フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

温泉 Feed

2017年11月13日 (月)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(60) 小坂~一関~仙台~白石

2017年5月26日(金) 晴 
 5時過ぎ起床,洗面・朝食。
 8時過ぎ、「小坂PA」を出発,「東北自動車道」を南下。
 9時半,「紫波SA」でトイレ休憩後出発。
 11時半前,「一関IC」から一般道へ。
 セブンイレブン一関バイパス店で昼食を摂り暫く休憩。
 イオンスーパーセンターにも立ち寄り,食材を購入。
 国道4(一関バイパス)・457号線を経由し宮城県栗原市に入る。
 県道42号線に入って暫く走り
 午後2時半過ぎ,くりこま高原温泉「ハイルザーム栗駒」に到着。
 「温泉博士」を利用して無料入浴。今日もゆっくりと至福の一時を過ごす。
     ハイルザーム栗駒         
 午後4時過ぎ栗駒を出発,県道42号線を引き返す。

Img_20170526_163117

  青森からあちこちで目に付いていたピンクのこの。車は殆ど通らないので車を駐めて近くで観察してみることに。

Img_20170526_163619

Img_20170526_163655

 奥方様のメモには「これもライラックだそうだ」と記してある。
 山に自生している原種なのだろうか?。
 国道457号線から県道4号線を経由して,
 午後5時半前,「若柳金成IC」から再び「東北自動車道」に入る。
 道路情報によると,「白石IC」と福島県の「国見IC」間は,事故のため通行止めのようだ。
 奥方様に,通行止め手前のPAかSAを確認して頂くと,「蔵王PA」とのこと。
 「奥方様間違いないでしょうか。」「はい殿,間違いございません。」
 午後6時半前,「蔵王PA」に到着。
 ここで車中泊すれば,大きな事故でも明朝には通行止めも解除されるだろう。
 夕食洗面を済ませ,ご就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月11日 (土)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(59) 函館~青森~平川~小坂

2017年5月25日(木) 晴 
 5時起床,公園の中程にある水飲み・手洗い場で洗面を済ませる。

Img_20170525_054041

Img_20170525_054217

 ふと花壇に目をやると,ハマナスの花が咲き始めている。

Img_20170525_054122

Img_20170525_054406

 あちこち探してみると,ピンクの蕾も見つかった。
 今日の朝食は,昨夜の内に函館朝市で摂ると決めていた。
 7時前,「啄木小公園」を出発,10分程で市場の駐車場に到着。

Img_20170525_071027

Img_20170525_071012_2

 駐車場から市場へ向かっていると,

  奥方様の素っ頓狂な声が・・・・。

 「あれあれ~~,

  ライラック,ライラック,

     ライラックだ~~。」

 スマホでパシャパシャパシャ・・・・。

 殿もブログ用に2枚程・・・。

 市場に入るとあちこちの店から

   呼び込みの声が・・・。

 穏やかな年配女性の呼び込みを受け入れて中へ。

Img_20170525_073642

Img_20170525_080623

 注文したのは海鮮丼
 チョッピリ贅沢したつもりだったが・・・・,見た目もパッとしない。味もまずまず・・・。
 やはり思い切り贅沢しなければ,旨い物は食えないのだろうか?。think
 可愛いイカが目に付き,久し振りにマンホール蓋の写真を撮ってみた。
  朝食後,マックスバリュー堀川店に立ち寄り,昼食用の弁当と食材を調達。
10時,津軽海峡フェリーターミナルに到着。
 乗船手続きを済ませ,暫く売店や港湾をブラブラ。

Img_20170525_101745

 ブルードルフィン2に乗船,12時に岸壁を離れる。いよいよ北海道ともお別れ,チョッピリ寂しさも・・・・。
 出港して30分程で昼食を摂り,後は横になりウツラウツラ。
 午後3時40分過ぎ,青森港に入港。
 国道280号線{内真部(うちまんべ)バイパス}・国道7号線(青森西バイパス・浪岡バイパス・弘前バイパス・石川バイパス)を経由し,
 午後5時半過ぎ,道の駅「いかりがせき」に到着。
 道の駅に隣接する高田温泉「御仮屋御殿」に,「温泉博士」を利用して無料入浴
 旅の疲れを癒やし1時間余り至福の一時を過ごす。
 ここは行きも無料入浴させてもらった。「温泉博士」の存在を知らなかった時を含めると,料金もお手頃なので今までに数回利用している。
 夕食を済ませてトイレ(洗面所)に行くと,夜間トイレ仕様になっている。
 奥方様も「あまり良くないね~・・・。」
 今までにも夜間トイレが使いにくく別の道の駅まで走ったことが数回ある。

