまだ付けたままだった。大分広く桜の木も多いので,数年中に,ぜひここでの花見の機会を作りたいものだ。
Dscf7144 Dscf7145

Dscf7150

Dscf7152

 数本の八重桜は葉が出始めていたが,まだ満開の状態を保っていた。八重桜のふんわりした姿は,軟らかい赤ん坊の肌みたいだ。

 次も,花はとっくに散っているだろうが,十曽池公園の「エドヒガン桜」を見に行った。
駐車場から山中に15分位登った所に,その巨木はあった。

Dscf7158

Dscf7166

 少なくとも1回は,台風に倒されたようだ。それにもめげず,今まで生き抜いてきたたくましさが感じられる。

Dscf7155 Dscf71652

 「森の巨人たち100選 」になっている。
      推定樹齢 600年
      樹高 28m
      幹周 10.99m

                            
 山を下り,「曽木の滝公園」まで走り,そこで昼食。
 この公園には紅葉の時季に数回来たことがあるが,ダムはいつも満水の時季なので「発電所の遺構」を見ることができない。今の時期は梅雨に備えて,水位を低くしているから見えるはずだ。
 しばらく休憩してから,遺構が見えるであろう方向へ,途中何回か車を止め確認をしながら走った。

Dscf7170

 やっと,見える場所に到着。梅雨直前はもっと水位が下げられ,遺構の底の部分も見えるのだろう。

 広場でゲートボールをしている人たちが数名おられた。一人が車の所まで歩み寄って来て,「参加者が少なかったので,これをどうぞ。」とお菓子を1袋差し出された。一旦はお断りしたが,無下に断る訳にいかず,ありがたく頂くことにした。

 ダム湖沿いに更に下り「鶴田ダム」へ 。
Dscf7177

Dscf7181

 ここも桜の名所らしいが予想通り,葉桜になり始めていた。咲いた桜の花を見ることはできなかったが,素晴らしい「桜のじゅうたん」を見ることができた。
Dscf7182

 展望所から見た「鶴田ダム発電所

 鶴田~宮之城~蒲生と一般道を通り,「姶良IC」から自動車道へ。
蒲生の「くすくす館」で,イチゴを1箱(4パック)買ったと記録してある。子ども・孫への土産だったのかな。
夕方,8泊9日の「花見の車旅」を無事終え自宅に帰着。

2012年4月 3日 (火)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(9)【別府~八代~湯ノ児温泉~水俣】

4月10日(金)   晴れ 

Dscf71212

 朝食後,駐車場裏にある,満開の「ソメイヨシノ」の前で写真を撮り,8:00「山地獄」駐車場を出発。
 「別府IC」から大分自動車道,九州自動車道を経て「八代JCT」から「南九州西回り自動車道」へ入る。日奈久から一般道に入り,「湯ノ児温泉」へ。
 「湯ノ児温泉」は初めてだったので,しばらく周辺を散策する。にへばり付くように作られた大きな古い建物(温泉宿?)があったのは,ここじゃなかったかな~。
 一回りした後,もちろん安い温泉に入った。
 サッパリした後,「湯ノ児チェリーライン」を走る。海岸沿いの道路脇に大きな桜の木が,数キロに渡り植えられていた。

Dscf7139

Dscf7138

                      大きな木がいっぱいあり,壮観である。

Dscf7132

Dscf7134

                                       今が,丁度満開のようだ。

Dscf7137_2 Dscf7141

Dscf7142 Dscf7136

  「チェリーライン」と名付けられただけのことはある。

 この様な桜が道路沿いに続いていた。

 国道3号線に出て鹿児島方面へ少し走った所にある,道の駅「みなまた」を今夜の車中泊地にした。

2012年4月 1日 (日)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(8)【国見~別府】

4月9日(木)  晴れ (その3)

 昼食後,「大分農業文化公園」を後にして,「扇山」に向かった。

  「扇山」の桜は大したことはなかったように記憶している。写真データもないようだ。

 次は「安楽寺」の紅枝垂れ桜の見学だ。

Dscf7072

  素晴らしい紅枝垂れ桜だ。幹も大きく「どうだ,見てくれ」と咲き誇っているようだ。

Dscf7081 Dscf7080

        境内から見た枝垂れ桜,桜の滝みたいだ。

Dscf7083

 幹にはシダが寄生しており,風雪に耐えてきたたくましさを感じる。

 樹齢200年位だったかな?。

Dscf7091 Dscf7096

 境内の横奥にも,枝垂れや・ソメイヨシノ等があった。

 安楽寺からの帰りに,また鶴見岳高原公園に寄ってみた。わずか数日の間に桜がほぼ満開になっていた。

Dscf7112

 満開の桜をロープウェイ上から眺めるのも素晴らしいだろうなあ

Dscf7102

 桜の花の間からロープウェイを捉える。待っていた甲斐があった。

Dscf7115

 紅枝垂れ桜(?)満開になっていた。

 別府の我が家山地獄」の駐車場に帰る。夕食後,いつもの「渋の湯」温泉で疲れを癒し,我が家で車中泊。

2012年3月31日 (土)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(7)【国見~別府】

4月9日(木) 晴れ  (その2)

