フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

車旅(長野・再) Feed

2016年5月15日 (日)

長野車旅(再)回顧録(18) 安曇野~松本~高速道~自宅

2015年9月26日(土)  曇 
 5:30 起床・洗面・朝食を済ませる。
 いつもは昼に飯を炊いているが,今日は高速に乗って帰途に着くので,朝,昼と夜の飯を炊いてラップで包む。
 8:45 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」を出発。
 高速に乗る前に一風呂浴びる為,先日訪れた「浅間温泉」に向かう。
 9:30 浅間温泉「仙気の湯」に到着。

Asama_senki_outlook1_2

駐車場が心配だったが,番台のおばちゃんに尋ねると,入口前の路上で良いとのこと。明らかに駐車可の場所ではないようだが・・・・,お墨付きだ、ま~良いだろう。coldsweats01

 入浴料は280円,もちろん石鹸シャンプーは持参だ。  

1時間余り,ゆっくりとお湯に浸かる。  http://hikomaro.naganoblog.jp/e589026.html

10:40 「仙気の湯」を出発し,鹿児島までの帰途に着く。

 ナビを「自宅」セットすると,鹿児島まで1239kmと表示された。

 単調な高速の旅が2日間は続きそうだ。

11:15 長野自動車道松本IC」から高速に乗る。

12:30 中央道駒ヶ岳SA」で昼食

 途中で休憩を取りながら,「名神高速」「京滋バイパス」「中国道」「山陽道」と,ひたすら走り続ける。

18:00 「三木SA」に到着  夕食を済ませ,洗面後早めに就寝。

2015年9月27日(日)  晴 後 夜雨  

 4:00 起床・洗面  朝食を済ませ

 6:30 「三木SA」を出発  途中「福山SA」で小休止

11:00 「宮島SA」に到着  

 エリア内は大勢の人で賑わっている。

 交通安全キャンペーンの催が行われているようだ。

2015092712040003

2015092712020002

パトカー白バイ等が参加し,試乗させて写真撮影のサービスもあるようだ。

2015092710200000

2015092710220002

2015092710330001

2015092710360000

ゆるキャラも参加し会場を盛り上げている。ゆるキャラに出会うと一緒に写真を撮りたがる妻、まるで子供だ。
 「宮島SA」がある廿日市市は「けん玉」の発祥地だそうだ。

 売店の入口には,触るとが良くなるという大きな「験(げん)玉」が鎮座している。

2015092712190000

2015092712230000

 

チアガールによる演技も披露されていた。

 朝食が早かったせいか腹も空いてきたので,少し早いがここで昼食を済ませる。

12:35 SAを出発

14:40 「美東SA」で休憩を取り,給油後出発

15:15 「九州道」に入る。

 九州に入って一安心だが,自宅までまだ400kmある。

 朝早くからの運転で疲れもだんだん大きくなり,目がゴロゴロし乾燥したような感じだ。

16:20 「古賀SA」で休憩後「山江SA」まで走り,ここで夕食を済ませる。

 夕食後暫く休憩を取った後,再び出発。

 十五夜の月を眺めながらの運転だ。

 20:00から放映のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」を見るため,「宮原SA」に立ち寄る。

23:30 無事,自宅到着。  

 3週間に亘る信州の車旅が終わった。

 出発直後に,台風18号が東海地方に上陸しそうだったので,本州に入ってから一端一般道に降りて,時間調整をしながらのスタートだった。

 信州の車旅は,昨年も同程度の日数をかけて実施した。

涼しくて,温泉あり、果物ありで満足度上々だ。

できることなら毎年行きたい地域だが・・・・・。

 長野車旅(再)回顧録のアップを始めたのは昨年10月11日のようだから,7ヶ月もの時間を掛けてやっと終えたことになる。正に「回顧録」だ。coldsweats01

 昨年の10月20日にスタートして,約1ヶ月間かけて旅した「東北車旅(再)」のアップもまだ残っている。

 思い出が一杯詰まった旅だったので,こちらも頑張って少しずつアップしていこう。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月12日 (木)

長野車旅(再)回顧録(17) 塩尻~松本~安曇野

2015年9月25日(金)  雨 
 5:30 起床・洗面・朝食

2015092508330000

2015092508440000

いつもより出発が遅くなったので

              物産館が開いている。

  妻は早速物色にお出かけだ。

 土産物果物を抱えてご帰還。

10:00 道の駅「小坂田公園」を出発

10:30 JA松本ハイランドのファーマーズガーデンに立ち寄り,食材の調達と土産物を購入する。

 買物の時間が長引き昼前になったので,

ここの駐車場で飯を炊き昼食を済ませることにした。

13:10 ファーマーズガーデンを出発,

            県道3号線松本方面へ向かう。

13:50 美ヶ原温泉 ふれあい山辺館「白糸の湯」に到着。

La_shiraitonoyu011

ここも車旅出発前に下調べしておいた温泉で,入浴料金も300円とお安い。
 1時間余り,ゆ~~ったりと,掛け流し温泉を楽しむ。

 http://www.geocities.jp/nara_no_daibutu2/spa-4/33-utukushigahara.html

16:00 白糸の湯を出発し,安曇野方面へ向かう。
 国道19号線147号線県道57号線を経由して

2015092608240000

16:50 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」に到着。

 妻はここでもお買い物。 think

 夕食・洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年5月 6日 (金)