 ネットでググってみても,夜間トイレの評判は良くないようだ。

 奥方様優先なので移動する事にした。当たり外れがないのは,高速のPA・SAだ。
 「碇ヶ関IC」から「東北自動車道」に入り,「小坂PA」まで走る。
 奥方様は「お湯が出た!」とお喜び。
 今日はここで車中泊。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月 9日 (木)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(58) 豊浦~長万部~森~函館

2017年5月24日(水) 雨 
 4時過ぎ起床,洗面・朝食。
  7時半,道の駅「とようら」を出発,国道37・5号線を函館方面へ向かう。
 9時半前,道の駅「YOU・遊・もり」に到着。
 早速,5月4日にも立ち寄った「オニウシ公園」へ。桜の種類によって差があったが,当初の開花状況は5~7分咲きだった。

Img_20170524_093743_2

Img_20170524_093130

 行きには全く咲いていなかった八重桜満開だ。 

Img_20170524_095826

 こちらの花では,贅沢なベッドで愛のささやきも・・・。happy01

Img_20170524_093618

 こちらの木の下には,散った花びらが風に吹き寄せられ,散った後も我々の目を楽しませてくれる。

Img_20170524_094439


Img_20170524_094427

 こちらは

  「オニウシ水晶」と 

     命名されている

          白い八重桜

 清純な純白の花びら・・・,水晶,

  なるほど・・・。

Img_20170524_094037

 既に結実した桜,ソメイヨシノだろうか?。

Img_20170524_094358

 桜の下には,タンポポの花(実)が・・・。ジーッと眺めていると,それぞれが顔に見えてきて,何かを語りかけているようだ。

Img_20170524_094839

Img_20170524_101754

 小木ではあるが枝垂れ桜も咲いている。
 園内ではツツジが見頃を迎えている。

Img_20170524_093347

Img_20170524_094215

Img_20170524_101707

Img_20170524_093719

 色鮮やかなツツジに,可愛いドウダンツツジ

Img_20170524_093010

 奥方様が行ってみたいと言っていた札幌の「ライラックまつり」,この花がライラックらしい。
 園内を1時間余り散策した後,道の駅を出発し,国道5号線・函館新道を通り,
11時半前,函館での我が家「啄木小公園」に帰り着く。
 昼食を済ませた後,簡単に拭き取るだけの車の掃除をしてから,天然温泉・ホテルパコ函館「はこだて大森の湯」へ向かう。
 「HO」の半額クーポンを利用して入浴。入浴料は702円と半端な金額、650円に消費税52円ということのようだ。ふたりで702円を支払い浴室へ。

 北海道最期の入浴,いつもより少し長めの入浴,旅の疲れを癒やしながら至福の一時。

「はこだて大森の湯」

 午後4時半過ぎ,再び啄木小公園に帰って来る。

Img_20170524_181857

道の駅「YOU・遊・もり」で購入した「ホタテのマリネ」もおかずに加え夕食を済ませる。
 このマリネはホタテの量も多く味も良かった。奥方様もご満足の様子。
 洗面後就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月 5日 (日)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(56) 中札内~更別~浦河~新ひだか~むかわ

2017年5月22日(月) 曇 のち 晴 
 5時過ぎ起床,洗面・朝食。
  8時過ぎ,道の駅「なかさつない」を出発,「さらべつ・すももの里」を目指す。
 国道236号線を南下,30分足らずでナビが案内する辺りに到着したが,白い花が咲くすもも園らしき場所は見当たらない。
 近くで農作業中の方に尋ねると,もう少し先のようだ。
 8時半過ぎ,どんぐり公園の駐車場に到着。

Img_20170522_084246

Img_20170522_084516

 あれれれっ,花は咲いていない。既に散った後のようだ。

Img_20170522_084406

 僅かに残っている花を探してパシャッ。

Img_20170522_084641

 5月9日に近くを通ったのだが,開花情報によるとまだチラホラの開花だという。

 しかも,すももの里まつりりは5月21日となっていたので,帰りに立ち寄る事にしていた。

 確かに案内板もまだ残っている。

 花が散った中で,昨日開催されたのだろうか?。

 それとも早められたのだろうか?。

 4~5日前に,テレビのローカルニュースで放映されていたのだが・・・・。

 開花・満開は天候に左右されるので,祭りの期日を決めるのは難しいだろう。
 すももが咲き乱れる様は見たことがなかったので楽しみにしていたのだが・・・・・。

 自然相手なので仕方ない。諦めて更に天馬街道を南下。

Img_20170522_101000

Img_20170522_100936

 途中の道脇に駐車場があったので,一休みするつもりで立ち寄ってみた。
 そこには湧水があり,ポリタンクに水を汲んでいるご夫婦が・・・・。
 話をしてみると,美味しく長持ちする水だというので,我らも汲むことに。
 今回は,収縮するポリタンクを購入し持参してきたが,まだ使ったことがない。
 タンク一杯(10L)水を汲むとかなりの重さだ。漏れた時も安心出来るように,ゴミ袋に入れて車の後部に置く。
 浦河町に入り,5月9日に立ち寄った「優駿桜ロード」近くまで来た。