Dscf7050 Dscf70472

 これには「孔雀椿」のラベルが見える。こちらは「岩根絞」のラベルが。
Dscf7053 Dscf7049

 「霜降り椿」とでも名付けるか。 こちらは「うな垂れ椿」かな。

Dscf7051 Dscf7052

Dscf7054 Dscf7060

Dscf7057 Dscf7066

Dscf7062 Dscf7063

Dscf7069 Dscf7065

 色々な花形の椿が植えられていた。

Dscf7068

 これは珍しい形の花だ。交配種だろうが,この木,中心部を作るのに苦労しているのだろうか? happy01

Dscf7071

 散策の最後に,少し大きめの桜に出会った。
 駐車場に戻りここで昼食にした。

2012年3月28日 (水)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(6)【国見~別府】

4月9日(木) 晴れ (その1)
 8:00 道の駅「くにみ」を出発。宇佐別府道路経由で別府を目指す。「大分農業文化公園IC」辺りで,観光案内誌を見ながら「大分農業文化公」に行こうと言い出す。ICは通過している。仕方ないので次の「速見JCT」で下りて,一般道を「大分農業文化公園」まで引き返した。なんと優しい旦那様か。heart01

 大分広い公園だったが,案内標識が・・・・・。
Dscf7021_3 Dscf7026_3

 

 きれいな花を付けている。何という花かな?。 

 もまだ小さい木が多かった。

Dscf7023 Dscf7025

             ヤブ椿のようだけど,どうなんだろう。

Dscf7027 Dscf7028

Dscf7030

  道端に咲いていたタンポポの花。黄色は華やかな感じだが,の質素な感じもいいな~。

 同じ株か確かめはしなかったが,花と種が一緒に顔を見せているのは珍しい。

 園内,特に見るべきものはなかったが,椿園だけは色々な種類の椿が咲いていた。ただ写真を並べるだけだけだが・・・・。

Dscf7031 Dscf7043

Dscf7034 Dscf7036

Dscf7039 Dscf7045  

2012年3月27日 (火)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(5)【国東~国見】

4月8日(水)
 新鮮な野菜やイチゴを買い,9:00過ぎに道の駅を出発。「文殊仙寺」を目指す。
 途中,桜がきれい咲いているがあったので立ち寄ってみた。

Dscf70112

Dscf7012

         反対側には,枝垂れ桜が咲いていた。

  「文殊仙寺」に到着。「三人寄れば,文殊の知恵」の発祥地だそうだ。

Dscf7016

             これが十六羅漢像だったかな?

 あかね温泉(あかねの郷)の駐車場で昼食後,温泉に入る。

 道の駅「くにみ」に到着。売店で,土産に「たこ飯」を買う。
 今夜はここで車中泊。

2012年3月26日 (月)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(4)【別府~杵築~国東】

4月7日(火) 晴れ
 10:30「山地獄」の駐車場を出発し,杵築市へ向かう。
Dscf6996

 杵築城下の駐車場は,ソメイヨシノ満開だった。
Dscf69952

  まず杵築城

     城を眺めた後,駐車場から下の方へ歩いて行った。

Dscf7002

                  鳥居と桜・花モモ(?)

Dscf6998

            枝垂れ桜の下には菜の花が満開

Dscf7004 Dscf7003

 八重桜の木はみすぼらしい姿だったが,花はきれいに咲いていた。
 駐車場に戻り,車中で昼食・休憩後,の方へ。

 観光駐車場に車を駐め,周辺を散策する。
Dscf7009  

 酢屋の坂大原邸あやべ味噌屋

武家屋敷寺町辺りを散策。

 道の駅「くにさき」に向かう。途中コンビニで食材を買う。
 道の駅に到着。車中で夕食後,車中泊。

2012年3月24日 (土)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(3)【湯布院~鶴見岳高原公園~別府】

4月6日(月) 晴れ
 7:00 道の駅「ゆふいん」を出発,「銀鱗湖」へ向かう。
 何処も有料駐車場なので,銀鱗湖の奥の方へ行き,無料の駐車スペースに駐車する。
 早速,湖畔の「下ん湯」に向かう。以前来たときは入浴料100円だったが,200円になっていた。
Dscf6939

 以前来た時は,竹の垣根はなかった。せっかくの銀鱗湖の眺めがだいなしだ。あまりにもオープンで入浴する観光客が少なくなったのかな?。せっかく期待して来たのに残念だった。混浴だが最初は私一人,しばらくして男性が一人入ってきた。
 付近をしばらく散策後,鶴見岳高原公園に向かう。
Dscf69412 Dscf69402