長野車旅(再)回顧録(16) 松本~乗鞍高原~松本~塩尻

2015年9月24日(木) 曇 後 雨 
 3:30 起床・洗面
 昨日の夕方,今日の昼食用おにぎりを買うつもりだったが,途中に店がなく買えなかったので,飯を炊きおにぎりを作る。
 昨夕,売店でおにぎりに入れる佃煮も買っていたので,旨そうな手作りおにぎりができ上がった。
   7:10 道の駅「風穴の里」を出発し,乗鞍一の瀬園地」へ向かう。
 7:40 乗鞍高原観光センター前駐車場に到着
 ここから「一の瀬園地」周辺のハイキングをする予定だったが,車から降りるなりタクシーの運転手が寄って来て,「ここまで来て畳平まで登らないなんて・・・,紅葉も綺麗だよ,安くで案内するから乗らないか。」と言う。
 「観光バスも通っているが,ゆっくり駐まって観ることはできないよ。」と,しきりに乗車を勧めてくる。
 紅葉情報は入手していない私たちだった。急遽予定変更して畳平まで登ってみることにした。運転手には申し訳ないが,バスを利用することにした。
 今度のバスは8:00発だという。時間がない。トイレを済ませ急いで切符売り場へ。
 私たちが乗り込むとバスは発車した。

2015092408320001

2015092408410000

30分近く上っていくと,車窓から紅葉が見え始めてきた。
 9:00 バス停「乗鞍山頂(畳平)」に到着。

2015092409010000

2015092409090000

 バス停のすぐ横にある「乗鞍本宮 中の社」で,まずお参りをする。
 こんな所に郵便局があるとは・・・・。妻は早速記念切手を購入,いつもの悪い癖だ。

2015092409180000

2015092409230000

乗鞍山頂畳平は,標高2702mあり,平地に比べると気温が大分低い。天気が曇で少し風もあるので体感温度は更に低いようだ。
 バスターミナル前には鶴ケ池があるが,水位は低いようだ。

2015092409270000

2015092409410000

 畳平から,バスで登ってきた方向を見下ろす。9月下旬で、もう紅葉の見頃は少し過ぎているようだ。曇天なので紅葉の色も今一だ。
 彼方には,幾つもの山々が重なり,まるで墨絵のようだ。
  折角ここまで来たので,バス道路を徒歩で下りながら,紅葉を楽しむことにした。
 途中に幾つかのバス停があり,途中乗車もできるようだ。

2015092409570000

紅葉雪渓,始めて目にする光景で,南国育ちの私たちにとっては非常に珍しい。

2015092410060000

2015092410090001

紅葉を目に焼き付けながら,どんどん下って行く。

2015092410140001

2015092410180000

ここら辺りの紅葉の見頃は9月上旬なのだろうか?。妻と,最盛期にもう一度観賞に来たいねと話しながら更に下って行く。

2015092410190000

2015092410200000

  途中で,数人のアマチュアカメラマン(多分)に出会った。高価なカメラ・レンズに三脚を担ぎ,格好は皆プロも顔負け・・・・。

20150924104800002

 1時間余りで位ヶ原山荘前まで下って来た。

 標高2350mと記してあるので,約350m下ってきたようだ。

 ここからバスに乗るつもりだが,妻曰く「もう少し下に綺麗な所があったから,次のバス停まで歩こう。」そこまで歩くと,まだ2時間以上かかることなど考えない妻に激怒 pout 

 それでも構わず歩き出す妻。後を追い100m程下った所で説得に成功。何とか連れ戻すことができた。

 山荘では多くのカメラマンがバスを待っていたようで,バス停に並び始めた。

  バスは大分遅れているようだ。定刻を過ぎてもなかなかやって来ない。

 途中乗車の場合は,乗れないこともあるというので心配したが,何とか全員乗車できた。

2015092412060000_2

2015092411470000

 三本滝バス停で降りて,三本滝まで歩くことにした。

 ところが,滝への入口がはっきりしないし人影もない。おまけに雨も降り出している。

 丁度昼時にもなっていたので,取りあえず昼食を摂ることにした。

 レストハウスは土日祝日だけが営業日で平日は休業のようだ。

 レストハウスの庇の下に椅子とテーブルがあったので,今朝早起きして作った手作りのおにぎりで昼食。やや大きめの不細工なおにぎりだったが最高 happy01 

 昼食後,雨の様子を伺いながら小休止していると,タクシー運転手が近づいて来た。どうやら客拾いのようだ。その意思がないことを告げても、椅子に腰掛けて色々と話し掛けられた。三本滝のことを尋ねると,滝までは1時間近くかかるようだ。おまけに雨天や雨の後などは,足場も悪く靴や衣服が汚れるとのことだったので,あっさりと諦めた。  

