フォトアルバム

ブログランキングに参加しています。応援して下さる方,下のバナーをクリックして下さると励みになります。

アクセスランキング

アクセスカウンター

  • カウンター
    カウンター

自作の旅車(21)ルーフボックスの固定器具の改良

 現在使っている「ルーフボックス」は,長女夫婦が使っていたのを貰った物だ。バーフックはなかったので,イエローハットで購入して取り付けた。

Dscf9512 Dscf9519

 ルーフボックスとバーを固定する部品,下からU字形ボルトを通し,この部品で固定するようになっているようだ。取り付ける時は,左に30度位回転させ,U字形ボルトを通した後,右に回して元の位置まで戻して固定するようになっている。ボルトのピッチに合うナット状のネジを切ったプラスチックで挟み込み,開かないようにロックする構造になっている。確かに手軽に固定できるが,しっかり固定できるかというと,ちょっと不安が残る。どうしてもがたつきが出る。取り扱い説明書がないので,しっかり固定する方法があるのかもしれないが,凡人の頭では,どう考えても下からU字形ボルトをしっかり押し上げて,挟み込む以外に方法はなさそうだ。
 このままで高速道路を走行するのは不安だ。そこで,止め金具を自作してみた。

Image593 Image594

 U字形ボルトとゴム板は元の止め金具に付いていた物をそのまま利用する。
 U字形ボルトに合う蝶ナットワッシャ座金を購入。厚さ20mm程の単板を適当な大きさに切断し,U字形ボルトを通せるようにを空ける。2.5Φの針金の両端を曲げて輪を作る。真ん中を半円状に曲げて,U字形ボルトに通せるように調整する。
 これらを組み合わせると,右の写真のようになる。針金の真ん中の突起部分には,荷物を積んだ時,前後左右に移動しないように,ゴムバンドを通して固定するために取り付けた。

Image597 Image600

 実際に取り付けた時の様子。蝶ナットとワッシャ・座金しっかり固定することができる。高速道路も安心して走ることができた。鹿児島から青森までの往復,途中で何回も確認しながら走ったがビクともしなかった。
 針金にゴムバンドを通した時の様子。大きな荷物をこのゴムバンドで固定し,小さいものは,その前後や間に積み込むことにより,荷物のズレを防ぐことができる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/526331/28027877

自作の旅車(21)ルーフボックスの固定器具の改良を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