Img_20170522_104613

Img_20170522_104714

 道脇に1本の八重桜が綺麗に開花していたので,車を駐めパシャッ。

Dscf2530

 途中には,幾つもの牧場があり,産まれて間もない子馬が母馬に寄り添っている。親子の絆は人間も馬も同じだ。

Img_20170522_104926

  「優駿桜ロード」の入口を通ったので,立ち寄ってみた。2週間近くの間に,すっかり葉桜になっている。
 海岸線に出て,国道235号線を苫小牧方面へ向かう。
 11時半、道の駅「みついし」到着。ここで昼食・小休止した後,再び苫小牧方面へ走り出す。
 途中、静内辺りでは海霧が発生し遠くが霞んでいた。
 道の駅「サラブレッドロード占冠」前を通過し,
 午後5時前,道の駅「むかわ四季の館」に到着。
 「温泉博士」6月号を利用し,無料入浴。1時間余り至福の一時を過ごす。
 ここの温泉には,5月9日にも「HO」を利用し無料で入浴させて頂いた。ありがたやありがたや!
 入浴後,夕食・洗面を済ませ就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月 3日 (金)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(55) 東川~美瑛~富良野~日高~帯広~中札内

2017年5月21日(日) 晴 夕方から曇
 5時半起床,洗面・朝食。
 8時過ぎ,道の駅「ひがしかわ 道草館」を出発。道道294号線・国道237号線を経由し美瑛町に入る。
 8時半,道の駅「びえい・丘のくら」前を通り,上富良野・中富良野を走り抜ける。
 途中,車窓からは,田んぼの畦でお茶飲みをしている方々の姿や,広々としたラベンダー畑・タマネギ畑・アスパラ畑等を眺めることが出来た。

Img_20170521_092417

Img_20170521_092645

 畑の側溝側に、綺麗に植えられたシバザクラ。畑の畦にシバザクラとは,大分花がお好きな方のようだ。
 住居の庭にも綺麗にシバザクラチューリップ等が植え込まれている。

Img_20170521_093245

 残雪が綺麗な山は十勝岳方面だろうか?。
 国道237号線を更に南下し,
 11時前,道の駅「自然体感しむかっぷ」に到着。
 物産館で食材を購入・トイレを済ませてすぐ出発。
 11時過ぎ,道の駅「樹海ロード日高」に到着。
 物産館で食材を購入後,飯を炊き昼食を済ませる。
 午後1時半,近くの沙流川温泉「ひだか高原荘」で「HO」を利用して無料入浴。

 子湖には5月7日にも立ち寄り,「温泉博士」を利用して無料入浴をしたホテルだ。
 午後3時過ぎ帯広方面へ向かうことにした。国道274号線日勝峠辺りが先の台風の影響で通行止めになっている。迂回路として「道東自動車道」を無料通行出来るようだ。
 国道237号線を引き返し,「占冠IC」から自動車道に入り「十勝清水IC」から,国道274・38号線を経由し,「芽室帯広IC」から「帯広・広尾自動車道」に入る。ここから「忠類大樹IC」までは無料区間になっているようだ。
 「幸福IC」から国道236号線へ。
 午後5時過ぎ,道の駅「なかさつない」に到着。
 売店で買った唐揚げもおかずにして夕食を済ませる。
 夕食後,駅の向かい側にあるマックスバリューで,食材・カセットボンベ等を買う。
 洗面を済ませ就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年11月 1日 (水)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(54) 滝上~士別~旭川~東川

2017年5月20日(土) 晴
 4時半起床,洗面・朝食。
  7時前,道の駅「香りの里たきのうえ」を出発。
 7時過ぎ,「芝ざくら滝上公園」の駐車場に到着。既に数台の車が駐車している。
  開園は8時からのようだ。ここもシバザクラの開花時季は入園料500円となっているが,開園前の入場は自由のようだ。園内には数名の観光客の姿が見える。
 係らしき方が入園口周辺を清掃中だがとがめる様子もない。

