フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

自作の旅車(17) サブバッテリーの走行充電システムの製作(Ⅱ)

サブバッテリーの設置

Dscf8171 パナソニックのCAOS75B24Lバッテリー2個をケースに納め,がたつきをなくするために,くさび形の木片を上と左にはさみ込んだ。
2個のバッテリーをバッテリーターミナルとバッテリーコードで並列に繋いだ。
右側のバッテリーの+端子にメインからの+コードを接続する。(2sqのコードの手持ちがなかったので,普通の電源コードの両端の被覆をはがし,2つの線を寄り合わせて使った。
メインからサブのアースまでの長さ7~8m,計算では断面積約3sq,ウェブページでは2sqになっていたが,途中に20Aのブレーカを入れるので大丈夫だろう。・・・thinkthink
赤と黒のワニ口クリップは,車内機器の電源取り出しに使っている。(途中には管ヒューズが入れてある。)先頃まで,
メインとサブを毎日交換していたのでクリップが便利だった。今もそのまま使っているが,何れ圧着端子でターミナルに固定しようと思っている。

Dscf8177サブバッテリーの電圧をチェックするのに,毎回ケースの蓋を外すのは大変面倒である。そこで電圧測定用の端子(手持ちのプリント基板と端子,木片で自作)を取り付けることにした。白いコード(1枚目の写真)がそれである。これも古い電源コードの再利用である。+側には赤マジックで色づけをしている。
+端子には,
ショート防止の為ビニールホースの端を少し切り取ってはめてある。(たまたまホースの端を圧着した部分が残っていたのでキャップとして最適,大きさもバッチリ。戸外の水道に取り付けてあったので汚れが目立ったが,ブラシを使って水洗いしたら奇麗になった。
必要なときは,この端子からヒューズを通して
電源を取り出こともできる。
全てのコード類はケースの下のスノコ状の隙間を通している。
充電も今のところ順調である。エンジンを始動した状態で,メインの端子電圧
14.04V,サブの端子電圧13.97Vであった。走行充電後,ブレーカをOFFにして,サブの電圧を測定すると12,89Vあった。ほぼ満充電できているのかな?。coldsweats01coldsweats01

Image4952メインの+端子に,サブに繋ぐコードを丸型圧着端子で接続する。

Dscf8163左側のサブバッテリーのマイナス端子を,丸型圧着端子で車体にアースする。

Dscf8201

交流用のブレーカ(20A)はコンソールボックスの助手席側の側面に取り付けた。メイン側とサブ側のコードを,ブレーカのL側に接続し,しっかり機能を果たすようにした。

Dscf8159大きな関心事は,水素ガスが発生した場合上手く車外に逃げてくれるかということである。
発生した水素ガスは空気より軽いので,密閉されたケースの
上部に溜まるはずである。車外に引き出してあるビニール管の端は,走行中は負圧になってケース内の水素ガスが外に吸い出される。その分の空気がケースの下のスノコ状の隙間から流入する。

Image498うーん,果たして思い通りスムーズにいくかな~?。殆ど意味無し?。
ま~,気休めで結構。
車内換気もマメにやりながら走行しま~す。
ビニール管の車外への取り出し口を,ケースの蓋より少し上に取り付けられたら上手くいくと思うのだが・・・・。

ACインバータの利用

Image4892車中泊で電子レンジが使えたら便利だなあと思い,ネットで調べて正弦波1500Wのインバータを購入(ネット購入7万円余り)した。問題はバッテリーの容量だと思い,B24で最も容量の大きいバッテリーを探した。探した中ではパナソニックの「75B24L」が一番大きいようだった。これなら自分の車搭載のバッテリーと交換しながら使えるし,2個並列に繋げば「150」。何とか電子レンジを働かせられるのではと思い2個購入(ネット購入,3万円)した。

Image5112 インバータ
の入力側には,100Aのブースターケーブルを購入し,片方のワニ口クリップを外して接続した。
反対側のワニ口クリップは並列に繋いだ2個のバッテリーに接続(
片方だけのバッテリー端子に接続しない)した。
設置場所は運転席の下で,前に飛び出さないように木材で支えている。

早速,出力500W(消費電力1100W)の電子レンジをインバータに接続し,スイッチON。しかし,しばらくすると自動停止してしまった。
昔は,消費電力900W位の小型があったようだが,製造中止になっているとか?。何とか手に入らないかな~。

でも,今までの2年半程の車旅を振り返ってみると,電子レンジの必要性は低い。あったに超したことはないが,小生の旅車には必要ないようだ。
現在は,時々
パソコンヘアドライヤーを使うだけである。

  300Wインバータの利用

Image5102 10年位前から,車のアクセサリーソケットを電源とする300Wのインバータは使っている。携帯・デジカメ・髭剃りの充電をやっている。

300Wにしては安かったので疑似正弦波だったのだろう。そのせいかPCを接続するとNGランプが点いて使えない。

Image5103

300Wの方は コンソールボックス前のセンターロアボックスの中に,縦に入れて使用している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/27165929

自作の旅車(17) サブバッテリーの走行充電システムの製作(Ⅱ)を参照しているブログ:

コメント

コメントありがとうございます。まさかコメントをして下さる方がいらっしゃるとは思ってもいませんでした。
走行充電システムを組むまでは,サブバッテリー2個をコンソールボックスに積み込み,毎日メインと交換しながら使ってきたので,バッテリーが劣化するまでは,このままでいきたいと思っています。次は「ディープバッテリー」とやらを購入する予定です。今までにウェブ上で「デルコ」「ボイジャー」の文字何回か見ました。
アドバイス本当にありがとうございました。

「ツーさんの自作キャンピングカー」楽しく拝見させて頂きました。 私も同じコンテックのインバーターですが、普通の500Wのレンジは問題なく使用できています。
インバーターがダウンするのは入力電圧が下がってしまうからだと思います。少なくてもバッテリーは5分程度、100A(DC側)以上の電流に耐えられる必要があります。
ちなみに、私はACデルコのバッテリー(ボイジャー)を使っています。1万円ちょっとで手に入りますので交換されたらいかがでしょうか。(高価なインバータを有効活用しましょう)

コメントを投稿