 途中にあった展望所「狭霧台」     後方の山は由布岳,標高1,584mで「豊後富士」と呼ばれているそうだ。

 鶴見岳高原公園に到着。桜はまだ2~3分咲だったので,付近を散策してみた。
Dscf69442 Dscf6947

Dscf6948  この黄色い花,何の花かな

 これは,コブシ(?)のかな。

 ピンクのきれいな椿もあった。

Dscf6949 Dscf6952

         紅枝垂れ桜(?)は大分開花していた。

Dscf6958

 鶴見岳山頂にはロープウェイも通っていた。
 ここの駐車場で昼食にした。レトルトの炊き込みご飯の素があったので,炊き込みご飯を炊いて食べた。

 別府市街地に入ると反対車線の道路沿いの桜がきれいだった。駐車スペースも作ってあったのでUターンして立ち寄ってみた。

Dscf6967

Dscf6984

Dscf6981

 ソメイヨシノが丁度満開だった。桜の木も大きく沢山の花を咲かせていた。
Dscf6963 Dscf6965

 根元に咲いたかわいい花。かわいいと言うより生命力のたくましさ感じる。

 別府の我が家「山地獄」の駐車場で夕食後,渋ノ湯」温泉で疲れを癒し車中泊。

2012年3月21日 (水)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(2)【原鶴~日田~湯布院】

4月5日(日) 晴れ
 朝食を済ませ,道の駅内にある「物産館ファームステーションバサロ」で,妻はみかんや黒米を買ってきた。
 10:30 道の駅「原鶴」を出発,「萩尾公園」へ向かう。バサロが妻の足を引っ張り,出発が遅くなった。
Dscf6928

 萩尾公園に到着,奥の駐車場の脇にあった小さな「紅枝垂れ??」

Dscf6930 Dscf6931

           かわいい「八重桜」も咲いていた。

Dscf6934_2

Dscf69352

 桜まつりが行われているのか,提灯が下がっていた。人影は少なかった。夜桜見物客が多いのかな?。
Dscf6936

             これは灌漑用水用の人工溜池だったかな?

 萩尾公園を後にして,日田市内へ向かう。
 中本町の叔母宅により1年振り(?)に叔母と会う。近くのお寺に眠る今は亡き叔父(父の弟)の墓参りをする

 自宅を出る前にネットで調べた情報によると,近くの「亀山公園」にも桜が咲くということだったので足を伸ばしてみた。

Dscf69372

 写真データから推察するとここが「亀山公園(きさんこうえん)かな?。川沿いの公園だったかな?。 weep 

 ここで昼食にしたようだ。しばらく休憩し湯布院へ向かう。
 途中で,100円温泉「万年の湯(はねのゆ)」という看板が目に入った。よし今日の温泉はここだ。Uターンして細い道を少し入った所に,その温泉はあった。
 更衣室はお粗末な物だった。浴室は露天岩風呂で,浴槽は上下段に別れていた。下のお湯の色は,回りの木々のせいか,緑色がかって見えた。一番上には,掛かり湯用の大きなコンクリート製の桶があった。そこで石けん・シャンプーを使って体や髪を洗っている人がいた。ちゃんとした洗い場がない所では,マナーの悪い人が必ずと言っていい程いるものだ。
100円だから,洗い場がないのは仕方ない。だからこそお互いマナーは守るべきだ。プンプン pout pout

 道の駅「ゆふいん」に到着。割と新しい道の駅かな?。トイレもきれいだったような記憶がある。
 ここで早めの夕食をとり,早めに就寝。

2012年3月20日 (火)

大分・熊本 桜花見車旅回顧録(1)【自宅~日田~原鶴】

2011年(平成23年)の回顧録
 

 昨年の春は桜前線を追って,鹿児島から東北まで走る予定にしていたが,東北大震災の為中止にした。
 どこか花見には行きたかったので,1週間余りで大分・熊本方面に行くことにした。

4月3日(金) 晴れ   

 夕食,入浴を済ませ,22:30自宅を出発,「桜島SA」で車中泊。

4月4日(土) 晴れ
 朝食を済ませ,9:00「 桜島SA」を出発。
 「鳥栖JCT」から大分自動車道へ,「山田SA」で車中食。
 「日田IC」から日田市内へ。大原八幡宮の「枝垂れ桜」を目指して走る。
Dscf68982

 枝垂れ桜以外にも「ソメイヨシノ」がきれいに咲いていた。今が丁度満開という感じだ。
Dscf6901

                堀の下から見る桜もきれいだ。

Dscf6921 Dscf6925

Dscf6926

            堀に沿って植えられている「ソメイヨシノ

Dscf6904

 これを見るために,わざわざ鹿児島から走ってきたのだ

            う~~ん素晴らしい。 good
Dscf6918

 道路を挟んで,正面から撮る。ボリューム感があって,これもまたよい。
Dscf6911

  左手奥が「ソメイヨシノ」,緑の木々とのコントラストもいいな~。

Dscf6903

 下から見上げると,枯れ木に積もった綿雪みたいだ。
 
 まだまだゆっくりしたいが時間がない。今夜の車中泊予定地である,道の駅「原鶴」へ向かう。
 17:00前,道の駅「原鶴」に到着。
 夕食を済ませ,温泉街へ。250円の温泉を探して,周辺をぐるぐる回っている内に,無料の足湯があった。小舟の中に「足湯」の施設が作ってある珍しいものだった。今日は,入浴は止めにして足湯にゆっくり浸かることにした。
 道の駅に帰り,ベッドメイク・洗面後,車中泊。