Img_20170520_070944

 駐車場前の斜面に広がるシバザクラ

Img_20170520_071450

Img_20170520_071544

Img_20170520_071513

 斜面一面がシバザクラで覆われ,東藻琴芝桜公園を凌ぐ美しさかなと思っていたが・・・・・。シバザクラの苗がなかったり,花を持っていなかったり・・・。

Img_20170520_072016

Img_20170520_072105

Img_20170520_072113_2

Img_20170520_071505

 出来るだけ沢山の花が入るように撮ってみた。

Img_20170520_071900

 滝上町の場所を示す,シバザクラ地図もチョット寂しい。

Img_20170520_072441

 駐車場から見えた奥の山には,まだが残っていた。
 入園は諦め先を急ぐことにした。
 全国的には滝上のシバザクラが有名だ。東藻琴のシバザクラは,今回の下調べをする段階で初めて知ったし,手持ちの道の駅全国地図にも掲載されていない。
 今後は東藻琴の方が有名になりそうな気がする。
 維持・管理には相当の労力を要するだろうが,どちらも頑張って欲しいものだ。
 7時半過ぎ公園を出発し,道道61号線(士別滝上線)を士別方面へ向かう。

Img_20170520_081603

 上紋峠辺りにはまだ雪が残っている。スノーシェルターも多かったような記憶がある。
 途中,湖らしき所があったので立ち寄ってみた。

Img_20170520_084720

Dscf2525

Img_20170520_084758

 ダム湖(岩尾内ダム)のようだ。時々「バシャバシャ」と音がする。
 湖岸の浅い所に魚がおり,時々体をくねらせながら泳ぐ時の音のようだ。かなり大きな魚のようで長い胴体や背びれが見える。
 丁度繁殖期で産卵・受精なのかもしれないと思った。
 砂利道の隙間からタンポポが芽を出し,誇らしげに花を咲かせている。

Img_20170520_093505

 ダムから大分下って行くと,人家や田んぼが見え始めた。
 田んぼの横には大きなスモモ(?)の木が。白い花が満開だ。

Img_20170520_093812_2

 大きな湖のような田んぼ。こんな広い田んぼを見たのは初めてだ。
  どの田んぼも植え付けの準備は終わっているようだ。
10時半前,南士別町の「SHIBETSUinn 翠月」に到着。
HO」のパスポートを利用して無料入浴。
 昨日の分まで,ゆったりと1時間余りの至福の一時を過ごす。
12時半、士別市内のコインランドリーで洗濯をしながら,昼食を済ませる。
午後3時半過ぎ,「ファッションセンターしまむら」に立ち寄り,奥方様は夏服をご購入。
 殿はちゃんと準備してきたのに・・・・。think
 国道40号線(名寄国道?)を南下。桜並木が美しく「夢ロード桜40号」と呼ばれているようだが,写真は撮っていないようだ。
 花が好きな奥方のメモには,「山には,白いオオバナノエンレイソウが咲いていた。」と記してある。
 比布(ぴっぷ)町に入り,大雪山が見えた。この町は「スキーといちごの町」とメモしてある。
 途中から道道37号線に入り,午後5時過ぎ,道の駅「ひがしかわ 道草館」に到着。
  夕食を済ませところで,長崎に住む大学時代のサークル仲間の同輩であるが亡くなったとのメールに気付いた。
 今年の1月下旬に,長崎のランタンフェスティバルに行った時,M宅に立ち寄ったが留守で会えなかった。メールでやり取りをしたのが最後になるとは・・・・。
 10日程前,根室市を旅した時は,Mの二人の娘さんが根室市に住んでいることを知らなかった。
 葬儀に駆けつけたい気持ちは山々だが,チョット無理だ。
 弔電を送り,旅の帰りに立ち寄ることにして就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年10月27日 (金)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(52) 網走~大空~北見~遠軽

2017年5月18日(木) 晴
 4時半起床,洗面・朝食。
  天気予報通り,とても良い天気だ。
 6時半,道の駅「流氷街道網走」を出発。
  国道244号線(斜里街道)を東へ。知床半島がくっきりと綺麗に見えるとメモしてあるが,写真は撮っていないようだ。
 暫く走った後,右折し道道102号線(芝桜花街道?)に入る。
 20数分で大空町に入り,
 7時半,「東藻琴芝桜公園」駐車場に到着。開園を待つ車が数台駐車している。
 シバザクラは山の斜面に植えられているので,外からも見えるようだ。
 8時開園,駐車料は無料だが入園料が一人500円

Img_20170518_080947jpg2

Img_20170518_081423jpg2

 公園名と訪問日を記した愛の鐘の前で証拠写真を撮った後,まず手前の斜面を登って行く。

Img_20170518_081445jpg2

 同年代のご夫婦のご主人が,「撮りましょう」とおっしゃるので,お願いした。
 「交代しましょう」と言うと「いや,私はいいです」「家内と一緒に撮るのは・・・・」とおっしゃりながら,奥様の写真をパチパチ何枚も・・・」coldsweats02
 奥様孝行のご主人様だ。若い頃,祖母と奥方のツーショットの写真を撮ってやろうとしたら,祖母が「二人で撮るもんじゃない。どちらかが早く死ぬから」と言ったことを思い出す。自分より孫の嫁が早く死んだら困るということだろうが,迷信迷信と言いながら無理やり撮った。祖母が先に死に妻を守ってくれたようだ。coldsweats01