  http://www.i-turn.jp/norikura-sanbon-taki.html

 再びバスに乗り

13:20 乗鞍高原観光センター前駐車場に到着  

 車の中でコーヒータイム・小休止後

14:20  駐車場を出発し,浅間温泉へ向かう。

 ナビの案内に従って浅間温泉「倉下の湯」を探すが見当たらない。通りがかりの地元の方らしき人に尋ねてみると,廃業されたとのこと。

 他にも2軒下調べしておいた温泉があったので,その中の一つ「港の湯」にナビを設定する。場所はすぐ近くだ。

16:10 「港の湯」に到着。少し離れた向かい側が駐車場のようだ。数台しか駐車できない狭い駐車場だが,あるだけでありがたい。昔ながらの共同浴場・外湯は駐車場のない所もあるので・・・・。因みに入浴料も200円と安くてありがたい。

 1時間余りのんびりと1日の疲れを癒やす。お湯は熱湯だったとメモしてあるが,記憶は・・・・・。coldsweats01

  http://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/e/6c8759cc2ad62a975bf748a5a09f80d7

17:40 浅間温泉を出発、塩尻方面へ向かう。

 県道63号線国道20号線を経由して

19:10 道の駅「小坂田公園」に到着。 

 少し遅めの夕食を済ませ,洗面後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年4月28日 (木)

長野車旅(再)回顧録(15) 上田~青木~松本

2015年9月23日(水) 晴 
 4:30 起床・洗面・朝食
  9:00 道の駅「上田 道と川の駅」を出発し,田沢温泉へ向かう。
10:00 温泉街の入口にある駐車場に到着。

2015092310410000

2015092310370000

石畳の坂道を上っていくと,「有乳湯(うちゆ)の看板が見えてくる。

2015092309500001

 右側にある立派な建物が「有乳湯」だ。唐破風の屋根をもつ建物は,どことなく風情があり,明治・大正時代を思わせるようだ。
 古来から「子宝の湯」「子持ちの湯」「はらみ湯」などの呼び名があり,子のない婦人が37日入湯すれば懐妊し,乳の少ない婦人は27日入湯すれば効き目があらわれるという話から有乳湯という名前が付けられたようだ。
 妻のメモには「お湯は少し温めで,ツルツルした温泉だった。」と記してある。
 平日の午前中のせいか,入湯者は少なくゆったりと入ることができた。
http://onsenoyazi.blog81.fc2.com/blog-entry-265.html

2015092310390000

2015092310340000

 湯上がり後,石畳の坂を下っていく。坂の途中には明治・大正時代に建てられたような古い旅館が数軒ある。
 島崎藤村ゆかりの宿「ますや旅館」の看板もある。

2015092310480001

11:00 駐車場に帰り,ここで飯を炊き少し早めの昼食を済ませることにする。
 空を見上げると,パラグライダーが気流に乗り気持ちよさそうに飛んでいる。
 昼食後,暫く休憩を取り
13:15 松本方面に向けて出発
 国道143号線はカーブの多い幅員の狭い山道だった。途中には,現役の国道トンネルとしては最古の「明通(あけどおし)トンネル」があった。車一台がやっと通れる程度の細いトンネルだ。トンネル内に照明は一切ない。
 また,入口に信号機が付いた「会吉トンネル」では,交互通行規制になっていた。このトンネルも大分古いようだ。
 国道19号線・158号線を経て
15:25 道の駅「風穴の里」に到着

2015092315300000

2015092316120000

2015092316120001

 道の駅で土産を購入後,近くにある「風穴」まで足を伸ばしてみた。

2015092316160000

2015092316170000

 石垣の間から冷風が吹き出しているようだ。
 囲いの中には色々な物が保存されている。

2015092316270000

 アーチ形の木橋を渡り道の駅に引き返す。
 トイレ周辺は下水(?)の臭いがするので,

    車を駐車場の山手側に駐め夕食を摂る。
 夕食後洗面を済ませ,

    明日の乗鞍ハイキングに備え早めに就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

長野車旅(再)回顧録(14) 飯山~長野~千曲~上田

忙しい毎日が続き,ブログアップを20日程サボってしまった。
 またボチボチ始めることにしよう。


2015年9月22日(火) 晴 
 4:30 起床・洗面・朝食
   7:00 道の駅「花の駅千曲川」を出発し,今日もまず野沢温泉へ向かう。
 7:40 「中尾駐車場」に車を駐める。

2015092207480000

2015092207490000

秋葉の湯

       で

            朝風呂

  1時間近く

     のんびりと

        浸かり,

    今日の

       鋭気を

                                   養う。

2015092208280001

2015092208280000

 駐車場に向かう途中にあったモニュメント。何だろうと思いよく見てみると,野沢温泉は「スキーの発祥地」になっているようだ。当時の写真もプリントして展示してある。
 道脇には,ダリアが綺麗に咲いていた。
 9:10 道の駅「花の駅千曲川」に戻り,野菜を購入。
 9:40 4連泊した道の駅に別れを告げ,長野市方面へ向けて出発。
11:00 川中島古戦場に到着
 駐車場の奥に車を駐め,飯を炊き少し早めの昼食を済ませる。
  昼食後,八幡原史跡公園(川中島古戦場)内を散策する。