Img_20170518_081529

 開花情報では八分咲きということだったが,ほぼ満開で丁度見頃のようだ。

Img_20170518_082618

 斜面の頂上には「山津見神社」が・・・・。旅の安全を祈って祈願。小銭で御利益があるだろうか?。coldsweats01

Img_20170518_085919

Img_20170518_090504

 斜面一面が,ピンク系のシバザクラで埋め尽くされ,正にシバザクラの絨毯だ。
  途中で遺影用の写真を何枚か撮ってみたが,どうも写りが・・・。どこで撮っても被写体が変わる訳ではないので,当たり前の事だが・・・・。happy01

Img_20170518_093951

 斜面に作られた散策路を横断し,反対側の斜面に辿り着く。

Img_20170518_094449

 遊覧車で廻る道も作られており,斜面上部にある東屋まで行けるようだ。料金は大人300円,子供150円。
 斜面の下部には,1周800m余りのゴーカートコースも設けられ,風を切りながらシバザクラを眺められるようだ。

Img_20170518_100626

 ピンクのシバザクラの中に白のシバザクラで描かれた「」のようなの文字。東藻琴の「東」なのだろうか。ネットで調べてみると,旧東藻琴村村章を模っているようだ。

Img_20170518_111240

 こちらは,明らかに「」を模っているようだ。

Img_20170518_103503jpg2

 綺麗なシバザクラをバックに記念写真を撮ってみた。未だにVサインで写真を撮れない団塊世代の爺,奥方の要求に応えて帽子をチョットだけ挙げてみた。

Img_20170518_104610

 広い斜面に,よくぞこれだけ植え込んだものだと感心する。ここまで来るには相当な御苦労もあったことだろう。

Img_20170518_110421

 斜面を下りながらも,何枚もの写真を撮りまくった。
  2時間半程かけて,思う存分シバザクラの美しさを堪能した。
 昼時になったので駐車場に戻り昼食を摂ることに。

Img_20170518_115432

Img_20170518_115756

 今日の昼食は,1週間程前,道の駅「スワン44ねむろ」で買った花咲がにラーメンだ。沸騰したお湯を注ぎ待つこと4分。蓋を取り,特性スープレトルトの具を載せて頂く。
少々のカニの身とワカメだけのシンプルなラーメンだが,確かにカニの風味がして旨かった。
 駐車場も車が多くなり駐車場係の方が誘導をしておられるようだ。
 午後1時過ぎ,公園を出発。
 国道334・39(美幌バイパス)・333号線を経由して佐呂間町に入る。
 「沿道には牧場がいっぱいある。」とメモしてある。
 遠軽町に入り,

 午後4時丸瀬布温泉の「マウレ山荘」に到着。
 三角屋根に真っ白な壁が印象的なホテルだ。
 「HO」を利用して,1時間余りの無料入浴で疲れを癒やす。
     マウレ山荘  
  午後6時過ぎ,道の駅「まるせっぷ」に到着。
 夕食・洗面後,就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年10月21日 (土)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(50) 大空町(朝日ヶ丘公園)

2017年5月16日(火) 雨
 5時過ぎ起床,洗面・朝食。
  10時,道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」を出発。
 めまんべつメルヘンの丘を目指して国道39号線を走ったが,場所は良く分からなかった。7年前も訪れているのだが・・・・。coldsweats01
 11時前,朝日ヶ丘公園に到着。
  誰もいない。展望台の建物には管理人の女性が読書(?)中。トイレを借りた後車へ戻る。雨が降り視界も悪いので,取り敢えず昼食の準備に取り掛かる。

Img_20170516_123127_2

昨日,道の駅で購入した「しじ美ごはんの素」を入れて飯を炊く。しじみの良い香りがしてくる。
 ガスコンロを使っての飯炊きは,お手のもの。目を離しさえしなければ,ふっくらとした美味しい飯が炊ける。
 今日はごはんの素の水分を考慮し,水をやや少なめにした。水加減バッチリ,いつものようにふっくらとした美味しそうな飯が炊けた。
 アルミ食器ラップが見栄えを悪くしているが,美味しい炊き込みご飯だった。

Img_20170516_132245

  昼食後暫く経ったら少し陽が差してきた。

Img_20170516_135248

 展望台に上がると,網走湖も見える。

Img_20170516_135137

 パターゴルフを楽しむ人達も集まっている。
 運動不足解消の為,我らも周辺を暫くウオーキング
 午後2時過ぎ,「湖南荘」に到着。
 周辺の温泉を検索したら,ここの温泉は午後4時までは300円で入れるということだったので・・・・。