2015092211200000

2015092211190000

八幡社」の案内板と,「武田・上杉両雄一騎打ちの地八幡原」の石碑

2015092213130000

 

川中島大合戦

2015092213160000

八幡社本殿でお参り

2015092213160002

2015092213160001

逆槐」 根を上にして打ち込んだ槐の杭が、芽を出し巨木に成長したと伝わるそうだが・・・・・・?。

2015092213210000

2015092213190002

  槍で

    突き

       通された

        という

          執念の石

   大分

     軟らかい

       石だった

          ようだ。 coldsweats01

2015092213250000

信玄・謙信両雄一騎討ちの像
 この像は、NHK大河ドラマ天と地と」の放映を記念して建てられたものらしい。

2015092213260000

2015092213260001

風林火山の旗」

2015092213280000

2015092213290000

首塚
 武田方についていた海津城主・高坂弾正が戦いのあとに敵味方なく戦死者を手厚く葬った塚のひとつが首塚だそうだ。
 これを知った上杉謙信はいたく感激し,後に起きた武田軍の塩不足にも快く塩を送ったという話に繋がっているそうだ。

2015092213350000

  信

    玄

        謙

           信

             両

               雄

     一騎

         討ちの

            際の

   「三太刀

           七太刀之跡

               の

                                  石碑

2015092213340000

14:00 松代城(海津城)跡に到着

2015092214160000

2015092214160001

    松代城跡の石碑             入口から太鼓門を望む  

2015092214180001

2015092214190000

復元されている太鼓門太鼓門前橋           北不明門(?)

2015092214360000

2015092214410000

2015092214510000

 旧樋口家

      住宅

            と

   中にあった

                                    甲冑

14:50 史跡旧文武学校に到着                     

2015092214520000

 文武を奨励した松代藩八代藩主・幸貫が水戸の弘道館にならって計画し,九代・幸教の時代に完成した松代藩の藩校で,藩士の子弟が学問と武道を学ぶ場として,1855(安政2)年に開校したそうだ。

2015092214530001

 学校内の建物の配置を記した案内板。
 教室にあたる文学所,武術を学ぶ剣術所柔術所弓術所槍術所などが配置されている。

2015092215000000

2015092214590000

文学所                しつけ方や漢方医学・西洋医学等の抗議が行われた西序

2015092215080000

2015092215110000

弓術所では活動中の方が数名        番所,奥は柔術所

2015092215010000

 こ

   ち

     ら

      は

       御役所かな?

2015092215160000

 文武学校のすぐ近くに真田邸がある。見送り出迎えの場所として利用された「式台付玄関

2015092215170000

2015092215200000

2015092215210000

2015092215210001

2015092215220000

2015092215250000

邸宅内を一巡り

2015092215280000

邸宅の前には,周囲の山々を借景として取り込んだ,「水心秋月亭」と名付けられた庭園がある。
 真田宝物館に立ち寄った後,
15:40 千曲市方面に向けて出発。
16:15 戸倉上山田温泉の多世代健康交流プラザ「つるの湯」に到着
 1時間余りゆっくりとお湯に浸かり1日の疲れを癒やす。
17:50 道の駅「上田 道と川の駅」に到着
 夕食・洗面後車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2016年4月 4日 (月)

長野車旅(再)回顧録(13) 飯山~野沢温泉~飯山~野沢温泉~飯山

2015年9月21日(月) 晴 
 4:30 起床・洗面・朝食
  6:40 道の駅「花の駅千曲川」を出発し,野沢温泉へ向かう。
 7:10 今日も「横落駐車場」に車を駐める。
 今日は「上寺湯」より更に上手にある「真湯」に浸かることにする。

20150921071800002015092107430000

天下の名湯真湯の石碑と道祖神
 この外湯の建物も,建て替えしてからそんなに長くないようだ。外壁も,浴槽・洗い場もまだ新しい。
 ここの湯は,別名「五色の湯」とも言われ,季節や気候によって色を変える風情を漂わせるお湯だという。
 温泉から上がった後,先日建物だけを見た「高橋まゆみ人形館」へ向かった。  

2015092109070000

9:10 人形館に到着。駐車場は狭く数台しか駐められないが,幸いスペースの空きが1つあり駐めることができた。
 ここは,飯山在住の人形作家高橋まゆみ」の創作人形の常設展示施設になっている。
 ふるさとの原風景を題材にした,心温まる創作人形が多数展示してある。昔はこんな頬被り姿の爺ちゃん婆ちゃんがいたものだ。今でも懐かしく思い出す。
 館内は写真撮影禁止になっており監視の目も厳しいようだった。