Img_20170516_160258

 建物の入口横には,可憐なスズランの花が咲いている。
 お湯はコーヒー色のモール系温泉だったようだ。

 1時間余りのんびりと至福の一時を過ごす。

Img_20170516_160735

 網走湖岸を散策後,今夜の車中泊地へ。
 午後4時半、今朝スタートした道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」に戻ってきた。
 東藻琴芝桜公園シバザクラを観る為には,あまり遠くには行けない。見頃までもう少しのようだ。
 夕食・洗面後,就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年10月17日 (火)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(48) 弟子屈(道の駅摩周温泉・摩周湖)

2017年5月14日(日) 曇 のち 晴
 5時半起床,洗面・朝食。
 今回の桜前線追っ掛け車旅の桜観賞はほぼ終わっている。
 最後に大空町滝上町シバザクラを観賞して帰る予定だが,見頃までにはまだ時間がかかりそうだ。遠路遙々鹿児島から来たのだから,満開のシバザクラを観賞して帰りたい。
 今まで何回も開花情報を確認しているが,見頃は20日前後のようだ。
 それまで周辺をのんびりと廻って時間を潰すしかないようだ。
 野菜のカット・スケジュールの検討を終え,そろそろ出発しようかと思っていると,駅内にはテントが張られ賑やかになっている。
 時間は持て余しているので,テントの方へ足を運んでみることに。
 どうやら海産物の販売が行われているようだ。
 威勢の良い声と香りに誘われて「焼き鮭」の振る舞いが行われているブースへ。
 程よく焼けた大きな鮭の切り身を頂く。「う~ん,旨い
 沢山の魚介類を購入し,満足げな顔で帰途を急がれる方々。旅途中の我らはそういう訳にはいかない。
 でも,ホタテ貝を買い焼いて食べる事はできるのでは・・・。
 決定,取り敢えず大きなホタテを2枚購入し焼いてみることに。
 テーブルに新聞紙を敷きカセットコンロを置く。コンロの五徳に安定するようにホタテ貝を載せて焼く事に!。

Img_20170514_103849

Img_20170514_105240

 間もなくパカッと蓋が開く。   上の殻を外し醤油を注ぐ。
 身を引っ繰り返し,もう暫く焼いて,ハイ出来上がり。
 早速頂く,身も厚いし塩加減も丁度良く良い味だ。
 残りの1枚もコンロに載せ,焼いてパクリ。こちらは雄だった。
 時刻は11時前,予定を変更し昼食もここで食べる事にする。coldsweats01
 奥方は昼食のおかずにと「焼き鮭」を買いに,殿は飯炊きに取り掛かる。
 12時過ぎには野菜と焼き鮭で食事を済ませ,午後1時前になってやっと道の駅「摩周温泉」を出発,近くの温泉を目指す。

 事前予約が必要な施設だったので電話をしてから出発したのだが,ナビが案内する場所に施設が見当たらない。再度施設に電話して,
 午後1時半,「きらの宿すばる」に到着。30分近く時間をロスしてしまった。

Img_20170514_150829

 林を切り開いて建てられたような施設だ。
  民宿風のしゃれた建物だ。

Img_20170514_151007

Img_20170514_150954

Img_20170514_150935_2

建物の中も個人宅を思わせるような家族的な雰囲気だ。許可を頂いて写真も撮らせて頂いた。
 浴室は2ヶ所だったかな?。家族風呂形式で使用させて頂いた。
 露天風呂手作りで,浴槽には蓋が被せてある。蓋は厚くて長い板が数枚並べてあり,かなりの重さだ。
 のんびりと1時間余り至福の一時を過ごす。
 風呂から上がった後、ご主人とご主人のお父様とも話をする事ができた。

 林を開墾する時はお父様も手伝われたようだ。機会があったら宿泊してみたいお宿だ。

    「きらの宿すばる

 国道391号線を引き返し道道52号線へ。
 午後3時半過ぎ、摩周湖の第一展望台まで来たが,有料駐車場だったので,そのまま先へ進む。途中で摩周湖が見えそうな場所があったので道脇に車を駐め,足下に気を付けながらガードレールを越える。

Img_20170514_154816

Img_20170514_155025

 おお~,素晴らしい眺望だ。
 お上品な奥方には,チョット危ない場所なので,更に先まで走ってみることに。
 間もなく,第三展望台が・・・。無料駐車場になっているようだ。しめしめ・・・・。

Img_20170514_160002

 階段を登って行くと展望台に辿り着く。
 観光客は若い男性一人と後から上ってこられた中年夫婦だけだ。
 第一駐車場の方は多かったようだが・・・・。ここまで上って来る人は少ないのだろうか?。

Img_20170514_160408

Img_20170514_161111

 ブルーの湖面の奥の山はカムイヌプリ?。
 奥方様も歓喜の声,大はしゃぎだ。
 手前の山肌にはまだ雪が残っている。
 天気に恵まれ幸運だった。7年前もこの第三展望台に来た事を思い出し,マイブログをめくってみた。その時は濃い霧で何も見えず「霧の摩周湖だった。」と記している。
 「晴れの素晴らしい摩周湖」を見ることができ満足して,来た道を引き返す。
       霧の摩周湖 2010.7.2          
 午後4時半過ぎ,道の駅「摩周温泉」に到着,2日連続同じ道の駅での車中泊になった。

Img_20170514_203404

夕食・洗面を済ませた後,足湯に浸かり足を温めてから就寝。
 夜中にトイレに行った時も,再度浸かったと思う。24時間利用ができる足湯は珍しい。

 早春・晩秋は車中泊者にとっては有り難い足湯と言えそうだ。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村

2017年10月13日 (金)

日本列島桜前線追っ掛け車旅回顧録(46) 根室~別海~弟子屈~津別

2017年5月12日(金) 曇 のち 晴
 5時過ぎ起床,洗面・朝食。
  出発前に,風蓮湖周辺をチョットだけ散策することに。

Img_20170512_080358

 道の駅のすぐ裏は風蓮湖だ。白鳥の姿が見られるのは何時頃?,秋の終わり頃?。

Dscf2509

Dscf2511

 道の駅の道路沿いの湿地にはミズバショウの花が綺麗に咲いている。
 奥方様は,写真撮りに夢中。いっこうに出発できない。何時もの事ながら,朝からイライラ・・・。
 8時半前,道の駅「スワン44ねむろ」を出発。
 国道44・243(パイロット国道?)号線を,摩周湖方面へ向かう。

Img_20170512_084632

Img_20170512_090313

20分余り走った所で,草原にエゾシカの群れが・・・・。慌てて車を止めスマホを取り出したが,走り去ってしまった。
 別海町に入り,なだらかなアップダウンの直線道路が続き,心地よいドライブ。
 至る所にミズバショウの花も見られたようだ。

Img_20170512_090917

 乳牛の放牧,美味しい牛乳を出してくれそうだ。
 大学時代のサークル仲間の同輩Mの,二人の娘さん夫婦酪農チーズ工房を営んでいることを思い出した。
 今年2月,長崎に住むM宅を訪問したが,藤沢市(?)に住む子供さんの所に出掛けており会うことができなかった。Mは現在闘病中,癌と一生懸命闘っている。
 電話で娘さん達の住所を聞くことには躊躇してしまった。
 後で分かった事だが,何と娘さん達は根室市に住んでいらっしゃったのだ!。think
 しかも,道の駅「スワン44ねむろ」から6km位の所に・・・・。
 Y牧場チーズ工房C,後の祭りだが・・・電話すべきだった。
 一人の娘さんとは,7年前の車旅の時,足寄でお会いした。
 北海道には,もう1回は行きたいと思っている。片道はフェリーを利用して,のんびりと・・・。
 その時は,是非お会いしたいものだ。
 なだらかなアップダウンの直線道路を登り切ると,突然目の前にエゾシカの群れが・・・・、黄色い小旗を持って道路を横断中!。

Img_20170512_091041

 突然現れた車に驚いたのか,草原の奥の方へ走り出す。
 慌てて車を止めスマホを取り出す。林の手前の安全な所まで逃げて行ったエゾシカ,立ち止まってポーズを取ってくれた。その後すぐ林の中に消えていった。
 先程より鮮明な写真が撮れて満足。再び車を走らせる。
  道路沿いに「桜並木ロード」もあったが,まだ蕾だ。

Dscf2519

 20数分走った所で,今度はタンチョウヅル?が1羽、草原の奥に・・・。
 車を止め,スマホを取り出す。う~ん,駄目だ。デジカメを取り出し最大のズームでパシャッ。何とか撮れたようだ。
 10時半前,道の駅「摩周温泉」に到着。
  道周辺や物産館をぶら~り。

Img_20170512_103830

Img_20170512_103845

 物産館隣には展示スペースがあったようだ。
 ふと,展示板の壁新聞(?)に目をやると,「日置市と深めた友情~中学生姉妹都市交流~」の文字が・・・。
 何処の日置市???,      
  新聞に目を通すと,「私たちの住む弟子屈町は,鹿児島県日置市と姉妹都市交流を行っている。」何々~,我が故郷ではないか!,びっくりぽんや!。今回の訪問先は東市来中学校で,我が出身中学校ではなかったが,北海道で故郷「日置市」の文字を目にするとは・・・。