2015092206530001

2015092206550000

2015092206570001

2015092206580000

 妻は,購入した絵はがき入場券を写真に撮っている。   http://www.ningyoukan.net/work.php

 「飯山城址公園」が近くにあるようなので,ウオーキングを兼ねて歩いて行くことにする。

 10:30 飯山城址公園に到着。

2015092110360000

飯山城門遺構

2015092110460000

「飯山城跡」の説明案内板

2015092110520000

2015092110470000

「飯山城跡」の案内標識
            

 江戸時代には飯山藩藩庁

置かれた城だそうだ。

 戦国時代には上杉謙信

 武田信玄に対する前線基地として改修し,

川中島の戦いの頃には北信濃の戦略的拠点として使われたのだという。

現在は,本丸は葵神社境内となり,二の丸は城址公園として整備されている。

2015092110570000

2015092110570001

 城址公園を後にして,「高橋まゆみ人形館」に向かって歩き始める。

 途中で見かけた,振り込めサギ注意のポスターには,高橋まゆみの人形が一役買っている。

 歩道の街路樹のヤナギには「銀座の柳2世」の標識が立っている。

「銀座の柳」という歌を聴いたことはあるが・・・・。

 気になるので調べてみた。

 http://uradoori.com/archives/39067497.html  https://www.youtube.com/watch?v=HLPAMP_GooM

11:10 飯山市内のコインランドリーで洗濯をしながら,飯を炊き昼食を摂る。

13:30 ランドリーを出発,野沢温泉に向かう。

14:20 昨日同様,「中尾駐車場」に車を駐め,「中尾の湯」まで歩く。

2015092114190000

2015092115340000_2

Photo021_2

今日は平日なので観光客も少なく,1時間程ゆっくりお湯に浸かり疲れを癒やす。
 駐車場に帰る途中の「八幡神社」の参道入口に,湧水があることに気付いた。
 境内から湧き出ているようだ。
 この湧水は,毛無山(標高:1649.8m)湧水群の一つ八幡清水と呼ばれる名水で,地元の人達が作る濁酒に利用されているそうだ。
16:00 道の駅「「花の駅千曲川」に帰り,早めの夕食を摂る。
 洗面を済ませ,車中泊。
 寸志の温泉があり居心地が良いので,同じ道の駅に連続4泊することになった。

 昨年も数日間連泊したと思う。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

 

2016年4月 1日 (金)

長野車旅(再)回顧録(12) 飯山~野沢温泉~巣鷹湖~野沢温泉~飯山

2015年9月20日(日) 晴 
 5:00 起床・洗面・朝食
   8:30 道の駅「花の駅千曲川」を出発し,野沢温泉へ向かう。

2015092008420000

 温泉街に入る手前の田んぼの稲が,朝日で黄金色に輝いて素晴らしい眺めだ。車を駐めてパチリ。

  綺麗に区画整理された田もまんざらではない。
 9:00 昨日と同じ「横落駐車場」に車を駐める。早速「熊の手洗湯」に向かう。
 日曜日のせいか,入湯者がいっぱいだったので,すぐ上にある「上寺湯」に浸かることにした。
 遅い朝風呂の後,「上の平高原」へ向かう。
 ここは昨年も行った所だが,眺めも良く涼しい所だったので,湖畔でのウオーキングを兼ねての再訪だ。

2015092010500000_2

2015092010520000

  急カーブの上り坂を慎重に運転すること20分程,野沢温泉街を一望する見晴台に到着。
 日本の夕日百選に選ばれた「サンセットポイント」のパネルも設置してある。

2015092014050000

11:10 標高1,300mに位置する「巣鷹湖」に到着。
 風も弱く,湖面に映る木々や雲が綺麗だ。


  湖の周りを1周することにした。昨年と異なるのは,水際の草花が刈り込まれて寂しくなっていることだ。
 それでも遊歩道の外側では,色々な草木が花や実を着け,秋の気配が感じられる。

2015092011130000

2015092014070001

2015092014080000

2015092014080001

2015092014080002

2015092014130000

2015092014130002

2015092014160000

妻の携帯には,周辺の草木の花や実の写真がいっぱい収められている。

2015092014220000_2

2015092014190000

 湖の横にはキャンプ場がある。オートキャンプ場もあるようだ。

  標高が1,300mあるので,真夏でも涼しく過ごすことができるのだろう。

 今夏の営業は終わり,施設は閉鎖され閑散としている。

 施設前の丸太の椅子には,見事なキノコが・・・・。シイタケに似ているが・・・。

 昼時になったので,ここで飯を炊き昼食を済ませた後ゆっくり寛ぐ。

14:30 野沢温泉に向けて出発

15:00 中尾駐車場に車を駐め,「中尾の湯」まで歩く。

2015092015590000

 1時間近くゆっくり温泉を楽しむつもりだったが,休日の午後で観光客が多くそういう訳にもいかなかった。
 
道の駅「花の駅千曲川」に帰り,夕食。

 洗面を済ませ,NHKの大河ドラマ花燃ゆ」を見た後ご就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年3月28日 (月)

長野車旅(再)回顧録(11)飯山~野沢温泉村~飯山~野沢温泉~飯山

2015年9月19日(土) 晴 
 4:10 起床・洗面・朝食
  7:25 道の駅「花の駅千曲川」を出発し,野沢温泉へ向かう。
 野沢温泉は,昨年も同じ時季に来て,13の外湯巡りをして楽しんだお気に入りの温泉だ。