Img_20170512_110335

 今は亡き大横綱「大鵬」の現役時代の写真が・・・・。
 ここ弟子屈町は,大鵬の出身地?・・・。
 念の為調べてみると,ウクライナ出身の父親日本人の母親の間にサハリンで生まれ,終戦とともに日本へ引き上げて来た後,弟子屈町川湯温泉で育ったということのようだ。
 柏鵬時代,二人の取り組みでは,強すぎる大鵬が嫌で柏戸に応援していた事を思い出す。
 1507428140262_2昼時に

      なったので,

   釧網本線摩周駅

      近くの「ぽっぽ亭

       で昼食を摂る

            ことに。

Img_20170512_115750

 摩周駅と摩周湖のモニュメント

Img_20170512_113151

 何処かで手に入れたチラシに掲載されていた「豚丼」を注文。

 チラシに付いている10%引きのクーポンを利用してチョッピリお得!。

 豚肉が丼から溢れるように盛り付けてある。量を多く見せる商売人の魂胆が見え見えだが,味付けも良く旨かった。
 ぽっぽ亭
 昼食後,国道241号線(阿寒横断道路)を西に走る。

Img_20170512_124148

 なだらかな山道を登って行くと,冠雪の残る山が見えて来たので車を止めてパシャッと1枚。
 位置関係から推察すると「雄阿寒岳」かな?。

Img_20170512_124850

 暫く走ると,道脇にキタキツネが・・・・。
 車を止めると近くに寄ってくる。スマホを向けると,車の周りを行ったり来たり・・・。
 物欲しげな目をしている。奥方は菓子を取り出し与えようとする。殿の制止も聞かずに「可愛そう,良いんじゃない」と聞く耳を持たない様子。何とか納得させ,気が変わらない内に出発。
 このキタキツネ,人間の身勝手な行動を大分学習しているようだ。
 屋久島のヤクザルの行動に比べると,まだまだ紳士的で穏やかだが・・・。

Img_20170512_125648

Img_20170512_125916

 「双湖台」に到着。登口には除雪した雪がまだ残っている。

Img_20170512_125808

 奥に見えた湖は・・・?。もう少し高い所まで登れば「パンケトー」も見えたのだろうか?。

Img_20170512_133125

 午後1時半前,「阿寒湖」に到着。湖岸を暫く散策。

 午後2時前,阿寒湖温泉「ニュー阿寒ホテル」に到着。
 「HO」を利用し,立ち寄り無料入浴だ。
 浴場は9階にあった。いつものように髭剃り・洗髪・体洗いを済ませる。屋上には露天があるようだ。同世代の男性も屋上から降りて来たようだ。
 早速屋上へ。階段を上がると広~いプールみたいな浴槽が・・・。だ~れもいない
 浴槽に浸かると,阿寒湖の水面露天の湯面が,一続きになって見える。
 何と素晴らしい眺め,天気も良いし最高の気分,寝湯もしながら至福の一時。
 まだまだのんびりしたいところだが,奥方との約束時間がある。一段低いところにある岩風呂に移動し浸かったところで,従業員の若い男性が湯温を計りに・・・。
 「素晴らしい眺めですね~。」と声を掛けると「ありがとうございます。」と・・・。
 従業員も出て行ったので,屋上から9階の浴場へ向かう。
 出口前の棚に水着らしき物が・・・。「うう~ん,何々・・・
 屋上は混浴になっているようだ。「利用の際は,備え付けの無料水着を着用願います。」だと・・・・。coldsweats01
 一人で苦笑い。屋上に上がる時には全く気付かなかった。
 さっきの従業員も何も言わなかった。浴槽に浸かっていたので見えなかった?,それともボケ老人だと思い黙っていた?。
 大きな浴槽(プール)の反対側にも出入り口らしき所があり,混浴らしいことは分かっていたが・・・・。まだ明るいから女性客はいないのだろうと勝手に思い込んでいた。
 誰もいなかったから良かったものの,大失態だった。coldsweats01
 着衣をしながらも,自分の確認不足苦笑い
 浴場での確認不足で良かった。車の運転だけは確認不足にならないように気を付けようと自分に言い聞かせる。
 屋上から戻るまでは,いつも以上の至福の一時だったが,失態と知った瞬間,今後の行動に不安が・・・・。think
 上がって奥方に話すと,「な~にしてるの,私は水着を着けるのが面倒だったので入らなかったのよ。」と仰せ。
 ニュー阿寒ホテル
 国道240号線(まりも国道)を美幌方面へ向かう。
 午後4時過ぎ,道の駅「あいおい」に到着。

Img_20170512_162725

 道の駅の隣は,旧国鉄北見相生駅を利用した「相生鉄道公園」になっている。
 展示車両の線路沿いに植えられた白樺が綺麗だ。
 夕食・洗面後,就寝。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリック(2ヶ所)して頂くと,更新の励みになります。

キャンピングカー ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村