2015091908080000

 7:50 温泉街の入口にある

           中尾駐車場に到着。

 観光案内所の横にある,

野沢菜発祥の地」の文字が

 掲げられた野沢菜漬けの大樽をパチリ。

 トイレ休憩後,

 少し先にある「野沢温泉観光協会」の

 前を通過し,「横落駐車場」に移動。

 ここの駐車場は無料で13の外湯巡りをするには丁度よい場所だ。

 ただトイレがないのが玉にきず。

 車中泊禁止になっているようだ。
 爺婆は朝風呂に入るため,小さな石けんカタカタ鳴らせ,近くの外湯に向かう。

2015091908290000

2015091908300000

 途中にあった1998年長野冬季オリンピック記念のマンホール蓋。
 温泉を利用した共同の洗濯湯の小屋もある。

2015091908320000

2015091908330000

2015091908310000

洗濯湯の小屋から

    奥に入ると,

      道祖神の碑がある。

  周囲には

     秋の草花が咲き誇っている。

2015091908360000

2015091908380000

8:30 「上寺湯」に到着。

 中を覗いてみると誰も入浴していない。浴槽からはお湯が溢れ出ている。ここに入っても良いのだが,すぐ近くの「熊の手洗湯」の方が新しく湯加減も丁度良いと聞いていたので,坂道を少し下りて行く。

2015091908410000

2015091909050000

 木の香りが漂う真新しい「熊の手洗湯」の建物。
 湯舟のタイルも綺麗で気持ちがよい。暫し至福の時間を楽しむ。

2015091909100000

入口の上に掲げられた「熊の手洗湯縁起」の看板。

2015091909110000

20150919091600002

外湯に浸かる前に,温泉玉子を作るために10個の卵をネットに入れ,75℃の温泉に浸ける。後でスタミナ卵にするため,所定の時間より長めにしてから取り出した。

2015091909220001

2015091909200001

2015091909200000

駐車場に向かう途中の道脇ではコスモスの花が満開を迎えている。
 ここにも道祖神が祀られている。
 道祖神場(馬場の原)の案内板もある。この場所は毎年1月15日に行われる道祖神祭りの祭場らしい。
 駐車場に帰り,飯を炊きながら温泉玉子の殻を剥いて,スタミナ液に浸ける。
 昼食・休憩後,飯山市へ向かう。
12:30 「飯山市伝統産業会館」に到着。
 ここは無料で車を駐められるようだ。ウーキングを兼ねて,「いいやま七福神巡り」をすることにした。
 妻は「七福神巡り」・「お寺巡り」が大好きだ。今までの車旅で何ヶ所巡ってきただろうか?。 

2015091913200000

2015091913210000

2015091913280000

忠恩寺」の「布袋尊
  「寺巡り遊歩道」を次のお寺に向かって歩く途中に,「寺巡りお休み処 奥信濃」なる建物があった。ここには「純金極楽トイレ」が備えられているようだ。誰しもが興味を持ち,見てみたい・使ってみたいと思いそうだ。御多分にもれず入ってみた。
 入口からトイレに行くには土産物(仏具だったかな?)売り場の前を通らなければならないようだ。トイレ借用だけのつもりなのでチョッピリ気が引けたが,店員さんの「どうぞどうぞ」の言葉に甘えてトイレへ向かった。
 写真も撮らせて頂いたが,パソコンソフトの破損でデータが無くなった。妻の携帯でも撮っていないようだ。
  詳しくはこちら http://uradoori.com/archives/38473183.html
 金箔には手を触れないようにとの張り紙がしてあったが・・・・・。
 すっきりした気分で次の寺に向かう。

2015091913450000

2015091913470000

2015091913460000

2015091913510000

常福寺」の「大黒天」   ハギの花が綺麗だ

2015091913590002

2015091913570000

2015091913580000

本光寺」の「弁財天」 
 弁財天そのものは,お堂の中にあり写真が撮れなかった。

2015091914110000_2

2015091914110001

2015091914130000

大聖寺」の「毘沙門天

2015091914220000

2015091914220001

英岩寺」の「福禄寿

 ここの住職は不在で,御朱印を頂くことができなかった。
 七福神巡りのパンフには,

「七福神寺社では御朱印の受付時間は午前9時~午後4時までとなっているが,受付時間内でも法事等の都合で不在になる場合がある。」

 と書いてある。
 その場合は,

 「信越自然郷飯山市観光案内所」で,

御朱印を預かっているので,そちらで代理押印を頂くことができるそうだ。

 「信越自然郷飯山市観光案内所」は新幹線飯山駅にあるようだ。

 600円で購入した御朱印帳,御朱印は全部押印したいので後で寄ることにした。
 お賽銭と祈願だけをして次に向かうことにした。
 お賽銭は,どこでも妻が平等院鳳凰堂ワンコインを手渡してくれる。coldsweats01

2015091914330001

2015091914330000

2015091914340001

2015091914360000

飯笠山神社」の「恵比寿大神

 残るは,「明昌寺」の「寿老人」だ。

 ここは駐車場への帰りに立ち寄ることにしていた。  30分はかかりそうなので急ぎ足でスタート。

2015091914490000

  途中,「高橋まゆみ人形館」があった。

 妻の強い要望があったが,後の予定もあるので後日訪れることにして先を急ぐ。

2015091915150000

2015091915150001

2015091915180000

15:15 「明昌寺」に到着
 最後の「寿老人」の御朱印をもらう。
  まだ,「英岩寺」の「福禄寿」の御朱印を貰えていないので,急いで新幹線飯山駅に向かう。
 駅の真新しい駐車場に車を駐め,構内の「信越自然郷飯山市観光案内所」に辿り着く。 無事,御朱印を貰うことができた。

Dscf0504

1500円近くの費用を費やした「いいやま七福神」の御朱印色紙。
 帰宅後,ずっと鴨居に鎮座し,「家族を見守ってくれている」と妻は思っている。


 温泉に浸かるために,再び野沢温泉に向かう。
 朝入った「熊の手洗湯」に再入浴。土曜日の午後で入湯者が多かったので,短時間で切り上げ,今夜の宿泊地に向かう。
18:00 道の駅「花の駅千曲川」に到着
 Aコープで刺身・惣菜を購入し夕食を済ませる。
 洗面を済ませご就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年3月22日 (火)

長野車旅(再)回顧録(10)小布施~湯田中~飯山

2015年9月18日(金) 晴 夕方から雨
 4:30 起床・洗面・朝食

2015091807300000

2015091807310000_2

 道の駅「オアシスおぶせ」から周囲の山々を望む。案内の絵図もあるが,山を特定することはちょっと難しいようだった。

 朝食・後片付け後,生産直売所でプルーン・リンゴ・野菜を購入。生のプルーンを見たのは初めてだ。粒は不揃いだが味は遜色がない。おまけにお買い得だった。以後数日間の夕食後のデザートは,プルーンとリンゴが続いた。

 8:40 道の駅「オアシスおぶせ」を出発,湯田中温泉を目指す。

 道中の左右には,到る所にリンゴ・モモ・ナシ・ブドウ等の果樹園が広がっている。

 9:45 湯田中駅前温泉「楓の湯」の駐車場に到着とメモしてあるが,記憶が蘇らない。写真もないので,ネットで検索してみた。  

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Nagano62.htm  

 他所様の写真と記事・のメモを付き合わせていくと,少しずつ記憶が蘇ってきた。  駅に隣接する駐車場は工事中で,近くの仮駐車場に駐めるよう案内がしてあったと思う。

 入口には10時営業開始を待つ人が数名並んでいた。入浴料が300円と安いので入浴客も多かったのだろう。

 10時の時報を伝える音楽(町のチャイム?)が鳴り営業開始。

 遅い朝風呂にゆったりと浸かること1時間余り。

12:00 道の駅「北信州やまのうち」に到着。

2015091813560000

2015091813570000

車をリンゴ園が見える所に駐め,ここで昼飯を炊いて昼食を済ませる。
14:00 道の駅を出発,飯山方面へ向かう。

2015091814210000

途中には,リンゴやブドウの果樹園が広がっている。
 真っ赤に色づいた紅玉のリンゴ園,南国育ちの我々にとっては,非常に感動する光景である。車を駐めてパチリ。

2015091814490000

14:45 「菜の花公園」に立ち寄ってみた。
 もちろん時季外れなので菜の花は咲いていない。
 花の咲く時季の風景は,「菜の花畠に入り日薄れ~」で始まる唱歌「おぼろ月夜」のモチーフとなったとも言われているようだ。
 菜の花は菜種油を取るアブラ菜の花が一般的だが,ここの菜の花は信州の名産の野沢菜の花だそうだ。広大な畑一面に広がる菜の花・遠くの山の端を想像しながら次の目的地に向かうことにする。
 目的地は「菜の花公園」の向かい側の山の斜面辺りの棚田だ。
 ナビの案内でははっきり分からず,途中で地元の方に尋ねながら狭い道を登って行く。

2015091815390000

2015091815380000

大分登った所に,車が数台駐められる駐車場があり,駐車場の角にはトイレ付きの休憩所もある。ここから先の道は更に狭く,一方通行?一般車両進入禁止?のようなので歩いて登ることにする。
 ここら辺りが日本棚田百選の一つに選出された「福島棚田」のようだ。

2015091815090000

2015091815110000

 妻が撮った,道脇に咲いていた可憐な花の写真が何枚もある。
 坂道を登る途中,似たような幾つもの石仏に出会った。

2015091815230000

2015091815190000

阿弥陀堂」の標識があったので,右に曲がって行くと,藁葺き屋根の庵があった。
 ここは,2002年の10月に封切られた映画阿弥陀堂だより」のロケ地になった所で,その時の「阿弥陀堂」のセットがそのまま残されているのだそうだ。
 https://www.youtube.com/watch?v=nbJa24j1KNA

2015091815340000

2015091815270001

阿弥陀堂から元の道に引き返し,更に登って行くと棚田が見えてきた。黄金色に実った稲穂が綺麗だ。登り詰めた所には小さな池がある。田んぼに水を送るための人工のため池のようだ。
 暫く休憩した後,反対側の道を下り駐車場へ向かう。棚田の周囲を丁度1周した形になった。 
 「棚田の里三部」と「福島棚田」は同じ場所を指すのだろうか・・・???。
15:50 棚田の里を出発し,今夜の車中泊地へ向かう。
16:15 道の駅「花の駅千曲川」に到着。
 近くには「JAみゆき」もあり何かと便利だ。妻の手帳に「野菜・果物が安い」とメモしてある。
 夕食・洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2016年3月17日 (木)

長野車旅(再)回顧録(9)白馬~小谷~長野~小布施

2015年9月17日(木) 雨
 4:30 起床・洗面・朝食
 7:30 道の駅「白馬」を出発,「大出の吊橋」を目指す。
   ナビの案内に従って進んだが,よく分からず周辺を行ったり来たり
 8:30 ようやく探し当てて駐車場に車を駐める。

2015091708330000_2

 

2015091708350000_2

2015091708370000

2015091708410000

周辺は「大出公園」として整備されていたので,暫く散策してみた。
 天気の良い日は吊橋越しに白馬三山を一望できるそうだが,雲がかかり小雨もぱらついているので全く見えない。
 橋のたもとには復元された古民家も建っている。
 近くには古民家を改装したお食事処「かっぱ亭」もあったが,まだ準備中のようだった。
 9:35 道の駅「小谷(おたり)」に到着

2015091709590000

小谷の山間沿いに建つ道の駅だ。
 平日で雨も降っているせいか,人影はまばらだったと記憶している。
 館内には「深山の湯」が併設されており,原泉かけ流しの天然温泉になっているという。
 食事と温泉,両方の利用で,入浴料が半額になるサービスもあったが,昼食にはまだ早いので,旅に出る前に調べておいた無料露天風呂がある「小谷温泉」に向かうことにした。
 国道148号線を白馬方面へ引き返し,途中から左折し狭い道を30分以上走っただろうか?。
     http://www.amakazari.jp/hotspring
   雨飾荘下の駐車場に到着。「雨飾高原露天風呂」の案内板が見えてきた。ありがたいことに,入口の左側にはトイレも設置されている。

2015091711200003

2015091711280000

男湯にも女湯にも先客が数名入っているようだ。男湯の一人は,大した雨でもないのに傘を差してご入浴中だ。温泉情緒丸つぶれ・・・・。
 話掛けてみると,東京(練馬区)から来たとおっしゃる。しかも初めてではないようだ。
 高速を利用すればそんなに遠い所ではないし,無料(寸志)で入れるのでよく足を運んでいらっしゃるそうだ。
 ご一行様が上がられた後,緑の木々を眺めながら暫く温泉気分堪能する。周囲の木々が紅葉したら,また格別な風情になること間違いなしだ。
12:30 「鎌池」の駐車場に到着

2015091713280000

駐車場には駐まっている車は1台もない。
 道の駅で手に入れたパンフには「ブナの原生林に佇む神秘の池」と謳ってあるので来たのだが,遊歩道に通じる道は狭く,雨に濡れた木や草が覆い被さり通れそうにない。
 雨も降っているし,衣服が濡れるのは嫌だ。散策は諦めて昼食の準備に取りかかった。
http://www.vill.otari.nagano.jp/kanko/nature/kamaike/ 
昼食を済ませ
13:30 「鎌池」を出発,小布施方面へに向かう。

2015091713500000

途中,道脇に車を駐め木の実を

拾っている人を見かけたので,

車を駐め,何を拾っておられるのか

尋ねてみた。
 「トチの実」だそうだ。

 トチ餅にして食べるのだという。

 私たちが珍しそうにしていたから

だろう。どうぞと1個頂くださった。

周りの木をよく見るとあちこちに実が着いている。
 戸隠神社奥社に登っていく時、中身が空になった殻がたくさん落ちている場所があった。あれもトチの実だったんだと気づく。
 数日間,車のグローブボックスの下に置いていたが,中から虫が皮を食い破って出てきていたので,処分せざるを得なかった。

2015091714250000

何処で撮ったのか記憶はないが,大糸線を走っている列車のようだ。車体に「AZUSA」の文字が見える。「あずさ」と言えば「・・・・あずさ2号で・・・・」という歌詞が浮かんでくる。「狩人」が歌っていた曲だ。
==========
あずさ2号』の大ヒットで、この曲は、狩人の代名詞のような存在となった。しかし、この曲のインパクトがあまりにも強すぎて、他の曲が売れなくなるという結果を招き、狩人も一時期、この歌を歌うのにためらいを覚えたことがあったという。だが、いつしか「代名詞というべき曲があることは、素晴らしいことではないか」と思うようになり、以前と同様にこの曲を積極的に歌うようになった。=========ウィキペディアより

201509171524000115:20 道の駅「ぽかぽかランド美麻」


15:35 道の駅「おがわ」に立ち寄る。
 有料道路「白馬長野道路」・長野南バイパスを通り長野市内に入る。更に長野バイパスを通り小布施方面へ向かう。
17:10 道の駅「オアシスおぶせ」に到着。
 夕食後・洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村